From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 小岩店『大ラーメン+豚増し券』

 

2015年12月11日(金)

 

友人の結婚式のため、一日休暇をとって札幌へ。

 

貧乏人に優しい成田空港へ向かう道のりにあるのは、

亀戸

小岩

ちょっとずれて大久保。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213230920j:plain

 

今日ははじめてのこの店へ。

 

12時の段階で外待ち4。

白衣姿の女性2人などもおりました。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213230931j:plain

 

黒の食券が見えにくいっすね。大ラーメンに豚増し券を選択。

 

とても風の強い時間帯でしたが、なかなかの回転スピードで入店。

f:id:standaloneramenjiro:20151213230945j:plain

「マシ」「マシマシ」「ダブル」などは不可。クセで言っちゃう人、いそうですよね。野猿とかで慣れてる人は気をつけましょう。店主、なかなか怖そうなので。

 

助手のおばちゃんは店主に指示をもらいながら片付けや列の麺量をヒアリング。

 

店の雰囲気はお世辞にも良いとはいえない。

 

しかし、小生は店の雰囲気でラーメンを食うわけではない。小生は最初からそんなことを気にせず食いまくりたい。気持ちがドンドン高まっていきます。

 

麺あげの様子を見て、コールはニンニク少なめヤサイアブラカラメを選択。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213231000j:plain

 

うーむ、まぁまぁな雰囲気。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213231019j:plain

 

豚。端っぽいけどなかなかうまそう。

 

じゃない。

 

一口目…すんげーうまい。

なんというニンニクの効き

こんなにカエシの効きが絶妙な豚は食ったことがなかった。これはいい意味でのショック。

 

すごい。(ただただ嘆息)

 

 

そんなこんなで、絶品豚とアブラでヤサイを食いすすめていく。ミディアムな茹で加減のヤサイに豚があう。

アブラは新橋のアブラに近い感覚。そんなに感動するほどおいしくはない。

f:id:standaloneramenjiro:20151213231040j:plain

 

麺の茹で加減はバツグン。香りはそこまでなものの、汁のノリがとても良い。

 

あとは、日当たりの問題がなければもっと美味しそうに写真が取れるね。

 

 

って、言い訳しといてこの写真。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213231052j:plain

 

この豚でかかったんだよなー、って自慢しようとしたのに、思いっきり指が入り込むっていうね。

 

全体的にニンニクがすげー強い。

ニンニク少なめコールなんか意味を成さないと思ってしまうほどの、カエシのニンニクの強さ。

これが人気の秘訣か。非乳化であっさりボディーの汁だからこそ、このニンニク強さとブタの出汁のハーモニーが絶賛される理由なのかも。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213231104j:plain

 

いい感じに汁も楽しみ、ごちそうさまでした。

 

 

が、大ラーメンでこの量。うーん、もっと食いたかったなぁ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151213233749j:plain

 

というわけで、行ってまいります。