読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 千住大橋駅前店『大豚ダブル』

2016年6月20日(月)

ダイエット生活、上手くやってるつもりですが

 

やっぱ3日以上走ったりとなると、かなりきつい。

 

 

 

そのうえ、日曜に献血もしたんですよね。

 

 

 

金土日と、合計30キロ以上の移動をやったせいで

 

 

小生のアブラタンクはさすがに空になり

 

 

 

血も足りなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(土曜に成蹊前〜仙川の連食をカマしたことなど完全に忘れている小生がいる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血は同じ色のスープを飲んで補給するしかない。

 

そうなれば小生が選ぶ場所は、ここしかなかった。

f:id:standaloneramenjiro:20160621002824j:plain

 

そう、千住大橋駅改札出て10秒のこの店へ。

 

 

 

ご無沙汰しておりました。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002853j:plain

 

1010初めての大ダブル。

 

小学生の頃の給食のふりかけに書いていた「タンパク質:血や肉となる」と書かれていた文言を思い出した小生に

 

選択肢はなかったのである。

 

 

 

ブタ、食ってこます。

 

 

 

 

 

食券購入の瞬間に着席、ちょっと油断してたらすぐコールが来た。。。どういうことだ…

 

 

 

どっかに間違って「全部」と書いたが

 

コールはヤサイニンニクアブラ、であった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002905j:plain

 

 

 

 

おいおかしいだろ

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002915j:plain

 

 

 

なんだよこの液アブラ………

 

 

 

自慢の非乳化スープが見えないくらいのアブラ。

 

 

 

 

 

 

 

てか今見たらニンニクもめっちゃ多いな。全然気づかなかった。

 

 

 

でね

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002924j:plain

 

 

これもおかしい絵面でね。

 

 

 

どう考えてもおかしいでしょ、このブタの数。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002932j:plain

 

 

広げきれないから一枚食ってしまいましたよ。

 

 

 

気合い入りすぎ

 

 

 

これが1010の大豚ダブルの威力か…

 

 

並べる前に1枚食ったがこれがもー最the高に美味いし

アブラ感もヤバい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

バラのアブラが若干苦手な小生は大豚でよかったか…!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002945j:plain

 

 

 

しかし麺うめええええええええええええええええええええええええええええええええ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621002954j:plain

 

なんじゃこの汁の纏い方は…

 

 

 

下北沢のカツ丼ソルジャーさんが言っていた

 

これがディープキスの食感か…!!

 

 

 

 

1010のデロ麺は奇跡の一筋、否、ひとかたまり。

 

しっかりと汁を吸った麺を持ち上げると、

スープに浮いた、

というか完全に分離した液アブラをくぐって外に御出でになる。

 

それを口に運ぶ。

 

=至福

 

 

幸せの方程式、ここに完成。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621003006j:plain

 

うーん、このバラ豚…さすがに多すぎた。

ペッパー警部ぶちかましてあっさり食うのが一番よかった。

 

 

しかしながら後半は完全に闘いへ。時間が経つにつれて猛烈な塩分が襲い始めた。

 

 

こ、これが1010のショッパさか…恐れいった。。。

 

 

 

常連盛りとかされたら大変ですよこれは。

 

 

ああ、謎の達成感。美味い不味いよりも、久々に戦った。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160621003015j:plain

 

 

こりゃ血の補給とか言ってらんねーわな。

 

 

スープに口をつける度胸が一切なかった。

 

 

フィニッシュムーブ店主に軽く会釈して退店。

 

 

zahrenのオイルの如く小生の内臓を洗浄しながら整えるアブラが、帰宅途中の小生を何度も襲いかかる。

 

やはり1010は侮れない店だ…次回遠征は常連の方とご同行させていただきたいものである。