読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店『ラーメン豚入り』

ラーメン ラーメン二郎 ヒバジ

2015年10月10日(土)

 

4連戦の第2回戦はこちら

 

f:id:standaloneramenjiro:20160206111908j:image

 

10時着、前には11名ほど。

 

小生の自宅のある吉祥寺からこのラーメン二郎ひばりが丘駅前店までの道のりは、

まず三鷹駅まで歩く。

小生の自宅は若干三鷹寄りなのです。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151011220942j:plain

バス酔いしやすいのに、わざわざ後ろに乗ってしまう習性があります。

 

そこから西武バスに乗って片道30分ほど。近いようで遠いひばりヶ丘駅前。

 

美しい助手さんもギリギリで到着。

 

時間通り10:30開店。

 

小生と同行のM教授はセパレートしそうだったので、後ろにいた方に先に入ってもらい、三番目のロットでの着席を待つことに。

f:id:standaloneramenjiro:20151011221006j:plain

山田総帥の顔やらヴィジュアル系のポスター、よくわからない紳士の顔を眺めるひととき。

 

 豚入りの食券を買い、着席。

 

ほどなくしてコール。ヤサイニンニクアブラカラメ

 

着丼

f:id:standaloneramenjiro:20151011221018j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20151011221028j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20151011221039j:plain

 

むはは

 

 

ヤサイ、クタってんなぁーーーーーー!!!!!!!!!!!

 

 

スープ、ポタってんなぁーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

いざ実食。

 

てっぺんのヤサイを少し食い、埋もれた豚救出大作戦。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151011221052j:plain

 

ひゃーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ご無沙汰してましたトロ豚さん!!!!!!!!!!!!!!!

 

相変わらずのトロトロ豚、店主の包丁スキルには毎回惚れ惚れしますなぁ。

 

口に含むとジュワ~〜〜〜〜〜〜〜っと溶け出す脂身がもう辛抱たまらんのです。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151011221107j:plain

 

アブラコールでぶち込まれたアブラ一切れ。

 

質量こそ小さいな、と思うものの、豚についている脂身や、少し浮かび上がってくる固形アブラとは一線を画す、

 

とろふわ角煮の脂身の如し、漬けアブラ

 

ここまで来るともはや白旗を振るしか無いというもの。

 

 

 

で、麺にたどり着くまでに幾度と無く昇天させられるわけだが

 

まずはスープを一口すすれば、北海道産の芳醇なバターすら思わせるド乳化汁が小生の鼻腔を襲う。

 

麺をすする。

スープをまとった細身の麺がまた小生の鼻腔をバターの芳香で満たす。

 

幾度と無く。

 

何も考える余裕が与えられないまま

f:id:standaloneramenjiro:20151011221118j:plain

 

完食。

 

最後の楽しみ、ド乳化豚ポタージュスープが待っている。

 

ラストに行われる3秒間のくちづけに、本物の幸せを感じたり。

 

完飲警報発令につき、王大人死亡確認!!

 

 

感謝感激雨アブラ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151011221140j:plain

 

自宅前に出没する猫「町蔵」(筆者命名)すらも、豚ポタージュ色の正午。

 

夕方の試合に向けて、コンディションを整える小生でありました。