フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメンショップ湯沢駅前店 『ネギチャーシュー ライス バター』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺のフジロックが終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


奇跡の1日参加であった。

 


そう、終わってからもう1週間以上も経とうとしているのにもかかわらず俺は、性懲りも無く思い出話をしようとしている。

 

それくらい、引きずられた感情を抱いているのだ。彼の地で積み重ねられた奇跡に俺は感謝するしかないのだ。

 

 

 

 

まず、前日の豪雨。2日目は降る、というジンクスがここ3年で確立されようとしている。会場にいらっしゃった皆様はかなり絶望していたと思うが、こっちもこっちで絶望していた。地下のライブハウスで狂気を観ながらもどこかその心配を忘れずにはいられなかった。

 

 

着いてみればなんとカラッと晴れたことか。

 

 

 

 

 

過去の失敗から越後湯沢駅到着時刻を8時に設定したことにより、なんと9時前には会場入りしてグリーンでビールを飲んでいた。

 

 

 

完全に貴族の風格である。

 

 

 

その後は渋さ知らズオーケストラを堪能したのち、居酒屋オレンジで馬鹿みたいに飲酒をし、ろくにアーティストを見ずに過ごすことに成功した。まぁー、飲んだ。飲んだ。

 

 

飲んで飲んで飲みまくってから苗プリ突入軽く昼寝ブチカマしThe Cureという名の青春を俺、謳歌してやったのである。隣にいた韓国人の女の子集団とブチ上がりハグされまくったのはマジで夏のせいだった。

 

俺のサマージャム、完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


翌日はわりとゆっくりと。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804220220j:image

 

 

苗プリで勝者の朝食(別にそんなにうまくはない)を堪能し、ゆっくりと会場を後にした。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20190804220216j:image

 

 

究極のデブ飯をキメてやった。

 

 

 

越後湯沢駅の券売機でまあひたすら長い指定席列をならんでいる間に、ラヲタが、あのラヲタが騒ぎ出した。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213816j:image

 

 

「ラーショやってるじゃねえか!!」

 

 

 

 

 

 

嘘つきやがって、夜しかやってねえはずじゃん…なんて言ってアレしつつも俺、期待せずにいられず様子見に行ってみれば客が多めに入っている印象だ。

 

 

俺、2017にその存在を意識し始めてからどうしても行けないことを悔やんでいたその店の門を俺、とうとう潜ることに成功した。

 

 

 

 

 

 

「ネギダブルにネギ丼…ねえのかよ…」などと肩を落とすラヲタに

 

「ラーメンにバター入れねえんじゃねえのかよ」などと言われたが、

 

 

 

 

「ご飯にのせるに決まってんだろ!」と返答したらドン引きされたのも今や良い思い出だ。

 

 

 

 

 

ギョウザまで頼むラヲタに「そりゃ悪手だろ  蟻んコ」とは言えなかった俺はある意味、優しいのかもしれない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213820j:image









こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213901j:image

 

 

まごうことなきラーショの風格だ。どっからどう見てもラーショなブツ

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213825j:image

 

 

 

我、ブチ上がらずにはいられなかった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213800j:image

 

 

当然ながらバターは即回収からのオンザライスブチカマしてスープとお醤油ぶっかけて温める。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213851j:image

 

 

 

麺ずるっとやれば嗚呼…ラーショだ。ラーショの極みだわ。

 

 

 

 

ミディアムな茹で加減に濃いめコールしたスープとアブラが最高にマッチして疲れた身体に…いや、貴族の朝食のおかげでわりと減っていない腹にガツンとくるブツであった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213805j:image

 

バターの上からさらにチャーシューで蓋をしてライスかきこめばもはや実家のダイニングにいるような感覚だった。嗚呼、たまんねえ。最高だ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213831j:image

 

 

そして向かい側から差し入れていただいた餃子は思いっきりアレだった。

いや、好きなんだけどさ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213855j:image

 

 

ネギにニンニクぶっ込んで堪能した。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213843j:image

 

 

 

サクッと完食向かい側は#完飲制倶楽部 ブチカマしお会計軽く会釈して退店。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213837j:image


越後湯沢駅でソフトクリーム食ったりなんだりしてから新幹線に乗り込んだらほどなく全員爆睡。

 

 

 

 

 

 

 

