フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

勢得 『得勢つけ麺』

 

 

 

 

 

 

 

どんなに高尚な経験をしても

どんなに美味い飯を食べてみても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時の満足感を超えていく概念が存在する。それは、死への恐怖。

 

 

 


あるよね〜、などと簡単に言っても、本当のところはわからないかもしれない。身近な人が死に近づき、もしくは身近な人が亡くなり、遥か遠くのテレビの向こう側にいる人が亡くなり、初めて思うものがあるかもしれない。

 


皆、覚えているだろうか。コロナ禍がコロナ禍として認識されたのは、おそらく志村けんさん、岡江久美子さんが亡くなった辺りだったと思う。

 

 


意図せず急に、その毒牙に蝕まれていったことが非常に悔やまれる。未だにその猛威は、海外では異常なほどの死者数と感染者数を生み出している。

悲しみに暮れつつも、我々は普段どおりの生活を余儀なくされ、その正体がわからぬまま「風邪」なんて言われたところで、俺は、よくわからん。よくわからん。

 

 

 

なによりも、人々のストレスの行き場がなくなっているのがいちばんの問題だと思う。皆、平然と生活しているように見えても、どうもストレスの溜め方が変わっているのではないか。

 

 


自分では気づかないような変化が、他人の目に見えるほどの違いを生み出しているように感じる。これは報道の問題もあるし、未知の脅威との戦いに対する途方もない絶望のようなものに感じる。

 

 


頼むから、ストレス解消のために誹謗中傷に走ったりするのはやめてほしい。

 

 


我々は生きる術について、知るしかない。知ろうとするしかない。専門的なことについては知る由もないのは当然だが、最善のアドバイスと判断をするのはその専門性である。

 


このコロナ禍においては私も例外ではなく、可成り疲弊した。もともと精神的に強いタイプではない。明らかに空気にやられ、人のヒリツキに影響され、身動きを取れなくなっていった。
そうした中で、自殺のニュースが頻発しているのが、本当に辛いところである。

 

 

 

 

 

死にたくなったことはあるだろうか。

 


おそらく、そういう心境に陥った人もたくさんいることだと思う。「死にてえ〜」というボヤキがカジュアルさを帯びてきてしまっている昨今においても、本当にスピリチュアルな痛みというものを感じている人はいる。

 

 

 


経験による気づきだが、自殺念慮というのは、何か大きな失敗をした瞬間に訪れるものではない。

多くの人にとってそれは積み重ねられるものであり、心の深いところにおった傷が疼くケースの方が多いと思う。もしくは、脳のおこりだ。双極性障害の場合もあるので、尚更軽々しいことを言うのは憚られる。

 


何が引き金になるかはわからない。「簡単に死ぬなんて言うな」って言うのはとても簡単で、死にたいという気持ちを理解しようとせずにいる人の発言ではないかと勘ぐってしまう俺がいる。

 


「親からもらった命を!」と言うのは至極当然で、それは確かにわかるのだ。だが、何故死にたくなったのか、何故それから逃れられないのか。それすらも理解されないようじゃ、肉体の主体である自己の精神は何も報われないのだ。俺は、悩んでいる人がいるのであれば、先に手を差し伸べることをしたい。

 

 


自殺者の遺族が「寿命だと思うことにしている」と言っているのを見た。そう思うことでしか救われない結果が待ち受けている深淵や、双極性障害に向き合うことへの難しさを嫌と言うほど感じられる世の中か。

 

 

俺はまだまだ諦めがつかないから死ぬことはないと思う。東京に出てきて6年経って初めてこんな美味いものを喰った。にも関わらず、こんなにも美味いものをまた食えなくなったり、その気力が湧かなくなるなんてまっぴらごめんである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220635j:image






 

こ、
こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220632j:image

 


信頼たるラヲタ2人が口を揃えて言った。今、がんこととしおかに並びうるのはここくらいではないかと。

 


晴れた日の土曜。渋谷に用事があった俺は、千歳船橋から世田谷通りまで歩いてここにたどり着いた。

暑くてたまらない日だったことを記憶している。 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220650j:image

