フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

自宅ラーメン 『冷やし塩油そば』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動

余計にしなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車を直したと書いたな。一時的なものであった。この頃は。

 


もう本当に憂鬱の極みであった。何もできない。起き上がって椅子に座ってPCに向かうのがやっと。筆も進まずに自分の人生を憂いてばかりの文章をフリックするしかなかったあの頃。唯一の救いとすれば、まだ"ヤツ"が現れていなかった頃だ。極めて非日常な事件であったし、それからは夜になると神経過敏というレベルにビビり散らしてしまっている。

 

 


この話はまだ貯めておくぞ。

 


家の外に出ることだけはやめなかった。1日に一回は日の光を浴びろ、と言われていたし、食材を買いに行くことだけはやめなかった。しかし、世間はまだ「ポージング」していたころであった。世間様には何の恨みもないが、と書いておいてなんではあるけども、18時にもなるとあんだけスーパーに人が溢れるのはやはり異常だし、買い物に行く時間についても考えてしまう。それが、1ヶ月ほどたった今となっては密しか感じられなく、当時200人とか言ってたのに今が55人、とかいうのもにわかに信じられない。何つーかこういうことに関して楽観視できた試しがない人生なので、楽観視しているように見える割にはいろんなことに気を付けているし、攻撃をしてくる連中については全員潰すようにしている。脊髄反射で人のコメント欄に一言残していくのもやめたほうがいい。俺もそういう時期はあった。こういうことでいちいちイライラしてしまう俺は、TikTokも向いていないと思う。

 

 

 


加えて言えば、Twitterで暴れている極めて匿名性の強いアカウント、それでいて人種差別主義者のような振る舞い(決まって「日本人も差別されている」という、お前の差別を許す免罪符にはならないことを主張した気になる)をする者に限って「ライター」やら「webライター」と名乗ってたりする。ここ一週間で2件も見た。お前の記事どこに載ってんねんと突っ込んでやりたい。貴様はただのツイッタラーで、俺はただの腐れブロガー、腐れインスタグラマーだ。

 


そういう人間に限って「運動」なるものは全く行っておらず、極めて怠惰であり、「運動」なる行為の存在を否定してはTwitterで大きな声を出す。これが民主主義か、と泣きたくなる。

 

 


非常に強い一言を寄せておくが、有名人へのクソリプと、デモに乗じて暴動を起こすことは、変わらんレベルの行為だからな。

 

 


怒りの炎が反知性にかき消されることほど滑稽なものはなくない?バカには何を言っても通じない、と諦めてしまう瞬間が非常にくやしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でこんなに話が変わったんだ。

 

 

 

 

 

 

 


そう思いながら俺は頭を冷やすことにした。
イヤ、厳密に言えば「アタマ」は冷えていなかった。塩ダレを冷やし、ニンニク油などを垂らして…これはもう、ただの冷やし塩油そばだな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160822j:image






 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160826j:image

 


いささか麺量が少なめだったが、これでも300g近くあったはずなんだがな…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160833j:image


花椒入りラー油をぶっかけてみたが、めっちゃ辛え…イメージしてたこないだのTのブツと全然違う。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160843j:image


ズルッとやれば嗚呼…冷製ペペロンチーノって感じ。まあまあうまいかな。とは言えまだTのブツに挑戦する気は起きない…

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160836j:image

 

 

まずはツケを食ってからだな。


メンマもチャーシューも控えめ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160830j:image

 

鍋に残っていたスープで丼の中身を割って堪能した。
サクッと完食フィニッシュムーブ軽く片付けして終了。

 

 

 

 

 

いろいろ課題を残しつつ目標を定めたが…本格的にやるにはハードルが高すぎるもんよ、って考えてたけど。
どうにかなった。

 


自己満足もあれなので、人に食わせることも始めたのである。

自宅ラーメン 『醤油ラーメン×2』

 

 

 

 

 

 

悪い大人の手本でいたいんだ

ずっとそう思ってた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪い大人の手本でいたいんだ、と歌ったおじさんが死んでからもう7年も経った。あのジャイアンが悪い大人の手本でいたいんだ、って歌ってからすでに16年くらい経っている。

