フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

自家製中華そば としおか 『冷やし油そば中盛 生玉子 ビール』

 

 

 

 

 

 

 

昼までゆっくり寝ていよう

 

 

 

 

 

 


そう思うのが若者であり

 


ゆっくり「寝られない」のがこの、おじさんの入り口に立った男の宿命である。

 

 

寝たのはおそらく4時半を軽く過ぎていた。寝るときはなんともなかったのに、7時くらいに目が覚めては私、便器に顔を突っ込むことになる。おじさんの扉を開いていたのにだ。しかもあれ。辛い物のダメージもしっかり残っていた。赤かった。赤かったんである。

口をすすいで歯を磨いて水をガッツリ飲んで胃液希釈しもう一回寝てみたらまた9時すぎにももよおした。え、てかなんかまだ4日くらい前だっつうのに1ヶ月くらい前に感じるこのタイム感はいったいなんなんだ。

 

 

というわけだ。

 

 

13時に身も心もゾンビと化した男と待ち合わせて並び25超えの行列に接続。

 

 

「『塩油そば冷たいので』出来るか聞けよ」

 

 

宝焼酎のお茶割り、度数低いんだよな」

 

 

「今晩『ハスリング』しちまおうかな」などと鼻息荒く(鼻息荒いのは俺)語ったのを俺は常にメモりながら2時間という時間を過ごした。

 

 

 

チャーシュー×メンマも×ときたらビール頼むしかねえだろ!ただし胃が荒れているのでとりあえず辛味(別皿)はなしだ。

 

 

隣に移ってきたラヲタは完全にゾーンに入ってた。怖えよ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165402j:image




こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165353j:image

 

 

何も載せないどノーマルな冷やし油そば…初めてだった気がするぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165348j:image

 

 

混ぜずに食うこの麺の美味さを堪能すれば、ちょいオイリーな部分を食えば非常に香ばしい魚介の香りが鼻腔を満たした。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165405j:image

 

 

そして天地返してズルッとやれば嗚呼…美味すぎた…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165411j:image

 

海苔巻き麺は海苔オーダー欲を高めるし、生玉子ぶち割ればマイルドにはなるものの、満足度は確実に高まるものだ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165357j:image

 

 

 

ニンニクぶち込んでジーザスクライスト…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165414j:image

 

 

スープ割りまでしっかり堪能した!ど濃厚お味噌汁うめえ!!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165408j:image

 

 

当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 


帰宅して寝てなんだかんだ外に飲みに行ってしまったDAY1

 

 

 

トンカツハスラーからは「又寝て仕舞いました!本当です!!」と連絡。

予想通りでした。

 

味噌っ子ふっく 『限定 麻婆つけ麺中盛 ちゃーしゅー飯  ビール』

 

 

 

 

 

 

我がリビングルームの5周年記念を祝った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それはもう盛大に飲んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


とは言っても我がリビングについては出来てまだ2年ちょいであり、大元の高円寺店オープンから数えて5周年である。

 

 

 

 

 

毎年毎年、周年祭は盛大に行われる。一昨年はほぼ満員の我がリビング、昨年は北海道にいながら途中で中継してもらうなどしていた。ぶっちゃけ昨年は「現場にいなくて良かった」と思えるほどの入場客であった。

 

 

 

 

そんな状態なので今年は

「歌舞伎町でシーシャを焚けるアラビックなイベントスペース」でやるなどということになった。

 

 

 

 

いやぁ、人がたくさん来るというのは良いことであり、愛されてますなぁ、いい店ですなぁ、おめでとうございます、なんてお茶を濁した。

 

 

 

 

ほんと…歌舞伎町とかクッソ面倒である。

 

 

 

 

おわかりいただけるだろうか。

 

 

都心から中央線に乗ってわざわざ電車を降り、飯は持ち込みなどというイベントにわざわざ行くわけがない。普通に考えて。しかも歌舞伎町なんてごみごみしたところである。

毎年家から5分のところでやってたわけだから、こんなに面倒なことはない。面倒である。

行かねえ、と普通に店員に言い放っていたが「キリヲさんもうリストに名前が…」とか言われてお前ら俺なんか別にいなくてもいいだろ…

 

 

 

 

「ゴミしか当たらないビンゴ大会」(公称)は今年も行われたが、俺は忘れちゃいない、

 

2年前に景品としてもらったジバニャンのお皿!!

 

 

 

 

これの恨みを忘れてはいなかった…

間違いなく◯ーソンのノベルティのブツなんかよこしやがって!また似たようなものが当たると考えりゃもう絶対に行かねえからな!!マジで大半がゴミのビンゴになんか用はねえ!!

