読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店『大豚』

ラーメン ラーメン二郎 荻窪店 大豚

2016年2月25日(木)

 

 

3日に1回のペースを維持しつつ

 

これからの体調管理や精神衛生の保守などに気を配り

 

ゆったり二郎を食っていこうと思いますが

 

週に1回の荻窪店は

堅守していく。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230653j:plain

 

「嫁を質に入れてでも二郎を食え」

 

という

ジェダイマスターの教えを守り

阿佐ヶ谷で降りていったショートカットの美しいお姉さんの後ろを追いかけることもせずに

荻窪に降り立った小生を待っていた今日の助手さんは、S姐さんでした。AZMS。

 

 

待ちも6人ほど。

小生の後ろに数人がガッツリ並んでいき、常に10人以内の適度な列ができ続けている理想形。

 

途中、神保町店の短パンさんが退勤するところに遭遇。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230722j:plain

 

 

今日もオレンジ党のわたし。

 

 

 

そんなこんなで10分ちょっとくらいで入店。

 

 

初めての奥席。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230735j:plain

 

 

荻窪店、全席制覇にはまだ届かず。ホームベース付近の結局角周辺が多いんですよね。

 

 

 

 

 

で、そろそろコールかな、と思って厨房を覗く。

 

 

あ、、、明らかに麺量多い丼…サイドが詰まってないように見えるけど、

や、山…

 

 

コールは全部。S姐さんありがとうございます。

 

 

って、オレンジ先生、なんで僕のアブラだけザルでガッツリ…まじかよwwwwwww

 

 

重いんで気をつけてください、の顔が今日はマジだったオレンジ先生

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230745j:plain

 

うわうわうわ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230756j:plain

 

 

ふ…つくし…い…

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230809j:plain

 

 

アブラ。直系二郎ではこの量を盛られるのは仙川か荻窪くらい。

野猿だと「デカイのが1,2個」だし

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230822j:plain

 

今日の豚、マジでうめえのな。

 

柔らかめ、脂身がしっかりついた神豚。神豚すぎて本当に嬉しかった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230832j:plain

麺は今日も加水率高めのツルシコ麺。

 

天地返してひっくり返すと、良い感じの飴色に。

 

桜台系や今の新代田では必須行為。

 

 

 

 

とか悠長なこと言ってるけど、写真見ても麺量がやばいのがわかるでしょう。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160225230843j:plain

 

今日のスープは重すぎず薄すぎず。しっかり化調が効いている。

 

カエシの熟成感が高まってきた感じ、最&高。

 

 

 

「嫁を質に入れてでも二郎を食え」とかいう支離滅裂なワードが思いつく。

麺量がヤバイ日は大抵頭が壊れちゃってる。

f:id:standaloneramenjiro:20160225230857j:plain

 

途中、何度かゲップをして胃の容量を開けながら、14分かけて完食。

富士丸でブタメン食うときなみの時間がかかった…

 

完全に安定の一杯。

 

そして今日も深々とお礼をして退店。

 

うまかったなほんと。たまらなかった。

食い終わって2時間半くらい経つけどまだ腹いっぱい。

 

 

さあ

日曜は

一気に2件開拓しますよ。たぶん2件!!