起きて電車乗り換えてそこから地獄の髭タイムであった。

2019年度のフジロック、完。

 

ホープ軒本舗 吉祥寺店 『ラーメン ニンニクダブル』

 

 

 

 

 

 

現代 冷凍都市に住む 妄想人類諸君に告ぐ

 

 

 

 

 

 

 


Kいう名の豚野郎は 新宿三丁目にたどり着く前にくたばった。

 

 

 

 

 

 

 


確かに場所は新宿だった。吉原でもなく三号線を狂う目から可愛しいへ向かう道中でもなかった。

 

 

街角からすでにその匂いは漂っていたが、その地下闘技場はもう軋轢まくっていた。圧迫される夢と夢。俺の目の前には柵。監獄のように思えるその景色の先には「自由」と「地獄の自我」があった。

 

 

 

俺は柵の上から手を伸ばして掴もうとした。当然ながらそれは自由ではなく、ノスタルジーに引き出された若き日の俺のアーバンなギターだった。

俺は「さよなら」と呟き、ジャズマスター17フレットの咆哮に、世紀末にのっかった女の子を見た。

 

 

 

 

 

熱病におかされた

それでも俺は笑い合う それでも俺らは信じ合う

 

 

 

 

 

 

うなされるような時間は刻々と刻まれて進んでいった。モズライトのベースに張られた弦、おそらく電気ベースの歴史で最も揺れた弦であろう。俺はその振動に脳まで揺さぶられて記憶喪失になった。

 

 

 

帰路をどう刻んでいったのか、想像もつかん。

 

 

 

 

EIGHT BEATER 吉祥寺STYLE

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤ街を練り歩き「ナンバガどうだった?」と聞かれる17歳の俺がいたが、どうやらたいそうニヤついていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804212949j:image

 

 

 

 

 


照らされるニンニクは

酸化した緑色だったかな?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213017j:image






こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213003j:image

 

 

記憶探しの旅ばかり しかしいつしかそれも妄想に変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はこの締めラーメンも妄想として捉えようとした。とりあえず持ち上げた麺に語りかけ、啜り、嗚呼と言いながら嘘っぽく笑った。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213021j:image

 

 

あのラーメンを今食べている

 

 

忘れていた 君の味と輪郭を

 

 

ちょっと思い出したりしてみた。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213009j:image

 

 

 

 

俺の紅色革命は桃色作戦でキラキラ光ってた。

俺は「暑い」と笑いながら夏だった。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190804213013j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 


その後は自宅リビングで煙を噛み締めた。

眠らずに朝が来て ふらつきながら女衒が暗躍する苗場の中へきえていった。

 

 

 

もうそんな季節 終わりの季節

俺は眼鏡をSkillkillsサングラスにかけ直した。

 

 

 

 

俺酩酊の限りを尽くす

 

珍々亭 『油そば特盛 ネギ 生玉子 スープ』

 

 

 

 

 

 

俺の腹には油そば

 


俺の頭の中にはトム・ヴァーレイン

 


喉の奥には風邪菌

 


明日の俺はフェス貴族

 

 

 

 

 

 

 


そんな幾重にもなる複雑怪奇な人生に恵まれたお陰で、悲しいかな暇ではなくなった。暇ではないというのはどういうことかというと、どうやら世の中では「暇」か「暇ではない」は「人といるかどうか」というところに焦点を当て判断しているらしい。

 

 

 

 

わたしの手帳(バーチャル脳内手帳もしくは鼻紙)には予定がびっしりだ。それは一人でいても予定になる。あくまでこれ、暇ではないのだ。

 

 

 

 

 

というわけでわたしには自宅で雨具を撥水処理するというタスクがあった。あったのにもかかわらずどうしてか「センセー」から誘われ、挙げ句の果てには髭すら吉祥寺に来るなどと申した日には「仕方ねえなぁ」と一言ポツリ。俺はニヤッとしちまうのである。

 

 

 

「もはや電車になんか乗れねえわ」などとほざく27歳運動不足予備軍の駆る車にて武蔵境ついてみればマイペースに現れるセンセー。まあブレだな、と納得しながら接続。家族連れが多いのに奇跡的な回転速度で回るよな、ここ。まあ25席近くあれば当然か。

 

 

 

 

 

 

ありがたいお話を聞きながら俺は

 

 

