フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

家がんこ2018冬…

 

 

ずっと憧れていたものがある。

 

 

 

家二郎、というものは数回経験した。

豚の暴力を借りて、単純に重たいスープを作り、仙川の麺の力を借りていた。

 

 

私は暴力的なものが好きである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228202547j:image

 

私はこの暴力を借りて下品になりたかった。

 

下品…夢見ていたのである。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202447j:image

 

 

また、別の暴力に見える優しさ…神田川沿いで培われたその大量のありがたみを、

それを、夢見ていた。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202537j:image

 

塩を抜いた。

 

数回沸騰しては捨てて、まずは詩作と称してひとつかみ分のメンマを作ってみたのである。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202523j:image

 

肉の旨味はここからとった。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202506j:image

 

肉を…煮ることによって旨味を得ようとしていた。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202540j:image

 

 

この時点で食い切ってしまいたい気持ちに苛まれていた。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202605j:image

 

この時点で

 

食い切ってしまえばよかった。

 

 

…2個仕込んだチャーシュー、それは矢張り家で食い切った。

言うまでもなく、自画自賛の嵐であった。自分の子を愛さないものはいないのである。

 

 

前々日

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202530j:image

 

 

固茹でが好きだった私はそれでも、皆が喜ぶやつを作りたかったのである。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202455j:image

 

対してこれは完全に自己満足だ。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202503j:image

 

一晩掛けて塩を抜いた。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202452j:image

 

熱をかけずにしっかりと作った。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202519j:image

 

それ以外の肉エキスはこれでとった。

俺は高円寺の業務スーパーを愛している。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202526j:image

 

なんかいろいろ煮込んだ。

ここまでは二郎とほぼ一緒である。

 

 

干ししいたけは完全に好みだ。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202444j:image

 

メンマ遊戯の始まりであった。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202555j:image

 

とった出汁も惜しげなく使った。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202515j:image

 

前に煮込んでおいたタレで煮込むメンマはこの時点でもう失敗の予感がしなかった。

 

砂糖もめっちゃ入れた。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202512j:image

 

 

世の中の人はこれくらいの茹で加減が好きである。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202458j:image

 

 

2リットル入るタッパーがパンッパンになった。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202534j:image

 

更に肩ロース1.2キロ分も出汁にぶち込んでみれば、夢が広がった。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202611j:image

 

俺はそそり立つ棒も用意した。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202544j:image

 

当日の様子である。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202558j:image

 

ラーメンができるまでは居酒屋フロムムサシノの開店である。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202552j:image

 

 

肉のエキスをとったスープとは別に、乾物とヤサイでまた別のスープを。

ある意味これは神保町リスペクトである。


f:id:standaloneramenjiro:20181228202441j:image

 

 

煮込んだ豚足も食ってしまう。ブタは蹄と鳴き声以外は食えるのである。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202508j:image

 

俺はわざわざこれを買いに上野まで行ったが、もう少し事前に干さねばならなかったな…直火は難しい。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202608j:image

 

そうして、ただの美味しい、ちょっと生臭いラーメンの完成であった。

 

絶賛の声が上がったが

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202437j:image

 

 

二郎好きの連中にウケたのは言わずもがな、こっちであった。

 


f:id:standaloneramenjiro:20181228202602j:image

 

 

 

反省点も多く、よしんばレシピなどというものもない状態でイマイチなレポになってしまったことも反省点である。