From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎仙川店 『小ラーメン豚入り』

2017年4月27日(木)

 

暴飲暴食放蕩ニート期間も終わりを迎えようとしていて。


真面目に働くためのエネルギーを完全に補給しつつあるが、基礎的な体力を削ってまで遊んでいるせいか、なんか体調面で引っかかるところもあり。今後が心配になる感じではあるが、運動せねばならないという気持ちもあり、昨晩は自転車にまたがった。


そういえば熱海秘宝館は本当にすごかった。何がすごかったかと聞かれれば「そのシュールさ」である。エロがエロでなくなる瞬間って実はその辺に転がっていたりするものだけど、あそこまで「アソコがオブジェになる」と、もはやただただ笑うしかない。椅子に座った瞬間に流れてくる映像とかほんと、なんのエロさもなくひたすら笑ってしまったのである。


そんなわけで私は同じくしてエロがシュールになる文学ことペニス文學を執筆しようと南下して東八道路まで出たのだが、この時点で体力の限界。
府中まで10キロとか無理。と思って仙川まで方向転換。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210507j:plain


ろ、ローソンがなくなっている…とかひとしきりショックを受け、間違えて(間違えてない)小豚の食券を購入。スムーズに入店し全部コール。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210520j:plain

 

…小も大もそんなに変わらなくねえか?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210531j:plain

 

大丼のほうが小さいような錯覚か…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210543j:plain

 

盛り方の問題か。

 

 

相変わらず豚が素晴らしくデカいのが本当に嬉しい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210630j:plain

 

これがぶタワーとかいうやつですよ!栃木の方見てます?

見てくださっていたらうれしい。

 

 

天地返しせず下の方から麺を引っ張り出してすすればもう仙川のそれ。

味の濃さは基準値といったところが。美味えな。やっぱこれがやめらんねえんだよなぁ俺は。誰がどう言おうと仙川、好きだぜ。ニンニクは溶かさず麺・豚に添えて食うのがいい。

f:id:standaloneramenjiro:20170702210644j:plain

 

仙川の豚はステーキだ。俺はやっぱ好きだぜ、仙川。好きだぜ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170702210658j:plain


サクッとぺろっと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。