フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

らーめん千寿 『味そチャーシュー大盛り ライス』

 

 

 

 

 

 

 

帰省から帰ってきたタイミングで振り返りを試みる。

 

 

 

 

 


こんな生き地獄あるだろうか。

 

 

 


帰りてえ。

今すぐ北海道に帰りてえ。よりによってこんなに思い入れのあるブツの投稿をしなければいけないなんて、本当に地獄すぎるというものである。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190822005922j:plain

 

 

 

 

帰りたい。

 

 

 

 

ライジングの会場に帰りたい)

 

 

 

 

 

 

 

 

本題に入ろう。私は実家帰省の際、交通の便を非常に重要視する傾向になった。いや、これは今、東京にいてもそうかもしれない。

出来る限り歩きたくねえ。完全にデブの思考だ。この夏は本当に熱中症に苛まれている。クソみたいな肥り方をしたせいで私、この度は完全にダイエット、というかこの「ゴン肥り」の直前のコンデションまで戻そうという気になったわけだ。

 

 

だからまあラーメンも1日1杯まで。そう誓ったわけである。

 

 

体調が何より重要だ。ラーメン食いすぎで怒られる、なんて日常すぎるせいで完全に麻痺しているが、地元への帰省は非日常であり、日常での批判、制約には耳を貸さないと誓ったとしてもまぁ一杯で済ませよう。そういう気持ちになった。

 

 

だがしかし。皆様はご存じないかと思います…

我々には「味噌ラーメンにはライスをつける義務」があることを。

 

そう、我々消費者側に課されるのだ。これは日本国憲法でも制定されている。

 

 

日本国憲法条文『健康で文化的な最低限度の生活』には、「味噌ラーメンにはライスをつける義務」を国民に課す意味が含まれているのである。』

民明書房刊『さっぽろ味噌ラーメンの掟』所収「味噌ラーメンの起源」より)

 

 

 

 

 

お分りいただけただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてライスをつけたらチャーシューも増さなければいけないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174754j:image








こ、

こ、こ、これは!?!?!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174729j:image

 

 

 

俺のノスタルジーを100点満点なほどにくすぐるこのフォルムとニンニクの香り…隣に座った西洋人の兄ちゃんすらもご満悦にさせるほどのオーラを纏っていた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174751j:image

 

 

 

大通公園に咲き誇るライラックの花である。

(まるで形状が違う)

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174735j:image

 

 

一口啜ってみれば嗚呼…アッツウィ!!アッッッツウィ!!

これだよこれ…これがねえと始まらねえし、俺の目からは塩分過多な涙が流れたことは言うまでもない。

 

 

 

 

なぜ俺は4年もここから離れていたのだろうか。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174732j:image

 

 

たくさんのチャーシューはライスに載せて熱を加え、そのチャーシューでお米を包んで食う…それは家系ラーメンにおける海苔の如し。

チャーシュー、しっかりとろけるのにその形を崩さないところを見ると、相当な纏で守られているのだ。バチクソ美味えよ…美味すぎる…

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174738j:image

 

 

一味ぶっかけスパイシーにしてみれば最早完璧だ!うめえ…向井秀徳言うところの

「(ギターの弦が)ゴリゴリこすれるような、アタック感の強いギターサウンド

と評されるスープと麺の力強さ。参った、、、参ってしまった…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174745j:image

 

 

 

当然アチアチ()のスープは飲めるわけがなく完食フィニッ…と思ったが無理であった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174748j:image

 

#完飲制倶楽部 ブチカマしお会計して退店。

 


俺がこの大通西8丁目まで歩くのにはもう一つ、理由がある。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174741j:image

 

 

当然ながらさっぽろ大通ビアガーデン、THE サッポロビアガーデン。

北海道の短い夏を堪能する序章としては完璧であった。

 

らぁめんほりうち 新宿店『チャーシューざる 生玉子』

 

 

 

 

本当はこの日に飛んでしまいたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あんまりにもやることがなかったからだ。

 


私は暇を極めている男であった。暇であるからこその自由があり、予定といえば「荷造りをする」「新日本プロレスワールドでG1決勝を見る」くらいのものであった。部屋の掃除も兼ねてしまわねば、と思っていたが、それもほぼ連休初日に終わってしまっていた。

世間的には三連休最終日…けだるい雰囲気が街を漂っていたのはこの暑さのせいなのだろうか。

 

 

