読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 仙川店『大盛豚入りラーメン』

ラーメン二郎 仙川店 大豚

2016年11月1日(火)

 

休日。

 

となれば二食、ラーメンを食いたいところではあるが

 

いかんせん疲れている…

 

というわけで、昼からフラフラと近所を散歩。

定期的な血液検査のつもりで献血

 

血圧が若干下がり気味なのがむしろ怖いところだったが、詳しい成分結果を見るまでは安心できないところである。

 

その後、買い物などを済ませ、家で軽く昼寝。

 

 

初めての仙川までのサイクリングとキメこんだのであった。

 

歩いて1時間の道のりは、自転車だと20分もかからなかった。

 

感動もひとしお。開店5分前に着いたら15人近く並んでいるではないか。

 

しかし寒さ対策は完璧。サードロット提供でもしっかり耐えた。

 

豚ダブルにすると麺量が減る印象があるので、最近は大豚一択。

 

コールはニンニクアブラカラメ

f:id:standaloneramenjiro:20161107143203j:image

 

ああああああああああああああああ

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143220j:image

 

あああああああああああああああああ

豚でけえええええええええええええ

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143235j:image

 

アブラ多いよおおおおおおおおおおおお(歓喜

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143248j:image

 

にしても流石の豚のデカさ。これこそ仙川だよ!!やっぱり好きだねえ。大食い気味の小生にはたまらない一杯よ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143302j:image

 

麺量も油面はみ出し気合十分!!小高い山は掘削し甲斐があるというものよ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143334j:image

 

仙川ブラック色に染まったこの麺を

あきらめるやつはもういない。

 

生姜やヤサイの味がしっかり染み出たスープはやはり仙川そのもの。

 

この、なんか、塩分薄めに感じるのも、仙川らしさそのもの…だよね…ブレたな…

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143347j:image

 

この仙川流の一味がやはりたまらなく美味い。

各店舗の一味の違いって本当にたのしい。こだわりが見える、といいたいところだが、店主の好みかテキトーに決めてるのかは神のみぞ知る。

 

f:id:standaloneramenjiro:20161107143418j:image

 

最後の一口を味わい深く、塩分もたっぷり感じられるように、、、汁をしっかり含んで食った。

f:id:standaloneramenjiro:20161107143431j:image

 

うーむ、色は十分だったが、塩分の薄さもまた仙川らしさ、か。

 

フィニッシュムーブ助手さんに軽く会釈して退店。

 

いつもの道を、タラタラ漕いで帰りました、とさ。