フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

ラーメン二郎 神田神保町店 『大ラーメン 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんにご報告があります。

 

 

 

 


普段あまり夢を見たりしない性分の私であり、毎日明晰夢を見てああだこうだと話ができる人を見るといいなぁ、とか思いつつ「それ半分作り話かこのリアルタイムでの妄想じゃねえかなぁ〜」なんて思ったりもするわけである(夢の話ってよく喋る女の子の口から語られること多いからな〜)わけで。

まあそんだけ想像力豊かなことはいいことだと思うのだが。この際だから生産性がどうとかは関係なしである。急に『いつみても波乱万丈』のピーターの回を思い出しましたが、この記憶もつくりものでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな私は久々に自分の想像力に感謝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淫夢を見たのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれは素敵な淫夢でした。


兼ねてから可愛いと思っていたが絶対に近づけないなと諦めている女の子と素敵な恋におちてからのゴールインをキメたのでした。目覚めた時には「…俺あの子のこと好きだったのか…」とか思っちゃうくらいに一途な僕の脳裏には、大学一年生の頃に買ったばかりのPCに、友人から借りてインストールしたD.C.Ⅱ』の全エンディングが走馬灯のように流れて行ったのです。

 

 

普段スリリングな夢(熊に襲われる、恐竜に襲われる、なぜかみんなで旅行に行くなどの波乱万丈っぷりしか見ない私は、その朝の爽快感にクラクラしたものです。うららかな陽気に包まれながら井の頭公園横を歩き、病院に立ち寄ったのちに会社に向かった…そんな前日でした。

 

そして私はこのポスト内容の朝、予知夢を見ました。それはjbcを食べている夢だったのです。それは、正夢にするしかないシロモノでした。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222252j:plain

 


こ、これは、、、!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222302j:plain

 

 

小生「つ、通常の大で…」

 

 

 

厨房内「…はい」

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222311j:plain

 

 

嫌な予感はしなかった。超常連の、私より食う方が隣にいたからだ。盛られていく麺を見て、先輩のほうがすげ…いや、俺のも適度に多いわ。

 

急に俺とか言っちゃって参ったなー、とか思わず麺に食らいついたらうめえのなんの。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222329j:plain

 

朝一フレッシュスープで歯がビカビカになるワックスコーティング最高!!

 

なんつー香りだよほんと。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222340j:plain

 

 

この朝イチフレッシュスープが、汚い箸使いによってアブラが細かく撹拌されてく様…

ここでしか味わえない最高な具合というやつさ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222316j:plain


豚もざっくりいい具合がさん…いや2と端のほぼ脂身1つ。この端豚、クッソ美味かった。極上のスイーツ。ふわふわやった…

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222353j:plain

 

腹パンになりつつも玉子・唐辛子のダブル活用でさらに幸せをつかんだ…

 

f:id:standaloneramenjiro:20180216222402j:plain


なんていい夢なんだ…命からがら完食フィニッシュムーブ軽く会釈「足りた?」ありがとうございます退店!!

 


その足で上野まで歩き、藝大の卒展に足を運んだ。毎回展示のたびにお邪魔していたが、シーシャ屋常連の彼の世界観、とてもいいなぁと思うのだ。

1万5千歩も稼いだので満足して帰宅。

 


昼寝してたらずっと地震にさらされる夢だった
やさしきものほど怒りは大きい
そういうことさ