From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

一条流がんこラーメン総本家 『100麺だけ大盛り+ツケダマ+持ち込みライス』

2017年4月25日(火)

 

昼食豪遊生活の終了とともに懸念されることは、中毒症状からの解放と同時に訪れる禁断症状への対処である。


まず、代替食となるオフィスランチ。

がんこ、としおか、jbcの代わりとなるランチを探すのは簡単ではない。一部世間的にリークされている私の次の職場は「jbcが定期券内になる」と噂されている。そのあたりの昼食の現場を探す生活が始まる。ハイカロリーかつスピーディーに食える店。もしくは可愛いチャンネーがいる店。

 

昼も気持ちが

休まらないような!

ドキドキが!

待っているかもしれないじゃない!!!


そして次に「どうしようもなく食いたくなる気持ちをいかに解消するか」である。俺の土曜昼はもはやがんことしおかjbcに握られたようなものだ。

 

いや、がんこは日曜朝の楽しみなのかもしれん。俺ほんとに趣味の音楽制作できるんだろうか?実際出来てないしな。前日に飲み過ぎてがんこに行けないとかとしおかに行けないとかいう泣けるオチだけは本当に避けたいのである。


そんなわけで今週はやはり昼を楽しまねばならぬ。朝7時半に起きるという素早い朝型調整ぶりを発揮し、掃除洗濯を済ませてご飯を持ってゴー。10時半だっつうのに20近くの並びに接続…このサボリーマンども!!と言いたかったがリーマン率は低い。みんなカニコジキなんだろうな…カニの不純スープは風味は飛べど旨味は強くなる印象がある。前日のブログで家元が「マブシャブ度を高める」と言っていたが、

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702205306j:plain

 

眼前に現れた100のスープは煮干しっぽさが効いた老人仕様だった!!

「100!長渕!」と叫んだ家元の謎さも相待って俺の心の鼓動は高まりまくったのである!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702205317j:plain

 

カニの風味がふんわりするスープ美味え…なんだこれ!!!さっぱりやなー、とズルズルやりながらカエシをレンゲで1杯。うん、やっぱりこれが必要だ。もう2杯ぶち込んでようやく満足な味!!マブシャブっぽいわー、極めてこれは純度の高いマブシャブに近いわー、むしろ混ぜ物効いてて美味えなーとか心の中でブツブツ言いながらもう一杯カエシをぶち込んでクラっときていた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702205342j:plain

 

100のときのつけにはまぁ確実にカエシを足してご堪能いただきたい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702205330j:plain

しっかし、今日の悪魔肉マジで美味かったな。


次のロットで家元が間違えて茹でて路頭に迷いかけた0.25杯分の麺を、

f:id:standaloneramenjiro:20170702205354j:plain

厚顔無恥で「もらいまーす」と宣言して追加のかけ100ゲット!

 

 

うーん、バリカタで澄んだスープ最高に美味い。

f:id:standaloneramenjiro:20170702205404j:plain

 

色々堪能した!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702205417j:plain

 

当然ながらKKブチカマしフィニッシュムーブ家元と女将にゴッチ式パイルドライバー会釈して退店!!


麺だけ大盛りとか言ってたのに結局スープも大盛りぶんくらい飲んでしまった。

 


何も言わずに入店時のムーブだけでご飯を温めてくれるようになった女将に「玉子もいるんでしょ」とか言われてハイと答える声が焦って裏返ってたことは内緒な。