 


まずは何もつけない麺をズルッとやれば…は!?な、なんだこのうまさは、、、

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220642j:image

 


つけ汁からメンマ拾って麺とズルッとやれば嗚呼…バカ美味え…有識者が「がんこっぽさ」って言ってたアレがよくわかった。これ…もはや旨味しかないつけ汁じゃねえか。


麺をつけ汁につけるのが勿体なくなった。
その後はご想像にお任せする。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220646j:image


しかもチャーシューが美味すぎる。こんなにも美味いブツがあったとは…知らなんだ。


この日最大の失敗と落胆…それは大盛りにしなかったことであった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220627j:image

 


つけ汁を直飲みで堪能しつつスープ割貰えば嗚呼…完全に虜になってしまった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220638j:image


当然完食#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

その後は渋谷にて#blm のデモに参加し、夜は#TBHR の配信ライブを視聴した。

 

 

 


この頃からかなり回復してきたのだが…今となってはまた色々もらいすぎて嫌になる。
辛くなったら勢得のことを考えるようにしている。

草むら 『ワンタンメン 半ギョウザ 半ライス』

 

 

 

 

 

 

 

 

いい加減にせえよ梅雨

とまあ、そんな言葉しか出てこないほど鬱屈している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうも太陽が出なければ気分が晴れないのは当然で。気温が上がらないのは良いものの、窓を開けるにも雨が入ってくるし、エアコンをつければ寒い。

お布団をかぶって寝るにはちょうどいいが、起きた時には身体も冷え切っている。昨日の晩は湯の花を入れたお風呂でリフレッシュしたのになぁ、なんて肌に問いかけてみれば、流石に30うん年生きたこの身体の張りもだんだんと失われていることを悟る。そして気持ちすらも色々と折られてきているのはいかがなものか。

 

これが歳か。

 

 

 

そんなことを思いながら青空を見上げてみれば…そこに広がるのは燻んだ灰色の天井だ。
生まれ育ったイングランドマンチェスターの冬を思い出すよ。

 

 

雨の降らない時期は幸せだった。顔色が悪い、とか言われながらも心配してくれる人がいること、それも幸せであった。

私にも一人妹がいる。その妹がお世話になっている店にご挨拶に行ったり、大宮八幡を散歩したりしてはこのまま私は余生を過ごすことになるのだな、などと一人勝手に世の中に絶望をしていた頃。

 

 


やたら暑かった日だったことを覚えている。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220518j:image



 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220514j:image

 


エクストリームじゃないじゃん、とか最近言われがちだが、クラシックなもの、評価の高いところは一つしっかり押さえておきたいと思うのは当然なこと。


それが由緒ある永福町草村の血統ならば尚更だ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220511j:image

 


ズルッとやれば嗚呼…マジでクラシック。煮干しが控えめに香り、ボディと塩分はあっさり目だ。麺、だけでなくワンタンもかなりの柔め。この辺の磁場がそうさせるのだろうか。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200805220521j:image


そして割とハードな味わいの餃子…これ3個じゃ足りねえ…むしろ餃子メインで喰いたいと思うくらいのブツだ…

 

 


ラーメンも餃子もお米片手に堪能した。
サクッと完食お会計と軽く会釈して退店。

 

 

 

 

少しばかりお散歩に、とか言いながら歩いていれば、方南町ハナマサにたどり着いちまうのはご愛嬌。

 


しかしこの頃は暑かった。なんかもうちょっとだけ夏を感じたい。
でないとカビる。って、思ってたのはインスタにこのポストを上げた頃。

ラーメン二郎 千葉店 『小豚』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔々、あるところに

遠い店への遠征を極端に嫌う男がいたそうじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その男。一端の大食らいであることを誇りとし、人間界随一の伊達男として腕っ節を誇っては、コレクター気質のラヲタを相手に

「俺はあなたより杯数を食べていなくとも、あなたより多くの小麦粉を摂取している」などという謎すぎるマウントをとって自我を保っておった。

恐ろしいことにそれは、自意識過剰というやつかもしれない。

 

