読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店『小豚+生玉子』

2017年2月18日(土)

 

「あなたの食べてるラーメン、私も食べてみたい」
「えっ?」
「ダメ?」
「いや、ダメじゃないけど」
「わたし邪魔?」
「そういうわけじゃねえけど…きみ、少食だから大丈夫かどうか心配で」
「そう」
「え、な、なに」
「いや、いいよもう」
「わかった。連れて行く」
「てへへ」


かえす言葉がなかった。今日という日が来るのだと、わかっていたはず。なのに。なのに俺は…どうすればいいか、いまだに答えが出せずにいる。

 


「食券を出すときに「麺半分で」って言うんだよ」
「麺半分って言えばいいのね。半分って少なくない?あなたいつも大ラーメンを食べてるんでしょ?」
「うん」
「今日は?」


カウンターには小豚の食券が置かれている


「あ、麺少なめで」
「ちょちょちょ!!えー!?」
「なに、ダメなの?」
「麺少なめだと多いよ」
「半分よりは少ないでしょう?」
「いや、なんでみんな間違えるのか…少なめ>半分なんだよ」
「あなたが食べればそれで済むわ」
「あっ、いただいていいんですね」


懸念しているのだ。俺がいつもどれだけ多くの麺を食っているかを、本当のところは知られたくなかったからだ。


ビクビクしながらラーメンが来るのを待っていた…高台の内側の様子なんか見えたもんじゃない。


心底くたびれた


そんな俺を、神は見放さなかった


「えっ?こんなものなの?わたし全然食べられるよこれ」
「えっ、ああ、そうだな。それなら食えるな」


胸を撫で下ろしてホッとした俺の目の前に現れた丼は

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205144j:plain

 

いつものものとはかけ離れた少なめの麺量だった

店主はニヤリと笑って言った


「最近少食だからね…」

 

 


「これはさすがに…ある意味地獄だ…」

 


俺はそう呟き、彼女とともにゆったりとした時間を過ごしたのであった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205221j:plain

という妄想。

 

豚はボソっぷり炸裂

 

っていうか改めて見て、すげえ少なかったんだなって実感。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205422j:plain

 

いつもの半分くらい

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205438j:plain

 

でもアブラは相変わらず美しい

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205453j:plain

 

スープも麺もやたら美味しかったんだけど、さすがにノーコールでこれは…てか、これが通常なのか…そうか…

 

これなら大…いや、よっぽど余裕のある日以外は大はムリだ…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205511j:plain

 

豚のボリュームだけで十分に食えてしまう一杯になるのが恐ろしい。やっぱりogkbは何かしら多くて嬉しいのだ

f:id:standaloneramenjiro:20170221205526j:plain


まぁなんかやたら少なかったのはブレの範疇。

 

次回訪問はこんな感じにはならねえだろうなと。確信している。


肉はまた硬ブレだが汁の美味さで完全にカバーできてるのはさすが。
久々に大少なめコールいこうか