実家に帰らせていただきます、を多用しすぎてどこが実家かわからなくなる感覚がある。帰省とか言いながらも「俺の故郷はひとつじゃねえ」みたいな、昔難波章弘がFBのプロフ欄に「俺の友達が1万人だけなはずがない」みたいなことを書いていて、えらいかっこいいなと感じてから私の表現は大げさになった。

 

 

話は変わるが、どうも世間的に私は「ラーメン食べすぎ」という人として扱われているらしいが、私の個人的見解としては「日本人はいろんなものを食いすぎている」と思うし、それは恵まれたことである以上、私はラーメンに生まれた多様性、ストーリー、蘊蓄などを食していくことをやめない。それは食事だけではなく、最良の暇つぶしとなりうるからである。こんなこと書いたら叩かれんだろうなー。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174427j:image


こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174429j:image

 

てな訳で日曜率が高かった西新宿訪問につきスルーが多かったここほりうちにワシ、とうとう入店をキメたのであった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174422j:image

 

満来より麺太い…生でズルっとやれば嗚呼…ぬるい。めちゃくちゃぬるいけどなんかこれ別に悪くない気がしてきた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174447j:image

 

つけ汁ディップしてすすればうむ!あー、しょっぱめでかなりいい感じだ。麺が太くて美味いのも相まって俺、こっちの方が好きかもしれんな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174444j:image

 

 

ただし肉…肉だけは満来のほうが満足できるブツな気が。まああっちはあっちで野性味溢れる感じもあるけども。ブラックペッパーぶっかけて食えば全く同じバイブスを味わえるな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174434j:image

 

 

生玉子ブチ割りお酢ぶっかけて堪能した!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174441j:image

 

 

当然スープ割りで白濁(お酢による乳化か)した汁すすればうーむ塩分補給も完璧。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174454j:image

 

 

サクッと完食当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174503j:plain


髭に現在位置を察された俺は

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174437j:plain

 

 

プロの酒飲み連中が集まる大久保公園激辛フェスに誘われた。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174418j:plain

 

夜は当然悶え苦しんだ。

 

 

 

開戦前夜のあの感じ

 

 

 

ラーメン二郎 神田神保町店 『冷やし中華っぽいの大 味玉』

 

 

 

 

 

 

 

昼までゆっくり寝ていよう

 

 

 

 

 

 

 


そうなることができないのは我々勤勉バンドマンである。

 

 

 

 

 

 


飲みすぎた翌日でも朝10時からスタジオに入るし、そのためにしっかりと睡眠をとり、朝は早めに起きて走り込みと発声練習を欠かさない。歌詞の予習をしてスタジオについてセッティングを2分で終わらせ音を出し俺はドラムスアヒトイナザワ、などと言うところまでが俺の妄想都市吉祥寺である。

 

 

 

当然飲み過ぎ、ギリギリまでふて寝、朝飯がわりにスムージーであった。

胃がいてぇ。

 

 

 

 

 

とかいいながら問題は今日の通知。

髭レーダーにて匂いを嗅ぎつけた北千住の男から入電。完全にトンカツハスリングの予定だった私もバンド練後に「実家に帰らせていただきます」と。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174154j:image

 

着いてみれば…なんでこんなに空いてんだと。

中に入ってみれば「並ぶの怖くて告知早めにできなかった」などと店主悲鳴を上げており、並びほぼなしで待って入店し「普通の大で…」などと伝えても全く意味がないわけで。

 

 

 

 

食券出してももう俺、いくらの硬貨を出したかも覚えておらず、俺、この店ではもう客云々の言い訳など一切通じないなという事にビンビンとエクスタシーを感じざるを得なかったのである。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174208j:image










こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174212j:image

 

 

見た目いつも通りと変わらず…汁があるか無いか、なんてのは通常営業でもよくある事であるわけだし、

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174141j:image

 

「汁少ねえから麺多目に入る」とか嬉しそうに話しているこの店主の顔を見て仕舞えば「喜んで食わせていただきます」と言わざるを得ない。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174147j:image

 

 

天地返してズルッとやれば…完全に、何の変哲も無い冷やし中華完成、というわけであった。

 

 

うん、もっと豚とお野菜感じたかったな。

 

 

 

 

ただしブタ…あんたはいつも通りの量入ってるし、ニンニクをこの冷や中汁に溶かせば割と完璧なほどキマった。あとは麺…おめーらを退治するだけだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174151j:image

 

味玉は俺の好きなミディアム茹で具合だった。トローっとしたやつばかり食っていたせいでなんとも言い難いところはあるが、冷やし中華に玉子がない、ってのもそりゃ風情がない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174201j:image

