From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン富士丸 神谷本店『富士丸ラーメン+ゆで玉子』

2015年10月10日(土)

 

4連戦の折り返し、3戦目。

 

同日2連戦、後半戦

 

「予想もしなかった出来事に苦しめられる」

 

事態と相成りました。

 

場所はもちろん

f:id:standaloneramenjiro:20151012032549j:plain

 

小生フェイバリットなこの場所。

 

19時過ぎに到着。25人ほどの行列に接続。

 

同行はM教授と「小金井アブラ抜きの男」喜山氏。

 

近くで花火大会が行われていた模様。志茂駅を降り立った頃から、駅の北側からドンドンという音が。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032539j:plain

 

富士丸のベンチからもかろうじて見えた花火。

 

30,40分ほどで、入店。

 

3人連れであることを助手さんに報告し、店内の待ち席にて待機。

 

前回の教訓を活かし、「富士丸ラーメン」と「ゆで玉子」の食券を購入。

 

あの時の苦しみを再び味わいたくない。そして、昼にヒバジを食ったことを小生とM教授は忘れていなかったのである。

 

その間、何故か吉田店主が小生のほうを見てほくそ笑んで「いらっしゃいませー!」と叫ぶ事案発生。

 

少しばかり嫌な予感。

 

奥の座敷に着席。初参戦のM教授におしぼりの使い方を伝授。

 

そうこうしているうちに着丼。コールはニンニクヤサイアブラ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032611j:plain

 

 

 

ああ

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032621j:plain

 

 

oh…

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032654j:plain

 

なんだよ、上にピロっと乗っかってる一筋の麺は…

 

しかし、今日は富士丸ラーメン。国産ブタメンほどの苦しみを味わうことはない。この時は、そう思って

 

ヤサイをアブラでガシガシ食い始める

 

 

アブラうんめええええええええええええええええええええええええええええええええ

 

 

結局だ。

結局これなんだ。

 

小生が追い求めたヤサイとアブラはこの味なんだ、と。

 

感動に思わず声が漏れ、喜山氏が苦笑いで呆れ返る小生のリアクション。

 

最高だ…そう思いながらヤサイを食いすすめたところで、気づいた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032707j:plain

 

麺の盛り上がり、ちょっとヤバいんじゃねえか、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

おまけに、なんだ、玉子1.5個分入ってるじゃねえか、、、、、、、、、、、、、、、

 

iPhone4サイズの大判豚に、端のかけら豚が4、5個。

 

 

地!!!!!!!!!!!!!

獄!!!!!!!!!!!!!

 

 

とかいいつつスープすすって最高にウンメー、一口目の麺最高にウンメー、アブラかけてタマンネーのトリプルコンボが延々と続くこの富士丸遊戯。

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032718j:plain

 

この麺リフトの写真を見ただけで、小麦とかんすいの香りが漂い、甘じょっぱいスープすらも想像を超えて

小生のッ!!

脳内をッッ!!!!

刺激するッッッッ!!!!!!

 

挙句の果てには

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032729j:plain

 

これが

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032740j:plain

 

 

アブラおかわり~〜〜〜〜〜

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032750j:plain

 

あれー?黄身さんどこ行ったー?

 

アブラ玉子、、、、、、、、、、最&高

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032806j:plain

 

やはり最後は失速。

 

大判の豚が食えねえー!!なんて嬉しい悩みを抱えながら

 

f:id:standaloneramenjiro:20151012032827j:plain

 

 

無事完食と相成りました。

 

 

多幸感だ。。。今日は前回のような焼野原にひとりでポツネンと残されたような感覚はない。

 

これくらいが、ちょうどいいんだ、、、ほんと、素直にそう思っていた。

 

 

 

帰り際、吉田店主

「なんか量多くなかったっすか?」と思わず聞いてしまった。

 

 

「今日麺多めにしたー!ありがとー!!」

 

 

 

 

 

そういうことだったのか…

 

感動で「ごちそうさまでした!!!!!!!!」としか言えなかった…

 

忘れられないうちにまた行きますね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くも食いたくなった、休日の午後。今日が月曜じゃなかったら絶対に夕飯は志茂に向かう羽目になっていたと思う。

 

 

 

#ラーメン富士丸