読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 千住大橋駅前店『大豚+生玉子+辛味(別皿)』

2017年3月29日(水)

 

早く寝た翌日にはそりゃ早く起きちゃいますよ。


久々に家でご飯も作り、安心できる夕刻を過ごしました。

代表戦?観ましたよ。勝ててよかったけど全然安心できねえ…6月までに長谷部が戻ってこれるのかが超気がかり。オージー戦とサウジ戦が残ってるとかもう心臓止まりそうな試合日程。まあ、いいか。サッカーの話題は。


朝から部屋の掃除も難なくこなし、昨日洗濯し損ねた衣類に涙のしみたハンケチを潜り込ませては「綺麗になれよ」と娘を遠くの家に嫁にやる親の気持ちで声をかけた。洗濯機に。


書類の整理と処理、部屋の掃除をし、歯ブラシをくわえながらトイレにこもる。何かの必要性と旅に出ることの重要さをあらためて、そこで実感するのだ。


そんな朝。わたしは「ラー油あります」というツイートの通知を心待ちにしていたのです。

 


得意の吉祥寺→南千住ルートを利用して開店15分前には店の前に到着。吉祥寺からだと北千住より安いんですよね。なぜか。ファスロ逃すも入店直前に目が合ってニヤリ。楽しいことが起こる予感がしていたが…特に言葉を交わすこともなくコールも普通に済ませて待っていた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154910j:plain

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154927j:plain

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154944j:plain

 

こ!こ、れは…


…まさかつけ丼まで持っているとは思わなかった。。。マジかよと一言漏れてしまう。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154959j:plain

 

そしてこれもだ!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155016j:plain

いつも通り青丼にモリモリと積まれた麺を見て気合が入る。てか気合入れねえと食えねえ。豚を避けつつ天地返して麺を喰らえばもう口の中は1010モード。上顎をやけどしようが唇の皮がむけようが御構いなしに食わざるを得ない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155032j:plain

 

しょっぱデロ麺すすってみれば、ここは確実にラーメン二郎千住大橋駅前店。bでもtでもねえ…でも嬉しかったっすAZMS!!
嗚呼しかしデロ麺うめえし今日の汁の塩っぱさが最高にいい塩梅。ある意味悪魔級。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155048j:plain

 

クラクラしつつも辛味に直接麺を落として食ってみればなんだかもう完全にアレな気分。昨日の今日でこれは最高だ!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155105j:plain

 

そしてこれをこうして

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155138j:plain

 

こうだ!!

海苔巻き豚、たまらないな…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155155j:plain

 

つけ丼に落とされた生玉子にも

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155212j:plain

辛味をつけた麺でskyk
すればなんかもう完全につけ麺食ってる気分さ!bでもtでもつけ汁に麺をつけたことはないけど。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417155227j:plain

 

ゆっくりじっくり堪能し10分ジャスト完食フィニッシュムーブニヤニヤとともに

 

「店間違えたんじゃないですか」

 

 

いただきつつ14番中村俊輔に軽く会釈して退店!

 

 

 

やはり1010も胃腸にエキゾダス。
辛味効果もきっとバッチリ。
三両くらい得した早起きだった。

 

自家製中華そばとしおか『塩メンマチャーシュー中 辛味(別皿) ビール』

2017年3月28日(火)

 

贅沢な休日を過ごすには、早起きが何より欠かせない。


といってもだいたい夜中3時まで起きてるもんだから、起床は早くても9時くらいで。仕事以外で夜に酒を飲むこともすっかりなくなったし、スッキリ起きられる朝が続いている。ある意味これは俺の求めている本当の生活だ。


気持ち良い目覚めとともに、生活感というものもフレッシュにしようと俺は昨晩、洗濯機のタイマー予約をセットして寝た。洗剤、酵素系漂白剤、そして柔軟剤。完璧だ。起床し、白湯を飲み、部屋に干しっぱなしだった洗濯物をたたんだ。洗濯機を入れている納戸を開けた瞬間、柔軟剤の匂いがふんわりと漂い、洗濯物を干す時間が朝を新鮮なものにしてくれた。


はずだった。

 


蛇口のコックは固く閉められたまま
洗濯機はE1という光を灯したまま沈黙を決め込んでいたのであった。

 

 


