読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

一条流がんこラーメン総本家『悪魔+ツケダマ+持ち込みライス』『スペシャルラーメン+ツケダマ+持ち込みライス』

2016年9月17日(土)

 

正直最近もう

ヒロポンか、蟹の出汁のとき以外は別に行かなくていいかな、なんて思いがちで

なかなかヒロポンに出会えなかったのだけども

 

「老人仕様のヒロポンをやる」

 

 

これ絶対に酒効いてるやつだ

 

8時にはがんこ前着。

 

 

 

 

なんとPPを逃し2着。

 

 

いや、PP狙いじゃなかったわけだけども。

 

 

ああ、そうなのか。ヒロポンの日はこれくらいだとPP狙えるのね。

 

学びがあった。

 

まぁそんなこたぁどうでもいいんだよ!最初の一杯を食える喜びがあればという程度のものだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160922144414j:plain

本日は大根を辛く煮たもの。

歯ごたえがとても良く、とても上品な味。

 

「今日は私が食べる悪魔仕様の麺を特別に食べていただこう」

 

なんていうもんだからどれどれ、どんなもんかなと思ってた

 

f:id:standaloneramenjiro:20160922144425j:plain

 

嬉しい。。。肉が多い。。。

 

そして

f:id:standaloneramenjiro:20160922144436j:plain

 

昔一度お目にかかったときにまったく入れることを思いつかなかった焦がしネギ!

がんこと言えば焦がしネギでしょう!?初めて投入することが出来て感無量っすよ…

 

 

スープを一口やると、やはりヒロポン独特のツーンとし鼻を抜ける香りがたまらない。

最初の一口ってわからないことが多いんですよ。いろいろと。

 

だから

f:id:standaloneramenjiro:20160922144448j:plain

 

この麺がすべてを語ってくれるんだよなぁああああああああああああ

うめえ!!!!!!!!!!!!!!!

ビンっビン来るわこれは!!!!!!!

 

 

 

 

大げさな違いはわからずとも

いつもの麺よりもボソ感と硬さがグッとくる。

 

これが悪魔スープを掴んで絶対に離さない。劇薬指定の高濃度塩分ヒロポン

嫌というほど吸い付いてくるのがわかる。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160922144500j:plain

 

そんなヒロポンスープを纏った麺は玉子にディップしても最高である。

 

これ、ホントうめえな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160922144510j:plain

 

「今日の老人仕様は凄く酒が効いているでしょう。1.5倍は入ってるよ」

 

なんて、小生がスープを啜ってるのを見て言うもんだ。

ものすごい酒の甘みを感じた。

 

芸術。

 

このあとの営業ではだいぶまろやかになったとのことだ。活きた酒の味を喰らうには、開店直後くらいが一番オススメかもしれない。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月19日(月)

 

祝日のこの日はツブとカキのスペシャル。

 

なぜ二本立てかというと…それは最後まで読んでいただければわかる。

 

 

前日、沖縄から大学の後輩がライブ演奏のために東京に来、我が家に泊まったので

一発おみまいしてやろうと向かった先はがんこ。

10時半?とか、11時くらいだっただろうか。

 

並びわずか15程度。

その後一気に並びが増え、安堵し胸をなでおろしつつプロレススーパースター列伝を読んで待つ。

 

 

最近の貝出汁の日は一口目がやたらエグい。

なので、下品でスタート。

f:id:standaloneramenjiro:20160922145652j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160922145703j:plain

 

うーむ、今日も肉が多い。うれしい。

 

米を沢山持ち込んだ甲斐があるというもの。

 

スープを一口やると、やはりエグい。そして塩分が全然足りない。

 

カエシがダシに完全に食われている。そんな感覚だった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160922145713j:plain

 

当然ながらカエシを即レンゲ2杯分投入して食うとこれ、最高に美味い状態に持ち込めた。

うーむ、つぶ貝…恐るべし。

 

 

しかしながら、こないだのヒロポン麺を食ってしまうと…麺がちょっと弱い。

つぎ、バリカタにしてみるか…

 

というわけで、全然写真を撮らずに食い切って退店してしまったのであった。

次、貝だし系のスペシャルの日は自由が丘で行ってみようと思う。

 

 

ああ〜〜〜〜〜カニかヒロポン食いてぇ〜〜〜〜〜〜〜〜