読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 小岩店『大ラーメン+豚増し券+煮玉子』

2017年1月31日(火)

我輩は中央線の民である。
名前はキングボンビー


グェッヘッヘッヘッへ ラーメン二郎の画像が大好きなお前達よ


俺がいつも同じ店ばかりに行くと思うなよ!

 


っていう意図はなかった。

今日も今日とて休日をいかにして楽しもうかと昨日から頭をウンウン悩ませていた。天気がいいしね。

最近ブログも同じ店のレビューしか書いてないし、なんかそろそろカツ丼でも食いはじめてカツ丼ソルジャーでも名乗っちゃおうかな!!はっはっはっはっはなんてうそぶいてみてもあの人には勝てねえのは目に見えている。

 

もう直系食うのはやめて暗黒麺に堕ちようかな!はっはっはっはっはなんて白々しいことを言って白い目でみられるのもなんか気がひける。書を捨てて町へ出てみてもちょっと散歩したところで疲れて結局阿片窟にこもってスマホいじるか本読むかしかしない休日はもう飽きたんだよ!

 

基本的に西側でくすぶってる小生にとっては、同じ中央総武線でも秋葉原以東はハードルが高い。ならば今日くらいは遠出して海でもみてやると思い向かったのはギリギリ千葉のあそこだった。


何故かって?液アブラは痩せるからだ。

 

 

着時待ち7人ほど。30分程度で着席

 

コールはヤサイアブラカラメ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141623j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170206141643j:plain

 

道路側の席だった。。。

並んでいる最中に、小生のロットが道路側だったことに気づいた。

その時の小生のがっかりっぷりは相当なものだった。

 

しかし!光のマジックでまた無駄写真になるかと思いきや…この日の小生はテクっていたのである。

 

隣の人ギリギリに寄せて素早く写真撮影を済ませたのだ。

 

軽く会釈しどうもありがとうございますと伝えて食い始めることに成功。

 

 

うはは!小生はもうこれで!!西台でも痛い目に遭わずにすむぞきっと!

 

 

最近、小岩の大が少なかったと言っていたアイツ。これで少ないとか言い始めたらただの大食いだなぁ。少ないとほざいた若いアイツの顔を思い浮かべながら天地返した。

 

…やはり液アブラハンパねえ!あの人やっぱりここ出身だ…なんて思わず北のほうを拝んでしまった。

殺人兵器『アブラっKOIWA』が売り切れていたことにむしろ安堵。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141714j:plain

 

アブラ沼と化した丼から引っ張り出したパツっと張った麺は別に好みジャストミートではないものの、しっかり醤油を感じる旨さ。うーむ、わざわざ遠出して来た甲斐があったというもの。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141658j:plain

 

やはり小岩での撮影はむずかしい

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141729j:plain

 

ただし、豚増し券は必要なかったかもしれん。一昨年あたりに食ったときの豚の感動はなかったな。単純に小生の経験値が高くなっている可能性はあるが。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170206141744j:plain

 


光の速さで完食フィニッシュムーブお口の周りをテカらせたまま店主とおばちゃんに軽く会釈して退店!

 


帰りの電車で「新宿はどこ?」と異国の人に聞かれ、ドヤ顔で"Next!"と答えるも次の駅は代々木だったことは内緒だ。

 

液アブラはデトックス効果抜群。

絶対に痩せた