From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 三田本店『ぶたダブル大ラーメン』

2017年2月7日(火)

 

自分の人生において大事なことと言えば何だ、という問いかけに、はっきりとした答えを出すことは可能ですか。

 


かくいう小生の場合はもっぱら堕落すること。

否!お布団の友達に成り下がること。

 

寝具の軍門に下ることにより、自意識の中に葛藤が生まれる。脳内がアドレナリンであふれ、寝ながらにして自己嫌悪の嵐・憎悪の渦・外に干してある洗濯物を取りたくないなどといった己の人生に必要不可欠なマイナスパワーを溜め込むこと…そう!弁証法的アプローチを繰り返すことが人生には不可欠だ。

反復的、前のめりなハネのリズムにより、物語がグルーヴしていく。


意識にグルーヴがうまれてこその人生だ。


なんか最近人生が辛くて長らくノイズの海に飲まれていた小生の生活にグルーヴを与えることが可能となった!悶々とした結果だ!俺は無敵!!俺は自由!!世界は割れ響く耳鳴りのようだ!!

 


そう思っていても2017年の俺にまだ足りてないものが二つある…

 

それは当然これ!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014528j:plain

 

三田詣!!

 

 

寺社仏閣神仏新興宗教マルチ商法に一切興味のない小生の信仰対象なんてラメーン以外にあるわけねえだろ!!!(音楽も)

 

というわけで、ゴットバレーは来週におあずけだ…

 

とりあえず「もう食べたくて限界」とか言って連絡してきた前の会社の同僚(還暦)を渋谷でピカップして山手ラインにライドン!!

田町からSTAY TUNE IN TOKYO TUESDAY NIGHT〜とか口ずさみながらカニさん歩きで三田に詣でた。

 

到着し中を覗き込むと、

な、なんと総帥がいる…夜なのに…

 

しかしオペは助手さん二人!

 

短パン兄さん…は覗き込まないと見えないがガチ!

 

麺上げはミ◯ルさんと呼ばれている方。これは麺増しは危険だな…ぶたダブル大ラーメンで合意をいただきボタンをポチっとやって(食券機の釣り銭レバーと握手して)列に再接続。

前の職場のおっさんの愚痴を聞きつつ、偶然いらっしゃってた最高顧問にご挨拶したりしているうちにコール。ニンニクアブラカラメで、って、あれ、なんか麺やたらと多いのがある?え、あれ小生の!?これで麺増ししてたらどうなんの!?

 

しかもヤサイコールしてないのにヤサイ足してる…あっ、汁こぼし!

 

大事な油分が…なんて心配はつかの間。

十分美味いやつが出てきましたのがこちらでございます。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014548j:plain

 

いやあ

 

 

 

まいったね

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014608j:plain

 

やたらとフォトジェニックな一杯が出てきてしまった。

 

三田での大ラーメン経験上最大量!

 

これは多いわ…ヒエッヒエのヤサイで麺山カムフラージュはやっぱガチ!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014629j:plain

 

ブタの体積も異様やん…まあ最近のogkbほどではないが。

ダブルにした甲斐がありました。ありがとうございます。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014650j:plain

 

肝心要の麺とスープ…カラメコールしたことを後悔するレベルのしょっぱめ&舌ビリッビリのスープやべえな!!ミ◯ルさんかなりハードコアかもしれん…

 

麺は小生の好きな感じの柔っこいやつで大満足!!ムッチムチでこっちがビンビンになる出来じゃないの…ミ◯ルさんマジですごいっすね!!!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014707j:plain

 

サイッコーにハードコアな端豚は冷え冷えの味しみすぎてしょっぺーやつ。スープに漬け込んだらなんかスープがさらにしょっぱくなったような…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170208014724j:plain

 

 

ニンニク溶かすと最高に美味い汁に変わった…これ飲みきったら死ぬやつだ…恍惚としながら薄れていく意識をなんとか立て直し、ギリギリ完飲回避で完食フィニッシュムーブ短パンな助手さんに軽く会釈して退店!!


「君がやめたからうちのチームガタガタだよ…」という世辞にやたら気分を良くしつつも本音だったらどうしようとか思いながら田町駅までスキップビートを刻み君にトリコの純生ジュニアを握りしめてスケべと叫ぶイメージを反芻して井の頭線で悶えていたニンニク臭い男は私です。

 


あーあ、久々だな。この電車でニンニク臭さを撒き散らすの。

 

 

あーあ、一日で5000字とか書いたせいでかなり調子のいい文章になってしまった。

完全に気が違っている。

 

麺増ししなかったから痩せたよ