読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 仙川店『大盛りラーメン』

2016年3月18日(金)

 

いまやインスタグラムにおいて

 

毎日投稿するわけではないが

 

投稿すれば衝撃のデカい写真を投稿することで有名な

 

インスタ界のホームラン王、S氏。

 

 

彼と今月1日に一緒に神田神保町店に行って以来

 

2度目となる同行を許していただいた。

 

 

 

彼にとって「ある意味トラウマ」というこの店

f:id:standaloneramenjiro:20160318231306j:plain

 

そう、この店である。

 

二人してくちを酸っぱくして言っていた。

ずっと前から企んでた。

「どうせ一緒に食うなら

絶対に大ブタダブルいったる」って。

 

 

しかし今日は金曜日。

 

豚増し不可の券売機の前に脆くも崩れ去った我々二人。

 

ま、Sさんは仙川で大ラーメン食ったこと無いっつうからいいか、と。

おもいつつもやっぱり悔しい。本当に近いうちにリベンジかましたい。

 

 

-----------------------------------

並びの最中の出来事。

息子に並ばせておいてあとから割って来たお母さんと娘さんに対し助手さんが横入りを制止し、さらに

ガチで「子連れお断り」な旨を伝えていた。

 

 

子連れ禁止…以前、上野毛でいかつい店主が可愛い小学生の女の子に優しく微笑みかけていたのを思い出さずにはいられなかった。

 

ラーメン二郎は店主の裁量で麺の量が変幻自在に変わる。

 

小学生の女の子にも優しくすることは出来るのだ。

 

 

がしかし。仙川は絶対に手を抜いた盛り方はしない。

ハーフの食券を買わないならガチで盛っている。

 

そこんとこヨロシク。っていう気合が十分に伝わるのだ。

だからこそ券売機にも「子連れ禁止」と書いてあるのである。

 

ここが戦場であることの、証。

 

「お嬢ちゃん。お嬢ちゃんが大きくなったらいっぱい食わせてあげるから。

今は我慢だ。

飢えた二郎ゾンビどもの群れと一緒に戦えるか?

無理だろう?」

 

 

そんな店主のメッセージすら聞こえてきた。

 

 

 

「ある者にとっては二郎はオアシスだが、ある者にとっては闘いの場所。

しかしながら大抵の前者は以前は後者であり、闘いを経験し涼しい顔で小ラーメンを食い切ることが出来なければ、二郎愛好家は名乗れない。

女子供よ、ついてこられるか。これは決して差別や人権の問題ではない。

乗り越えなければならぬ壁があるのだ。乗り越えよ。さすればわかる(その腹を)」

民明書房刊『二郎人生待ったなし』より)

 

 

そんな言葉を思い出し、胸を熱くしながら小生は高らかに「全部」と答えた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232122j:plain

 

 

な、なんだこの標高は…

 

 

 

 

ヤサイほとんどねえんだぞ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232131j:plain

 

 

くああ、

 

 

鎮座まします巨大隕石とエアーズロック

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232144j:plain

 

そして頂にかかった泥混じりの雪

 

 

これぞ仙川の一杯…!!!!!!

 

 

 

それもそのはず、丼の大きさはさほどではないものの

f:id:standaloneramenjiro:20160318232157j:plain

 

御覧ください、このみっごっとな山…

 

 

モッチモチの仙川麺だからこそ形成されるガッチリと組まれたつづれ織の山。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232210j:plain

 

巨大岩石の正体である。

 

 

豚でした(知ってた?)

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232221j:plain

 

引っ張っても引っ張ってもほぐれない高圧縮麺だからこそ、摩擦の少ないエコ箸での引っ張り甲斐があるもの。

 

サイッッッッコーにPSYCHOに香るのである。

 

奥から引っ張りだした麺は、白の強い麺からは想像が出来ないほどカエシに染まっている。

 

それは新代田のそれとも桜台系のそれとも違う。

 

白き麺を漆黒に染め上げるからこその仙川ブラックなのである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232233j:plain

 

 

やはり仙川にはBPが似合う。

 

細かい一味もとても美味しい。

 

最後まで飽きずに、同ロットの様子を見ながら味わって11分。

f:id:standaloneramenjiro:20160318232245j:plain

 

完食。

 

 

そして

 

f:id:standaloneramenjiro:20160318232259j:plain

 

くっそうめええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

生姜効き非乳化ブラックスープをグビグビ飲み干し、試合終了。

 

 

本当に美味い。好き。大好き。多部未華子能年玲奈くらい好き。

 

小倉ゆずはもっと好き。

 

 

王大人死亡確認!!

 

 

 

 

 

 

 

と、店の外には15人超えの大行列。

 

外のカップルの女の子に「量多いよ」と忠告する店主だが、女の子は俄然小ラーメンで行くらしい。

 

彼氏と連席になれるとは

限らないぞ♡♡♡

 

 

そして年の頃30後半のお姉さん3人組も。ツワモノかな。

 

二郎を食う女性は美しい。デフォルトで食えばなお美しい。

 

小生がお嫁さんにしてあげよう!!!!!!!

 

 

 

 

錯乱するくらい美味かった。が、Sさんはやはりアブラのダメージが出かかった模様。

 

やっぱり相性ってありますわな…俺新代田と野猿苦手だしね。

 

 

そんなわけで、またいつか大ダブルに挑戦することを固く誓い、Sさんともお別れしたのでありました。

 

 

そうそう、最後に提案。

f:id:standaloneramenjiro:20160318234706j:plain

 

我ら吉祥寺民の憩いのハッテン場オアシスこと、

カップルデートの聖地井の頭公園。

 

再来週辺りからガッツリ酒臭くなる季節がやってまいりました。

小生と土曜の夕方に仙川で鍋二郎を買い

 

そのまま井の頭公園に向かって鍋二郎したい猛者募集します。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

明日は久々にあそこにいくよ。K山の大好きなあそこ。。。