 

 

 

 


我々はその意味を深く考えるフェーズを迎えた。


そもそも悪い大人ってなんだろうか。「悪い」って何だろうか。犯罪をする人だろうか。多目的トイレでことを運ぶ人でもないし、人種差別をする人でもないし、袖の下に札束を放り込む人でもないことはわかっている。

 

 

 


この意味を深く考えることが、次元の向こう側、Twitterで暴れているような人たちを相手にしない、そしてそういう人たちへのリテラシー指導になるんじゃないかと思う。


私はよく「クソ」「頭が悪い」だとか、「最悪な」といった表現を使う。これは、極めてポジティブな用法であり、否定的ではない。「クソ美味え」みたいな使い方は散見されることだろう。これは青少年の頃に深夜ラジオで聴いていた悪ふざけおじさん二人がよく「ばかでぇ〜」などと言っていたところに影響されていると断言できる。いい意味でのネガティブな話法は、場を和ませることが目的として使用される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これの極まりしこそは「変なおじさん」にあるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけこの書き出しも何回目かわからん。

 

 

 


夜の幕が下りる前に。急げ、海へ、oceanへ。
そんな気持ちでいたら、我が家に製麺機が来た。勇気を出して「貸してください」と伝えたら、肉食の先輩が「俺は肉を食うからいいよ」と言ってくれた。そんな妄想をした。

 

 

 

 

 

 


俺は悪い趣味を得た大人になることを決意し、そして、なんか青いどんぶりまで手に入ってしまって俺は…という報告である。この投稿は。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160219j:image







 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160206j:image

 

 

矢張り自宅製麺をやるにはアソコのインスパイアをしなければならない…スープをコピーすれば後は麺だけ!と思っていた俺は無敵感を得た。肉もふんだんに、メンマもたくさん載せてしまいましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160215j:image

 


ズルッとやれば嗚呼…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160230j:image

 

お師匠さんに「水回しが足りん」と叱られた麺でも十分うまいな…というところまで記憶に残っている。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160233j:image


ちなみに前日も食った。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160210j:image

 

 

前日は二郎のスープを魔改造したバージョンだ。これも美味かった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709160222j:image

 


インスピレーションが爆発した。
サクッと完食フィニッシュムーブ軽く片付けして終了。

 

 

 

悪い大人への道、第一歩。
1万回の正拳突きも軽くこなし、頭痛と虚脱感、そして暇と戦いながら俺は製麺機と向かい合う時間が増えた。

 

 

 


まあ
借り物だけどな!

 

 

自家製中華そば としおか 『冷やし油そば中盛りラー油 メンマチャーシュー(小)辛味』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間のスピード感についていけない

何もかものスピードが早すぎる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目まぐるしく変わるニュース。どんだけ流れて行くんだ零細トピック。ワイドショーの時間にテレビなんかつけないから、何が世間的に注目させられているかはわからない。個人的にアレなのは都知事選、そして河井夫妻の逮捕だが、どうして誰も気にしていないのか。誰も気にしていないフリをするのか。


海の向こうでは#blm のタグが掲げられ、デモをしているというだけで「暴動」と思わせられがちな(そして多種多様な)人々が口車に乗せられ、人種差別的価値観はより一層人々の溝を深く掘った。その溝が墓穴となることを思い知らせてやりたいと思うばかりである。

 

 


それ以外は本当にどうでもいいニュースが常に消費されていっている。他人の浮気や離婚に興味ある?つまらん。ただし、多目的トイレがダンスホールと化したアレだけは人間の持つ極限の欲情の成れの果てと、抱かれた側の悲しい性が図鑑化されたという功績はある。男にも女にも等しく馬鹿はいるわけであり、完全に喧嘩両成敗の話である。俺は佐々木希を嫁に迎える準備ができている。

 

 

 


もはやこのネタすら賞味期限気味だ。俺はこの一週間、楽しい時間もあったが基本的に体調不良で精神まで死にかけている。俺どうなっちゃうんだろう。何がそんなに辛いんだろう。家で一人でいるのが本当に辛く、かといってどこかに行ける状態にもなかなかならない。

