読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店『大豚+生玉子』

2016年9月20日(火)

 

本当は1010に行くつもりだった。

 

 

なんか、気分がそんな感じだった。

 

が、1010のエリート常連(いじられ方もエリート級)の方から

「今日夜の部臨休だよ!」なんてLINEをいただき

 

 

この人は常連の鏡だ…そりゃあ小生が変な加工画像作ったらキレるわ…

 

 

なんて思って、はてどうしよう。

 

 

まぁ、こういうときでもないと最近はすっかり足が向かなくなったあの店…あの店のことがアタマをちらついた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012247j:plain

 

そう、ここである。

 

 

 

ピンクの影は無視してください(列でピンクの傘なんか使ってたら一発でバレる)

 

 

 

通いすぎた、というほどのものではない。

 

実際、ペース的には今のがんこ通いのほうが頻度は高い。

 

やっぱこの夏は非乳化の夏だった。

だがしかし肌寒さと雨に打たれたこの日には、もってこいのチョイス。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012046j:plain

 

何一つ変わらぬ家に帰ってきたような感覚。

 

一人で来たのも久々かもしれない。

係長さんがいつものスマイルで迎え入れてくれる。顔がバレてるわけでもなく、なんでもない一つの笑顔だが、その屈託ない表情には二郎愛が感じられるのだ。

 

店主は若干ぽっちゃりしたような…まぁ、小生は人のことは言えない。

 

久々で全部、なんて怖くて言えない。

係長さんのときのヤサイは硬い。

この店においてはカラメコールはほぼ意味がないこともわかっている。

 

よってコールはニンニクアブラ。

f:id:standaloneramenjiro:20160924012057j:plain

 

はぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

なるほど

f:id:standaloneramenjiro:20160924012111j:plain

 

これが変わったと言われている豚…

クッソ美味そうじゃないの!!!!!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012121j:plain

 

乳化具合も完璧だ…久々にこういうのが食いたかった!!!俺の選択肢は間違っていない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012133j:plain

 

うーむ、以前のロース肉っぽいパサ感の強い豚から一転、このウデっぽいところのジューシーな感じは期待大すぎてアレだった。チ◯チ◯が疼くレベル。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012145j:plain

 

ヤサイも殆ど食べずに天地を返した。圧倒的成長(小生の)を感じられる。

シャキヤサイは丼の底に沈めて低温調理を行うのがセオリーなのだ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012159j:plain

 

見ろっ!このogkbらしさ満天のニュル麺をっ!!うめえっ!!!!!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012211j:plain

 

玉子にくぐらせて食うとやっぱり美味い!が、ogkbだとこの玉子がかなり響くな

 

 

そして先々週金曜日くらいから登場したといわれている

f:id:standaloneramenjiro:20160924012221j:plain

 

「マ ヨ ネ ー ズ で は な い」

 

 

いいよ…とってもいい。

 

 

だけど生姜はあんまり合ってる感じしなかった。非乳化だといいのか?

 

むしろ別皿でアブラと生姜、カエシをあわせてつけダレみたいにするといいかもな、って思ったり。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160924012235j:plain

 

というわけでラー油もぶっかけ、サクッと完食。

 

 

久々に行ったせいか、そこまで量も増えなかったのが幸いした。ちょうどよかったな。

 

 

フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

久々のogkbだった。なにか、感慨深さすら感じる。

以前のようなペースで通う感じにはならない(選択肢が増えすぎた)だろうけど

今後もしっかり食べて応援したいと思う次第。

 

 

 

これからもよろしくお願いいたします。