読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 神田神保町店『大豚+生玉子』

2016年11月4日(金)

 

なんか歳をとってすっかり寒さに弱くなった気がする。

 

が、自転車を漕いで20キロも走ってみると、不思議と身体は温まる。てか、1キロも漕げばすでにポカポカ。

 

しかしながら、この店最大の難所は、行列の長さ、ビル影のその寒さである。

 

それを超えた時に出会える、至高のラーメン二郎

 

 

小生はそれを食べに行くのである。

 

1時間弱で入店。 

いろいろやりとりしつつお茶AZMS!!

二郎が好きでよかったと思える瞬間。

 

最大級のリスペクト

 

驚きと感謝をこめて。

 

コールはアブラ少し

 

f:id:standaloneramenjiro:20161109010839j:plain

 

ってね、やっぱ

 

縁に口を当てて溢れ出す汁をすすれば

自ずと小生の頬の筋肉は弛緩する。

 

f:id:standaloneramenjiro:20161109010856j:plain

 

いつものjbcらしい豚は、スープに沈めることによって脂身の透明度が高まる。

 

だが冷たい豚もまた一興。小生は必ず最初に一口齧り付きたいクチである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20161109010917j:plain

 

見よこの麺量!最高じゃないか!!!!!!!!!!!!

 

 

若干柔らかめに茹でられた麺は、どんどんと沈み込み

そのうち、割り箸では掘り出すこともかなわなくなるレベルまで…重力によって詰め込まれていく。

f:id:standaloneramenjiro:20161109010936j:plain

 

うおぉん!!!!!

jbc汁を吸った麺は最高にうまい!

 

f:id:standaloneramenjiro:20161109011002j:plain

 

あー、大満足の豚パラダイスだが、麺の下を掘ったらさらに別の隠し豚が出てくる。ほんとにエンタメ性の高い二郎だぜ…

f:id:standaloneramenjiro:20161109011018j:plain

 

そんなわけで腹パンパンで完食。

フィニッシュムーブ店主に軽く会釈して退店。

 

どれだけ別のラーメン屋に浮気しても

本当の意味での心のホームを捨てることは出来ない。

 

いつだってね。