フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメン富士丸 神谷本店 『富士丸ラーメン カスアブラ 生玉子 ニンニク』

 

 

 

至極、至極単純に、反射神経のみをオンにして生きている人間の特徴みたいなものを丸まんまノートに写して漫画にしたような人生を送っているせいで、大抵は損ばかりをしている。

 

 

 


落語の題材になってもいいくらいだ。どう考えてもはっつぁんと熊さんを足して二で割ったようなおっちょこちょいと乱暴者のフュージョンである。もしかしたら1.6くらいで割ったものかもしれない。身体が大きいからね!

 

 

 

私は噂が大好きである。フリートウッドマックのファンなわけではない。とにかく噂好きだ。卑しいと言われるほどの噂フリークであり、日曜昼は絶対にTBSを見ているほどである。

ただし俺にとしまえんに行ったかどうかは聞く必要ないよ。家でネンネしてたね。

 

 

今年の私を一番盛り上げた噂…それは「富士丸空いてる」だったと言っても過言ではない。

 

 

 

某YouTuberの影響でクソほど混み始めたと言われる我が真のホーム。私の足を遠退けるだけの威力があったことは間違いないのだ。

 

 

そんな私は!!一昨日!!

かつては毎年クリスマスを

ここで過ごすと誓った店に

行かなかった!!!!!!

!!!!!!!!!!!!

 

 

なぜかというとそれは!!…風邪っぽかったからであり、わりかし死にそうな顔をしながら帰宅し、冷蔵庫に転がっていた先日の家がんこの副産物をもって焼きそばを作ったりしていたら、ひとりぼっちの富士丸クリスマスを堪能していた連中が口を揃えて

「今年最短の並びだった」

 

 

とか呟いてやがるのだ。

 

私は閉口し、さめざめと涙を流しながらダブルアップルの霞を啜った。

 

 

そんな皆の言い分がなぜか脳内で変換されて「この寒さのせいで並びが少ない」

 

 

と思って仕舞ったのである。

 

 

着いてみれば外待ち30…何事かと思ったがこれが最近のデフォルトであり、一昨日は「クリスマスに富士丸なんか食う奴がいるかよ」という社会のメッセージに他ならなかった。

 

とほほ、とほほと呟きながらワンカップで飲み会をしている人たちを尻目に『見仏記』なんか読み直しちゃったら1時間半なんか余裕だった。だが、入店してからが長い。

 

それが富士丸神谷本店である。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201905j:image

 


こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201934j:plain

 

 

スッゲー久々の角席は光の加減が悪いな、、、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201916j:plain

 

とか言いながらもちょいヤサイが効いた俺の1日遅れのクリスマスツリー…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201952j:plain

 

サンタさんごついアブラたくさんAZMS!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201929j:plain

 

アブラでヤサイの山を崩せばそれだけでもう幸せの絶頂、新婚ホヤホヤ、孫が生まれた時並みの喜びを感じられるわけで、私のニヤニヤが止まらなかったのは言うまでもない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201945j:plain

 

 

富士丸ミスト浴びてみればゴングが鳴り響き俺は口の中をそのゴワゴワ麺でいっぱいにした。

 

うめえ…美味すぎる!!一口目が美味いラーメンというのは間違いなく優勝クラスのラーメンであるが、ここんちと神保町は矢張りどこのブツにも敵わない双璧や…美味すぎるぜマジで!

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201941j:plain

 

麺の上に肉の絨毯広げてみればなんかこれ

もう「ティラミス」だよね!!

 

ただでさえ完璧なスープにバターの如き香ばしさすら感じるアブラをぶっ混んでみればもうこれを超えるディナーは存在しない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201955j:plain

 

生玉子にアブラ別皿ニンニクぶち込んでさらにブーストして堪能した!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181228201959j:plain

 

サクッと完食フィニッシュムーブ省略軽く会釈してまたスープを飲み再度会釈して退店!!

 

 

赤羽までの帰り道…矢張り脳内ではUWFのテーマが流れていた。

 

 

しかし2時間10分は長かった。

 

 

来年もうちょい緩和されますように。

 

 

 

年末の予定はヒバジ・jbcjbc(がんこ)・がんこです。