「俺ほんとに特盛って言った?」

 

と何回も聞き返す髭ダルマを無視し続けた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233052j:image








こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233105j:image

 

 

このスパンで来るとは思わなかったが…これぞ俺の中毒者気質のなせる技だ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233132j:image

 

 

やはり少しずつ楽しみたい派の俺はしっかり混ぜつつも、どうしても色の薄いところから食ってしまう。うめえ…十分うめえ。

 

 

 

 

 

 

がっつりと赤色革命した部分をずるっとやれば嗚呼あ!!うめえよ美味すぎる!!なんだろうこのなんの変哲もない油そばがどうしてここまでうまいのか。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233127j:image

 

 

そして減らねえ!

これがもう本当に最高の喜びよ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233117j:image

 

 

 

段階的にラー油とお酢プレイブチカマせばもはや完璧。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233108j:image

 

 

ネギ部もしっかり混ぜつつラー油お酢遊戯で完璧なまでに堪能したぜ!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233059j:image

 

スープはやはり鴨南蛮そばの味わいだ。

最後に残したチャーシューとお酢で丼をお掃除するところにフィニッシュムーブはあるのだ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801233044j:image

 

サクッと完食お会計して退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大満足な髭に吉祥寺まで送ってもらい、緊張で吐きそうになりながらも17時の開場に間にあった。

 

 

 

 

俺の居場所は最前列

 

 

漢の中尾サイドを確保した。

 

ラーメン玄 『大豚 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かエポックメイキングなことはないだろうか。

 


ラヲタならいつでもそれを探しているはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


が、俺にはあまり関係のないところがほとんどで。

 

 

 

 

私はエクストリームラーメン愛好家で且つ何度も同じ店に通い詰めては欲を満たすタイプのタチの悪い人であり、先日北千住でラヲタどもに詰められたことがよっぽどショックだったのか、今日の今日までこんなことを書いてiLLのである。

 

 

 

ILLでいる秘訣知ってILLのか?あん?

 

 

 

 

とはいえ同じ店ばかり行ってもそれは飽きるし、見ている方も何なら飽きているに違いない。毎日ラーメン二郎しか食わない人も昔いらっしゃったが、今はどこで何を…ウッ、、、(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえだ。ワンオブザフェイバリットな店が見つかれば当然そこに愛を注ぐわけだ。それに特別な感情があるかといえば、私は純粋である。

 

 

「フォロワーといいね稼ぎだろ」

 

 

 

と思われているらしいがまあそんなことはないと断言する。

そんなことよりもっとタチの悪い感情があるのかもしれん。

 

 

地獄の自我とはよく言ったものである。

 

 

 

 

気になる方はナンバーガールの某インタビューを読むように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけだ。私は真昼間から鳴り続ける携帯電話を叩きつけてはラヲタに連絡を取った。話が早かった。

 

 

集合時間になるまで私は体調を案じながら待っていたが、ようやく体調とともにこの雨も…と思ったが、相変わらずよく降っていた。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232822j:image

 

 

 

もうそんな前のことだ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232839j:image

 

 


店前には行列なし。店頭にはおくりバント社長とマナブさんの花輪。

 

すげーな、なんて感心しながら何の疑問もなく大豚の食券ポチッとやれば、「800円じゃねえのかよ」と落胆するフリだけ見せてみたのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232819j:image

 

 

 

黒烏龍茶100円ほどの疑問を抱くブツはなかったが、答えはすぐにでた。コップ提供だったのである。

 

 




f:id:standaloneramenjiro:20190801232842j:image




ここ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232852j:image

 

 

夕刻に別のラーメンギタリストから

「アブラコールなしカラメラー油別皿推奨」と連絡があり、

 

 

 

 

ニンニクカラメラー油別皿コールしてみたらこのアブラ感!

薄いぜ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232828j:image

 

 

ブレの凄まじさを感じ取ったところがまた目黒っぽさか。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232900j:image

 

ブタさんは目黒感じるものではなく。

 

 

丁寧に仕上げられたものと見たが、ボリューム感はまだまだイマイチ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232849j:image

 

 

 

ずるっとやってみればボディーの弱い汁をまとったこの一昔前の目黒そのものな麺が口に入る。香りを撒き散らし俺は嗚呼とつぶやいた。

 

 

嗚呼…アブラ薄い…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232856j:image

 

 

 

 

失礼を承知でアブラ後乗せお願いして一口食えばあああ!?

