読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 京成大久保店『みそラーメン+豚増し』

2015年11月30日(月)

 

というわけで、続きです。

f:id:standaloneramenjiro:20151201234819j:plain

 

成田空港からの帰り道、こちらに伺いました。

 

小生初訪問のこの店。

なかなか来る機会もなく

味噌二郎ってどんなもんだろう、と以前から気になってはいたものの

 

まぁ後回しでいいか、などと思っている店の一つでした。

 

なんかもうすっかり疲れきった旅の終わり。

 

入店して思った。

なんて雰囲気のいい二郎なんだ…

 

にこやかな店主、と、奥さん?の二人で切り盛りする店内。

近くに大学があるためか、学生の姿も多い。

 

小生が入店してほどなく、常連の大学生たちがぞろぞろ入り込み、店主と楽しそうに話しているのを見ると

 

地域密着型の地方気味二郎…なんかアツいぜ…なんて思っちゃいました。

 

着席と同時にオバちゃんにみそラーメンの食券を提出。豚増し出来るんすか?と聞き、OKが出たので100円添え。

 

ってかみそラーメン2食目かい(実は前日夜中に山岡家でクッソまずいみそラーメンを食ったので、2日で3食目っすね。)

 

ほどなくしてコールの合図。ヤサイニンニクアブラでお願いします、と。

 

ドン

f:id:standaloneramenjiro:20151201234853j:plain

 

いや、これ実は丼の縁にキッスして吸った後ね。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234843j:plain

 

かなりの表面張力具合も信用できず、着丼前にズズっと飲むと…若干ぬるい。

 

ヤサイのぬるさが移ってしまった表面。しかしながらそれでも

 

うめえなあああああああああああ

 

っていう声が出てしまう程のものだったのです。

 

 

シャキ気味のヤサイとアブラに、れんげでスープをかける。

 

 

札幌のみそラーメンとは若干テイストは異なるものの、その構成要素はラード、キャベツにモヤシ、味噌、ニンニクとほぼおなじもの。

 

 

 

美味くないわけがないんですよね。

 

 

 

 

で、このヤサイを麺と絡めて食っていく。

 

なんだこのデロ麺とシャキヤサイのハーモニーは…

 

どこの二郎でも食ったことのなかった感覚だ…おまけにこれは味噌だぞ…

 

くい進めたところで、豚の整理。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234908j:plain

 

ぶ厚めのトンテキを5枚に斜めスライスしたような、いや、むしろ芳醇な肉汁を蓄えたチキンステーキのような見た目。

 

一口かじれば

ジュンジョワ~なアブラがしみだしてしまうこの感覚

 

タマランチ会長。

 

相変わらずのタマランチ会長。

 

 

美しきデロ麺とシャキヤサイのハーモニーに、豚の低音とニンニクのアタック感、そして味噌が出会った五重奏。

 

これ以上うまいものなどそうそうない。

 

そう、言い張りたくなるほどの美味さだった。

f:id:standaloneramenjiro:20151201234924j:plain

 

うむ。旅の締めにふさわしい一杯だった。そう、今でもそう言える。

 

 

京成大久保店。また旅の締めにおとずれてもいいですか?

 

そういった時にお逢いしたい一杯。そんな気がする、暖かい店でございました。