読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

一条流がんこラーメン総本家『悪魔+持ち込みライス』

2016年7月21日(木)

 

 

突然ですが

 

タガの外れた馬鹿って、いますよね。

 

 

 

馬鹿のフリをしてるバカも、います。

 

小生なんかそのたぐい。ピエロ野郎です。

 

 

皆さん知ってると思いますけど、本物の天然の馬鹿っていうのは目が怖いです。

 

恐ろしく純粋です。

 

 

 

ここの家元もそのたぐいのひとなのかと

 

 

っていうのは失礼すぎますが

 

そういうタイプの人間であることに疑いがない小生であります。

 

 

 

そんなこのラーメン屋に小生がぶつけたい馬鹿。

濁りきった眼の奥が何故かギラギラと輝きまくっているこの

k-stereo-nhk.hatenablog.com

アホブロガーをぶつけてみたいのです。

 

 

当ブログ初期の投稿によく名前が出てきました

 

M教授。

 

 

その名も前川教授。

 

 

彼が沖縄からはるばる、某外タレさんのライブを観に東京までやってきました。

 

 

前日は成田空港から仙川店へ直行するほどの仙川好き。

 

だがライブ前に仙川の小豚はいささかきつかった模様。大満足ではあるが苦しそうにしておりました。

 

 

 

小生が二郎初心者や旅行者に手厚すぎるほどの手ほどき(という名の連行)をするのは毎度のことですが

 

 

今回はとうとうがんこに、、、

 

 

別の目的で東京に来てた、うら若きサックス吹き(女子)も一緒に。

 

 

 

それに加えて、最近仲良くさせていただいているテポドンという名の青年も同行。

 

 

4人で楽しい時間を過ごそう。あいにくの雨だけど。

 

とか言ってたら、見慣れた頭の某常連さんと仏の笑顔な先輩方が偶然到着。

 

こんなことあるのか…

 

軽く会釈して接続。

 

 

僕と某常連さん以外は皆、初がんこ。

 

某常連さんに「とりあえず下品」と教わり、皆下品にしよう、ということになる。

 

テポドン氏と前川教授はご飯持参。

仏の笑顔の方は松屋でご飯を買ってきていた。

 

ワイワイと話しながら我らの番が来るのを待つ。

 

みんなあの強烈な牛の頭蓋骨に圧倒されるが

f:id:standaloneramenjiro:20160725232626j:plain

こっちの文言も忘れてはならない。

 

「本当にラーメンが大好きな方

どーぞお入りください」

 

 

ふるいにかけられる気がする。

 

だが、自称ラーメン好きは必ず取っ手に手をやりたくなる。そういうもんでしょうに。

 

そんなわけで団体様であることを察していただき、入店。

 

 

なんと今日のオンライスサービスは

f:id:standaloneramenjiro:20160725232641j:plain

カレーである。

 

 

やばい

 

 

ラーメン屋でカレー。

 

久々に沖縄の豚骨ラーメン屋『風雲』を思い出した。

 

家元とカレーについて盛り上がる

 

 

 

『カレーを不味く作るには才能が必要』

 

 

 

 

 

これには完全同意であった。

 

 

 

 

そんなわけで小生は初の「悪魔」を注文。

 

先に食ってた前川教授の下品汁を一口飲む。

 

 うめえ。相変わらずうまい。

これがヒロポン…悪魔だとどうなるんだろう…

 

というわけで、奥さんから丼が手渡された。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232657j:plain

 

うむ

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232713j:plain

 

いつも通り!

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232812j:plain

 

 700円でこのボリューム。。。やはりコスパ高い。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232823j:plain

昨日の悪魔肉は生姜の香りが弱め。だがこれが本当にうまい。

豚バラスライス愛好家としてはたまらないんすよ、これ。

 

というわけでまずはスープを一口

 

 

あれ、思ったほどしょっぱくない…

やはりサイコーにうまい!!!!!!!!!!!

 

 

なんだ、悪魔も言うほどしょっぱくねえじゃん…全然いけるわ。

 

なんて思ってた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232837j:plain

 

めっちゃしょっぺぇ

 

 

あっ!

 

 

あっ!!

 

 

なんだこの感覚は!!!

 

 

あー、、、、、、、

 

 

美味いんだが

 

 

下品スペシャルを食うときに感じるエクスタシーとは何か違う

 

しょっぱさだけではなかった

 

 

スープとは別の、カエシの旨みがビンビン来る

 

なるほど、、、これにハマると中毒になるのか

 

 

しっかし美味いな。スペシャルの時よりカニ感は弱いが十分に美味い。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232848j:plain

 

当然ながらカレーは上手に食べて、白米を残す。

 

これがまた最高に美味かった。

 

少し離れて座ってた某常連さんが、仏様に

「完飲しなよw」

と煽っていた。

 

 

本当に怖い人だ。この人も純粋な馬鹿なのかもしれない(誉め殺し)

 

f:id:standaloneramenjiro:20160725232859j:plain

 

まあ言わずもがな完飲したが。

 

いやー、美味かった。

 

 

 

だがなんだろう

 

 

「これから先は毎回悪魔を頼んでください。そうするとね、ふとした日に大当たりを引き、あなたはヒロポン※中毒者になる」

※比喩表現です 

 

 

 

そんな平日に通える仕事してねえっつうの

 

なんて思いながら

 

 

 

 

次の週末はここに来たい。今は、そう思ってる。

 

全員大満足で退店!!押忍ごっつぁん!!!!