…前の晩、固く誓ったことが3つある。


「明日はがんこに流されずとしおかに行く」
「新塩を食う前にデフォ塩を食う」
「ビールは頼まない」


守ってやるさ。俺はポン中から抜け出さなきゃならないんだ。


でもひとつくらいなら誓いを破ってもいいでしょう。

かみさま、慰めてよ。

そう、日陰の待ち列で青空を見上げて呟く俺は、2000円を機械にぶち込み、釣り銭が出ないように食券を買った。



f:id:standaloneramenjiro:20170417154530j:plain

 

550円のビールとおつまみ、そして辛味は俺の心を洗濯した。まず、俺の汚れた靴下と上着のシャツの汚れが落ちた。

辛味の上でメンマをローリングさせて大堪能してたら眼鏡の汚れも落ちた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154550j:plain

 

そして念願の塩到着。一口飲めばもはやなんの旨味かわからない複雑な旨味…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154606j:plain

 

いまだかつてこんなにメンマにときめいたことがあっただろうか。いや、ない。

反語を使ってしまうほど、メンマに恋をする。どうやってこんな味にしているのか。

最近はそればかりが気になってしまう。

パンツの汚れが落ちてユニクロのパンツがカルバン・クラインに変貌した。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154623j:plain

 

300円分のチャーシューは伊達じゃない。厚みも大きさも、その味も完璧だ。

黒いTシャツがポール・マッカートニーのサインが入ったウィングスの白Tシャツになるほどきれいになった。

f:id:standaloneramenjiro:20170417154640j:plain

 

そして麺をすすったら最後、もう口が止まらなくなり俺の肌がボロボロと剥がれ落ち、下から赤ちゃん肌が出てきたのである。

 

さらに麺も辛味ローリンローリン 回り続ける洗濯機。

感動のフィナーレには俺の煩悩も剥がれ落ち仏性が顕現し解脱完了!

 

堪能した!!

当然ながら何者かの力によってKKブチかましパリッとした新品の服を着てフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

これが…¥2,000の力だ…


もはやクリーニング屋は必要ない。
大事なのは、気持ちです。
そう、がんこに逃げ込まないという気持ちウッ…あ、頭が…太゛郎

ラーメン二郎 神田神保町店『大豚+生玉子』

2017年3月27日(月)

 

あれを話そうこれを書こうなどと考えつつもなんかテンションが上がって失言をしたりするのがだいたい私が5歳の頃から悩まされている。

 

先日も職場で指摘され、ああもうと頭を抱えて人知れず涙を流した(心の中でな!)わけですが、身体を動かしながら喋っているとどうも突拍子も無いことを言ってしまったり人を傷つけたりすることがあるというこの悪癖に悩まされているわけです。

色々とご迷惑をおかけしている皆様、大変申し訳ありません。


おそらくこれは頭が悪いせいです。


脊髄反射的に喋ることをまとめずにボロボロと言いたいことを言ってしまう癖があります。なので、文字化して推敲しながら自分の考えをまとめていくべきだということもわかっております。わかって!いるのですが!!これがどうしても誤字脱字や意味不明な文脈を作り上げていたりすることが多々ある!おまけに最初に書きたかったことから逸脱することすら!!最近ではあるのです!!!


そう、最近のヒゲの話があったな。アレはオチがあるのをすっかり忘れててogkb語りに夢中になってしまったのだ。


結論から言うとアレなのだが、ようは俺はハゲてきているしそのぶんヒゲも生やしているつもり。その上でとても!とてもショックなのは!!


頭に全く現れない白髪が、ヒゲに現れ始めているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…どうでもいいとか言わないように。

 

 

 

 

 

 

 

 


これは由々しき事態であり、私としても早急に対処したい所存であります。黒ヒゲのダンディズムに見惚れて顎に髭を蓄え始めた(スコット・イアンとケリー・キングが目標(だったころもある))の私としてはあと10年待って欲しかった!

 

白鼻毛は許すけど白ヒゲだけは許せない。もうちょっと人生の中身にバリエーションを持たせるには黒いヒゲも楽みたいじゃん?いろんな顔を持っておきたいじゃんね?武藤のヒゲだって最初は黒かったじゃんね?


