フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

神田ラーメンわいず 『のり玉ラーメン+小ライス』

 

久々に業務中に外出をした。

 

 

客先に赴く俺の足取りは、軽い。極めて。もしかすると日曜の朝にがんこラーメンに向かう時や、女性とのデートの時並みに軽いかもしれない。それはまるで羽でも生えたかのようなそんな気分になるわけである。

 

 

私は常に椅子に座って仕事をしている。椅子に座る、という状態をキープするのは実は極めてつらいことであり、人間というのは自らのその通常姿勢というものに対して常に疑問を抱かねばならない。

 

 

私は1時間に1回は必ず立ち上がる。世の中ではタバコ休憩などというものが槍玉に挙げられているが、私はタバコも吸わないのでそういった喫煙所に出かけることもない。臭くはならない。たまにジャケットがダブルアップル臭いとは言われます。逆にトイレで排泄を行い体内から毒素を出しているわけだから、臭う要素が減っていることは間違いないのである。

 

じっとして、一点を眺めて生きているのは結構辛いことなのではないかと最近は感じている。とはいえど受け取り方は人それぞれではあるけども、何か一つのアクション・ポイントを通過することによって見えてくることって多々あるわけで、なんらかのそのファクターを取り込み、撫で回し、ブチ壊すことこそ世界と繋がりそして拒絶を繰り返していくことに繋がるのである。

 

 

というわけで神田で飯を食うことにした。

隣の駅である。外出するけど遠くはない、みたいな時に神田ってちょうどいい。MANNISHに行ってみようと思って歩いていたわけであるが

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180612230137j:plain

 

…クンチャー食いてえ

とか思ってしまったのが、俺の人生を変えるには色々とファクターが足りない状態を作り上げるのだった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180612230153j:plain

 

こ、これは!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180612230209j:plain

 

うーん、色の濃い感じ最高だよね…でも海苔と味玉いらなかったかなー、まぁた贅沢しちまったなー、てへぺろってもう誰も言わないやーつだなぉとか呟きながら、直系っぽいスープをズズッと啜ってみたら、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180612230225j:plain

 

 

直系というより武道家系な臭さが強かった。

 

 

やっちまったな。。。

 

 

 

家系はしっかり炊かれた遅い時間に食えという先人の教えを守らなかった私が悪い。

 

バリッと硬い麺は好みだがもう少しスープに濃厚さが欲しかったところ。吉村家並みの塩分はあのスープの濃厚さだから均衡を保てるのか。まあそんなにたくさん食っているわけではないので偉そうなことは言えない。

 

 

結局ニンニクも入れられず、俺は無臭ニンニクの無臭など信じないしそんなもののアイデンティティを取り込んだところでなんの人生の足しにもならないことはわかっていたのである。

 

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

一年ちょっと前に食った時…結構感動したんだけど、、、

ってのはよくある話で。夜の方がうまい可能性が高いだけの話か。

 

 

まあ今更そんなこと悔やんだところでアレだが。まあまた行ってみよう。

 

 

 

夜は筋肉痛を押して怒りのワークアウト。

継続せねば