フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメン信月 『塩しょうがラーメン』

 

 

 

ノスタルジーの極まる香り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感じることがあるだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


7月の頭に北海道へ帰ったことなど、今まで一度もなかった。大学生のころは早くて7月下旬、夏休みに入る頃に帰ることしかなかった。

 

 

 

このクソ梅雨の時期に、私は極めてカラッとした北海道に帰ってしまったのである。

 

 

 

人生の大誤算というやつが発生した。あんなにも過ごしやすく、呼吸のしやすい土地があるだろうか。新千歳空港に降り立ち、タラップで空港内に入る。

 

 

 

感じるのだ、その澄んだ空気とサッポロクラシックの気配を。

 

 

 

電車に乗って東区の北の端の駅でおり、道を歩いている間に私はすっかりと童心にかえってしまった。

 

 

 

 

 

すでに今私は北海道から東京に戻ってきてしまったが…

敢えて言おう、ホームシックであると!(ギレンボイス)

 

 

 

 

齢90を超えた祖父とサッポロクラシックで乾杯を済ませ、19時には寝てしまう祖父母から家の鍵を借りて俺は街へ出た。申し訳ないな、とか思いながら2階に自分で布団を敷いた。

 

 

 

街へ出て行く先は大原の専門学校。入学だ!

 

 

 

 

 

とかふざけて二郎の前についてみれば並び40…中待ちもあるから50くらいか…

 

 

 

 

 

 

さっさと諦めがつくのは札幌だからだろうか。腐る程ラーメン屋はある。代替案はいくつもある。なんなら俺には「イエロー」という手段もあるのだ!

 


などと言いながら俺はすでに最優先の代替案を用意していたのだ…

 

 

 

 

行き先はラーメン横丁。の、横のビルだ。サクッと入店し、酒を飲んでいる横のリーマンどもを尻目に俺の選択肢はただ一つ。

 

 

塩しょうがラーメンの召喚だ!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232630j:image





こ、、、

これは!?!?!?

 

 

およそ何年ぶりだろうか…ここ数年フラれ続けてきたこの名店に久々に足を踏み入れたぞ!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232624j:image

 

 

そしてやはり道民にとって嬉しいのはこの、北海道特有のチャーシュー、そして…お麩だ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232638j:image

 

 

 

ズズっとやれば嗚呼!もはやしょうが必要なしなほどのジンジャー感だ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232627j:image

 

 

ズルっとやれば嗚呼、、、清湯じゃねえ。明らかにこの、がっつり化調感に油脂感がたまらねえ。美味すぎる!!

 

ごりっとちょい太めの麺マジで最高じゃないか。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232634j:image

 

サクッと完食当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブお会計して退店!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20190708232709j:image

 

 

その後はアルギーラカフェで入店するなり

「??もう帰省ラッシュ始まってるんすか??」

「アップルミント?」

 

 

などと言われて恐縮。

 

 

 

 

安心して地元に戻れるな、とか考えちゃったり。

続く。