 

 

 

唐辛子ぶっかけると汗が吹き出、さらに風情を感じることとなる。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174158j:image

 

 

唐辛子ぶっかけて終わりだ!とか思ってたら隣に座ったモヒカンからとんでもないデカさのブタきた…きついよお〜とか言ってたら厨房から「嬉しそうだな」とか言われて愉快でしかない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819174144j:image

 

 

大満足完食フィニッシュムーブ「足りた?」喰らいつつ深々と会釈して退店。

 

 

 


不機嫌な髭と汗だくのモヒカンに軽く会釈して俺は新木場に向かった。

グッドバイブスにアレしながら音楽を楽しみアレしていた。

 

 

cero、よかったぜ。

 

自家製中華そば としおか 『冷やし油そば中盛 生玉子 ビール』

 

 

 

 

 

 

 

昼までゆっくり寝ていよう

 

 

 

 

 

 


そう思うのが若者であり

 


ゆっくり「寝られない」のがこの、おじさんの入り口に立った男の宿命である。

 

 

寝たのはおそらく4時半を軽く過ぎていた。寝るときはなんともなかったのに、7時くらいに目が覚めては私、便器に顔を突っ込むことになる。おじさんの扉を開いていたのにだ。しかもあれ。辛い物のダメージもしっかり残っていた。赤かった。赤かったんである。

口をすすいで歯を磨いて水をガッツリ飲んで胃液希釈しもう一回寝てみたらまた9時すぎにももよおした。え、てかなんかまだ4日くらい前だっつうのに1ヶ月くらい前に感じるこのタイム感はいったいなんなんだ。

 

 

というわけだ。

 

 

13時に身も心もゾンビと化した男と待ち合わせて並び25超えの行列に接続。

 

 

「『塩油そば冷たいので』出来るか聞けよ」

 

 

宝焼酎のお茶割り、度数低いんだよな」

 

 

「今晩『ハスリング』しちまおうかな」などと鼻息荒く(鼻息荒いのは俺)語ったのを俺は常にメモりながら2時間という時間を過ごした。

 

 

 

チャーシュー×メンマも×ときたらビール頼むしかねえだろ!ただし胃が荒れているのでとりあえず辛味(別皿)はなしだ。

 

 

隣に移ってきたラヲタは完全にゾーンに入ってた。怖えよ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165402j:image




こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165353j:image

 

 

何も載せないどノーマルな冷やし油そば…初めてだった気がするぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165348j:image

 

 

混ぜずに食うこの麺の美味さを堪能すれば、ちょいオイリーな部分を食えば非常に香ばしい魚介の香りが鼻腔を満たした。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165405j:image

 

 

そして天地返してズルッとやれば嗚呼…美味すぎた…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165411j:image

 

海苔巻き麺は海苔オーダー欲を高めるし、生玉子ぶち割ればマイルドにはなるものの、満足度は確実に高まるものだ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165357j:image

 

 

 

ニンニクぶち込んでジーザスクライスト…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165414j:image

 

 

スープ割りまでしっかり堪能した!ど濃厚お味噌汁うめえ!!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190819165408j:image

 

 

当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 


帰宅して寝てなんだかんだ外に飲みに行ってしまったDAY1

 

 

 

トンカツハスラーからは「又寝て仕舞いました!本当です!!」と連絡。

予想通りでした。

 

味噌っ子ふっく 『限定 麻婆つけ麺中盛 ちゃーしゅー飯  ビール』

 

 

 

 

 

 

我がリビングルームの5周年記念を祝った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それはもう盛大に飲んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


とは言っても我がリビングについては出来てまだ2年ちょいであり、大元の高円寺店オープンから数えて5周年である。

 

 

 

 

 

毎年毎年、周年祭は盛大に行われる。一昨年はほぼ満員の我がリビング、昨年は北海道にいながら途中で中継してもらうなどしていた。ぶっちゃけ昨年は「現場にいなくて良かった」と思えるほどの入場客であった。

 

 

 

 

そんな状態なので今年は

「歌舞伎町でシーシャを焚けるアラビックなイベントスペース」でやるなどということになった。

 

 

 

 

いやぁ、人がたくさん来るというのは良いことであり、愛されてますなぁ、いい店ですなぁ、おめでとうございます、なんてお茶を濁した。

 

 

 

 

ほんと…歌舞伎町とかクッソ面倒である。

 

 

 

 

