フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

ラーメン二郎 神田神保町店 『大ラーメン 生玉子』

「敗北を知りたい」

 

 

 


口々にそう呟くようになった。やつらのことである。

怖いもの見たさのびっくり人間が集まる…いや、びっくり人間には遠く及ばず。我々はただ「一般的な食いしん坊の最大レベル」を維持し続けている。びっくり人間と我々パンピーの間には超えられない壁がある。

 

 

 

 

「言っていることがわかるかいボウヤ」

 

 

 

115キロのデカブツは俺に言った。

 

 

この男はイキリ散らしていた。誰に似てしまったのかわからない。

 

 

 

もしかしたらもっと昔からイキって生きていたのかもしれない。一人っ子ってイキリやすいよね。チヤホヤされて育った、って自覚ないけどこの歳になったらようやくそれ、わかるようになったよね。自虐だから許して。そんなわけでイキリ散らした男と、酒を飲まないとイキれないいつもの男を連行した。

 

 

 


近場で予定があると休日出勤も楽しめるものだ。何の苦労もなしに俺はここにたどり着くことができる。並びを見て30超えててもまあいいだろう。助手さんに軽く会釈して接続し、この115キロの巨漢が持ってきたPS VITAで遊んでいれば1時間45分なんてあっという間であった。

 

 

「いつもそうだ。君達はいつも…つまらぬ勝利をもたらしてくれる」

 

 

「小生 敗北を知りたく 神保町に向かうところなり (脳髄)空師 ケイキリヲ」

 

 

 

巨漢以外の我々もこんなことを呟きながら入店した。

 

 

何時ぞやの光景がデジャブとなって我々を惑わす。軽く会釈して着席し「食いしん坊連れてきたんでよろ…」

 

言いかけた俺に襲いかかった言葉は

 

 

「ナーニヲボンヤリシテンダヨォッ!!」

 

 

 

店主は茹で釜にボンボンと後入れ麺をぶっ込んでいった。横にいた男たちはその光景に息を飲んだ。店主は魔法の言葉「釜が重い…」と一言呟き助手さんの不敵な笑みを誘った。

 

 

大丼3つ揃いも揃って小高い丘になった麺…二人はビビリ俺はまあ優しいななんて思ってたら、丼三つにスプーンを振るう店主まさかグル浴びせる!?ぶつける!?えッッッまさか味をつける…?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215852j:image

 

 

こ、

こ、これは!?!?!?!?!?!?

 


f:id:standaloneramenjiro:20181119215845j:image

 

 


 

 

うーむアブラおっきいのコールをしても常識的な量が出てくるのは神保町のいいところだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215919j:plain

 

ヤサイ食らって出てきた麺の山は健全な量だった。ヒュー、これは安心だ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215841j:plain

 

というかアブラより麺だしスープなんだよな、とか思いながら俺はヤサイを喰らい、残雪を確認した。ここだけ俺、まず啜った。シビれる味だぜ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215901j:plain

 

麺をひっくり返してズルッとやればもう死ぬしかないと思うほどの旨味。今回のやつ美味すぎだ、、、14時も回っていたのに朝一フレッシュスープの香りすら思わせるシャープネス…心臓麻痺レベルの洗練感。

 

 

勢いよくバキュームし、ニンニクも混ぜて食うと本当に、これ以上美味いものはこの世の中には存在しないと思えるものだ。このキャプションは上手くできてると思ったからそのまま使おう。そう、今日のキャプションはほぼ過去のコピペである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215952j:plain

 

ブタさんもキレーな厚めのブツ。これくらいのものを2枚、味わって食うことこそ一番の醍醐味と言える。

 

 

しかしながら手は!止まることなく!!5分間の無呼吸運動の如く麺をすすればあっという間に消えてしまった…というか一口がやたらでかくなってしまった気がする…

 

 

ほぼ食い終わりのところで隣に座ったデカブツは厨房から聞こえてきた

「まだ…やるかい…(おかわり?)」

 

