From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 目黒店『大ラーメンW豚入り』

2016年7月30日(土)

 

がんこ→千駄ヶ谷まで下る→国立競技場横・神宮球場周りを歩いてみる→暑すぎて10万年くらいぶりにガリガリ君を食う

 

→原宿へ抜ける→代々木公園でゾンビ活動

 

→渋谷へ下る

 

→DTに乗って池尻大橋(👈これくらい歩けよ…)

 

→大学の後輩と合流して世田谷公園でゾンビ活動(イーブイフシギダネが大量!)

 

→南東へ移動、山手通りへぶつかる

 

 

→南下する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132657j:plain

 

まさかがんこに行ったその日にもう一件、ラーメンを食いに行くなんて思いもしなかったが

 

 

後輩と連絡とったあたりから心の雲行きが怪しかった。

 

 

やっぱり夏は非乳化だ。嫌というほどそう感じている。

 

今年の夏はメグジ・jbc・仙川で決まりだ。

遠いけど千住も行きたいな。

 

待ち5ほどであっさり入店。

連れて行った後輩は以前にjbcで麺少なめを食いきってるので、小で全く問題なし。

 

「大でも行けると思うよ」なんていう小生からの誘いには乗らなかった。

 

コールはヤサイニンニクコラコラ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132201j:plain

 

 

なんか見た目がとってもいい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132216j:plain

 

しっかりと液体分が抜けきったフワトロのコラコラがニクい。

 

食う前からビンビン来てた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132229j:plain

 

ブタもほぐれ気味のものが五月雨になって散りばめられる。

 

大きいブタに喰らいつく醍醐味というのもあるが、ここメグジではそんな必要はない。

 

スピーディーに味わうにはこのサイズがベストだ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132238j:plain

 

ゴリッゴリのメグジ麺は富士丸のそれを思い起こさせる。

 

80年代の三田の麺ってこんな感じだったんだろうなぁ。

普段固めコールなどしない小生ではありますが、ボキボキの麺はボキボキの麺で好みである。

 

液体アブラが麺とスープの接着剤。唇でスープをそぎ落としながらすするなんてもってのほか。

 

フガフガ言いながら食う。それが小生のメグジの楽しみかた。

f:id:standaloneramenjiro:20160731132250j:plain

 

最高にすっきりしているのがわかるだろう。醤油が弱いかといったらそうでもない。

 

液体アブラの膜が深すぎるのである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132302j:plain

 

このブタもやはりコショウが合う…素敵じゃないか。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160731132318j:plain

 

そんなわけで結構ゆっくり味わって完食。

 

完全にハマった。

 

メグジは伊達じゃない。

心からそう思うひととき。

 

思い出すだけで…なんかこみ上げるものがある、から

 

また1日おいて行っちゃうんですけどね。

 

後輩は「全然食えたなぁ」なんて言ってたので一安心。普通の男性ならいけますね、やはり。