なんて言いながらもう平日はしばらく決まった店しか行かないと決めた俺にバリエーションがどうとか言われたくないよね。群馬→沖縄→現在は北海道旭川市で過ごす隣の隣のサークルの後輩がラーメンに連れて行けなんていうなら仕方ない。

雨の日チャンスでとしおか!なんて思ったがまあ気分的にjbc。毎週来れるように頑張りますとか言いながら前の週は行かなかったし。到着してみれば昼12時半に並び14とかいうチャンスすぎるナイスデーの幕開けだった。久々の短パン可愛いはガチ! のTさんにもお会いできて光栄です。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154242j:plain

 

 

こ、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154328j:plain

 

こ、これは!?

 

きょうもやはり間違いない盛りの一杯だ…高台から持ち上げスープをズズッとやって着丼。何回やっても手が滑りそうになるほど美味い…クラクラくるぜ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154345j:plain

 

厚み十分大きさ異常だが味の染みが弱い豚を底に沈めまくり

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154401j:plain

 

麺ズルズルやってアヘ顔で美味えとかブツブツ言ってたら大抵僕です。(ピントがおかしい)

 

 

なんだか最高にフレッシュなスープだった印象。薄いのではない。分かる人にはわかるアレである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154416j:plain

 

そう、何にも代え難い唯一無二の味わいだ。


ヒゲに汁がつきそうなほど丼にがっつきつつ途中からスピード落として堪能完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 


長く伸ばしたヒゲが、jbcの汁の香りになるのは構わない。
それでいい。

 

 

 

ニンニクは男のフレグランス
アブラ化粧は男の身だしなみ

 

 

といいつつウエットティッシュを持参した俺の女子力な。

ラーメン二郎 荻窪店『小豚+生玉子』

2017年3月25日(土)

 

ヒゲ
それは男の特権。

 

いや、女の子も生えて悩みのタネになるのはわかる。今日はそういう話じゃない。ヒゲがあるから偉いとかいうフェミニストをキレさせるような話ではない。


私の親父もヒゲがはえている。そうびっくりするくらいのヒゲオヤジ、山賊、森のクマさんとあだ名されるくらいのヒゲ野郎である。もみあげと顎こそ繋がっていないが、立派なヒゲを生やしている。

そしてハゲだ。

ハゲに関しては俺に災いが降りかかるから語るのをやめとこうな。


そう、私はヒゲのサラブレッドなのだ。
中学生の頃からT字カミソリでヒゲを整え、高校のころには電動シェーバーデビュー。大学時代は極めて自由に、そう羽根の生えた鳥のようにヒゲの栽培方法について研究に研究を重ねた。ヒゲも途中で摘芯してやらぬことには伸びない。私のヒゲは基本的に1センチ超えたあたりからカーブを描き出す。

それはまるでogkbの麺のごとし。チュルチュルとカーブし始めたところで一回摘芯。そうすればどんどん長さを稼げるのである。憧れ?そりゃあアンスラックスのスコット・イアンっすね。


ってことで体調が優れない状態でogkb。まあ小豚ならいけそうだし、そしてなによりもメイヤー再獲得のために俺は来なければならなかったのだ。開店後20分ほどで外待ち10人弱。二人リタイアしてギリギリ4巡目に滑り込み。な、なんか大豚の食券買ってる女の人いる…とか思って高い座高を駆使し厨房内を覗くと、なんか麺の多い小丼とまあまあな大丼発見。うーむ…俺の小丼あれか…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153833j:plain

 

こ、、、

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153857j:plain

 


こ、このポークウォールは…!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153923j:plain

 

店主自ら盛り付けたヤサイは相変わらずの標高。これだ…この感じがいいね!元某宮の助手さん?のヤサイの茹で加減、結構好きです。

f:id:standaloneramenjiro:20170417153942j:plain

 

壁の正体は巨人だった、わけはなく、デカいブタである。

丼のすべてがほぼ覆い尽くされた。こんなん、何度食ってみても驚くわな…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153958j:plain

 

豚エスケープそしてアブラと醤油でヤサイを喰らい、俺のヒゲよりも縮れた麺にコンニチワーしてすする。うーむ、こないだよりスープは乳化してるし美味い気がする。麺は相変わらず美味い。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417154036j:plain

 

 

中盤であれだけ褒めた豚も、実際のところ…このパサ加減はなかなかのものだ。

今日はあたりじゃなかったな。

昔のあのごつい端豚が食いたい…

f:id:standaloneramenjiro:20170417154053j:plain

 

