読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 三田本店『ラーメン』

2015年11月18日(水)

 

おばんでございます。

 

世間様が働く水曜日

 

f:id:standaloneramenjiro:20151118171017j:plain

 

こちらに伺いました。

 

 

思えば、当ブログでの三田本店の紹介は初めてで御座います。

 

朝10時過ぎ。外待ちはゼロで即着席。

 

本日のオペレーションは2代目、社長殿。

いつもの助手コンビにもう一人の助手がサポート。

 

初の三田の投稿の時は是非、山田総帥の一杯を紹介したいと思っておりましたが

 

小生は2代目のほうが若干好み。総帥のテーピングのダシが出ない一杯は物足りなくもありますが

 

まぁブレも少ない確実な盛りを見せてくれるのが、2代目のいいところ。

 

いつもの助手コンビのオペの日にも訪問してみたいもの。

 

今日の厨房は、高校サッカーなどの話題で盛り上がっておりました。

 

ラーメンの食券を買って待機。

 

1ロット待ってコールの合図。

ニンニクアブラをオーダー。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151118171032j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20151118171043j:plain

接写

 

サイドからもう一度

f:id:standaloneramenjiro:20151118171052j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20151118171104j:plain

俯瞰

 

 

…美しい。

 

素晴らしい。

本当に美しい一杯。

 

ヤサイも麺も咀嚼不要のクッタクタ具合のが炸裂。

 

豚以外、全部飲める。

 

そして、

アブラうめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

 

やっぱ本家は違うね。クタヤサイと永遠の恋人。アブラ。

 

 

 

休日の喜び。

あの鐘を鳴らすのは

アブラ

 

浪花のゴッド姉ちゃんに捧げます。

 

 

微乳化気味の汁は思った以上の粘度を纏い、ヤサイに染み付いていく。

 

 

ぐちゃぐちゃに混ぜたヤサイを箸で掴んだものを、口に放り込んでは飲んでいく。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151118171116j:plain

 

ガチ神豚でございました(右・噛みかけの豚失礼)

 

f:id:standaloneramenjiro:20151118171127j:plain

 

テロッテロの麺にトロットロの汁纏うコーティング。

 

モンダミンイソジンも必要ないほどの口腔薬ですよこれはもはや。

 

 

もはや止まるすべすら知らない。

咀 嚼 不 要 。

 

ズルズル吸い込み10分程度で完食。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151118171141j:plain

 

うーむ。美味かった。

 

 

そんなわけで、東京駅方面に移動し、

銀行口座等に関わる手続きをすませ、神田〜秋葉原を散歩。

沖縄にいた頃の遺産を、生産してきました。

 

いろいろしているうちに、DJをやってるT氏から連絡アリ。神保町で合流が決定。

 

小生はなにげに健康について過敏。

f:id:standaloneramenjiro:20151118171152j:plain

 ヨドバシの店頭にて、信頼のテルモで測定。

 

右腕の結果がこちらです。

 

 

 

 

 

左腕の結果は、次へ続く