 

 

 

 

アブラが目黒だああああああああ!!

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232834j:image

 

という印象であった。まだまだこれからということか。もうちょい醤油()効いてる必要ありやなグランデ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232904j:image

 

 

ラー油と生玉子は嬉しかったが。

やるからには頑張って欲しいぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190801232825j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

 


吉祥寺に戻って衣類の撥水加工をするなど。

 

 

 

 

俺、私、体調に不安を残しながらも迫り来るナンバーガールとキュアーへの愛に勝てずにいたのであった。

 

田中そば秋葉原店 『ひやかけそば 肉めし』

 

 

 

 

 

 

 

投稿がたまってくるとジタバタする。

 

 

 

 

 

 

 


これか…これがインスタ離れか…

 

 

 

 

 

 

 


などとようやく実感したところである。

 

 

 

わざわざ長文ばかり書く必要もないのでは、などと自問してみるも「文章短い」だの「主語が重なってる」だの「読んでません」だの言われるわけだ。自答する前にヤジが飛んでくるところを見ると、俺はどうやら奴らのおもちゃらしい。

 

 

 

 

私はもはやわけがわからない気持ちになる。わけがわからないのが俺の生き様であり「ナードボーイ」とか言われちゃうわけだし、半ば諦めの気分もここまで開き直らないとこんな芸風をやっていられないのだ。私は余計にわけがわからない気分になる。

 

 

 

 

 

なーにがフェスアスリートだ馬鹿野郎!!

 

 

 

 

 

とまぁ自己罵倒ついでになーにがフェス貴族だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リムジンで会場入りしろ!!などとわめき散らしておく方がリアクションは面白いのである。

 

 

 

 

そんな中で私はいつまでも夏にならない気候に嫌気がさしつつも、冷汁すすって季節感だとかなんだとか言って食欲をごまかすことを誓ったのである。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234917j:image







こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234907j:image

 

今年3度目のひやかけは、「すき家混みすぎじゃんー、ニンニクの芽ェ…」などと一通り落胆した結果に手に入れた選択肢であった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234933j:image

 

ずるっとやればちべたいのお汁が俺に嗚呼と言わせたり。うーん、俺これ好きだなぁ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234926j:image

 

冷たいと甘みや苦味がわからなくなるけど、塩分ってある程度強く感じられるからある意味ヘルシーよね。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234855j:image

 

 

 

冷えた身体を余計に冷やすのは、唐華が発散するこの熱だ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234852j:image

 

俺は背中に滝のような汗を浮かべながらも身体の冷えがたまらなく気持ちよかったんである。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234903j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 


風邪気味で体調悪いのにこんなもん食った挙句、私夜に唐揚げ食いに行って体調バースト。

 

 

 

 

各方面から病弱とか仮病とか言われたが、土日に大層な祭りを二つも控えた俺は気が気じゃなかったんである。

俺の運命はいかに

 

凛 渋谷店 『ポン酢大盛 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

断ろうと考えていた。

 


なぜなら俺はフェスアスリートだから。

 

 

 

 

 

 


あんまりにも遊びの予定を詰め込むのもどうかと思うのだ。毎週末毎週末遊びすぎている。なんか一部からは毎週末立石にいる人と認識されているが、それはまだ早い話で。しかしながら睡眠時間を削ってはひたすらに遊び、昼寝してジムに行って自宅()で煙を吸えば「クソリア充」などと評され、挙げ句の果てに体調崩して会社でずっと咳をコンコンする羽目になるのである。

そんなわけだ。DJの話は断ろうと思っていたら、 「24日よろしくお願いします」と連絡がきた。私は実際のところ嬉しいのである。

完全に気持ちをフジロック仕様にしてしまおうと思って選曲。The Cure大連発ブチカマせばオジサマオバサマ大盛り上がりでこっちまで気持ち高まるものもあった。

その魂のベースを整えるためにエネルギーが必要だったのだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234246j:image

 

 

 

そして酸っぱいものも欲していた。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234304j:image







こ、これは!?!?!?

