フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

ラーメン二郎 目黒店『大ラーメンW豚入り』

 2016年7月16日(土)

 

 

いきなり携帯が壊れたことってありますか。

 

 

 

 

小生、このたび初めて経験しました。

 

 

10時前に起床し、いつものランニングコースに走りに出た。

いつも走る夜20〜21時ころより圧倒的に暑い。

 

かなり蒸した天気だ。なかなか走るのもキツイなと思ってたが

2キロ通過。6分を切るくらいのペースで走っている。

三鷹駅から東側に折り返し、4キロ経過地点。

そろそろこれくらいの場所で、iPhoneから2キロごとのアナウンスが鳴るはず。

 

だがしかし

 

4キロ半くらい走ってもうんともすんとも言わない小生のiPhone

 

どうなってる?と思って信号機の下で、腕帯型ケースにはめ込んだiPhoneを外す

 

 

あっつゥイ!!!!!!!!!!!!!

 

 

なんだこの発熱量!!!!!!!!!!

 

 

まちがいなくこれはやばい。昔クルマの中に放置した時に「冷やしてください」マークがついたことがあるが

そのレベルの熱さ。

 

どうなってんだよと思ってホームボタンを押しても全く反応せず。

 

ああ

 

 

 

ああ、、、これは、、、

 

 

というわけでiPhoneの修理専門店に足を運び

 

AppleCareの恩恵を得て、7,800円。

 

 

撮りためた二郎の写真も、半分くらいがiPhoneにしか入っていなかった。

 

 

悲しみにくれた小生。

 

整体の予約をとっていたので、渋谷でバキバキの筋肉をグニョグニョに。

 

一回の整体で頭の位置が完全に治る魔法がかかった小生は

 

筋肉を労るためのコラーゲンを摂取しに

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202339j:plain

 

ここに来るのである。

 

コールはヤサイニンニクコラコラ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202104j:plain

 

はは

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202114j:plain

 

 

あーーー

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202127j:plain

 

 

すげえわ!!煮こまれきったフワッフワトロットロのコラコラ!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202154j:plain

 

うわー!これはきてよかった!本当に美しい雲海が広がっている!!!!!!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202210j:plain

 

ふわっとろアブラに醤油をかけてアブラだけでまず食う。

 

 

なんてうまいんだ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202222j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160719202244j:plain

 

今回のブタはもはやほぐれきったと表現してもおかしくないほどのボロボロ感。

 

ジューシーさというよりももはや鮭フレークを食ってる感覚。これはこれでうまい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202255j:plain

 

ぶっとく香るメグジ麺は今日も絶好調。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202304j:plain

 

アブラとコショウをかけて麺をすくって食えばこれ究極の味わい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202313j:plain

 

ほぐれたブタにコショウをかけて食えばまた最高の味わい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160719202328j:plain

 

今日も8分ほどで完食。

 

いやーーー

 

 

やっぱりメグジって醤油と液アブラで極太麺を食わせるイメージがあったけど

 

コラコラアブラで麺を食うこの楽しみもだいぶ深まってきた。

 

 

今日はコールをする前に若様が盛り始めてくれた感じがして…ちょっぴり嬉しい♡

 

なんかiPhoneがぶっ壊れたことも忘れて楽しい時間を過ごすことが出来たのが、不幸中の幸いか。

 

 

翌日に控えた祭りのために

 

即帰宅して即昼寝、と思ったが、なかなか眠れず

 

こなさねばならない用事も迫り

 

まぁいいや、と思いつつ

20時、下北沢駅に降り立つのであった。