読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン富士丸 神谷本店『富士丸ラーメン+ビール』

ラーメン富士丸 神谷本店

2016年7月5日(火)

 

仕事が終わりに近づく頃

 

後輩は決まってこう言う。

 

 

「富士丸行きたいっすね」

 

と。

 

小生は応える。

 

 

「二郎に行ったばかりだけど富士丸には行きたいな」

 

と。

 

 

 

また、仕事終わり頃にLINEを開くと、ジョンからメッセージが入る。

 

「二郎食いたいけど猫の餌を買いに行かなきゃならない。」

 

 

 

 

小生「しらねえよ早く京浜東北に乗れ」

 

 

小生はジョンを初の富士丸に誘った。

 

 

 

 

しかしながら思うのは

 

やはり二郎と富士丸は別である、ということ。

 

 

もとはといえば富士丸もマルジ、その前はラーメン二郎赤羽店だった。

 

何故、ここまで独自の進化を遂げることが出来たのか。

 

何故なのか、考えてみた。

 

ラーメン二郎にあって富士丸にないもの。

それはある種の緊張感だったり

非乳化のキリリとした味わいやまろやかな乳化感だったりするわけだが

 

富士丸にあって二郎にないもの

 

それは、小上がりである。

 

 

 

畳。それは和の心。

 

座布団を敷き

 

卓を囲み

 

皆と乾杯をしビールを流し込む

 

それを可能にするのが

f:id:standaloneramenjiro:20160709175444j:plain

 

 

この魔法の食券である。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709185657j:plain

 

このキンキンに冷えたジョッキは、必要以上に泡立ちすぎる。

 

ここは小生のテクニックで泡の比率を最高の具合に調整した。

完璧だ!!美味しいビールを注ぎたい一心はビールを美味くする。

 

 

そして現れる

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175414j:plain

 

至高のおつまみ。

 

召喚されしヤサイ・ブタ・ゆで玉子は最高の組み合わせ。

 

 

会社の後輩が唸った。

「これは…これはやばい。。。」

 

20歳そこらでこの味を覚えるなんて。罪深いことですよ。

 

 

しかしながら貧乏性な小生はちびちびとビールを飲むのに慣れている。

 

どうしたってつまみが先になくなり

 

新たなお口のお友だちが必要になったその時

 

 

助手がニンニクの有無を聞きに来た。

 

 

 

小生は言ったのだ

 

 

「全部多めで、アブラ先にもらえますか?」

 

 

助手さん「え?」

 

 

「いや、おつまみなくなっちゃったんでアブラ食いたいんですよ。できます?」

 

 

 

 

その結果がこちら。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175521j:plain

 

 

うははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

 

 

 

先にアブラを味わうことができるなんて最高だ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

富士丸神谷本店に不可能なし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

そんなわけでビールをぐびっとやり終わり

 

メインディッシュのお目見えである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175533j:plain

 

 

今日もたっぷりAZMS!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175543j:plain

 

 

テッペンにもたっぷりのアブラとほぐし肉AZMS!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175552j:plain

 

今日もゴロッと入る細かなブタAZMS!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

そうしてテンションがMAXになっている小生にさらに追い打ちをかける

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175603j:plain

 

 

アブラもう一皿。

 

 

また出てきた。小生は何も言わず。

「要りますよね?」って。

 

 

そりゃいります。

 

ありがとうございますほんと。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175613j:plain

 

てっぺんのほぐし肉とアブラでまず頭頂部を削る。

 

そしてそこにすかさずアブラを盛り、削岩していく。

 

本日の地盤はまぁまぁな硬さ、ぎっしり詰まったヤサイの熱が低めだったことは幸いだ。

これがアツアツなら本気で食えないことがある。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175623j:plain

 

このね、小さなブタのカタマリが一番美味しいんですよ。

 

若干冷えて固まっている脂身を頬張ると、じんわりとアブラが溶け出して味わうことが出来る。

 

これが素晴らしくナイスチョイスな瞬間。そっと運命に出会い運命に笑う。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175632j:plain

 

 

逆サイドにもブタの塊。手前のブタにピントが合うとよかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175641j:plain

 

 

山をある程度崩すとお目見えするiPhone5サイズのブタ

そしてニンニク。

 

 

ニンニクは多めをコールすると、ラーメンに直接入れられるニンニクのほか、別皿のニンニクがつけられるのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175653j:plain

 

iPhone5サイズのブタを避けても、まだ敷かれているヤサイの絨毯。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175706j:plain

 

 

手強い。この下にはヤサイの重みで沈み込んだ麺の山があるのだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175715j:plain

 

 

ようやく逢えましたよボキボキゴワゴワな富士丸麺!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175723j:plain

 

 

あああああああああああああああああああああああああやっぱ最高にうめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175733j:plain

 

アブラをぶちこんで麺を喰らう。これが最高に美味い。

 

だが

f:id:standaloneramenjiro:20160709175745j:plain

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175754j:plain

 

 

アブラに加えて別皿のニンニクをぶち込むと最the高な味わい。

 

これに勝てるものはないよ。マジだよ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175803j:plain

 

まずいわけないでしょ。

 

 

ニンニクというのは世の中における嫌われ者の役を一手に引き受ける、激臭の帝王。

 

だがしかしアンビバレントな人々の心は、そのような人々との声とは反対に「美味い」という感情を抱くのである。

 

 

ニンニクは美味い。正義。

 

 

口臭はきつくなるが、肝臓の働きを助け、整腸作用をもたらし、むしろ体臭自体はよくなるのではないかという説もある。

 

ニンニクはカラダに良い。

 

こんな生活をしていても、血液検査の結果は概ね問題ない数値とのこと。

 

だからこそ小生は富士丸ではかならず別皿のニンニクをもらうのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175811j:plain

 

 

別皿にエスケープさせていたブタを戻し、汁の熱を加えて温めなおす。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175820j:plain

 

富士丸のラーメンには本当に黒胡椒が合う。絶対に避けてはならないものである。

 

 

そして

f:id:standaloneramenjiro:20160709175829j:plain

 

小皿に麺をとって作るのはセルフ辣油そば

ニンニクとアブラを加えてさらに旨味激増。

 

味覚のテーマパーク、

富士丸神谷本店は本当に楽しい!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175838j:plain

 

本日の汁はひっさびさのギットギト具合でダメージ多し。

それにくわえて

 

ジョンの野郎がアブラに手を付けなかったので、後輩とアブラを半々で分けた。

 

 

小生、トータルアブラ2.5杯。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175848j:plain

 

当然ながらこれはアブラ玉子にして食うのが小生の流儀。

 

 

ジョンが初の国産ブタメンに苦しんでいた。

 

その姿がこちら。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175856j:plain

 

 

やっぱり肉とアブラ残るよね

wwwwwwwwwwww

 

 

ひとはこうして成長していく。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175905j:plain

 

 

小生は小生で残ったアブラにコショウをぶっかけてフィニッシュ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160709175915j:plain

 

いやぁ、なかなかすごいアブラだった。。。

 

 

店主と助手に軽く会釈して退店。

 

 

 

ジョンは目が虚ろだった。

 

 童貞が抜き屋のおねえちゃんのプロな技で激イキさせられたようなそんな目だったが

 

 

後輩は帰りの赤羽駅まで一言もしゃべれないくらい、食道と気道を塞がれていた。

 

 

 

美しき富士丸遊戯。

 

小生は友人たちがこの深みにハマっていくことを光栄に思う。