 

 

俺はここにきた記憶がない…ないぞ…大昔に寄った気がするが…あれは偽の記憶だろうか。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234259j:image

 

 

 

豚ねえじゃん。

 

 

 

 

アブラ増せねえとかどういうことだよ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234324j:image

 

 

などと言いながら天地返してズルっとやれば嗚呼…ポン酢ガン効きだ。

 

 

 

 

 

…あれ…?美味えぞ。麺美味い。なにこれ…ふ、普通に美味しいじゃん…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234316j:image

 

 

豚が出てきた。完全に府中方式だ、味も食感も。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234331j:image

 

 

 

卓上ラー油を生玉子にブチ込んでスティアーすればなんかもう酸味と相まって…あれ…荻窪を感じる………

 

 

 

荻窪の丼にポン酢を直には入れたことないけど、こんな感じになるのか…

 

 

 

発見が大きかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190730234250j:image

 

 

サクッと完食軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 


昂る気持ちが俺の免疫を強くした。

 

 

 

 

 

と思いきや完璧に体調崩してまた「虚弱デブ」とか言われる始末であった。

繰り返される諸行無常

 

 

味噌っ子ふっく 『辛味噌ラーメン辛め ちゃーしゅー飯』

 

 

 

 

 

 

右肩 刺青 明け方 残像

 

 

 

 

 

 

 

 

 


黒っぽいTシャツを着た時にはもう

中華鍋熱される刺青は味噌っ子のようだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とかなんだとか言っておいて残像を、残香を忘れられないのは木村師範代であり、ポチ前川であり、そして昆布水大好きおじさんである。

 

 

 

 

 

記憶探し 旅ばかり しかしいつしかそれは妄想に変わる。

30分間2万5千円の過ちは、今の向井秀徳に何を与えたのか。

 

 

 

 

 

同じく地獄のような自意識に苛まれる私としては、その思い、抱き、懐かしくもなるのはすでに我々が出会ってから15年以上が経つからだろうか。

 

 

 

 

明らかに向井秀徳は私の先人である。

 

 

 

 

 

そんな妄想をしながら私は高円寺で煙を吸っていた。魂の養分補給であった。養分はスムーズに吸収されるべきである。

 

 

それは例えばカルシウムとリンの関係性のように、私の中に溜まったサイケデリックで紫な煙はビールを求めた。

 

 

 

 

そして歌を求めては、私。新宿に、なぜか新宿、電車に乗れば新宿に降り立ち、ベルクでビールを飲んで隣のおじさんと会話を楽しんだりしてNOT WONKのインストアイベントに行った。

 

 

 

 

 

ここまではほぼ妄想の話であることがのちにわかる。

 

 

 

 

 

私を乗せた中央線は荻窪で止まらず、私は三鷹までたどり着いた。ノンフィクションの話である。

 

 

 

 

 

 

そうこうして荻窪に到着。私はまた、また下ったのだ。遥かなる青梅街道。到着してみれば店内はほぼ満席、入店し食券購入、店主の眩しい笑顔と胸元の刺青(Tシャツのプリント)に軽く会釈して着席した。

 

 

 

 

 

ドキドキを止められなかったために我々3人で連席なんかどうでも良いと思っていたが、結果的に店主のご厚意によりお気遣いAZMSする次第であった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230922j:image





こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230919j:image

 

 

ほぼ毎週このツラを拝んでいるが…飽きないものだ。本当にな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230953j:image

 

 

しかしながら今回は私、辛めにしたんだ。辛めにしたらオペが一人だけ変わるので注意。「辛いっすよマジで」などと店主の脅しは私には聞かなかったが、それはただ私が馬鹿なだけだった。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230949j:image

 

 

 

しかしながら天地返してずるっとやれば嗚呼…いつもの旨味にこの唐辛子の罪が加われば悶絶せざるを得ないブツ。うめえ!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230926j:image

 

 

カプサイ罪(Sin)。彼の名前だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺はもっちり硬めで美味いしこのいつも以上に色づく感じがたまらないものだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230916j:image

 

 

 

はーああ、辛いお味噌汁にちゃーしゅー飯がたまらなく合うわけだから救えない。ヤミ&ツキになりそうである。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230931j:image

 

 

味玉AZMS!味玉は食後のデザートさ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190726230942j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店。

 

 

 

 

 


その後は家で音楽を聴きながら、酒も飲まずに夏フェスについて語り合った。

 

 

 

 

だって俺

飲みすぎたからね