読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 横浜関内店『大ぶたダブル』

2016年5月1日(日)

 

荻窪でクソみたいな量を食って一晩中悶絶した翌日

 

 

「親方」にもっと二郎を食わせてやりたい、との思いから

この日も二郎に行くことは決まっていました。

 

メンバーは、そのまま我が部屋に泊まった親方VANちゃん。なかなか根性あるぜ。

ガンダム観たいとか言って泊まりにきた童帝。結局週に一回は二郎に行こうと連絡くれる。

前回の富士丸で国産ブタメン食いきれなかった師匠。無事、湘南藤沢店に通い始めることができたとのこと。

そしてこないだ桜台で2ロットほど遅れて到着したS。「すばじらぁは月一くらいで行っても二郎なんて食わねえ…」とか行ってたくせに、GW中2度目の同行。

 

 

 

皆、まだまだうら若き青年たち。すっかり染まった沖縄組。

 

若いうちにこの至高の味、そう

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506120117j:plain

 

関内を味わせておこうと思ったのであります。

 

並びはアーケード超えて少し並んだ程度。

 

奇跡的すぎる並びの少なさにほっと安堵し、接続。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114507j:plain

 

まだダブルの食券があったんですねー。

ダブルはすぐ切れるという話を聞いていましたが、やはりこの二郎随一のバラ豚様は

8枚でも足りねえくらい。

わざわざ横浜まで来た甲斐がありましたわ。ハマスタで野球観戦する前とかにも食ってみたいよね。

 

そんなわけで回転速度最強の銘店はさすがのスピードで客を流していく。

立ち去る客は目から涙も流していく。

 

後ろに並んだマナーの悪いおっさんは食うのも遅かった。ええかげんにせいやって思う人、たまにいますわな。

 

 

コールは全部。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114520j:plain

 

うひーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:standaloneramenjiro:20160506114531j:plain

 

 

なんだろねこの美しい豚様!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

来た甲斐ありましたね…

合計8枚の神豚AZMS!!!!!

最the高!!!!!!!

(↑使ってみたかった!(←最近よく見るこれ))

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114540j:plain

 

シャキッとしつつもホクホク感のあるヤサイとアブラのマッチングはまいっちんぐなほどソーマッチ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114607j:plain

 

 

パッツリ系の麺に甘じょっぱい微乳化スープが絡む絡む。

ド乳化というほどではないが、このすっきりした乳化感もなかなかいいもの。

藤沢で食った時の乳化感ってこういう感覚だったけど、藤沢の物足りなさってあれやっぱりグルが足りなかったんだろうな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114555j:plain

 

どっかでついた液アブラで曇りきったカメラのレンズが、幽玄なムードを漂わせる。。。

二郎マジック!!!!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114619j:plain

 

このスープにはコショウが合う。

思わすかけすぎてくしゃみを連発。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160506114633j:plain

 

ああ、たまらない一杯だった。

思わずKK寸止めでフィニッシュムーブ。

 

 

神奈川二郎のこの甘じょっぱさに、豚の美しさ。

素晴らしい遠征でありました。

 

そして

桜台

桜台の遺伝子を受けつぐ荻窪

桜台系の遺伝子の大元となった関内

 

この3つを堪能したGW前半戦。

サイコーな日々でしたね。

 

 

 

 

しかし、さすがに3連二郎…あの麺量2発はガチできつかった。

関内は小でもちょうどいい量だったな。。。もうさして若くはないのだから落ち着かないと、と思った今日このごろ。

GW後半戦はほとんど二郎にいかねえ、って思ってたけど結局行ってるよね。