おわかりいただけるだろうか。

 

 

都心から中央線に乗ってわざわざ電車を降り、飯は持ち込みなどというイベントにわざわざ行くわけがない。普通に考えて。しかも歌舞伎町なんてごみごみしたところである。

毎年家から5分のところでやってたわけだから、こんなに面倒なことはない。面倒である。

行かねえ、と普通に店員に言い放っていたが「キリヲさんもうリストに名前が…」とか言われてお前ら俺なんか別にいなくてもいいだろ…

 

 

 

 

「ゴミしか当たらないビンゴ大会」(公称)は今年も行われたが、俺は忘れちゃいない、

 

2年前に景品としてもらったジバニャンのお皿!!

 

 

 

 

これの恨みを忘れてはいなかった…

間違いなく◯ーソンのノベルティのブツなんかよこしやがって!また似たようなものが当たると考えりゃもう絶対に行かねえからな!!マジで大半がゴミのビンゴになんか用はねえ!!

 

 

 

 

と、イベントが始まるところまで思っていた。

 

 

 

 

 

 


ここまで理由付けしたのも、何故なら私は荻窪に用があったからだ。

 


もう戻るつもりなんか皆無であった。おまけに先に着いて食ってるはずだった木村師範代から、御茶ノ水を過ぎたあたりで「今起きました…」などと連絡が来る始末。私は昆布水大好きラヲタと合流して店前に着けば…クッソ並んでいた。ビビるくらい。

 

 

 

皆様に申し上げたい。

タクシーを使ってラーメン屋に来る大学生をどう思うだろうか。

 

 

 

そんなわけで1時間近くの並びを耐え忍び、新宿からは「乾杯の音頭が始まる」などという連絡はガン無視して入店。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221035j:image

 

奇跡のちゃーしゅー飯残りに泣くほど喜びつつ私はこの夏のヴァカンスのスタートを祝うビールを堪能したのであった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221014j:image

 

 

 

 

 

耐えきれずちゃーしゅー飯だけ先に食い始めたことは内緒だよ。

 

 

 

 



f:id:standaloneramenjiro:20190812221028j:image






こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221041j:image

 

二週連続での限定麺ブチカマしたここの店…確実に調子が上がっていることだろう。

見てくださいこの!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221010j:image

 

つけ麺のつけ汁とは思えない濃厚なスープ…ではなく最早これは「ソース」である。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221031j:image

 

 

 

素の麺をズルッとやることもなくつけ汁につけず「乗せ」てズルッとやって嗚呼!!

辛え…本気だ…

 

 

しかしこの麻婆感。俺好みのブツだ。全くシャバくもなく大衆向けオペレーションの賜物なブツではない。

うめえ…

そして私は覚えたのだ。ここの辛いのには酢が必…酢だ

 

 

 

マジで美味すぎたぜ。ただ、前回の坦々つけ麺の方が好きだな。

 

 

 

横を見たら明らかに我々のスピードに焦るラヲタの姿。正直すまんかった。。。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221022j:image

 

 

 

サクッと完食当然今回こそはスープ割りキメれば魚介芳る汁に変身した。和の心だな…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190812221018j:image

 

 

 

当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ満身創痍の店主に軽く会釈して退店。

 

 

 


その後は木村師範代とともに飲み放題終了30分前の周年会場に到着。

 

 

 

破竹の勢いでビールを飲み、到着してすぐにビンゴブチカマし元値5,000円のパーカーをゲット。

 

 

 

 

木村師範代は見事にゴミを当てていた。

チーンし!!

 

 

 

 

ブログ更新、1週間弱途絶えます。

 

田中そば秋葉原店 『中華そばこってり 肉めし』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い時には熱いのがいいんですよ

 

 

 


と、逸見さんも言っていた。

 


この話、何度目か。

 

 

 

 

 

俺はそれを盲目的に信じていたが、それも流石に諦めがついた。今年は。

 

こっから先は「暑い」というワードが出てこない投稿はしばらく無いと思っていただきたい。

 

 

 

 

インスタで水着美女の写真を見て涼めば心が燃えるし、そんなつもりでおススメを見ようと開いたら大抵マンチカンのかわいー画像に癒されて別に涼しさとは無縁の生活を送れる。あとは大体プロレスの投稿ばかりだ。

 

 

 

 

そんなこんなで俺は富士そばで蕎麦をすする生活を続けていた。モーゼスさんのケバブの前を通ればベンゼマに絡まれて引き込まれそうになるものの必死にこらえているのが昼間の俺。

