読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

らーめん千寿『味そらーめん+ライス』

ラーメン 札幌 千寿 味噌

2015年11月30日(日)

f:id:standaloneramenjiro:20151201234749j:plain

この週末、月曜に年休を使いまして

3連休とし

我が故郷の札幌での友人の結婚式へ参加するために帰省。

 

ひたすら酒を飲み、どんちゃん騒ぎ、寝落ちし、起こされて暴れて取り押さえられて…

地下鉄を逆方向に乗って、途中で目覚めてふたたび3次会から参加するなど

相変わらずの迷惑野郎っぷりを発揮。

優しい友人たちに今回も助けられました。

 

 

翌日、まだ酔っている頭を無理矢理起こし、11時ころにこちらへ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234657j:plain

 

 

って

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234709j:plain

 

この、野郎…

 

 

ひさびさに臨休というものに遭遇。

 

その後のメルマガ(すぐに登録した)では、夜の部も体調不良でお休み、とのことでしたので

 

店主さんの体調がきになるところ。

 

 

さあ、そうは言っていられないのが小生のタイムスケジュール。

早く食ってしまわないと飛行機に間に合わねえぞ、と。

 

 

そんなときに思いついたのが、小生がもう10年来お世話になっている、純・すみ系の名店

大通西8丁目付近にある『千寿』

f:id:standaloneramenjiro:20151201234749j:plain

 

 

ここの味噌は小生のフェイバリットラーメンのひとつ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234723j:plain

 

当然だけどライス必須ね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234735j:plain

 

麺をかき分けると湯気が上がる。液アブラでふたをするスープはなにも、二郎だけではないのだ。

NumberGirl、現ZAZEN BOYSのボーカルとギターを担当している向井秀徳さんいわく、

「(ギターの弦が)ゴリゴリこすれるような、アタック感の強いギターサウンド」と評する味噌は、ガツンと来る塩分の奥に肉出汁の濃厚さとヤサイの甘みをしっかりと感じるもの。

 

久々に、最高にうまい一杯を食うことが出来て満足。おやっさん、また半年後あたりに来ます。

 

 

 

 

帰りの飛行機は、新千歳空港から成田空港へのLCC便。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234808j:plain

遠くに富士丸…

 

じゃなかった、富士山が見えましたよ。感動でした。

 

 

しかし、小生の二郎欲は収まるわけがないのでありました。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151201234819j:plain

 

続く