読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 神田神保町店『小豚』

ラーメン ラーメン二郎 神田神保町店

2016年1月9日(土)

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225132j:plain

 

新年ホームはじめです。

 

 

昨晩、喜山が我家に泊まりに来て、

録画した『ラーメン大好き小泉さん』を見ながら

楽しそうに爆笑していました。

 

幸せそうだな、って思いましたが、私も

「小金井の店主に久々にバカ盛りされてえ」などと

ムズムズしながら野猿の回をみるのがやはり常でして

 

そんな翌日の今日は、沖縄から出張で来ているYくんに

 

「『東京』というものを教える」ために

 

わざわざこの場所を選びました。(Yくん談)

 

 

 

 

いえ。

 

 

ただ小生が食いたかっただけですがね。

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで本日もセカンドロット。

 

 

先頭にいらっしゃったのは本日も赤タオルのあの方と

 

スケール持ち込みのあの方。

 

 

そんな常連の方々の戦いぶりをみて、若輩者の小生はいつも心引き締まる思いで着丼を待つのであります。

 

コールはヤサイマシマシニンニクアブラカラメ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225202j:plain

 

いやあ

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225214j:plain

 

おいおい

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225225j:plain

 

 

 

 

 

 

 

液アブラすごくね?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225237j:plain

 

かぁー、参った。これは飲めねえぞ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225250j:plain

 

 

ほら、推定で1,5センチの油膜。

 

まぁ実はこれもズズーってやった後なんすけどね。

 

 

最&高に美味かったです、一口目。

 

 

いつもどおり、アブラでヤサイをガツガツ喰らっていく。

 

神保町の山は高くないが、如何せんクタリ気味のこの山。

圧縮率も多少高めで食いごたえ十分。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225302j:plain

 

自ら広げて満開の豚。

 

すべて口腔内でとろけほぐれ消えてなくなる神豚でございました。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225316j:plain

 

強烈な油膜に守られた丼内の麺から上がる湯気は、止まることをしらない。

 

しかも今日の一杯は、

今まで神保町店で口にしたことのないレベルのデロデロ麺。

新たな世界が開けた気がしました。

 

神保町の一口目の麺は本当にうまい。富士丸の麺の一口目も本当に美味しいけど、

オーション香るこの麺の香りはどこの直系二郎も敵わないもの。

 

 

 

 

そんな感じでガツガツ食い荒らすも、やはり昨晩の富士丸のダメージが若干残っている。

デロ麺のダメージか。それともサジ2杯分のニンニクのせいか。

 

 

 

 

あれ

 

 

もしかしてヤサイマシマシじゃなくてニンニクマシマシにされてねえか?

 

 

 

まあ、コールの聞き間違えもまた二郎の醍醐味。

 

少し箸が止まりつつも、いつもの唐辛子を味わう。

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225329j:plain

 

 

香ばしさ十分の粉末化唐辛子は普通の一味よりも最高。

種が重要ですね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225354j:plain

 

 

そんなわけで、この油膜では完飲など流石に不可能というもの。

 

小なのに年末の大よりダメージが残る感じ。

白目ひん剥きながら完食。

 

 

 

 

 

そんなわけでYくんを連れて

年末から2度目の

映画『ストレイトアウタコンプトン』を鑑賞後

 

f:id:standaloneramenjiro:20160109225407j:plain

 

 

ヒップホップ映画から一転

 

 

THE YELLOW MONKEYの再結成を高らかと宣言する広告に

心打たれる小生でありました。