From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店『ブタメン+白&炙り+ビール』

2016年8月4日(木)

 

 

東京の東側に

 

スーパードラマーかつラヲタなザーフリ様という方が居まして。

 

 

一度もお会いしたことがなかったのですが、ちょくちょくインスタやツイッターで交流させていただきまして

 

こないだの二郎フェスのときにTシャツを買って保管していたのを手渡すために

 

どうせならどこかでホモ連席してやらんと思ってました。

 

 

ホ◯テツ先輩にこの話をしたときに

「梶原だよ!彼のホームのひとつだから梶原がいい!!一緒に行こう」なんて言ってたのを思い出して

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003033j:plain

 

20時に集合

 

 

にセッティングしたのですが

 

ホ◯テツさん現れず。

 

 

初対面のザーフリさんと対マンカウンター連席。

 

ドギマギしながら探り探りコミュニケーションをするも

 

そこはやはり我らはラーメンゾンビ。ラーメンネタに花を咲かせ

 

例のブツを手渡しし、インスタの投稿の内容などについて色々とお話させていただきました。あとホ◯テツさんの神がかった行動録について。

 

 

まぁそんな感じに盛り上がるのでとうぜん 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003510j:plain

 

 

飲み会が始まりますよね。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003521j:plain

 

おつまみ来る前にガッツリ飲んじゃいますよね。

 

やっぱり富士丸のジョッキはキンキンに冷えすぎてて泡立ちがやばい。

 

よっぽどこだわって入れないかぎりはこの泡との戦いになる。

 

まぁこれがまた…いいんでしょうね。

 

 

 

 

男に泡はつきものだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼しました。

 

 

コールはヤサイニンニクアブラ

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003532j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160808003542j:plain

 

 

梶原ベストショット!!!!!!!!!!!!!

 

美しい!!!!!!!!!!!

 

自画&自賛!!!!!!!!!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003554j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160808003608j:plain

 

そして白もお出まし!!

 

まずはアブラをぶっかけてヤサイを喰らっていく。

 

うーむ、じゃっかん臭いな…そう思いながらもアブラと醤油をぶっかけて食えば全く問題なし。

 

 まぁブレの範疇。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003618j:plain

 

さすがのブタメン

本店ほどじゃないがかなりのボリューム。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003629j:plain

 

これがうわさのドロうおォンというやつだ!!!!!!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003641j:plain

 

これが梶原のサービスアブラか!!!!!!

 

深夜にこんな画像見ながらブログなんか書くから翌日の二郎・富士丸欲が高まるんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

バカヤロー!!!!!!!!!!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003651j:plain

 

白はそこからひっくり返しかき混ぜてしっかりと撹拌。

 

うむ。うまい。

 

横でラーメンにひたすら一味をぶっかけてる先輩

 

やっぱり中本通いでおかしくなってしまってるんですね。。。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003709j:plain

 

というわけで小生もあやかりました。

 

美味かった。最高にいい汗かいた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160808003719j:plain

 

というわけで完食。麺半分にしていたザーフリ先輩はヤサイコールをしたせいか半分でもかなりきつそうにしておわれた。

 

 

やはり富士丸、伊達ではないな…

 

 

王子まで二人で歩き、そこで解散。

 

次回は鶯谷信濃路で危険な焼酎をがぶ飲みしよう、という話も持ち上がり

 

大変楽しみな今後であります。

 

 

ザーフリ先輩、ごちそうさまでございました。