 

 


イカレタノハオレダケ キミハスコシマトモダ

 

 


今宵の共犯者たちへ捧ぐバラッドもすっかり書けないまま6日も投稿を開けてしまい、先週の𝓜ネタが霞んでしまったことを俺はとても悔やんでいる。

 


そんなわけでもう、いつのものかもわからなくなった画像を俺は掘り出してくることに成功した。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154920j:image









 

 


こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154757j:image

 


夏にゃちと早いが春とも言えない時期

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154909j:image

 

 

俺、このために自転車を直していたと言っても過言ではない。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154904j:image

 


赤い…食欲の色である。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154754j:image

 

 

 

ズルッとやれば嗚呼…素の麺を堪能することは叶わなくなるが、花椒っぽいスパイシーさが俺のハートに火をつける。

 

 


底からよくかき混ぜてズルッとやれば嗚呼…反復は強調手法だ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154750j:image

 

 

バンドマンはそれをわかっていない。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154812j:image

 

 

繰り返される諸行無常、蘇る性的衝動。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154804j:image

 

 


美味すぎだろ…自転車直してよかった…気持ちがだいぶ治った瞬間だった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154809j:image

 


辛味ニンニク使いつつ当然スープ割まで堪能した!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200709154801j:image

 

 

#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

海苔を手にした横の男はわざわざ「俺が巻くのはポリスと麺だけ」とか言っていた。
あれもう2ヶ月近く前の話?やばくね?

 

 

 

 

 

 

 


ところで僕も唐揚げが好きなんですが、田中みな実のハートは掴めるでしょうか。
あと夜眠れる方法を教えてください。Gのトラウマを消す方法も併せて。

 

 

自宅ラーメン 『ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店 テイクアウト』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレースする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄く便利な言葉を覚えた。

 

 

 

 

基本的に横文字が嫌いである。横文字ダメ。ついていけない。イノベーションだとかソリューションだとか、思いつかないくらい横文字が嫌いだ。ソリューションに関しては、「粗末なイリュージョン」と覚えていたラーメンズファンは多いことだろう。

 


トレース。追跡、敷き写し。トレース・クシュリナーダ。フェルナンド・トレース。くだらないことを言ってないで早く続きを書け、本題に入れと言いたいところだろうが、なんかやはり32を過ぎた頃から異常なほど駄洒落が増えたのはなぜか。

先だって「異常なラヲタ力」と評される平行世界のラーメン官僚が

「デビルクラフトでたらふく飲んでちえちゃんラーメンで〆る。これぞデブるクラフト!」

 

などというびっくり仰天ギャグをLINE上で披露し、私は即刻既読をつけたことにより、奴は送信取り消しも出来ずに立ったまま西武線内で絶命したという。

 

 

 


ぶっちゃけて仕舞えば私のインスタのキャプションは結局先人たちのトレースでしかない。某「ラーメン二郎を年間408杯食べた」人「他人のコメ欄に長文をぶち込む喜びを覚えた」(誇張表現)と言っていた。私はまだ、その域には達していない。

しかし文字数3,000に近づくキャプションを日頃から書いているインスタグラマーなどまずいない。私がオリジナルであるとともに「誰もお前のことなんか尊敬していない」と言われることすらも快感に思えるのはアレなことだと思うのである。

3000文字なんか書いたことないけど。


とにかくだ。私は長文を書く先輩たちを見習いながら、より長い文章を書くことによって無駄なオリジナリティを獲得してしまったのだ。

とか何だとか言ったらラーメン屋の真似も上手になってきた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092246j:image

 

あくまで真似でしかないが、この日は運動のために某所まで自転車を漕いでみた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092225j:image


夕刻、身体と心の重さ、縛りつけは、国宝の笑顔と気さくなビヘイビアによって吹っ飛んだような気分になったのである。

 

 




f:id:standaloneramenjiro:20200701092304j:image






 


こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092241j:image

 

 


惚れ惚れするよこの野菜の盛り。上手になったものだ。

 

