フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

滝野川大勝軒 『もりチャーシュー中盛 生玉子』

 

 

 

 

 

 

土曜の午前中は静かに過ごしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そう思ったことなど一度もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかしながら。

 

海の底で物を言わぬ貝になりたいと思うことも多々ある。暑い。室内に入った途端にムワッとし、冷房が効くまでの時間、狩りに挑む動物のように息を潜めて虎と化す。兎を狩るにも全力を尽くすのが北の男の流儀と言える。

 

 

 

のだ。3時間の休日出勤を終え、サコッシュ買ってこい」というミッションも当然こなすことができず、ブラジルおじさんから自慢げな写真を送られてきて俺は涙を流した。

 

 

 

 

神保町まで歩いて向かうも、そこに現れたのは長蛇の列であった。軽く会釈して泣く泣く離脱したのは言うまでもない。

 

 

 

 

なんと空虚な気持ちだろうか。翌日に全力を尽くすため、無駄な体力を使えないということを悟っていたのである。

 

 

 

 

そういうわけで御茶ノ水で難民と化した私は複数の選択肢がありながらも、体験したことのないものを味わうための勇気というものを持ち合わせた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180822j:image

 

 

横の店が長蛇の列を作っているのを尻目に私は矢張り此処の店を愛していきたいなという気持ちにアレしたのである。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180826j:image








こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180801j:image

 

 

何も言わなくても生玉子ど真ん中一直線にしてくれる心意気に感謝。ただのアレな人だと察されたのかもしれないが。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180808j:image

 

 

 

つけ汁のネギがまあ嬉しい量じゃないか。俺、ネギ大好きだからね。

麺ズルっとやれば嗚呼…まあ普通なんだよな。これは。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180819j:image

 

 

つけ汁から肉取り出して巻いて食えば嗚呼!?美味すぎだ…俺此処のロース肉っぽいチャーシュー好きィ!甘酸っぱいお汁、ど濃厚で最高に美味いな…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180811j:image

 

 

大量の麺はなかなか減ることもなく。具材で堪能しつつニンニクぶち込みまくりつけ汁ドボンしてズルッとな。美味い。最高だ!が、ラーメンが食いたくなったな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180804j:image

 

 

皆スープ割りを頼まない感じがアレだったが俺は勇気を出して聞けば最高に染みるスープの完成だ。温まる…暑い時には熱いスープに限りますなぁ。

 

 

結構なお点前で。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190910180815j:image

 

 

大満足完食当然KKブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 


すでに翌朝のことで頭がいっぱいになりつつも私、さっさと池袋脱出して吉祥寺帰還。

 

 

 

 

 

22時には寝ようと思っていたが夜行性の生き物は眠ることを許されず。0時半くらいまでずっと悶々としながら過ごしたのであった。

 

 

 

当然です◎!!とか言いながら4時半すぎに起床した。