フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

らーめんふぁんくらぶ 歴史を刻め 『大豚ラーメン』

 

 

 

 

 

 

ナンバーガールを観た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通算2度目であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためだけに沖縄行きを決めた。

 

私は先月も坂本慎太郎の沖縄公演のために海を渡った。

なんという頻度だろう。ここ一年半も沖縄に行ってなかったのにだ。

 

しかしながらこの所業については運命の悪戯であり、坂本慎太郎の沖縄公演も2度目の先行予約で取れてホッとした結果である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の!ナンバーガールは!!

あんだけツアーの日程があったのにもかかわらず1日もチケットを確保できずに泣いていたところ

 

 

「キリヲさん行きたいんすかヘヘ…俺チケット余ってますよどうすかヘヘ…」と、後輩がアレしてくれたおかげである。

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ二つ返事で了承した。むしろ懇願し泣いて喜んだ。

べ、別に俺から頼んだわけじゃないんだから!ぴえん

 

 

 

 

 

 

 

 


しかしこの旅行がこの2ヶ月連続なければ、私はどちらかの旅行を2泊3日にしていただろう。なんせ私は会いたい人がたくさんいるし、私に会いたい人もたくさんいる。先月の段階で参加者を募っており、とは言えど募集はしていないのであって基本的には私が仲の良い人間に片っ端から連絡してどうにか界隈を合わせて飲み会を企画したまでである。

 

 

 


だが沖縄県那覇市ナムラホール。建物をぐるっと取り囲むように開場前に並ぶオーディエンス。定員1500ほどのキャパシティは当然ソールドアウトだが、そのうち50人くらいは私の知り合いであったと言っても過言ではない。

 

 

 

 


もはや前の方で暴れる体力もなく、私は後ろの方で仲間たちとワイワイしながら財布のチャック全開で呑んでいたのである。

 

 

 

 

 

緩くなったのは財布だけでなく、ガバガバの意識であった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002406j:image



 

こ、
ここ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002400j:image

 

 


今となっては後悔しかない。なんであんなにしこたま飲んだ後に大の食券とか買ってんだろうな…だがまあこのサイズのすり鉢なら、と、酔ってなければ言える。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002415j:image

 


ズルっとやれば嗚呼…お醤油先行型のいかにも荘っぽい感じ、やっぱ嫌いじゃない。むしろちゅき。決して甘生姜寄りではないこのチューニング、完全に俺好きなブツ。麺もゴリゴリで大変結構。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002402j:image


しかしよくみりゃ俺豚マシ頼んでんだもんな…すげー量じゃん。やっぱここんちの豚は野性味溢れる香りがする。それもまあ俺嫌いじゃない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002410j:image

 

 


麺に一味ぶっかけて最後まで飽きずに堪能

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20200129002356j:image

別皿アブラ飲み干してサクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

その後は琉大ロック同好会OB軍団と4時過ぎまで飲み明かした。
我々のことながらアホだと思う。

 

 


沖縄行きてえ。
ああ、ナンバーガールも最高でした。