読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン用心棒 神保町『ラーメン+豚一枚』

2016年1月29日(金)

 

この日は夜に神保町に用があったので、

当然ながらjbcことラーメン二郎神田神保町店に。

 

 

って、仕事終わりの20時過ぎは、やってるわけない時間ですわな。

 

しかしながら、21時前にjbcの前を通り過ぎると、店内はまだ電気がついておりました。

 

 

ラーメン屋をやるということは本当に簡単なことじゃないんだろうな、と。

17時すぎには閉店しているはずなのにね。。。

 

 

ってなわけで

 

f:id:standaloneramenjiro:20160131124745j:plain

 

向かいにあるこの店へ。

 

 

当然ながら初訪問です。いつもは意地でも目の前の店に入るところですから。

 

 

 

空席がいくつかある、といった店内の状況。

 

着席してから10分かからぬうちに提供されました。

 

コールはヤサイショウガアブラ辛玉

 

f:id:standaloneramenjiro:20160131124655j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20160131124705j:plain

 

 

しまった、そういえば千里眼もチャッチャだった…

 

背脂チャッチャ系は苦手です。

 

やっぱりカタマリのアブラをはむはむする楽しみがありますからね。

こればかりは譲りたくない。次回からカタマリコールで決定。

 

 

インスパイア系にありがちな味わいでありつつも、どこか攻めの姿勢を感じるスープ。

麺は浅草開化楼と思わしきもっちり麺。

 

やはり千里眼と同系列だけあり、似た味。

ヤサイが塩素臭いのが残念。

 

しかし

 

f:id:standaloneramenjiro:20160131124717j:plain

 

カレー粉があるのは本当にうれしいこと。

 

カレー………カレー食いたい。

 

神保町に行ってカレー食わないっていうのもなかなかギルティな行いなのかもしれない。

免罪符としてのカレー粉投入。お許し下さい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160131124734j:plain

 

 

 

美味しかったです。この後朝6時まで神保町で遊んでました。