フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメン二郎 札幌店 『大ラーメン カレーパウダー 生玉子 』

腐れ無計画腐れ無頓着家の中でも靴下履きっぱなしスリッパ履かない主義の私であるからには、当然ながら帰省の日程などテキトーに決めてテキトーに飛行機をとって、あ、イベント日程だけは覚えとこ、とか家で屁をこいてコンタクトレンズをつけたまま寝てたりしているわけだから、直前になって「チケット取れねえ」とか騒いでる僕らがいるわけで。

WESS様あなたたちには何にも非がないですそう今年も最高のライジングサンを拝ませてください、と言いたいところだった。

 

 

許さねえからな。今年のめんどくささは。

 

 

そうこういいつつチケットを確保できたからよかったものの、どうやら今年のライジングはガラガラなのではないか、かなり小規模化しているんではないか、とか、色々な恨みつらみも抱きつつも、例年と変わらず変わらず俺はセンチメンタリズムを爆発させている。遠足前日の小学生とは俺のこと、なんとこの夜も10回目か。

 

 

今日、この夜を過ごしていること、その事実そのものに感謝している。

 

 

久々に歩く夏の札幌の街は、いつも通りの乾いた空気だった。雨が降ったってジメッとしてないのがいい。色々な目的を達成しやすいメンタリズムを育ててくれる。

 

 

俺はそれを、飼い太らせすぎた。

 

本気になったら大原〜とか歌いながら歩いて到着すれば、

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110037j:plain

 

12時ちょい過ぎに接続。

 

 

札幌店は中待ちも10弱ある状態で外12。

 

 

これはやばい…マジかよ…繁盛店じゃん!

 

 

 

とか思って小雨降る中待ってたが20分で入店。なかなかすげえスピード。まあ大ラーメンだろと思って食券買えば結構な数の客が大を買ってる印象。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110043j:plain

 

目の前に出されたカレーパウダーの量に愕然(多い)としつつ、テキパキとしたオペで客を回していく女性助手に関心していたものである。札幌の人って感じがした。あとから聞けば、地元の人もあのお姉さんの回しはすごいと感じているらしい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110054j:plain

 

 

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110106j:plain

 

液アブラ浮きまくるかなり非乳化よりな…でも乳化してないわけじゃない感じは新感覚というか…札幌の醤油ラーメンってこういう雰囲気、あるよな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110137j:plain

 

美味いと評判のヤサイにアブラごと食いつき天地返し気味にしてズルッとやればウーム!!モッチモチの麺は健在だ。うまい。麺ほんとモッチモチ。桜台っぽさに通ずるものがある。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110150j:plain

 

 

生玉子お椀に麺ぶち込みニンニク乗せてカレー粉ぶっこんで堪能すればもうこれなしには生きて帰れねえと思うシロモノ!たっぷりのカレー粉嬉しすぎかよ!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110120j:plain

 

ブタは美しい巻きブタ当然ながらこの日は文句なしの神ブタであった。半分はカレー粉につけて堪能。

 

 

なんかかなりトッピング増えてたがシャッターチャンス逃したし普通に食いたい気分だったことを後悔したがまあまた来るだろ!年末年始くらいに!

 

f:id:standaloneramenjiro:20180814110204j:plain

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

この夏もまた、札幌を食ってスタートすることができた。

 

 

この後はビアガーデンだ!と気合を入れて南下していたが、無意識に千寿の前を通り自我が爆発して連食しそうになったのはここだけの話。

 

 

 

札幌では小かな…そうなっても、仕方ないよね。

そうだよね。

アヒーン