 

 

 

 

と、イベントが始まるところまで思っていた。

 

 

 

 

 

 


ここまで理由付けしたのも、何故なら私は荻窪に用があったからだ。

 


もう戻るつもりなんか皆無であった。おまけに先に着いて食ってるはずだった木村師範代から、御茶ノ水を過ぎたあたりで「今起きました…」などと連絡が来る始末。私は昆布水大好きラヲタと合流して店前に着けば…クッソ並んでいた。ビビるくらい。

 

 

 

皆様に申し上げたい。

タクシーを使ってラーメン屋に来る大学生をどう思うだろうか。

 

 

 

そんなわけで1時間近くの並びを耐え忍び、新宿からは「乾杯の音頭が始まる」などという連絡はガン無視して入店。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221035j:image

 

奇跡のちゃーしゅー飯残りに泣くほど喜びつつ私はこの夏のヴァカンスのスタートを祝うビールを堪能したのであった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221014j:image

 

 

 

 

 

耐えきれずちゃーしゅー飯だけ先に食い始めたことは内緒だよ。

 

 

 

 



f:id:standaloneramenjiro:20190812221028j:image






こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221041j:image

 

二週連続での限定麺ブチカマしたここの店…確実に調子が上がっていることだろう。

見てくださいこの!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221010j:image

 

つけ麺のつけ汁とは思えない濃厚なスープ…ではなく最早これは「ソース」である。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221031j:image

 

 

 

素の麺をズルッとやることもなくつけ汁につけず「乗せ」てズルッとやって嗚呼!!

辛え…本気だ…

 

 

しかしこの麻婆感。俺好みのブツだ。全くシャバくもなく大衆向けオペレーションの賜物なブツではない。

うめえ…

そして私は覚えたのだ。ここの辛いのには酢が必…酢だ

 

 

 

マジで美味すぎたぜ。ただ、前回の坦々つけ麺の方が好きだな。

 

 

 

横を見たら明らかに我々のスピードに焦るラヲタの姿。正直すまんかった。。。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221022j:image

 

 

 

サクッと完食当然今回こそはスープ割りキメれば魚介芳る汁に変身した。和の心だな…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221018j:image

 

 

 

当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ満身創痍の店主に軽く会釈して退店。

 

 

 


その後は木村師範代とともに飲み放題終了30分前の周年会場に到着。

 

 

 

破竹の勢いでビールを飲み、到着してすぐにビンゴブチカマし元値5,000円のパーカーをゲット。

 

 

 

 

木村師範代は見事にゴミを当てていた。

チーンし!!

 

 

 

 

ブログ更新、1週間弱途絶えます。

 

田中そば秋葉原店 『中華そばこってり 肉めし』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い時には熱いのがいいんですよ

 

 

 


と、逸見さんも言っていた。

 


この話、何度目か。

 

 

 

 

 

俺はそれを盲目的に信じていたが、それも流石に諦めがついた。今年は。

 

こっから先は「暑い」というワードが出てこない投稿はしばらく無いと思っていただきたい。

 

 

 

 

インスタで水着美女の写真を見て涼めば心が燃えるし、そんなつもりでおススメを見ようと開いたら大抵マンチカンのかわいー画像に癒されて別に涼しさとは無縁の生活を送れる。あとは大体プロレスの投稿ばかりだ。

 

 

 

 

そんなこんなで俺は富士そばで蕎麦をすする生活を続けていた。モーゼスさんのケバブの前を通ればベンゼマに絡まれて引き込まれそうになるものの必死にこらえているのが昼間の俺。

 

 

 

 

すき家ばかりに通っていればなんだかアレ。と思って遠出しようと思った日に限って日差しはもう最悪。暑い。そういう状態でこそ逸見さんの顔が浮かんできては俺、とうとうひやかけのボタンを押さないという暴挙に出たのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234257j:image






こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234302j:image

 

 

アブラは身体を冷やすという説もある。俺は当然ながらこってりを選択する。

 

 

 

 

一口すすればオイリーな汁が…って、やっぱこってりにするなら濃いめにしないと弱いな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234250j:image

 

 

ズルッとやれば嗚呼…まあ、やっぱひやかけが一番だな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234306j:image

 

 

肉めしに唐華と、掬った背脂ぶっかければ優勝。俺、これが食いたかったんだよ…美味すぎだろ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234246j:image

 

丼にも唐華ぶっかければ腹痛間違いなしなのに飲んでしまうのはなぜだろう。ポンコツの極みだな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234254j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 