 

 


遠くに行くのが面倒くさい。なんならもう海外旅行も15年くらい行ってないくらいだし、未だに九州へ足を踏み入れたことがないし、夏フェスについてもフジロックに行くだけで息が切れる。これは高山病的なやつかもしれない。

 

 


なんにせよアレだよな…たぶん、マインドがかなり貧乏なんだと思う。

 

 


余計なことに人一倍金を使う。なんせ心が荒れやすい。自己ケアが下手なのかもしれないが、飯を食えばある程度落ち着く。

たまに酒を飲むが、それも大酒だ。

煙草をやる。紙巻きタバコを吸うわけではない、ニコチンもタールも少ないものだが、水タバコは時間と金を食う。思い切って家で吸うシステムを導入して良かったと本当に思うが、これもまた色々と面倒なのだ。そして、余計な金を使っていることも認識している。

 

 

 

 


だからこそ、どうも電車に乗って遠出と言っても、一人の旅行で特急券一つ買うのにお出かけというのはとてもじゃないが億劫である。

 

 

 


これが「女の子と箱根・熱海旅行」とかになれば話は別だ。

 

 

さて。そんな状態であれど、何か方々から「明日っぽい」という噂を耳にすれば、私は朝から動かざるを得なかった。

 

 


着いてみれば大量の人、人、人であり、我々の少し後ろのところで完売宣告。

 

 

 

ホッとしたな、と思いつつ、並んでる最中には某バズりまくった初対面の人に声をかけられた。

 

 


その上、千葉中央駅からの道すがら「お前のラーメン食わせろよ」と声をかけてきたあの人の悪い顔が忘れられなくなった。この日一番の思い出となったことは言うまでもない。

 

 

 

 

 


気をつけろ。こないだ誰かもインスタに書いてたが、あの人…めっちゃインスタ見てるぞ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144612j:image







 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144618j:image

 


というわけで開店おめでとうございます。あんまり縁もゆかりもないアレだが、絶対に外さない店主じゃないかと察知し参上。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144615j:image

 


小豚でよかった。俺も大人になったものである。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144609j:image

 


道中で流れてきた食後の写真では非乳化だったが、時間も流れ可成り白濁した奴がお出まししたもんよ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144625j:image

 


ズルッとやれば嗚呼…うめえ。完璧。いかにも初日のラーメンっぽい100点満点な仕上がりじゃないか!

特別個性的なものを感じられたわけではないのがこの初日っぽさならではだが、これは今後も期待が高まる。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144622j:image


豚こそはオールドスクールな腕肉ではあるものの、これもきっと三田・西台イズムな「いい豚感」をアレしてくれた。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144602j:image

 


最後は一味と胡椒ぶっかけて堪能した!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200729144606j:image

 


サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

現地集合した千葉県民と軽く会釈をし、俺は都内に戻った。

 

 


ステイホームがより一層厳しくなりそうなこのご時世…また足が遠のきそうだ。
なんせ遠い。総武線で一本じゃん、とか言ってられねって。

 

 


医療に金を回せ。観光産業に保証を出せ。余ったらまた我々に10万配れ。
マスクは買うから。

つけそば丸長 目白店 『小鉢大盛り甘め 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで頭痛くなるほどのバカっぽい会話にキレそうになる

お前らさあ。。。

 

 

 

 

 

 

という現象があまり見られないのがラーメン二郎、並びにエクストリームラーメンの並びで。

 

 


なぜかというと客の男性ボッチ率の高さ。それが物語る。

ひどく寂しい姿に見えるようだが、彼らの心意気は大変気高い。場合もある。どうしようもないやつもいるわけだ。客層の質は店の空気だけではなく、近隣の環境に由来している。

 

 


大体において一番頭悪そうな会話をしているのはいつも我々であり、その中身も他のラーメン屋の話、友人の悪口、ガンダム刃牙、下ネタに及ぶことは言うまでもない。
その場においては我々が大抵一番のバカであり、本当に、亡くなった祖父に顔向けできないような阿呆が烏合と化した衆に属する俺である。

