読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 札幌店『大豚+生玉子+タマチ』

2017年1月10日(火)

 

 

帰省2日目

 

北見からバスで5時間ジャスト。

 

 

 

のはずが、

途中、大雪によって高速道路が一部区間通行止め。

 

6時間で背中バキバキ

一番後ろの席でバス酔いしまくるせいで本も読めず。

 

途中から寝られずで最悪な状況だった。

 

 

なんとかバスから降りてマッサージ屋を探した。

 

 

すすきのの性感マッサージではない

と、ここで断っておく。

 

 

開店10分前

f:id:standaloneramenjiro:20170116143709j:plain

 

 

もう10人くらい並んでてもおかしくねーな、と思ったが

この日のこの時間で-5℃。

 

小生の前には1人しかいなかった。

 

 

17時3分ころ開店。

迷わず大豚と生玉子とタマチ。カレー粉…はまぁまた今度だ。

 

ただ、この時点ではもう「次はないかも」と思っていた。

なんだかんだいって当たりを引いたことがなかった、からである。

 

 

コールは全マシ。となりの兄ちゃんにつられた。

f:id:standaloneramenjiro:20170116143740j:plain

 

うむ、やはり

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143756j:plain

 

 

うまそうだ。

 

常連でもないとそんなに増えないよな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143813j:plain

 

バラ豚は相変わらず美しい。トロトロに煮られたわけではないが、この食感、大きさ、申し分ないとこの時点で想像できていた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143830j:plain

 

並べてみるとこうである。

うーむ、ちょっと1010っぽさもある。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143846j:plain

 

 

天地返してみるとぬるっとした食感の麺が変わらず。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143906j:plain

 

うーむ、桜台っぽい遺伝子がビンビン。

 

 

焦げ臭さみたいなやつはなりをひそめてた。また来ようと思えた気がする。

f:id:standaloneramenjiro:20170116143926j:plain

 

タマチは単体でつまむほうが美味い。2つ頼んでガッツリ混ぜ込むと変わるのかもしれないですね

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143945j:plain

 

というわけでちょうどいい量。

 

フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116144002j:plain

 

いい感じに雪の舞う石狩街道を歩き、祖父母の家へ。

 

ニンニク臭さを抑えて帰った、のである。