オフィスに帰る道ですでに熱中症

レックウザ欲しさに寄り道したが、黒いのは出ず。

ナードな会社員生活…俺何やってるんだろうとit's like a 自問自答

 

ラーメン二郎 荻窪店 『大豚 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が狂いそうな青空と朝日のせいで僕は汗だく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝日が白昼夢色どころか地獄絵図に染める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


暑すぎるんである。

 

 

 

 

とうとう頭がいかれてきた。もうダメ。限界。例年のエアコン事情など覚えていることなどまずないが、ここまで帰宅してから朝起きて家を出るまでずっとエアコンかけっぱなしの夏はまあない。ない。暑すぎだ。ありえない。

 

 

 

 

とか言ってるうちにお前。お前らは何故か

 

やれ「太ったから脂肪が」だの

やれ「筋肉鍛えすぎてエネルギーが」などと宣い、

 

 

 

挙げ句の果てには「老化です。」などとほざきやがって!

 

 

 

 

 

 

ふざけんなちくしょう!!夢にでてやるぞ!!

 

 

 

 

というわけで年中熱中症の脳味噌を持つ私はとうとう気が狂った。

 

 

 

気づけば荻窪駅で俺、降りた。なんか間違っちまったのか俺、ひさびさにイーストサイドで電車を降りて地下に入っちまったんだよな。。。

 

 

 

すっかりウェッサイのG-funkヘッズになって

 

 

ローライダーをホッピングさせてたつもりだったのにヨォ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234039j:image

 

 

 

着いてみりゃ厨房からなんか「せー!」とか聞こえるしここは早稲田のラーメン屋か?

とかなんだとか言ってたら怪現象が起きた。いつもAZMS!!

 

 

 

 

 

終始俺の目の前でニヤニヤし続ける助手に怯えながらも俺は平静を装い生玉子皿にゴマだれをブチ込んで待機した。

 

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20190811234126j:image












こ、

こ、

こ、れは、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234136j:image

 

 

 

ヤサイ多すぎだろ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234102j:image

 

 

「乗っけすぎたなやめとこう」

とかマジでよしてくださいよ!!

 

 

 

夜の助手さん、こえー。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234054j:image

 

 

とかなんだとか言いつつ多めのヤサイをゴマだれで食べればマジでしゃぶしゃぶ屋だ。しかしヤサイ…減らねえな…

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234128j:image

 

 

 

 

やっとの思いで切り崩した山にブタさん乗っけて記念撮影。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234121j:image

 

 

 

ブタさんエスケープからのズルッとやって嗚呼となってエクスタシー。美味すぎるぜ!

 

 

 

なんだか麺がすげえな今回。ゴリッゴリだし確かに美味い。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234114j:image

 

 

 

 

謎のブツを丼上に乗せて熱加えてアレすりゃもはやミルキーマジックどころか地獄。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234106j:image

 

 

 

次はブタをサンドして府中バイブス感じたいが…持ち込むしかねえか。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234109j:image

 

 

 

 

しかしとんでもねえこと考えやがるぜ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234036j:image

 

 

 

減らない麺のために久々のラー油ぶちかまし自らに加油した!!

半端ねえ…完全に殺された感覚だぜこれ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234058j:image

 

 

大満足完食フィニッシュムーブ店主に深々と会釈して退店。

 

 

 

 


帰りはひさびさに中央線沿いを強歩した。

 

 

 

 

汗だくで間違いなく痩せたと思う。

彼の娘の嘘を 俺は知らない

 

味噌っ子ふっく 『担々つけ麺中盛 ちゃーしゅー飯』

 

 

 

 

 

 

 

 

"In Between Days"状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 


平たく言えば浮気だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それは前述したあの土曜夜の"ロック・トランスフォームド状態) "と深く関わる問題であり、私が、私の癖について自らの口で語るしかない。

 

 

そう、今日は割と俺、落ち着いてるから。

 

 

 

 

 

 

 

大村知事頑張れ。

津田大介さんあなたは今日どこでラーメンを食べているんですか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私は基本的にハマり症であり、一度味をしめたものを決して離しはしないタチである。

その証拠ががんこラーメンであり、味噌っ子ふっくである。

 

 

あと宇ち多゛。

 

 

 

 

俺のことを「インスタ映え野郎」などと揶揄する人間がいる。何人もいる。うるさいよほんと。

 

 

 

 

そんなこんなで俺っち、中毒性のあるものにしか間違っても惹かれないタチであり、THCとともに探す定位置 使い切った欲未だ1/3はダテじゃないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