 


しかし、どうにも慣れないのがインスタ映えを狙う層が多めにいらっしゃるお店」である。

 


3人予約なのに平気で1人遅れる、何も知らずに食前酒でいきなりW-IPAとか頼んじゃう。血が薄まる感じがすごい。これが大衆か、とまで思ってしまう。ま、吉祥寺だから仕方ないかとも思う。

 

 

 


思い上がりだ、と感じるならば、もっと様々な場所に足を運んでみるといい。
秀逸な大喜利が展開されていたAV女優のリプライ欄が、フォロワー数の増加とともに一気に面白くなくなった瞬間をあなたは見たことがあるかい。

 

 

 

 

 

 

朝一の通勤時間を避け、病院が終わった直後に乗った電車は空いていた。
強者だけを目白通りに運んでいたように俺は思えた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233627j:image






 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233615j:image

 


メジマル持ち帰りの写真を見るたびに震えていた。

マジで美味そうだったし、どうして俺はこれが食えないのかと震えていた。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233608j:image

 


ある程度混ぜたつけ汁にアレしてズルッとやれば嗚呼…あめえ…甘すぎて泣くほどだぜ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233619j:image

 


天地返しつつ卵黄ブチ割ってズルッとやれば嗚呼…最高だ…もう、これ以上にうまいものはないと思えるくらいサ…

 


ゆるい世界じゃ出会えねえ代物よ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233630j:image

 


麺にお醤油お酢ぶっかけて食うのもまた乙なもの。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233611j:image

 


最後はスープ割…これが最高のお湯だわな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200726233621j:image


サクッと完食当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽くお会計して退店。

 

 

 

 

と、いうわけでようやく6月の分に突入した。

 

 

そしてnoteもはじめましたので、こちらも御覧ください。

https://note.com/kiriwokei

 

note.com



もみじ屋 『ブタラーメン 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は諦めが肝心である

 

 

誰が言ったか知らんが、俺もそう思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう無駄だと思って悟りを開いた気になる。世界はこうじゃない。世の中の理に流され、自分はこう変わらねばならない、というのも確かにある話で。

 


どうにもそれが良いことが悪いことが。自分には判断がつかない。むしろ、それこそが世の中なんだろうな、ということだけはわかる。

 

 


自分と向き合う時間が増えた。このコロナ禍においてはブルーカラー、ならびにエッセンシャルワーカーの皆様以外は皆、そういった時間があったことだろう。子どもの世話の時間が増えた父親は、子どもから学ぶことも多いことだろうと思う。昼間、猫がどう過ごしているかも分かったと思うし、猫も飼い主を見つめ直し、「うぜえなこいつ」と思っている可能性もある。

 


まあそれはそれで、面白いんじゃないですかね。家庭が崩壊したケースもあるかもしれないが、スクラップアンドビルドは必要だ。新たな再スタートに幸運を祈る、としか言いようがない。

 

 

 

 

自分を見つめる時間が増える。何かしている方が頭が働く気もする。大腿筋は血液のポンプとはよく言ったもので、俺は自転車を漕ぐことをこの時期、一切やめなかった。20キロ程度を漕いだらもうすっかり疲れ切ってしまっていたが、ちょうどいい場所になんかちょうどいい店が入った。

 

 

 

 


春の最後っ屁、梅雨前の元気なお天気が俺の身体に「塩分を摂レッッ!!」と語りかければ、豚さんしょっぱいかなァ〜〜!!?なんて妄想を引き起こすのは当然のことだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220349j:image






 


こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220357j:image

 


よく考えれば豚アリの時にありつけたの初めてじゃね?とか言いながらもうすでに3年弱も訪問してなかったのは内緒だ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220333j:image

 

 

うーん、豚。豚は嘘つかないよ。美味い。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220346j:image

 


天地返してズルッとやれば嗚呼…思ってた以上に良い。麺も細いがゴリっとしていて俺好みのブツ。
偉そうだとかなんだとか思われてもこれは本音だ。本家ほどではないが、見直しちゃったぜ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220337j:image
生玉子にアブラぶっかければあの楽しみを。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220354j:image

 

 

これがやりたくて富士丸を夢見るからね、我々は。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200723220341j:image


サクッと完食軽く会釈して退店。

 

 

帰りは大宮八幡で体調回復を願ったり、サックスを吹いているおじさんを眺めたりして帰宅。

 

 

 


まだまだ梅雨の始まり、って感じがなかった頃。
いい加減終わってくんね?梅雨。雨季なの?

