From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 目黒店『大ラーメン豚入り』

2016年5月23日(月)

 

どうも。暇なクソデブです。

 

 

仕事も落ち着きました。

 

私生活、うまくいかないことばかりですが

 

日々勉強、というよりも、瞬間瞬間から学び

 

フィードバックしていくことによって成長していくしかないんです。大した頭、持ち合わせてないんだから。

 

そう言い聞かせつつも、小生は身体を夏にしたいがために鍛え始めました。

 

まずは2日走り、1日休む。

 

これで痩せなかったら二郎の頻度はもっと減るはずだ。

 

 

最悪、痩せなくても「元の体重」に戻るくらいには絞りたい。

 

膝を傷めないように気をつけつつ、走る距離も5キロ、6キロ、7キロと増やしてきている。

 

体重も久々に90切った(3月くらいから常に90超えてた)


どう頑張っても到達しなかった身長180センチも、ハムストリングと股関節を伸ばすことによって、もう少し伸びないかチャレンジ中。

 

この調子で頑張ろうと思う。

 

 

だがしかし

 

 

 

人、というか、小生の脳味噌は残酷だ。

 

 

ダイエットなど 

すべてがおじゃんになるような食を堪能したい

 

 

そう、アレを。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223610j:plain

 

 

そう思うからここに来るんです。

 

 

 

 

さて

 

ラーメン二郎と言えば、何かと話題になるのが「コール」

 

 

小生のようなピザ野郎が最初に憧れるのが「マシマシ」

 

インターネットのコピペ投稿でよく見るのが「チョモランマ」など

ありますが

 

大抵そんなもん通用しているのは見たことがありません。

ってか「チョモランマ」とかマジで言う根性のある大学生とか見てみたい。

 

 

 

野猿の常連さんが「お手柔らかに」とか言って

立方体のタッパーにつめられたヤサイを載せられてるのとか見ることがあるくらい

 

二郎は常連に優しく、というか、贔屓し、おごらないお客を痛い目に遭わせるもてなすのが好きな店が多い。

 

 

「マシマシ」って言っても大抵スルーされますし、そう増えない店は多い。

 

むしろ大ラーメンを食って麺を増やしていくほうがおすすめです。デブへの近道です。

 



一応こう書いておきます。


今更そんなわかりきったこと言うんじゃねーよバカって心のなかで思ってたらとりあえずツイッターでリプライ下さい。



泣きますんで。

 

 

 

 

そんな中

 

あるところから、メグジに

 

とあるコールがあることを耳に挟んだ

 

常連さんが、若様から直接ご指導いただいたというコール。


当の常連さんから、ご教授頂けた。

 

その謎のコールをぶちかますことによって現れた大豚の丼が

 

 

こちらである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223624j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160525223640j:plain

 

 

ほら

 

 

個体アブラの量。



 

 

一瞬上野毛かと思ったでしょ?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223651j:plain

 

 

すげーアブラの量。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223700j:plain

 

とはいっても荻窪と同じくらいのアブラの量か。

 

ヤサイコールをしたにもかかわらず、大して盛られずその代わりにアブラがたっぷり。

 

 

でもこれがまた美味いんすよねぇ。卓上の醤油をかけてからヤサイと一緒に食ったんですけど

 

たまらないね。これぞメグジのクタヤサイって感じと、アブラの美味しさ。

 

いい仕事しています。常連でもないのにコラコラとか言ってしまいすみません。

 

 

あっ、言っちゃった… 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223711j:plain

 

今日もカタメに茹で上がった麺に、液アブラとスープがまとわりついて離れない。

 

ここ最近だと千住と目黒の熱さが印象的。封強すぎ問題は嬉しい悲鳴でしかない。

 

食後、舌のビリつきがなかなかのものだったが、あまり多くグルを入れているようには見えなかった。

 

そしてメグジといえばこの豚の薄さ。これはこれで味わい深さもあっていい。

 

常連さんの豚はがっしりとしたボディーだが、一見さんみたいな小生にはこれで十分。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223724j:plain

 

コショウ一択なメグジ!嫌いじゃねえ、やはり小生メグジは嫌いになれねえ。いざというときのご贔屓にさせていただく。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160525223736j:plain

 

 

明らかにスープ飲み過ぎでした、と。

 

フィニッシュムーブ快くコラコラコールを受けてくれた若様と助手さんに深々とご挨拶し、若様からの視線を感じてから退店。

本当にありがとうございました。月一程度で、ご贔屓させていただきます。

 

 

ま、此れ食った後でも90切ってるからセーフ。ただ、明日食いに行くところが…アレだからなぁ。。。