読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店『大ラーメン+生玉子』

2016年5月18日(水)

 

 

「忙しい」「疲れた」が口癖になり

 

西洋人あたりに「自分の体調やスケジュールも管理できないなんて」と笑われそうな日々。

 

小生もいっぱしの日本人として生きているんだなぁ、なんて勘違いしてしまう。故郷とか国籍とか本当にどうでも良いタイプの人間ですが。ええ。

 

 

疲れた時こそ欲しくなるんですよね。栄養ドリンク。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234339j:plain

 

 

液アブラという名のね。

 

アルギニン酸よりグルタミン酸だよちくしょう。

 

 

舌ビリビリさせっぞこの野郎

 

 

と、意気込んで夕方18時前にジョンに連絡を入れた。

 

会社の若者もついてきてくれた。

 

 

 

もうジョンと若者も仲良しである。

 

若者は麺少なめ。ジョンは小豚。

 

小生はなんか大ラーメンな気分。別に量の心配とかをしていたわけでは…ないわけではない。

ただ、豚さえ少なくなれば全然余裕だろうな、とか思いながら食券を買って店前で待つ

 

最近は同行者も多く来てくれるし、今回も3人並んでいくものだから、ここogkbではちゃんと並んで座れるように調整していただける。うれしいことだが、ホモホモしい連席というのもなんだかはずかしいものがある。

 

 

 

…そういうプレイなのか?

 

 

 

 

若者はニンニクアブラ、ジョンはお願いします

 

小生は全部。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234423j:plain

 

液体成分の抜けきった麩アブラが、垂れた…なんでもない。

 

相変わらず美しい山だ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234429j:plain

 

 

うん、麺量もガッツリ少なめだ。ちょっとこれは…食い足りないんじゃないか。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234443j:plain

 

豚も小ぶり。もしかしたら大ラーメンの食券を買うと「少なめ希望」と思われている可能性がある。あんだけ大豚食ってきたからな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234458j:plain

 

美しく色づいた麺を引っ張りだすことも苦しくない。非常に食べやすい丼の内容であった。

 

ううっ、

サイコーに旨い!!!

!!!!!!!!!!

 

 

底から引っ張りだした麺を、スープの上澄みに浸し直して食う。

アブラを纏って更に美味な麺…最高だ。塩分と油分のバランスも完璧な仕上がり…がゆえに、あっという間になくなっていく。

 

やっぱ食べ足りないだろうなとこのころから思っていた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160520234512j:plain

 

いつの間にかラー油が給水器横から消えた(ように見えた)ため、思う存分ポン酢を味わった。やー、水炊きのシメのうどんをogkb二郎の最高にうまい麺で食っている感覚。

 

たまんねえな、とか思いながらラー油への恋い焦がれっぷりが最高調に達していた。

 

ラー油と麺が必要なテンションだった。なんと贅沢な精神だろうか。

f:id:standaloneramenjiro:20160520234527j:plain

 

そんなわけでスープもガッツリ飲むがKK回避でフィニッシュムーブ。

 

鏡とお客さんに挟まれながら店主とお姉さんに挨拶して退店。

 

 

うーん、大豚。。。そしてもっと食いたいな…アピールしてみるか…

そろそろウザがられていないか心配である。