珍々亭 『油そば大盛り 生玉子 ネギ スープ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に数回、脳を起こす作業が必要になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毒を喰らう

そう、表現すればいいだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の頃には何か吸収したモノも吸われていくような感じがあった。

 


自分の人生において何が重要か。いつもそんなことを考えている。いちいち自分の中で消費されていくものについて見つめてしまう。

 

 

思えば、カロリーは異常なほど摂取してきた。

 


燃料として必要なカロリー。詳しいことはよくわからんし、知る由もない。ダイエットとか言いながら、そんなことに本気で取り組んだことはない。本気で痩せたい、と思った瞬間はあっても、「そんなことよりもビジネスだ」とか言いながらラーメンを食っている。「背中…大きいね」とか言ってくれる女の子が出てくることを祈っているだけだ。俺はニンニク臭さだけを身体から取り除かねばならないなと思っている。こういうことを書くと「ダイエットは云々」というコメントも飛んできそうだが、俺にそんなものは必要ない。ネガティブなコメントがきたら1発でブロックする。

 

 

 


まあFUGAZIのライブ映像を見ていると、またそういう想いに駆られたりするんだが。

 

 

 

とはいえ、身体のメンテナンスは必要だ。ステイホーム、などと言いながらも自転車を漕ぎ、ウォーキングをしていた日々だったが、整体。これは絶対に必要になってくる。家に閉じこもり、動かない筋肉が出てくるとどうしても強張りが出る。自分ではどうしようもないところが出てくる。背中を押してもらいたい時は、渋谷のゴッドハンドのところに行く。

 

 

 


恐ろしいほど的確に、硬いところに肘を当ててくる。あれはどうやったって逃れられない痛みだ。散々悲鳴を上げたのち、二足歩行の動物としてとアイデンティティを取り戻す。

 

 

時を同じくして俺は、精神の健全性を取り戻すべく、喰らうモノがある。
それは、酒ではない。もうすでに俺の人生に酒は「必須」ではなくなった。なぜか必要がなくなった。美味いものだけを味わえば良い。

 


ただ、心のエンジンオイルがどうしても足りなくなり、歪む。精神が歪む。歯車が軋む。満足した、と思っても何か、心の臓を動かすための潤滑油が足りてない瞬間を感じ取ってしまう。

 


そこで注ぎ込むのは…俺にとって大切な大切な、刃牙という成分だったりするのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720145006j:image




 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 


思い返せば通院の時に食ったブツだ…

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720145009j:image

 


Aという男が当時を物語る。

 

 

 

 

「とある界隈ではこれワクチンだった説が出てきている。

え?本当かって?そりゃあ"タレ多め"って言ってみればわかることですよ」

 

 

 

 


俺は迷わずに言った。「エンジンオイル多めで」と。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720145017j:image

 


天地返してみれば嗚呼…確かに。初速から時速270kmを叩き出すには矢張り身体を液体に、そして限りなく気体に近づける必要がある。


麺の肌が「鬼」のような顔つきに見えた。

 

 

 

 

ズルッとやれば嗚呼…地の果てへ広がる馳走がまだまだ先まで見える。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720145013j:image


持ち味を活かせッッ!!などと言ってる暇があれば血の如き油と酢酸をブチ撒けろッッ!!

