フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

さっぽろ羅偉伝 『とくのせみそ ライス』

 

 

怪しいバイヤーの男と出会った。

 


明らかに怪しかった。髭を蓄えて俺と同じタイミングで一年半かけてぶくぶく太ったバイヤーだった。

 

 

バイヤーは人懐っこいのかなんなのかわからないヤバイ男だ。LINEはひっきりなしに来るし、共通の友人にそのバイヤーからの連絡について伝えると「俺んとこにもきた」と言いがちである。寂しがりやなのである。私のような寂しがりやの友人にしておくにはぴったりの男である。

 

 

だいたい話題はがんこラーメンのことである。私は昨晩、某ミュージシャン界隈から届いた吉報にソワソワしながら明日はがんこはなしだ、だが明日のラーメンどうしようなんて考えていたところ、「ブツは指定の場所まで持って行きますよ」なんてバイヤーぶった男からの連絡に心躍った。

 

私はポケモンソルジャーとしての用事が高田馬場で控えており、私は迷わずママの味、サッポロ一番みそラーメンを超えるブツを食うことに決めた。「俺今味噌のバイブスなんですよ」なんて、都合の良さも兼ね備えた男の心意気にも感謝した。

 

 

2019年初めて会ったバイヤーは明らかに怪しかった。大きめのボストンバッグにブツを入れ、職質待った無しの姿でBIG BOX前に佇んでいた。

 

ニヤニヤしながら「グラム4,000ですけど」なんて言いながらも

 

「そんなに純すみ系が食いたいなんて、ママのおっぱいが恋しいんでちゅね〜!!」

 

とか心の中で呟いていたに違いない。

 

遠いとかなんとか文句ばかり言っているうちに店前についてああだこうだしながら待っていた。基本的に彼女と1日1杯条約を結んでしまった男の話題で盛り上がっていた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210511j:image




こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210519j:image

 

 

先週も食った気がするけどまあいいや…とくのせにするとチャーシューも多め、爆乳感のある味玉がコンニチワーしている。嬉しいやつだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210506j:image

 

 

スープすすってアチアチにビンビン、麺すすってウーム俺やっぱこれ好きィ!ゴリっと硬めに茹で上げられた麺、俺これがあればだいたいOK。食うものに困ったら馬場に来ようと思うくらいの安心感を得られている。味噌スタシーの境地、ここにあり。

 

 

横に座った髭は「アツすぎ」「加水高めの麺は伸びなくていいですね」とかラヲタっぷりを発揮していた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210503j:image

 

 

そして先週やれなかったニンニク投入…海外出身っぽい店員に言うと無言で出してくれた。ニンニクブースト…マジで嬉しいやつだった。

ライス2杯食いたい案件だなマジで。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210530j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

ああだこうだ言いながらオオゼキでドーピング剤購入、BIGBOX前でボストンバッグから出されたブツに支払いを済ませてバイヤーに別れを告げた。最後の写真にあるブツに私はブチあがったのである。

 


その後は高円寺に行きああだこうだしながら歩いてたら、10年くらいぶりに犬の糞を踏んだ。

 

俺は道端に生えた草で念入りに拭き取り、高円寺の地を踏みしめてひとつ成長したような気分になった。

 

 

 

 

ならない。