という言葉に戦慄し、

 

 

 

 

 

力なく「げ…元気…イッパイ……だぜ…へっ……」と吐き捨ててフィニッシュムーブ。

 

 

ニンニク少なめコールしただけなのに

「遠慮しなくていいんだぞ」とか言われてたヤツもまた

「足りた?」攻撃を食らって戦意喪失。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119220007j:plain

 

 

俺は余裕の笑みを浮かべて完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

帰りの電車で死にそうな顔をしている二人を見ながら俺はそう余裕をブッこいていたが、中央線車両のシートに座った瞬間に武蔵と対峙し終わった伊藤一刀斎並みに崩れ落ちた。

 

 

DMBQ最高〜!という元ネタに反応してくれるあなたは立派なNumber Girlファンである。

 

ラーメン富士丸西新井大師店 『豚入りラーメン 生玉子』

 

 

生活の豊かさとは、食の充実によってもたらされる。

 


それをわかっている俺は、金曜をスムーズに過ごすことができる。精神的な調子がいい。

残業だってへっちゃらである。根性なしといくら言われようとも20時間越えの残業はしないと決めている人生である。

そんなことすらどうでもよくなるのが金曜夜だ。

 


俺は富士丸に行くことを決めていた。

決めてはいたものの、友人ととんかつについてLINEで連絡をしていた。私は18時過ぎからとんかつの気分になり、なんかもう「北千住に行くのなんかどうでもいいかな」とか言いながら、21時閉店まだ間に合うとかブツブツしながら俺は東に向かって歩いていた。

俺の目の前に現れたのは「準備中」の札であった。

 


気をつけたまえ。

あの店、意外と早じまいするぞ。

 

 

 


ブツブツ言いながら俺は予定通りに日比谷線に乗った。

 

 

北千住からスカイツリーラインを経て大師線に乗る。この電車ももう慣れたもんだ…遊園地の電車のようなこの乗り物、昨日の俺にとってはもはや「地獄行き」であった。

 

 

 

店前に着いてみれば中待ち合わせて並び10以上。神谷に比べりゃ楽だ…とか思っていたが、西新井の回転は素晴らしい。大して待ち時間もなく俺は入店し、大人しくお座り、という暇もないうちにコールを聞かれた。いや、、、素晴らしいじゃんこの回転!!

 

 

 

とか思っていた俺が甘かった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215127j:image




こ、

これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215529j:plain

 

 

どっからどう見てもブタメンのそれ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215542j:plain

 

 

ハートブチ上がりの前立腺ビンビンからのイキかけ寸止め気分で俺は、てっぺん付近に積まれたヤサイを生玉子さらにエスケープして

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215535j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20181119215216j:plain

 

 

 

記念撮影。

 

豚グラビアを撮影してうーんうまそうだとかブツブツ言いながら満面の笑みでチベットの積み石のごとく豚を…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215155j:plain

 

 

さらには豚を退かして…え?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215546j:plain

 

 

…これほとんどアブラ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215211j:plain

 

 

う、うん。と、とりあえず天地返して麺をずるっとやればああっ!!どう味わってもこれは富士丸のそれだ。でもなんか麺細いなー、とか思っていた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215151j:plain

 

俺の目の前に現れたのは完全に鳥刺し。

 

胸肉の塊。

 

 

あー、美味しそうだなぁ、とか言いながらかじってみたらどう考えてもアブラでした

 

 

怖え…

 

 

 

よく見たら他の豚もほとんどアブラだ…してやられた…スープの油層もとんでもねえぞ、、、

 

 

 

 

麺はサクッと食えたがどう考えてもこのアブラは食えねえ。無理。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119215201j:plain

 

 

脂身から綺麗に赤身肉を取り出して食えばもう、これ以上は食ってはいけないと俺の脳が判断した。

 

 

いくら脂身好きでも…これには勝てんかった。

 

 

 

敗北感に苛まれながらサクッとアブラお残しでフィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

 