 

 

 

俺は矢張りこれしか知らなくていい。Instagram界で猛威を振るう肉、魚、グラビアアイドルの勢いに、俺は敢えてラーメンをブチ撒き続けることを誓う。
美味いものといえばこれしか知らないもんでな。


ハイイイイイイッッッ!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720145002j:image


サクッと完食お会計かつ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

雨に降られ、体調と精神の不調に悩まされつつも俺はこれでいい。

 

 

 

 


ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!
違うだろ

自宅ラーメン 『塩ラーメン×2 塩油そば 正油ラーメン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の鍛錬が重要だという話は、前回もした通りだ

毎日の積み重ねが、というのは何についても一緒である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば、私はハマり症で飽き性の人生を送ってきた。

 

何かにハマればそれに没頭し、そして2、3週もすれば飽きる。顕著だ。私がここ数年で全く飽きなかったものと言えば、それはラーメン二郎ではなく「ダブルアップル」しかない。

 

 

ダブルアップルは恐ろしい「毒」である。何の話をしているかはまあ詳しく述べないが、まあ水タバコの話だ。

喫煙についても条例が強化され、紙巻のタバコを吸う人間たちの肩身の狭さは正直な話、気の毒とも言える。嫌煙、という意味では確かに私も服に煙草の香りがつくのはマジで嫌だ。だがしかし、今までこれだけの人間が中毒者として仕立て上げられ、年齢という仕切りで「なんか知らんけど沸き立てられる吹いたさ」を盛りあげられた文化の代償は、いったい誰が取るのだろうか。明らかに中毒物質として認められたものを広めた責任は
誰が取るのだろうか

 

誰が、取るのだろうか

 

 

 

ダブルアップルは禁断の果実だ。シーシャからはタバコの香りはしない。水煙草はタバコの余計なものを全て取り除いてくれる。ただし、炭の熱が強い場合は別だ。イガイガするほど高火力にしたってど乳化の煙は出てこない。

 

 

 


ただひたすら、甘草と八角の香りで「りんごっぽさ」を開発したアラブ人はすごい。俺はひたすら中東に向けて五体投地を繰り返すのみである。

 


先人へのリスペクトを忘れてはならない。何が言いたいかはまあ、わかるな。先人へのリスペクトだ。お前の大義名分は聞いてねえ、って話だ。

 

 

俺は、家でスープをとることを2012年から始めた。初めはふんだんに豚肉が手に入る土地の恩恵を受け、俺は豚軟骨を使ってスープを作っていた。

 

 


時は過ぎ。ゴミが増えることを恐れて使っていなかった骨を導入した。グロテスクすぎて使わなかったブツも導入した。その間に、ラーメンを食べて舌に学びを与えたこと。まだまだ経験不足ではあるが、俺は少しずつ、これをこうしたらこう、という学びを貯めている。

 

 


そして麺だ。。。毎回よくわからず仕様も固定せずではあるが、日頃の行いを勉強として消化するにはその意識が必要だ。

 


自信を持って作ることができるようになるまでまずは4杯。ようやく日の目を見た俺のラーメンだな、というのがこちらである。

 

 


いつもどおり。これは自画自賛の記録である。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144833j:image






 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144836j:image

 


見てくれこのスープの感じと盛り付けを…塩ダレに魚介を染みさせた油を底に敷き、ネギと生姜をちりばめてからスープを注ぐ。

 


料理はいかにイメージが出来てこそ、というものかと思う。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144824j:image

 


ズルッとやれば嗚呼…美味い…上手くいった…こんなに満足度の高い一杯を…と、自画自賛の嵐であることは先に許しを乞うたばかりなので、まあスルーしような。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144819j:image


たくさん仕込んだメンマに今や恋焦がれた気持ちすら湧いてしまうのはアレだな…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144828j:image

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144816j:image

 

f:id:standaloneramenjiro:20200720144812j:image

 


他3回分の写真もあげておく。
サクッと完食フィニッシュムーブ軽くお片付けして終了。

 

 

 

 

麺を茹でる時に何か幸せな感覚を得るようになった俺は、少しでも成長できただろうか。

 


そんなことを考えながら…また今日も麺を打つのである。

 

 

 

 


…いい加減、自分の製麺機買わないとな