読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 桜台駅前店『大豚+生玉子』

ラーメン二郎 桜台駅前店 大豚

2016年3月5日(土)

 

桃の節句す…もとうの昔に過ぎ

 

イベント事に巻き込まれたくないなと思いながらもしっかりと意識してしまう小生は

 

10日後に迫った白い日のことも考えながら、日々過ごしてるんでありますが

 

 

もらった分のお返し、っていうと、何がいいですかね。

ビールくらいしか思いつかないしょーもない男ですが、女の子は甘味のほうがいいのかなぁ。

 

小生は断然

f:id:standaloneramenjiro:20160306211919j:plain

 

ええ、こっちですが。

 

 

本日は二郎解禁後破竹の勢いで二郎を食っている、いつものIくんに、Yくん。

 

そして小生の大学時代の後輩が2人、東京に遊びに来ていたので

 

二郎童貞と

 

二郎処女を両方喪失させてやろうと

 

目論んだ場所がこの誉れ高きskrdなのであります。

 

 

 

13時集合、15人ほどの列に接続。

 

30分程度で店内に入ったのであります。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306211953j:plain

 

食券はこれ。

 

靴きたねえ…

 

 

今日はダンディーな店主とガタイの良いメガネ助手さん。

 

メガネ助手さんとは荻窪店でしょっちゅう会っているせいもあり、深めの会釈。

 

いい感じの量の麺が大の丼に…って、いい感じじゃねえ。こないだのjbc超えてる。

 

 

コールは全部。助手さんの盛り付けでした。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212008j:plain

 

 

とんでもない大決壊を起こし

 

まず、カウンターの上でこぼれ

 

そして宅の上でこぼれ、布巾使っていいですよ、との指示。

 

 

上澄みの液アブラが…すっかりこぼれてしまった。

 

 

一番美味しいところが…

 

 

なんてがっかりしている暇はねえ。

 

 

さっさと豚を玉子皿に避難させて

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212019j:plain

 

まず麺を引っ張りだしてすすった!

 

 

う、うめえ

 

 

さすが荻窪の親分。

 

ド乳化なスープが底にまだまだ溜まっている模様。引っ張りだした麺にはこれでもかとスープが絡む。

 

麺は荻窪よりも加水率が低め、だが、湯で時間は長めな感じがする。

もっちりエロ麺、香りもよし。

 

う、うめえ。。。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212036j:plain

 

 

そして豚もありがとうございます。全部美味しいです。

 

 

そんなこと言ってる暇はありません。ひったすら吸い上げて食って、減らない麺と戦い続ける時間帯が続く。

 

 

はっ!と我に帰った。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212052j:plain

 

 

これを食いに来たんじゃん。。。

 

 

 

やー、やっぱりカレーうめえ。

 

最強の味変アイテム。大フィーバー。

 

これがあるからたまに来なきゃならないんだよなぁ…

 

荻窪のポン酢もさることながら。やっぱり美味いねカレー粉!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212104j:plain

 

 

そんなわけで、ここまで来るのに13分。ひー、多かった。豚最後の一個がきつい。。。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160306212118j:plain

 

 

ずずっとすすって完食。

 

カウンター、テーブルを新しい布巾で拭き取りフィニッシュ。

 

助手さん、店主さんに深々と頭を下げて退店。

 

 

 

ひ、ひさびさに本気できつかったわ…これが、顔バレってやつなのか…

 

まぁ若干風邪気味だったし。体調ブレかもしれないですね。

 

 

 

後輩たちは麺少なめを見事に平らげ、初二郎を満喫して帰りました、とさ。

 

 

 

 

いつもの二人から「明日は目黒集合」って、耳元で囁かれ続けた。

誰が行くか。

 

行くわけ無い。