各方面に連絡をしつつサグタウン北千住の立ち飲み屋…立ち飲み屋で軽く飲酒して終電帰宅。

 

 

 

夜中何度かトイレのために起きたことは言うまでもない。

西新井…おそるべし。

とんかつ檍 浅草橋店 『特ロースかつ定食 カレールー ご飯おかわり』

「ワイルドサイドを歩け」が信条である。

 


とはいえ、ぱっと見平凡な人生を送っているのが私だ。

私はあくまで平凡な人生を送っている。

その自覚はある。

しかしながらどうしてこうも人生というのはワイルドサイドなのか。

ケイキリヲは静かに暮らしたい。

そう考えながら日々を過ごしている。

 


だがそんな人生にもハリがなくなってきたと感じたのは、何かが足りなくなったからだ。

それはとんかつである。

 


いつまでたっても未熟だ。己の不出来に腹が立ちつつも、どうしたらいいかが漠然としている。

もしかするとあなたの人生もそうなのかもしれない。誰の人生もそうなのかもしれない。

金だけ持って

身体を太らせ

俺の人生は本当に、とんかつを食える人生になったのだろうか。

 


とか一切思わずに本来であれば今日行く約束だった丸山吉平跡地に到着したのは昨日の未明であった。

 

 

私は完全に欲望のビーストとなり、初訪問にもかかわらず特ロース林SPFなどとほざいていた。ほんとはリブがいいんだが流石に初訪問から3kも払えん。

 

 

すでに揚がったカツはじっくりと余熱で温められた。てんこ盛りになっていくご飯に俺は明らかにときめいた。

 

テーブルに腕を置き。そのテーブルに刻み込まれた縦線に指を這わせ、俺は数々の思い出を反芻した。某土建屋さんと沖縄の編集者の顔が男塾ばりに天井できらめいていた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081029j:image

 


こ、

こ、

これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081054j:image

 

以前の店主のころと何の遜色もないトンカツ…修行元が一緒なんだっけか。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081110j:image

 

辛抱たまらんかった。何も考えず手前のカツを箸で掴み俺、ナマック岩塩をぶっかけて食えばそれ、もはや刺身の領域で肉を味わえた。

 

絶頂の予感

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081126j:image

 

 

右端2番目の脂身多めカツを掴みご飯の上に乗せて!醤油をぶっかければああもうこれああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081216j:image

 

はああああああああああああああ

うんめええええええええええええ

 

 

 

 

 

たまんねえ、、、やっぱ林SPFの脂身はサイコーだぜ…

色々試しつつキャベツとソースの味わいも…昔も変わってない気がした。

 

 

そして俺は恐る恐る聞いた…ワサビないんですか、と。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081233j:image

 

俺は泣いた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081252j:image

 

喜びの涙がここまで枯れたのはヨラテンゴのライブ以来だ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081312j:image

 

しかも俺っちカレーまで頼んでしまったものだから。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081332j:image

 

ご飯にかけて楽しみつつカツの入浴なんかも楽しんじゃってまあ写真も撮りすぎたというやつだ。

 

 

当然ご飯はお代わり「ちょっと少なめに」とお願いしたのに「半分の多めにしますね」というサービス精神。これが半分どころではなくすりきり一杯だったという事実は俺、もはや忘れることはないだろう。

俺はワイルドサイドを歩き続けるぞ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181119081359j:image

 

大満足で完食フィニッシュムーブお会計深々と会釈して退店!!

