From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

海皇 北見店 『霧色JUST』

2017年1月9日(月)

 

帰省初日。

 

北海道北見市

 

 

もう実家もないけれど、どうしても帰りたくなってしまう。

 

 

その理由のひとつがこれ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143255j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170116143314j:plain

 

 

あっさりとした豚骨の出汁にシンプルに塩・おそらく化調を溶かしたスープ。

 

ゴリッとした細めの縮れ麺に、それがしっかりと絡む。

 

上にかけられたマー油も、いい仕事している。

 

小生の原点の味である。

 

 

角煮・チャーシュー・味玉+替え玉が可能なお得な1,000円ジャストのセット。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143332j:plain

 

昔に比べたら小さくなった気もする角煮だが、そのこってりとした味わいは変わらずだ。

 

チャーシューはわりとどうでもよかったりする。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143352j:plain

 

スープにピントがあってしまっているが、その細く縮れた麺の感じは…って、ちょっと柔らかすぎた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143408j:plain

 

替え玉で届いた麺のほうが圧倒的にこの店らしい硬めの茹で具合。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143428j:plain

 

このコチュジャンがまた、味変アイテムとしてとても良いのだ。

 

 

KKフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

余力を残し

 

回転寿司の王者、トリトンへ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143444j:plain

 

寒ブリ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143501j:plain

 

厚切りサンマに大トロサーモン

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143517j:plain

 

そしてトリトン絶対王者、エンガワ。東京のトリトンでもここまで美味いのは食えない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116143535j:plain

 

そして最後はトロサバ…〆てない鯖でここまで味の濃いものはやはり…ここでしか食えない。

 

 

最高に堪能した。