私は麺を伸ばすことなくスピーディーに盛り付け、そして野菜を喰らっていった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092253j:image

 

 

ニンニクについては後述。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092222j:image

 

野菜の下からブタさんがコンニチワーする仕様もそのまま踏襲。もう少し熱が加わればよかったな

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092237j:image

 

 

 

と思いきや

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092233j:image

 

奥にある俺の作ったひばりインスパブタもまた、完璧な仕上がりだ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092229j:image

 


麺引っ張り出してズルっとやれば嗚呼…美味すぎ非乳化ひばりヶ丘やんけ…酸っぱいとか言われてたけどそこまで感じず。むしろ美味いじゃん…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092300j:image
ニンニクも国産もしくはスペイン産のをチョッパーで細かめにすればそれっぽくなるものよ。

 

でもぶっちゃけ家で食うなら中国産くらいが優しくていいかもしれない。国産、刺激が強すぎ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092256j:image

 


ひばりブタに胡椒ぶっかけて堪能した。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200701092249j:image


サクッと完食フィニッシュムーブ軽くお片付けして終了。

 

 

その後、家に最強の客を招き入れるというビックイベントが起こる。

 

 


ところで…熱海の温泉の夜の19番ホールってどこですか?


自宅ラーメン『家富士丸』×2

 

 

 

誰がネギを焦がしたのか

歴史を巡る至上命題である。

 

 

 

 

 

 

 

過去の答えを引っ張り出すのには非常に苦労する。中国4000年の歴史、なんて言われてたのがもう20年も前の話だから、当然4020年の歴史だろ。4020年までずっと友達でいような。

 


誰がネギを焦がしたのか。それは概ね問題ではなく、料理という発明がいつから存在したのか、誰が骨を煮出し始めたのか、うつ病は遺伝子レベルではなくウイルスの影響である、なんて言われても「なぜ今更」としか言いようがない。

 

ウイルスの影響、というのなら確かにそれは一子相伝の秘儀だ。お父さんが口で離乳食をほぐして子どもに与えることにより、将来の虫歯の方向性も定まるという「説」もあるしな。

 


何はともあれだ。私がネギを焦がしたブツを初めて食ったのはおそらくがんこだ。一度だけ一巡目のがんこでカウンター上に大量の焦がしネギが置かれていたことがあった。それはそれはテンションが上がり、ほぼ一巡目のお客さんで使い切ったことを覚えている。

 

 

 


そして先日のとしおかだ。念願の焦がしネギを目の前にし、私は帰宅後すぐに家の目と鼻の先の八百屋でネギを買って刻んだ。

 

 


しかし焦がしネギにあうラーメンを作れるだろうか…答えは簡単だ。
自己満足と腹を括ればなんでも美味い。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103701j:image










 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103652j:image

 


俺は自らを騙くらかすことを決めた。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103644j:image

 

 

某所のブタを冷凍庫から取り出せば、俺の選択肢は富士丸のストックと相場は決まる。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103656j:image

 


ズルっとやれば嗚呼…このマルちゃんの麺にも飽きた頃だがスープと焦がしネギが美味けりゃ無問題だ。

俺はまたはるか昔viewsicナンバガ特集、2000年のライジングサンの会場でDMBQ最高〜!と叫んでいたお姉さんのことを思い出していた。何回目だ、これ書いたの。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103637j:image


生玉子潜らせればこの腕肉…マジでうまかったな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103623j:image

 

 

 


そしてこ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103626j:image

 


翌日はメンマも煮て富士丸のぶっとい麺堪能すれば嗚呼…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103632j:image

 

 

やっぱこれだよこれ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629103648j:image


めっちゃぶっといのを見つけることができるのも富士丸麺の良いところですね。
サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して終了。

 

 

 

 

本格的に暑くなりそうなこの頃だったが、まだ色々と友人に助けられている始末。

 

 


病院ついでに某店とか行ったが…まあそれはまた別の話。

 


助けてクレペリン検査

自宅ラーメン 『中華そばみたか持ち帰り』

 

 

 

 