 

 

 

 

すき家ばかりに通っていればなんだかアレ。と思って遠出しようと思った日に限って日差しはもう最悪。暑い。そういう状態でこそ逸見さんの顔が浮かんできては俺、とうとうひやかけのボタンを押さないという暴挙に出たのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234257j:image






こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234302j:image

 

 

アブラは身体を冷やすという説もある。俺は当然ながらこってりを選択する。

 

 

 

 

一口すすればオイリーな汁が…って、やっぱこってりにするなら濃いめにしないと弱いな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234250j:image

 

 

ズルッとやれば嗚呼…まあ、やっぱひやかけが一番だな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234306j:image

 

 

肉めしに唐華と、掬った背脂ぶっかければ優勝。俺、これが食いたかったんだよ…美味すぎだろ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234246j:image

 

丼にも唐華ぶっかければ腹痛間違いなしなのに飲んでしまうのはなぜだろう。ポンコツの極みだな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234254j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 


オフィスに帰る道ですでに熱中症

レックウザ欲しさに寄り道したが、黒いのは出ず。

ナードな会社員生活…俺何やってるんだろうとit's like a 自問自答

 

ラーメン二郎 荻窪店 『大豚 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が狂いそうな青空と朝日のせいで僕は汗だく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


朝日が白昼夢色どころか地獄絵図に染める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


暑すぎるんである。

 

 

 

 

とうとう頭がいかれてきた。もうダメ。限界。例年のエアコン事情など覚えていることなどまずないが、ここまで帰宅してから朝起きて家を出るまでずっとエアコンかけっぱなしの夏はまあない。ない。暑すぎだ。ありえない。

 

 

 

 

とか言ってるうちにお前。お前らは何故か

 

やれ「太ったから脂肪が」だの

やれ「筋肉鍛えすぎてエネルギーが」などと宣い、

 

 

 

挙げ句の果てには「老化です。」などとほざきやがって!

 

 

 

 

 

 

ふざけんなちくしょう!!夢にでてやるぞ!!

 

 

 

 

というわけで年中熱中症の脳味噌を持つ私はとうとう気が狂った。

 

 

 

気づけば荻窪駅で俺、降りた。なんか間違っちまったのか俺、ひさびさにイーストサイドで電車を降りて地下に入っちまったんだよな。。。

 

 

 

すっかりウェッサイのG-funkヘッズになって

 

 

ローライダーをホッピングさせてたつもりだったのにヨォ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234039j:image

 

 

 

着いてみりゃ厨房からなんか「せー!」とか聞こえるしここは早稲田のラーメン屋か?

とかなんだとか言ってたら怪現象が起きた。いつもAZMS!!

 

 

 

 

 

終始俺の目の前でニヤニヤし続ける助手に怯えながらも俺は平静を装い生玉子皿にゴマだれをブチ込んで待機した。

 

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20190811234126j:image












こ、

こ、

こ、れは、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234136j:image

 

 

 

ヤサイ多すぎだろ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234102j:image

 

 

「乗っけすぎたなやめとこう」

とかマジでよしてくださいよ!!

 

 

 

夜の助手さん、こえー。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234054j:image

 

 

とかなんだとか言いつつ多めのヤサイをゴマだれで食べればマジでしゃぶしゃぶ屋だ。しかしヤサイ…減らねえな…

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234128j:image

 

 

 

 

やっとの思いで切り崩した山にブタさん乗っけて記念撮影。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234121j:image

 

 

 

ブタさんエスケープからのズルッとやって嗚呼となってエクスタシー。美味すぎるぜ!

 

 

 

なんだか麺がすげえな今回。ゴリッゴリだし確かに美味い。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234114j:image

 

 

 

 

謎のブツを丼上に乗せて熱加えてアレすりゃもはやミルキーマジックどころか地獄。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234106j:image

 

 

 

次はブタをサンドして府中バイブス感じたいが…持ち込むしかねえか。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234109j:image

 

 

 

 

しかしとんでもねえこと考えやがるぜ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234036j:image

 

 

 

減らない麺のために久々のラー油ぶちかまし自らに加油した!!

半端ねえ…完全に殺された感覚だぜこれ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190811234058j:image

 

 

大満足完食フィニッシュムーブ店主に深々と会釈して退店。

 

 

 

 


帰りはひさびさに中央線沿いを強歩した。

 

 

 

 

汗だくで間違いなく痩せたと思う。

彼の娘の嘘を 俺は知らない