From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 千住大橋駅前店『大豚+生玉子』

2016年8月15日(月)

 

楽しかった帰省から現実に戻され

 

羽田空港に降り立ち

ムッとする高湿度の空気を肺に含み

 

ああ、東京だ。東京の味だ。

なんてつぶやいた人は

 

本当は塩スペシャルを食いに行くつもりだったのに

結局がんこは休みになりましたと。

 

 

そんなわけで、営業している店も少ないこのお盆。終戦記念日

 

怒りのデロ麺液アブラ戦争を繰り広げんと

f:id:standaloneramenjiro:20160819005122j:plain

 

千住湾上陸を果たしたのであった。

 

 

さすがの盆。そして営業店舗も少なかったこのラーメン二郎界。

 

やはり混みます。1010は夜にしか来たことがなかったのだが、ガッツリ並ぶのは初めてでかつ

まさか30人弱の列に接続するとは思わなかった。

おまけにほとんど並んだことがなかったので、食券先買いという1010ルールを全然知らずにちょっとテンパった(←素人)が

 

前後の方々に「食券買いました?」なんて聞くと、どちらからも「いや…この店舗初めて来たもんで…」という回答。

 

やはり盆だ。うーむ、こういう時こそ普段行かない店との出会いってのがあるもんだよなぁと思いつつも

 

心のなかでは「あぶね!あぶね!食券買ってないけど周りも買ってないからどうにかなるだろ」なんて思いながら過ごしました。

 

店のルールには必ず従いましょう。

 

 

 

 

途中、仏の笑顔を持つ酒と二郎と加圧ダイエットが趣味の方にお逢いし

おみやげを渡しつつ

 

およそ1時間15分程度で入店。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005133j:plain

 

「ラー油あります!」っていうんで、別皿要員として生玉子確保。

これがあとでいい味出してくれた。

 

コールはヤサイニンニクアブラ、ラー油。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005145j:plain

 

液アブラやべえなほんと

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005156j:plain

 

なんじゃこのアブラの海

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005203j:plain

 

見事な表面張力によって保たれる卓上の秩序を崩してはならない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005214j:plain

 

だがしかしどこから手を付けたらよいのだ。

 

迷いに迷ったが、あ、そういえばラー油かかってんじゃん…と、

ブタを玉子皿に避難させれば一発で水位(油位)低下。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005223j:plain

 

 

見よ!このデロ気味な麺!写真からもその柔らかなボディーのエッチい感じが伝わるだろう??

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005232j:plain

 

これがドロうおォンだぁー!!!!!!!!!!!

 

まだこの段階では麺にアブラが馴染みきっていない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005241j:plain

 

このラー油にまみれたブタがまた美味かった。。。

なんでこんなに美味いんだ…千住のブタ。。。

 

 

そしてブタの下の麺は液アブラでテカりまくっているのがわかるだろう。

艶出しニスなんか不要です。ラードぶっかけりゃいいのですから。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005252j:plain

 

食べ進めてスープがいい具合に混ざったところを激写。

 

うーむ、、、やっぱりこの非乳化に厚い油層が出来た二郎…

これが小生の今年の夏のテーマである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005301j:plain

 

そしてラー油を混ぜた溶き玉子で

生たまうおォン!!!

 

千住の麺、生玉子に合うわ…感動して泣きそうなほどマッチしてた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160819005310j:plain

 

9分で完食。油層すげえ…

 

千住は麺量が多い、という説があるけども

おそらくそこまで多い感じはしない。

 

 

デロってボテっとした麺が食い易すぎてスピーディーに食えてしまうのか

 

潤滑剤としての液アブラの効能か

 

 

それとも量多い説を唱える常連さんたちが盛られすぎているのか。

 

 

 

浅はかな小生のアタマでは考えが及ばないが

 

やはり千住…近所にあって欲しかったと思うクオリティであった。