だから俺は俺はマジで味噌っ子になりたいと願いながら荻窪で電車を降りるわけである。

 

 

 

 

without you,女将。そう叫びながら。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231852j:image







こ、こ、

こ、こりは!?!?!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231839j:image

 

 

なんて美しいんだ…太めの麺は筋が揃うととてつもない美しさになる。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231900j:image

 

 

そしてつけ汁だ。これ、どう見たってエバラごまだれ超えの濃度だ。

 

俺は口をつけるのが怖くなった。もう戻れない気がしたのだ。

 

 

 

 

素の麺をズルッとやれば嗚呼…とまではいかず。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231842j:image

 

 

えいやと意気込んでつけ汁にドボンしてズルッとやればあああああああああああああああひぇああああああああああああああああああ

 

 

 

 

最早「熱いぬるい」の問題は彼方へ飛んだ。概念すら消えて無くなった。

 

 

美味すぎだろ。ど濃厚じゃん…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231844j:image

 

箸休めと称するには贅沢すぎるブツだ。

 

 

 

 

若干酸味感じながらもそのど濃厚さに圧倒。俺は麺丼の方に酢をぶっかけ、ホシテツ方式で食った瞬間電気が走った。

バカうめえ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231855j:image

 

 

担々麺の正しい食い方…酢をぶち込むことだったのか…

 

 

 

 

 

美味すぎて後半ずっとニヤついてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231848j:image

 

サクッと完食当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシ

 

 

 

 


店主: 「…スープ割りありますけど…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うおおおおおおおおおおおおああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深々と会釈して退店。

 

 

 

 

 

 


美味すぎたおかげで週末ブーストに磨きがかかった。

 

 

 

 

麻婆つけ麺…絶対に食わねえとな。

 

というわけで俺の浮気相手募集。このままだと俺味噌っ子になっちまう。

 

ラーメンかいざん 新小岩店 『ネギラーメン ネギ丼セット』

 

 

 

 

 

 

 

 

官邸で結婚会見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


総理大臣でもない七光り野郎がだよ?

 

 

 

 

 

 

 


お前何様だ。

 

 

 

 

 

 

 

と、何様による何様同士の論戦が起こることは間違いない。

 

なんの権力が働いてるんだ?

 

 

 

だけども問題は今日の雨、というよりは俺と同じ誕生日の貴女だ。期待しているぞ。旦那、お前はまずは郵政を公営に戻せ。バカ。

 

 

 

 

 

 

 

 


なんだか世の中が生きづらくなっているけども、それは大抵昔からそうであったわけだし、今更ずるい生き方をしている奴を見つけてもなんだか感覚が麻痺しちゃっているから皆無視してるけど、なんでキレねえんだろうな。

 

 

 

デモしようぜ。まずは早稲田の某ラーメン屋の雇われ店主を吊るしあげよう。ってのが俺の提案だが、行ったこともねえ店のことを言うのは俺の流儀じゃねえ。

 

 

 

 

これは本当に、皆が言いたいことを言わなさすぎるせいだ。言いたいことを言っている奴が目立ちすぎるし、大抵そういう時に物を言うのは馬鹿か大物か、まあこれも紙一重と相場が決まっている。

 

 

 

 

 

 

 

例えば批評というものについて言えばだ。基本的に学問の世界では当たり前に行われるわけで、それがなくなり忖度が始まった瞬間から学問は死ぬ。だから日本の学問は大抵死んでいる。

 

音楽の世界でも批評による論争巻き起こるが、アレは評論家なる生業を営む専門家がいるからであり、音楽家同士での評論が起こらないから問題なのである。

 

トムヨークならローリングストーンズを批評どころか批判する権利もあるだろう。

 

 

 

 

 

 

まあでもな。金もらってない俺らが批評するならいいんじゃないか、というのが正直なところだ。

 

 

 

 

 


というわけで本題だ。泥酔して高円寺で煙吸いながらツイッターなんぞを見ていれば小岩でライブの日だったことに気づいた某日。俺はボケた頭を爆音でさらにボケさせるために電車に乗ったはいいものの。

 

 

 

なぜ俺はニューリトルロックで降りたのか。

 

 

 

 

 

某ラヲタが一回は食っとけと言ったこの店に俺は足を踏み入れた。某ラーメン屋ランキング2位という輝かしいアレを店内狭しと貼っていたが、こういうのこそ出来レースなんじゃないかと。

 

 

 

捨て垢

「毎年あいちトリエンナーレに行っていた」

 

 

 

 

などとツイートしては消えていく蜃気楼が見える現代日本においては、信用してはならないものだと思うんですよね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231600j:image








こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231616j:image

 

見た目の派手なラーメンに一気に食欲が湧き、昼間に食ったもつ焼きと唐揚げが一気に消化された。が、

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231733j:image

 

ネギ…丼…少ねえ…なんじゃこりゃ…

そしてチャーシュー厚すぎだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231604j:image

 

 

ズルッとやれば嗚呼!なんか聞いてたほど薄くはねえしまあ全然ありだな。フツーのラーショだ。

 

 

 

こないだの湯沢駅前ラーショは苗場バイアスがかかっていたのでまあ比べるのは酷かもしらん。

しかしまあ薄いな。確かに。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231621j:image

 

 

 

空腹になっていたかと思えばそんなことなく。最後の最後は分厚くも嬉しいチャーシューに人生を狂わされた感じすらあるな。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231608j:image

 

 

 

ニンニクぶちこみつつ厚みのある海苔。これは嬉しかったね。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231613j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190808231556j:image

 

 

 

DMBQのみならずチーターズマニアも最高のライブだった。おしっこ漏れそうだし俺もシークレットバンドマンだし戦争反対だ!共鳴くんどうか立派なパンクスになって親父と戦ってくれ。

 

 

 

 

 

 

ライブハウスで元カノ見かけて動揺したこと以外はまあ最高な1日。

表現の自由ってやつだ。

 

丸山吉平 『ベリーリブ250 ライス×2 わさび』

 

 

 

 

 

 

 

衝撃を受ける一文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワンセンテンスで己の世界は変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とか言われてすぐに思いつくものではない。

 

 

 

 

私のように言葉に重きをおく、などと言っておきながら軽めにポンポンとぶっ放す人間はどうも消費型、言語というよりは文字列依存型体質だと言わざるを得ないだろう。

 

 

 

 

 

私の心に残る名言といえば思いつくものはアレだ。たくさんある。ほとんど歌詞だし、それ以外は

「実存は本質に先立つ」とか

「色即是空」、

 

 

 

「生きるために食べよ、食べるために生きるな」、

 

 

 

 

そして「欲望する機械」というやつである。

 

 

 

 

 

ほとんどがアレだし偏ってるしこれ考えるにも5分くらいかかったもので、こんなものは本当に心の中にある名言とは言わないのだ。。私の国にこんなことわざがあります。「未来とはフューチャーだ英語で」などと言った日にはただのラーメンズファンであることがバレるわけだが。

 

 

 

 

名言ならパッと出てくる。当然だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで私の心の名言はふたつだ。一つはバンドマンとして、ファズをぶっ放すギタリストとして当たり前のように心に留めておけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190807001356j:plain

 

 

 

エレキギターの音を聴く者は、ノイズを聴く者である」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして我々は心しなければならないのだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235937j:image

 

 

「トンカツを食べるということは、

 脂を食べるということである。」

 

 



f:id:standaloneramenjiro:20190806235954j:image







 


こ、こ、

こ、これは!?!?!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235948j:image

 

 

 

 

2年待った…2年も待ったというか、もう食えないと思っていたこの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂身のお刺身の如きベリーリブ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主が丸くなったと聞いたが私はそうは感じなかった。首尾一貫している。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235958j:image

 

 

 

どう考えても偏屈なおじさん(褒め言葉)である。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190807000002j:image

 

 

私は脇目も振らずトンカツにわさび醤油をぶっかけて食えばああああああああああああ!

 

 

 

ひあああああああああ!!

あんめええええええええ!!

 

 

 

 

 

なんて甘いんだ…こんなに美味いものがあってよいものなのだろうか。

私はこの世の定説と理りを一切捨て、トンカツにソースをかけないことにした。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235933j:image

 

 

お塩もまた合う。最高に美味い。ただただ塩っぱさを感じるだけでない、旨味もある塩…なんだと思う。うめえよ本当にうめえ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190807000008j:image

 

 

とかいってキャベツにソースかけてたら俺、カツにもソースをかけてカラシを載せて食ってたよ。美味いね。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235942j:image

 

でもやっぱわさび醤油だな。

 

 

 

途中でどう考えてもご飯が足りないことに気づき、断りを入れてからライスおかわり敢行!

 

 

 

 

これだからトンカツは罪深いんだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190806235927j:image

 

 

大満足で完食フィニッシュムーブ笑顔の店主に軽く会釈して退店。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190807000013j:image

 


美味すぎて顔面崩壊しながら食ってたに違いない。

それくらい、丸山吉平の復活は待ち遠しかったのだ。

 

 

 

再開おめでとうございます

破産するまで通う