読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店『大ラーメン豚入り』

ヒバジ ラーメン二郎 大豚

2017年1月5日(木)

 

正月太りだなんて声が方方から聞こえてくるころでありましたが

 

小生は多忙とチャリ通勤によってびっくりするくらい痩せておりました。

 

毎日ラーメンを食っても、チャリに乗れば痩せる。

 

これは真理であります。

 

 

ラーメン二郎自転車愛好会みたいなものを某ムサコスさんが作ろうとしているらしいが…あの人そんなに乗らねえだろうな(と書いて牽制しておく)

 

というわけで

 

1010もjbcもogkbも開いていないけど

そろそろラーメン二郎を食っておかねばな、と思って向かった先は

自転車でたった6キロしか離れていないヒバジであった。

 

10時半開店と間違えて10時着。

 

開店…11時半でした。

 

 

泣きそうになりながらも1時間半待った。すでに小生の前には2人もいる。

ヒバジはいいぞおじさんたちガチ

勝てねえなぁ。俺勘違いでこの時間に来たのになぁなんてしみじみしながら1時間20分。

 

10分まきで開店の嬉しさはたまらない。

 

久々の奥の席で着丼を待つ。当然ながら大豚だ、新年一発目だもの。

 

そりゃそうだよね。ということでヤサイアブラカラメ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116140745j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170116140804j:plain

 

 

一富士二鷹三茄子の初夢は一切見なかったが

 

とりあえず一富士を拝めたことを光栄に思う。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116140807j:plain

 

ゴロっと入れられたアブラが美しい。やっぱ優勝!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116140828j:plain

 

フワッフワトロトロに煮られた豚は、本当に唯一無二の味わい。

どこにいってもこんなトロトロブタは見られねえよな。これが最高だ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116140838j:plain

 

 

しかしちょっとなかなかお目にかかれないほど柔らかい麺だった。

やっぱりヒバジはちょっと硬めのほうがいいよなぁ。

 

それでもヒバジらしい重ための乳化汁をしっかりと絡めこんで離さない。

これも本当にお家芸だよなぁ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170116140854j:plain

 

というわけで無事に完食。ゆっくりじっくり食った…最高だったな。

 

 

やはりヒバジは胃腸にエキソダス

 

これは完全に痩せたと実感した。