 

 

その後は各方位に写真を送付しまくり自己顕示欲を発揮しまくった。

 

 

悪かったな…とか一ミリも思ってない。

近々カツカレー食いに行こ

ちばから渋谷道玄坂店 『ラーメン 生玉子』

私は身体も思想もカタい男である。

 


どれくらいカタいかというと、

まず胡座をかくことができない。股関節、特に左側が異常にカタい。

胡座がかけない。それはラーメン二郎においてはまったく無問題なわけである。都内のラーメン屋ではまず苦労することはないが、富士丸神谷本店、梶原店においてはいつも悶死級の辛さを感じている。なので二人で富士丸に行くときは、余った座布団を折り曲げてケツに二枚重ね、計4段のミルフィーユ構造、製麺機で麺を圧延していくような工程を楽しんでいくのだ。

 

そう、少しでも座高を上げるために。

 


しかしながら問題はケツよりも首と腰だ。私は猛烈なPC、iPhone依存症なため、ストレートネックというやつを拗らせてすでに20年近くになろうとしている。ガキの頃はゲームボーイのせいである。とほほ、何にも変わっちゃいねえ、とほほ、と言いながら私は整体に向かった。

とあるゴッドハンドは今日はどう?と聞いてきた。「全身きついっすよ。そう、心まで」と言いたいところだが、とりあえず首が痛いし背中までビクビクきていると伝えてると、「肩甲骨が一切動いてないね」とのこと。これは今後生きていく上での大きなヒントになるかもしれない。

 

 

30分の施術のうち、私は5回悲鳴をあげた。今回は5回で済んだ。

 

叫び声とともに抜けていく苦しみは確かに存在する。ほんの数分前まで食って気分を害していたブツのことも忘れ去ろうとしていた。

 


初めて足を踏み入れた…いや、正確に言うとそば屋時代には来たことがある場所だ。

 

 

私はなんか食券提示時の注文の仕方を間違えた。いや、直前まで身体がゴリゴリだったから仕方ない。いや、めっちゃ恥ずかしい。注文の仕方がわからないギルティは心のおごりの現れである。たとえそれがインスパでもだ。

 

 

そげんこつ考えながらちゃんとコールはできた。隣に座った大学生バンドマンが慶應生っぽいことに気づき、坊やたち、こんなところに来たらダメだ、三田に行きな。日吉の学生は目黒まで行け。SFCならSFJだろと決めつけるくらい頭までカタいおっさんなのである私は。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181118203721j:image

 


こ、これは!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20181118203739j:image

 

おおう、、、ど乳化超えとるやないけ、、、

 

f:id:standaloneramenjiro:20181118203820j:image

 

なんか魔法使っとるんかこれ、とか思う白さ。そしてネギ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181118203803j:image

 

ネギばかりは嬉CYとか言いながらまあ天地返してズルッとやれば、インスパ特有の角のあるつるっとした平打ち麺がお口の中にイン。こんなもんか…

スープも豚も特徴ありでむしろうまい部類に入るが、麺…お前ばかりはどうしようもなかったな。

写真めっちゃ綺麗。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181118203839j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ注文の仕方間違えてサーセンという表情を浮かべながら軽く会釈して退店。

 

 

 

渋谷散歩がてら想い出のマンハッタンレコードに寄り、よく考えりゃここでも七尾旅人無料ライブ見たな、とか思いながら罪悪感にやられつつ

その後は整体でスッキリして帰った。

 

 

 

宗教上の理由何たらかんたらってやつだなこれ。目黒がやはりファーストチョイス。

 

 

インスタグラムで#吉岡里帆 のタグをフォローしてから生活が豊かになったよ

 

 

一条流がんこラーメン総本家 『上品5番大盛りサイパン』

 

 

週末を占った際には「楽しいこと間違いなし」と出ていたが、疲労困憊するほどに楽しめるとは思っていなかった。

 

 

 

私は一端のリア充(死語)としての人生を謳歌している。久々に時間できたしタダだからみにいこ、なんて思っていてたどりついたのがうちのアニキのコンサートである。

 

 

 


アニキは手厳しかった。あんれー?いっつも俺いたら気付くんだけどな、なんて思いながら最後まで見ていたら急に目が合い「おま、お、キリヲいた!」とか言われ己の半生を暴露され始めるとは思っていなかったのが私だ。もうお嫁にいけない。ローリンローリンは俺の人生の方である。ローリンローリンならぬ浪人浪人。

 