 

 

食う飯にも困る

なんてのは「家庭」という集団からよく聞こえてくるぼやきだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞こえ方次第で二通りの意味になる。「その日の飯代に困る」という場合と、「何を食ったらいいか」である。

 


私のようなまあそれなりに稼ぎがあり、全国平均所得とやらと比べればまあ少しは、というレベルの独身であれば、ぶっちゃけた話何不自由なく生活できる。高い飲み屋に行く必要もない、その日の汗を1パイントのギネスで流す程度である。電車を乗り継いで立石まで行き、そのあと梯酒をせずにラーメンを食って帰る。3,000円もありゃ「特別な日」を過ごせるのだ。

 


これはとてもありがたいことである。恵まれているわけで、単にこれは運が良いからこそこうなっているだけなのだな、と思わされる。

 

 

こういうご時世になってとても感じるのは、格差が見えないカラクリはどのようにして蔓延っているのか、ということだ。

 

 


日頃から私はInstagramTwitterを道具として情報を収集し、見聞を広げんとしている。一方で代償として、差別主義者でかつ女性の敵を自ら買って出るような「自称」漫画家・イラストレーターの風刺画まで目に入れなければならないのは非常に辛いところではある。誹謗中傷ではなくあくまで批判・批評として述べるのであれば、モラルを欠いた愚行に対する訴えを退けるような意図を持つものはアートとして成立しない、と私は考える。あいトリが〜とか言うのは無しな。550万、耳を揃えてきっちり払うようにと願うばかりである。

 


そうした本当に不愉快なニュースに紛れてたまに出てくるのが、自殺や乳児捨て事件だ。
今、この「死に追いやられる恐怖」をなかなか感じ得ない、むしろかりそめのものであっても平和と感じる日本社会に身を置くものとしては、自分の身の回りで上記のような事件が起きる、という予兆はまずない。あり得ないとすら感じている自分がいる。
しかしニュースの先では実際にそのようなことが起こっているし、この実感から言い表せる自己の状態としては「ギャップを感じている」に他ならない。

 


そもそもの話だ。10万円もらえる話にしたって、自営業者への給付にしたってどうも、一番困っている人の声が小さい気がしてならないのだ。

 


「貧困」がキーワードにならないのは、貧困に喘ぐ人の声が小さく抑えられているのではないか。最近一番心に残っている言葉は「同調圧力社会」である。
どうもInstagramを見ても、皆さんの幸福度は非常に高そうで安心してしまうと同時に、それだけではない世界があることを想像しなければならない、と思うのです。

 

 

何を食ったらいいのか、と悩む幸せってありがたいことだと感じる。というのと、私はいつもその裏側に何があるのか、というところを考えてしまう。

 

 

 

 


そんなときにお金のないペケ研究職の男がうちに大量のラーメンを持ってきてしまう。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081607j:image

 


力が出ない私に彼が差し出したのは、なんとおつまみチャーシューであった。。。

 

そりゃ私が調理くらいしますわ、と。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081614j:image





 

 

こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081610j:image


お誂え向きな丼が使えなかったのは残念だが、メンマとナルト、そしてネギさえのせて仕舞えばみたかっぽくなるから驚きだ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081620j:image

 

 

そりゃ言われなくても生玉子くらい落とすだろカブロン。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081617j:image


麺掘り出してズルっとやれば嗚呼…どっからどう食ってもみたかの蕎麦っぽいボソ麺だ。スープもみたかだ。そりゃそうだみたかさんで買ってきてもらったんだからサ…

やっぱ家でしかも麺多めで食うとウメーな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200629081624j:image


大変ギルティーなことに、刻んであったニンニクなども入れて仕舞えばステイホームの楽しみも増えたというもの。
堪能した。


サクッと完食フィニッシュムーブ軽くお片付けし、持ち帰り代を精算してチルタイム。

 

 

 

 

ブツを持ち込んだ研究職は「妹の部屋に親父が来てるから迂闊に外に出られない」などと意味不明の供述をしており。

 


元アフロはサクッと食って帰っていった。

 

 

 