生玉うおォンにラー油風呂をカマしじっくりゆっくり完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。
大豚を頼んでいた女の人に鼻先で抜かれた春の正午過ぎ。
ちょっと悔しかったけどアレ間違いなくフードファイターの類だな。


パンピーの俺はGスポットを電マで刺激され続けたようなカタルシスを感じたよ。

 


ヒゲについた汚れを拭い取り、今日も元気にビールを注ぎますよ。ヒゲ、汚れるから嫌なんだよなぁ←

ラーメン二郎 荻窪店『小ラーメン+生玉子』

2017年3月22日(水)

 

この頃から食欲が爆発している。
気づいているよ。

夜中、帰路のドンキで卵を買って家で目玉焼きを拵えて食っていたことも多々あった。タンパク質は太らないとか言いながらオリーブオイルをかけまくる俺がいる。


肌荒れも激しくなってきているゆえに今日は昼飯を軽く済ませよう。亜鉛とビタミンBの錠剤も飲んじゃおう。
軽く食うんだ。
そう思っていた午前中だった。

だから青い食券で我慢しといてやらぁ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153350j:plain

 

こ、これ

f:id:standaloneramenjiro:20170417153407j:plain

 

すげえのせ方してきたな…あえて縦置きだもんな…硬そうだが、噛んでみたらいつもよりジューシー!!いけてるぜこいつは!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153423j:plain

 

 

麺量もまあまあ多い。やはりogkbと桜台はグラム数と体感量が合っていない気がする。


しかしスープは酸味を感じるもの。なんかイマイチなのは気のせいか。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153440j:plain

 

なので久々にゆずぽんず登場

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417153455j:plain

 

ひさびさにゆずポン酢からのラー油コンボが爆発。

 

 

ラー油でむせまくったことは秘密だよ。


だって俺
早食い気取りだからね。

f:id:standaloneramenjiro:20170417153515j:plain

 

じっくり堪能し完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。
よく言われている酸味感というものに初めて気づいたような。

全然足りなかったからこのあと夕食をとった模様。

ラーメン二郎 埼玉川越店『大豚』

2017年3月21日(火)

 

大学入試の際にあ、ここなら首都圏の国立入れる!となって願書取り寄せて先生に相談したら

「やめとけ…」

親に相談したら「やめとけ…」

と。


田舎者の俺には理解できなかった。


俺の首都圏ライフはここで希望を失ったのである。

 

まあ、『翔んで埼玉(魔夜峰央著)』を読んだ今となっては大人が否定する理由もなんとなくわかる。俺にとっては首都圏は首都圏だったのだが…まあそんなこと言ってないでハナから文系の学部を選んどけば私立という選択肢もあったしよかったのかもしれない。

 

しかし、さすがにセンター試験で古文漢文合わせて20点くらいしか取れなかったからそんな気は一切起きなかった。

 

あれ?俺めっちゃ恥ずかしいこと書いてない?


そんなわけで日曜日に「川越行かなかったんですか?」と某店でも聞かれたが、2日遅れでいよいよ埼玉はコエドビールのお膝元、本川越駅くんだりまで俺史上初の西武新宿(とほふく前進(お腹びしょぬれ))をつかって乗り込んだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151630j:plain

 

 

店前10時20分頃到着で22着。えっ…?少なくね?まあこんなもんかと思ってたらその10分後には倍くらいに膨れ上がる列。大半が大学生。やはり春休みはこうなるんだなと悟りつつ寒空の下震えながら(全裸マフラーで)待つこと25分。開店!かと思いきや行列整理で大通り側に移動…なんだよ!!と地団駄を踏もうとした俺の鼻腔にスープの香りがプーンと漂えば呼吸を忘れ失語せざるを得ない。開店しギリギリのところで背後霊になれずがっくしきてたが意外と回転も速く20分ほどで入店。

噂の石原さとみに似た助手さんが慌てまくってるのが可愛かった。

f:id:standaloneramenjiro:20170417151655j:plain

 

こ、これは!?!?!?