なぜこんなことになったのか。思えば2016年のライジングサンロックフェスでもあの男は私キャンドル・ジュンさんが用意したキャンドルを持ち出し、四つん這いにした私の背中に蝋を垂らして客をドン引き(一部大爆笑)させたのだ。その次、ロフトにライブを見に行ったらライブ中に「コーラ買ってこい」とパシられた。

 

 

そこから2年を経てまた仕打ちを受けたのである。

 

半生を暴露されるだけでなく、「お前無料のイベントにしかこねえじゃん!」

ということも暴露されたのである。

 

…無料のイベントはたぶん3回目である。

印象というのは人の脳内にこうもこびりついてしまうものなのか。

私は役目を終え、大満足な顔をして帰宅し、自宅のリビングにて「いや〜今日もお見舞いされちまったよ〜」なんてふざけていたのである。

 

 


その数時間前。私は約束の地にいた。

そう、当然ながらそれはヨツサン杉大門通りである。

 

日曜日はサクサク食べられて最高だワン、整理券制ってたまんないニャンとか言いながら俺は「藻屑カニ最近多いな」なんて嘯きつつ漆黒スープの夢を見ていた。恐ろしいことにそれは、ただの暗闇かもしれない。

 

 

私はそれは上手に上手に上品5番を注文した。家元にはもはやサイパンコールを聞かれすらしない。それは過剰サービスに対する感謝である。感謝するぜ これまでの全てに。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181117172642j:image


こ、

これは!?!?!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20181117172841j:image

 

スープ漆黒すぎるだろ…「これは悪魔級だぞ!」と自信満々に出された丼を見つめてはその黒光りするスープに魂を持っていかれるようだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181117172959j:image

 

一口ずずっとやれば図太い醤油感、鶏油の香りが口腔内を刺激していく。当然ながらあまり好きではないカニカマはいち早く処理してしまう。

 

 

麺をずずっとやればああっ、しょっぱい、、、しょっぱいよ、、、とか言いながら悶えても啜る手の止まらなさよ。イきそうでイカないところギリギリを攻められ続けるこの感覚…てかスープ黒いよ!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181117173022j:image

 

 

生姜の切れ端お宝とか久々に食べる味玉、とろけるチャーシューまで全て堪能した!

 

f:id:standaloneramenjiro:20181117173042j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

 

俺は余韻を楽しむつもりでいたが、なんとまぁこみ上げることのない感覚を不思議だな、とか思いながら京王線に乗っていた。

のである。

 

 

おかげで夜に目の前で食われた唐揚げが美味そうで仕方なかったのは内緒だ。

 

ラーメン二郎 新小金井街道店 『小ラーメン豚入り 生玉子 生姜』

 

 

「最近忙しいんですよねぇ」なんていう日本人特有の言い回しをしてみれば、自分でも「何言ってんだよ」と思わされる。そんでもって大抵友人には「ジョーダンじゃないよォ〜」と言われるし心の中でそう思っていることもまあ大抵表情から読み取れてしまう。

 

 

 

そういうときに私は「忙しい時には熱いラーメンがいいんですよ!」と返すことにしている。

 


というのも矢張り。忙しい土曜日であることには変わりなかった。朝帰りして寝て起きてみれば11時。ポケモンGOのイベントもあるしバンド練習もあるし夜はバンドで鍋するし、とか思ってたらいつのまにかツイッター起動からJirolian botを見てみては、ヒバリーヒルズ並び30はきついだろと一瞬で諦めて五日市街道爆走をキメていた。

 


秋の玉川上水は風情しかない。

自転車で風になることを選ぶのではなく、俺は銀杏の香りを吸い込んで秋色に染まっていった。心が、非乳化の醤油色に染まる前に。

 

 


店前の植え込みにチャリを止め、俺は気持ちを整えた。絶対に大の食券は買ってはいけない。現代の買ってはいけない」No.1にランクインしているのが今の小金井、大ラーメンである。神保町では店主に許容量を計られているからこその安心のアレだが、最近の小金井は本当に恐怖し感じない。

 

俺は大の食券を…買わないことに成功した!