みたかの持ち帰りとても良かったなぁ。

 

 

 

 

 


油そばも食べてみたかった(どサンピンオヤジギャグ)

自宅ラーメン 『油そば×2 家富士丸』

 

 

 

 

 

 

お土産

貰えればなんでも嬉しいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もらえる場合の話をしようか。
もらえるならなんでももらいたい主義の私だ、親もなんでももらっていた。母方の祖父母も「あんたの母さんはなんでももらえれば喜ぶからよかった」と言っていたくらいだ。

 


たらの芽はとりに行くものだったし貰い物でもあったし、山わさびアイヌネギなんつーものはもう、どれだけもらっても足りないと思うものであった。

 


もらって一番大変だったのは、当時の鹿肉だ。今となってはジビエとして重宝されているブツではある。あの頃のマタギは血抜きも下手だったのか知らんが、やたらに臭かった上に硬かった。食えたもんじゃなかった。ワインに漬け込んだもも肉を、パン粉をつけてフライで、みたいな工程がやたらと面倒に映った気がする。

 

 

 


例えばだ。まあ遠くの土地に行ってきた友人がいる。お土産を買ってきてくれなかった場合にどう思うかと言えば、別になんとも思わず。自分自身が友人として優先度が低いか、それとも誰にでも土産を買わない人なのか、もしくは出張に行きすぎてなんとも思わないタイプの人なのか。こう推測する。

 

 


買ってくる当事者となった場合の俺なんかはもう、あらかじめアレしてしまう。言っちゃう。どこどこいって来ました、と。でもすいません、お財布に余裕がありませんでしたと。これ自分自身は言われると「うわあ気を使わせてしまったなぁ」なんて思って逆に自己嫌悪に陥ることがある。単調な受け答えで、何も考えずに済む回答をし、ああ今日も切り抜けたと思いきやしっかりと恨みを買っている場合というのはなんと多いことか。

 

 


要は余計なことをしなければいいのだ、と思った。マルセイバターサンドは貢物だ、なんて言ったけどアレはマジでだ。だって道民はあんなもの、家にあったら食ってしまうからである。白い恋人は別にありがたいとは思わない。沖縄県民はちんすこうを食べるか?という問いもあるが、答えはこうだ。あんまり自分では買わない。サーターアンダギーは買ったり家庭で作ったりしているイメージあるけど。

 

 

 


と、いうわけで、私は先日のとしおかで一人の賢者と出会った。私はヤツ宛に某店のメンマを預かっていたが、やつはなんと某店のブタに加え、王道のチャーシューまで持っていたのである。

 


完全に負けた気分だ。やつは私より兄さんだが、もういかにもB型の先輩みたいな現代のヒッピーだ。


俺は彼の先輩としての威厳に張り合うのはやめた。既に降伏しているのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231224j:image







 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231221j:image

 

 

というわけで家系ラーメンを作ってみた…とはならなかった。家系ラーメン…どうやって作るんだろう…これ今後の課題だな。
私が作ったのは簡単手軽な油そばだ。こないだいただいた富士丸のスープの油脂分…アレをとっておいたのだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231218j:image

 


そしてそして。先日のTで食べた焦がしネギもしっかり作った。焦がしネギ油も上からぶっかければ仙川二郎の麺がテカテカになった。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231211j:image

 


天地返してズルッとやれば嗚呼…うめえ。お醤油ガン効き、ついでにブラックペッパーも入れれば完璧な仕上がりであった。
なんという罪深い出来だったろうか。精神の浄化と自己承認欲求が満たされた気分になった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231235j:image


当然王道のチャーシューは薫香ガンギマっていた。しっとりした肉肌はきめ細かく、10歳若返ったような気分を味わったことは言うまでもない。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231229j:image

 


堪能した。
サクッと完食軽くお片付けして散歩に出掛けた。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231214j:image

 

ちなみにこの翌日は塩油そばを作り

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200627231232j:image

 

 

その数日後は某店の豚を乗せた富士丸を作って堪能。

 

 

 


なんか今までよりいい生活をしてたな、と思うようになったわけである。