読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

成蹊前ラーメン 『FAT』

2016年6月25日(土)

 

脂肪遊戯はまだまだ続いていた。

 

 

三田で一杯食ったあと、御大と皆様たちと分かれた小生は一旦帰宅。

 

Tシャツをクリトリック・リスの一張羅に着替えて家でフンばっていたところ

 

 

予定よりも早く「もう店の近くについた」と連絡があった。

 

再び、御大と合流。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212219j:plain

 

 

ふたりきりのランデブーである。

 

御大はすでにかなりのビールを飲まれている模様。小生はアブラで若干お腹がゆるめであるが

 

 

それでも「FAT」のボタンを押してしまうこの、

 

 

パブロフの犬よろしく

 

 

 

アブLOVEの豚

 

 

である。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212247j:plain

 

 

ほんと小生の食欲はどーしょーもねえなと思いながら、

御大といろいろ語り合う。

昔某店で「ラーメン二郎吉祥寺店」という名前を出しただけで、その店の店主に「生郎だろ?」と怒られたとか。

 

貴重なお話をありがとうございました。

 

 

コールはニンニクアブラ

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212257j:plain

 

 

ああ、いいね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212307j:plain

 

 

 

見た感じはノーマルのラーメンと近いが

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212318j:plain

 

 

いい液体アブラですなぁ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212328j:plain

 

久々にノーマルの豚をお目にかかったが、これは本当に美味かった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212336j:plain

 

御大のF生郎とツーショットを撮影。

 

 

御大はかなりエモくなっていた。

 

吉祥寺店で初めてラーメン二郎の洗礼を受けた御大

 

 

やはり並々ならぬ思いがあったようである。

 

 

ただ

「生郎の唐辛子ってこんなに美味そうじゃなかったよな」というのは

若輩者の小生とも同意見。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212350j:plain

 

 

 

アブラ多めのスープを纏った食べ口は非常にマイルド。

 

これは…成蹊前ラーメンで一番美味い。んじゃねえか…

 

なんかめちゃくちゃ食いやすい。やはりカエシの効きはブレるが

 

このアブラがとても食いやすい、さらっとした食感。新代田や1010のアブラ多めな感じよりも食べやすいですな。

 

パンチが足りない、と言われればそうだが。これはこれでいいね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212405j:plain

 

 

うむ。満足。

 

凄く良かったな。

 

 

御大とも涙の別れ。

 

御大は「このあと荻窪店に行く」と言っていたが…

酒が効きすぎて行けなかった模様。

 

 

次回は同行させていただきたく!!

 

ってなわけで

 

このあと

f:id:standaloneramenjiro:20160629212650j:plain

 

 

中学時代からの親友と神田でビールを呑んでいましたが

 

魔が差して

 

f:id:standaloneramenjiro:20160629212705j:plain

 

 

御徒町の中本で北極を食って悶絶しました、とさ。。。