が、しっかり豚入りを買ってしまったことはショナイである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232307j:image


こ、

こ、

これは!?!?!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232332j:image

 

うおおおおおおおおおおおおおおおお、、、おお?

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232349j:image

 

豚は?アレ??

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232408j:image

 

とか思ってまぁブレの範疇とか思いつつアブラでヤサイを食い、うーんこの感じ神保町に似てるな…

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232437j:image

 

とか思ってたらブタさんこんにちわー。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232453j:image

 

多いし端っこすげーでけえ、、、

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232533j:image

 

ガブッとズルッとやれば嗚呼!!非乳化の小金井美味しい…アブラっぽさ少なめなライトな感じだけど悪くない。欲を言えば油膜が欲しいではあったがこれはこれであり。醤油感がっつり版の亀戸って感じのスープだが矢張り麺が美味い。うーむ、矢張りこのくらいの麺量が美味しく味わえるわな。

 

 

しかしながらブタさんは仙川並みの食いごたえ。パサってはいないもののサクッと噛みごたえのある感じがいいわ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181115232551j:image

 

当然サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!

 

 

 

その後は長い1日だった。夜は鍋のシメに仙川麺をブチこみ道民お馴染みベルの缶入りスープで堪能した!!

 

 

 

二日連続で痛飲はもう無理

 

味噌麺処 花道 『坦々麺 ぶたごはん フライドガーリック 野菜大盛り』

 

を迎えるにあたり、そのスタートを飾るラーメンが何かによって私はその二日間と一晩を占う傾向にある。

私はそれをまた、富士丸大盛りでブチカマして仕舞うつもりでいた。

 

 

 


ただしかし。昼飯のためケバブ屋に行った時、すでに14時半を回っていた。久々に会った兄弟には「イッカゲツニイッカイハケバブタベタキャダメヨ!!」などと言われ明らかに肉の量が多いしファンタメロンは飲ませてもらえるし最高の気分で昼飯を食えば、20時過ぎてたとしても大盛り富士丸は無理だ。

西新井といえど並ぶのも疲れてしまうな、などと考えていると、最近妹のように扱っている娘から「花道行きませんか」と連絡があった。恐ろしいことにそれは、私からの連絡だったかもしれない。

 

 

というわけでビールだけ飲んでチンピラ玉子を食おうとしていたその彼氏は家に置いて花道に向かったのである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225538j:image

 

仁義なき坦々麺の戦いの火蓋を切ったこの師弟対決。勝手に仁義なきとか言ってるが本人たちはそんなつもりもないだろう。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225558j:image

 

しかしながらそれを回収せずには、と思って当然坦々麺をオーダー。FGの食券を買い忘れたことを思い出し現金対応していただく。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225500j:image



戦いの準備は万端であった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225621j:image


こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225647j:image

 

お弟子さん作の一杯ではある。見た目ががっつり坦々麺だ。四面道のお弟子さんはあくまで味噌ラーメンをベースに、というふうに見えるが、こっちは明らかにがっつり変化をした感じ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225708j:image

 

天地返してズルッとやれば!!アーーー完全に胡麻だ。ゴマ効きまくってて最高すぎやしないか、、、若干の痺れ要素はあるがゴマだ。

 

これ最高じゃん!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225725j:image

 

当然FGはぶたごはんにぶっかけて食えば最高の風味。

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225843j:image

 

坦々麺の濃厚さと相まってビール欲がビンビンに高まったがグッとこらえて丼にニンニク投入。この最高にキマった汁を飲み干さない選択肢はマジで無いな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20181113225905j:image

 

 

大満足完食当然KKブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

その後は飲酒、高円寺まで歩きで戻り吉祥寺で有名ミュージシャン(になる予定)の腐れ縁同級生たちと朝まで宅飲み。

 

 

 

 

最高の週末のスタート