読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメンもみじ屋『ラーメン+生玉子』

もみじ屋

2017年2月1日(水)

 

我輩は井の頭線の民
名前はキングボンビー


グェッヘッヘッへ ラーメン二郎の画像が大好きなお前たちよ


暗黒麺に堕ちた俺の姿をとくと見よ!

 

 


というのもなんかこっちの方で用事があり
気づけば明大前で降りてたのは内緒だ。


結局1月は富士丸に行かなかったせいで小生は手と乳首の震えが治りませんでした。治療というよりはほんとに荒療治。だって…ちゃんとしたお薬でもジェネリックでもないからね。

昼間に富士丸を味わえるという背徳感と、ネタも増えると思いからとりあえず、麺でる横を華麗に通過し店到着。

そういや新代田っていう選択肢もあったな…「ム◯コスさんの舎弟です」って言ってくればよかったか。

 

 というわけで、小生が到着したのちに誰もいなくなって静まり返った店内にニンニク少しのヤサイアブラコール。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141917j:plain

 

ほう…久々のルックスだ。 


しかしながらラーメン(300g)の茹で前(300g)ってもはやどんな量が全くわからんよな。グラム数で物事なんか判断できないよ(特に野猿とか)。茹で加減によっても、茹で後の水分含有量なんかは変わっちゃうだろうし。

 

豚切れがデフォのこの店はむしろ無駄遣いしなくて済むからいい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141932j:plain

 

アブラはやっぱり富士丸っぽいけど、量が別物。量が足りなさすぎるせいで富士丸感は台無し。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141949j:plain

 

いっつも豚入りのほうが売り切れているけど、豚入りって本当にお目にかかることが出来るのでしょうか。

豚自体は結構美味しいし…もっと食べたいなと思うんだけど、ハナから無いものとして扱われてるのはどうかなと思う。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206142010j:plain

 

うん、この感じだけは富士丸っぽいから許す。

 

あああ、なんかつかの間の栄養剤、もしくは効き目弱めの点滴を一本打たれたような

 そんな感覚すら覚えた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206142030j:plain

 


で、お味は…麺はやっぱり思いっきり富士丸っぽいし、スープも富士丸な感じ。足りないのはボリューム感と思いっきりか。


生玉子つけて850円。富士丸ラーメン麺少なめ生玉子サービスと同値段。果たして…まあ立地的に近いから助かります、としか言いようがない。


何かいかにも理系大学生っぽいバイト君に軽く会釈して退店

 


なんかまた来てしまいそうな食後のじんわり感にやられてしまった。手と乳首の震えは取れた。


暗黒麺に支配される前に神谷参拝しないと!!

 

まだ今年1回も行ってないんだから…