フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメン二郎 神田神保町店 『大ラーメン 生玉子』

 

 

週末を迎えてバカ駄文に舌鼓を打ち(自ら)街ゆく人を押しのけては「早く帰りたい」と呟く日々ももういい加減にして欲しいと思うばかりで、挙げ句の果てには「もう死にたい」とか言い始めるくらいのメンがヘラってる状態だからこそもはや正常な思考はできず、志向としては曖昧だし嗜好が面倒すぎる俺はもう「死ぬしかない」とか思って自虐の道を辿っているのである。

 

 

 

 

救いの手を差し伸べるのはいつだって友人であり、親兄弟親戚こそ、と人は言うが「神保町」という呪文を唱え始める人間が2人も集まればそりゃ行くしかない。

 

土曜昼がどんだけ混もうと我々の意思は固かったんである。

 

 

 

到着してみればキッチンジロー側に5人程度の列。元100キロの男は5分も遅れてきやがり我々先発隊3名は早めに接続。近所の予備校生軍団が後ろに入り込みそのさらに後方に元100キロの男は接続。

 

 

 

そうなったとしてもロットマジックが起こるのは矢張り神保町である。ホモ連席は必須です!!

 

キッチンジロー側から花月裏に移るタイミングでロットマジック成功!元100キロの男は助手さんに「…普通の大で」とか言ってイキっていたのである。

 

 

 

入店すれば非常に元気な店主のおもてなしを全身全霊で受け止め、帰りたい、帰りたいと聞こえてきた空耳を僕らは楽しんでいたのであった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234233j:image

 

こ、

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234301j:image

 

これは!?!?!?!?!?!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234321j:image

 

ガバッと立ち上がり気味に厨房内を覗き込んで見れば!!大の丼二つは異常にスープ少なめ…気持ち込められてるぜこれは。

 

アブラおっきいのくださいしてみればレア部位マジAZMS!!!!!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234415j:image

 

 

とか言いながら見ていれば、まあ見た目は優しめな感じで一安心。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234443j:image

 

 

…このえげつない量のニンニクを除けば、だ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234520j:image

 

ヤサイ食って天地返してが一番スムーズにできないのがこの店だ。予想通り俺らの丼の麺はもはや一切持ち上がらないお揃いのブツ。…私の箸テクは褒められたものではないが、それ以上に絡みあうこの麺。正気の沙汰ではない。

 

ズルッとやれば世界一美味いラーメンの一口目が矢張りここにはある。我が地元北見市でで食う美味い醤油ラーメンのそれと似過ぎているのだ。俺はこのラーメンを食えることの出会いと感謝を忘れない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234604j:image

 

豚も最高に立派なブツ

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234539j:image

 

レア部位AZMSもしっかり堪能しつつ、この馬鹿みたいな量のニンニクをスープにぶっ込んでみればもはや翌朝どころか未来永劫に語り継がれる臭いになりそうだ。

 

俺は喜んでそれを受け入れよう。

 

とか格好つけながら食っていたが、横でほぼ同量の大ラーメンを食っていた元100キロの男は俺に一馬身差をつけてフィニッシュ。

足りた?攻撃を喰らって必死に目を伏せながら「…満足です」と言うところにドM性を垣間見ざるを得ない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181024234729j:image

 

そう言う俺は悶絶一歩手前で唐辛子ブチ混み最後に取っといた豚を堪能した!


f:id:standaloneramenjiro:20181024234734j:image

 

完食フィニッシュムーブ深々と会釈し色々とアレして退店!!

 

 

 

店内を響き渡る音が木霊した。

 

 

 

夏が終わり、少し元気になれる気がしている。

 

 

 

Autumn Sweater

いい季節だな。