 

ど、丼デカくないですか…札幌店の丼並みにでかい丼だとヤサイの山も目立ちませんね。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151713j:plain

 

しかしながらなんですかこのアブラ…このエッチなトントロみたいなアブラ!!ゴリっとボリっと液の抜けていないアブラはかみごたえ抜群だしアブラジュワーだしなんかすごい。一回コラコラでこんなの見たな。

f:id:standaloneramenjiro:20170417151732j:plain

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151818j:plain

 

豚も関内譲りで美しい。

どれを食っても美味いという言葉しか出てこなかったな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151755j:plain


肝心要のお味は液アブラ多めで醤油の色が目立つ非乳化スープが肝だが、やはり特徴的なのはその甘み。神奈川系の甘さがここ川越でも…そして埼玉の皆様ご安心ください!しっかりグルのビリっとが感じられますよ!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151837j:plain

 

モチモチ感のある麺にしっかりと絡んで控えめに言ってもめっちゃ美味いわ…初っ端からこんなに美味くていいのかよ。これ、川越にあるのがもった…おっとなんでもないです。

f:id:standaloneramenjiro:20170417151902j:plain

 

前ロットで大豚を頼み助手さんに「これくらいニンニク盛ってください」とかスマホ見せてお願いして店主さんをも苦笑いさせた挙句ペチャクチャ喋りながらチンタラ食ってた大学生の真横を8分で駆け抜け完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。


うーん、こんなに美味いとは思いもしなかった。
これからの進化も期待させていただきます。


埼玉の皆様おめでとうございます!!!!!!!!

 

ラーメン二郎 神田神保町店『大豚+生玉子』

2017年3月17日(金)

 

愛とは何だ。

 


どんなに愛を注ごうと努力してみても、その愛は空振りどころかそれが「愛」ではなく「一時的な盲信」だったりする。


愛とは一方通行ではなく相互理解でしか成り立たないのか。ただ、互いのベクトルがぶつかり合い、打ち消しあう瞬間に発生するエネルギーの衝突はやはり、美しいものがある。

 


真の愛とはなんだ。

 


俺は頭を悩ませている。


まる2日、ラーメンを食わなかった俺の脳裏に浮かんだ山は、神田神保町のソレだった。前日、美容室の店主と喋っていて食いたくなったのもまさしくソレだったし。

なんだろうな…結局初恋の相手と恋に落ちて愛に溺れるのが最善の選択なのかもしれませんね。


というわけで早起きして10時40分頃接続。待ち20超え。日陰で身体もしっかり凍えたが、入店し生玉子の受け皿が食洗機の熱であったまっていたので、それで暖をとる。ここにすら俺は、愛を感じることとなった。

 

ノーコールアブラ提供という愛を振り切りニンニクも少し!と叫ぶ俺の無礼をお許しください神様!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151124j:plain

 


こ、これは…!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151140j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170417151156j:plain

 

相変わらずラーメン二郎いち「カウンターから丼を下ろすのが怖い」jbcはやっぱり伊達じゃねえ…溢れる前にドン縁にディープチッスカマして汁をすすったらあまりのうまさに手が滑りそうになった。

 

香りまくるどフレッシュな非乳化汁に5ミリ強のベストな液アブラ層が口腔内にジワリと染み込んでくる快感。これは、どの二郎でも味わえない。
これは本当にラーメン二郎なんだろうか。
あまりにも別次元の味わいに、思わず懐疑心を抱いてしまうほどである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151218j:plain

 


しかしアブラでヤサイを食い始めるとやはり二郎。食えば見えてくる小高い山はどんどん、どんどん、なんかどんどん高くなっていくんですけど…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151233j:plain

 

ジューシーではないが食べやすさと量の食いごたえと旨味を完璧なバランスで備えている豚の美味さもまさしく二郎。引っ張り出した麺のその食感と香り…いや、これは完全に唯一無二の味わいだ。jbcでしか味わえない個性だ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151255j:plain

 

jbcのブタはなぜここまでサクッと食えるのだろうか。アブラの具合、浸かり具合、そして厚み…ほんとなにも文句ないっす!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151315j:plain

 


完全に口が止まらなくなる失態。最近、すっかりこの量の大ラーメンにも慣れ、ペース配分をしていたつもりが…その後はゆっくりと堪能!あんまりにも美味いと速度が上がってしまうのは悪いクセである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170417151332j:plain

 

 


グッと完飲をこらえ完食フィニッシュムーブ店主に深々と会釈し退店。

 

お茶AZMS!
俺が本物の愛を注ぎたい店は結局、ここだ。
いい時間だった。


相変わらず巨乳の美女よりjbcのラーメンが好きです。