From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

成蹊前ラーメン『F生郎+大盛り+肉多め』

2016年6月18日(土)

 

だいたいですね

 

月のこの時期はあまり精神状況がよろしくない。

 

 

10〜20日にかけてはかなりブレます。落ち着きません。

 

 

 

「女の子かよ」とかよく言われますが

 

 

 

 

 

 

 

 

「女子力も高いんだよ」と言い返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒゲの三十路男、ダイエット頑張ってます。

 

週4で毎回1時間走り通すことが苦ではなくなってきました。

 

そんなわけで順調に、初月は-5kgでフィニッシュしそうです。

 

こっから先は長い道。月-1.5kgでも減った方でしょう。

 

頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は2杯食いたい気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかんですねー、すべてを水の泡に流したくなるこの感覚。

 

 

いや、いいんです。足腰はしっかり鍛えられてきてますから。

 

 

 

そういうわけで

 

まずは

 

近場で済ませよう。

 

そう、ひさびさに

 

f:id:standaloneramenjiro:20160619010845j:plain

 

 

 

 

 

 

この4コマ漫画は店の前にある空調の室外機でご覧いただけます。

 

 

開店15分前。まさかのPPゲット。

 

 

小生の人生で初めてかもしれないな、ラーメン屋の開店待ちPP。

 

 

暑い。

 

 

もう梅雨明けたんじゃねえかと思うくらいの暑さ。

歩きながらも思わずとろけちまいそうでやばかったので、

店までの道中に麦茶を購入して急遽水分補給。

 

だがbutしかし!こないだのなみのりつけ麺がトラウマ過ぎてつけ麺なんか選択する気が起きない小生は

 

12時半からのカレーつけ麺提供開始を待たずにPPのまま入店したのであった。

 

コールは全部

 

f:id:standaloneramenjiro:20160619010857j:plain

 

 

うーーーーーーーーむ

f:id:standaloneramenjiro:20160619010909j:plain

 

 

汁がすくないところまで再現するこの感じ。

 

 

たまらねえな、とか思ったんですが

 

 

唐辛子は多いよな。生郎はこんなに多くなかった。

 

しかしからさで旨味がブレる感じはない。この一味、ちょっと美味しい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160619010921j:plain

 

肉多めにしたので、倍くらいの量になったバラ肉。

 

小生、この何の変哲もないバラ肉…結構すき。

 

 

しっかし

f:id:standaloneramenjiro:20160619010935j:plain

 

 

すっげー硬いな…

 

生郎もこんなに硬かったっけか。

 

富士丸神谷本店を軽く超えるボッキボキ麺。すすると唇の形が変わってしまうんじゃないかと思うほど。

 

キライではないが、お腹が弱い人はこれ無理だわな。

 

そういやボキボキって言えば、まだ蓮◯に行ったことが無い…

 

 

今後乞うご期待。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160619010951j:plain

 

あまり液体のアブラの浮きもなく、すんなり食べられたが

このカエシの味とバラ肉で麺を食わせるこの一杯、嫌いじゃない。

 

満足いたしました。

 

 

 

歩いて帰宅してレゲエを爆音で聴きながら部屋の掃除をし

 

少し昼寝。

 

 

 

 

 

というわけで

 

 

後半に続く。