フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店 『小ラーメン 生玉子』

 

 

 

 

すっかりTikTokに飽きた私は矢張り再度、Instagramに向き合うことを誓った。

 

 

 

 

 


私は普段何も考えないで過ごしている。思考というものは常日頃行われ、そう、行われるわけだが、それは自発的に「何かを考える」ことからはかけ離れており普段通りの生き方をしていれば息をしているように生きて死にあまつさえ得られるチャンスにも見放される。

 

 

 

 

私がこのインスタグラムにおいて、工夫を凝らしたキャプションを書き始めたのはいつ頃だったのだろうか。ただの長いだけのキャプションを書きたいわけではない。私は道案内系ブログ、ギャル文字異文学系ブログ、ならびにたまご食べすぎブログのような器用さもしくは個性を兼ね備えているわけではおらず、勝てるものとすれば誰も読みたくない「日記」を書くことであった。

 

 

人に「どうでもいい話選手権優勝」とか「クセがすごいんじゃ」なんて言われ続けた人生を謳歌するには皆様にこの駄文を披露する他にございませんできた。

 

 

 

後半真面目にラーメンレポとは思うものの、着丼とか書くとラヲタ扱いされるし、ドーン!とか書くのもアレだし何にも書かないのもインパクトがないと考えた。考えたというか思い出した。

 

 

 

『幕張』のワンシーンである。奈良茂雄が黄金聖衣(黒いブラとパンティー)をまとったあのコマのことを、俺は今だに忘れられないのだ。

 

 

 

そんなことをブツブツ言いながら電車に乗っていたら、沖縄から旅行に来ていた男からの連絡を受けた。もう一昨日の話だ。

 

 

 

当然ながら何食った?が合言葉になり、ご飯まだや!二郎食いたいとか言い出すこいつを想像していなかったのである。

 

 

 

荻窪に召喚した男に小ラーメンを食わせて俺は横に座り大ラーメンを食ってドヤ顔を…

 

 

こ、これは!?

 

ま、マジで都市伝説として聞いた覚えがあった大ラーメン、ならびに大豚ラーメン売り切れサイン…

 

 

 

何が起こってるのかさっぱりわからなかったが、助手さんは俺の顔を見てニヤっと笑っちまっていた。それがMORALさ、って顔をしてた。そんなこと言いながらもそんなに麺量変わんねえんじゃねえかなと思ってた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222330j:image





こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222341j:image

 

 

高く積まれたヤサイに十分感じられるサービス精神…俺はそれが嬉しいものよ。なんかアブラとほぐし豚AZMS!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222315j:image

 

天地返してズルッとやればああっ!!もう最近なんかほんとブレねえ!!美味すぎだわ。塩分薄めと感じても底から湧き出るのが荻窪の醤油感。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222320j:image

 

また毎週来てしまうかもしれん。ブタ…ブタだけはもうちょい柔らかくアブラっぽくなってほしいとこだな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222336j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

 

その後は煙吸ったり昨日はまたこの客人と飲んだりして楽しんだ。

酔いも覚めるニュースが私を寝かせてくれなかったが。

 

自家製中華そば としおか 『塩ラーメン並 辛味(別皿)+つけ並 メンマ小 生玉子』

 

 

愛した薔薇はひとつだけ

 

 

 


いい言葉だなと思った。

それを言ったのがドワーフみたいな身長170cm120kgの男でなければ。

 

 

 

栃木で塵芥処理を行っている男が東京まで遊びに来ると聞けば、だいたい土曜の予定は固まったようなものだ。幸い都内の桜はまだ先頃ではないし。俺は春を愛する男であり、願わくばこの杉の花粉のクソが無ければ春は最高、暖かいし酒は美味い。ちなみにこれは塵芥処理の男と合流する前の話だ。

 

 

 

これであとは彼女さえ出来れば、というところではあるが。そこまで求めてしまうと私の人生のバランスも崩れる気がしている。…そんなことは全くと言っていいほどどうでもいいのだが。

 

 

 

愛した薔薇はひとつだけ…そんな人生を送ることができればどれだけいいことか。私は成増に行くつもりだったが、クソ野郎が前日にとしおかの画像を送りつけまくってくることが無ければ私は東西線に乗ることはなかっただろう。

 

 

 

 

というわけで、11時過ぎに接続すれば20ちょい。私はまあ成増まで行くことを考えればこんなもので済めばいいと思っていたので万事解決。当然買っておいた刃牙道は15分で2巻読み終えた。

 

 

 

 

1時間近くの待ち時間の間に私の頭はぶっ壊れたようである。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222032j:image

 

 

入店し「同時で大丈夫?」と聞かれてオールオッケーを宣言。霞たなびく春の季節に私はすっかり恋をしていたのである。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20190313222053j:image
















こ、こ、

これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222038j:image

 

 

 

久々に「ジュッ」とやられた生姜に恋を超えて愛を感じた。愛した薔薇はひとつだけ。その言葉を胸に…秘めることなどなかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222014j:image

 

 

膜張りメッセ!!膜張メッセ!!

俺はその膜にレンゲをぶっ刺しスープをズズッとやればああっ、、、美味えっ!!完璧だ!!美味すぎる…今日のお汁完璧なブツ!!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222042j:image

 

 

 

 

麺引っ張り出してズルッとすればもう無敵と書いてXと読む。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222020j:image

 

生姜を添えて食えばもう、何も敵うものはない…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222027j:image

 

 

 

辛味を添えて食えば芳醇な香りと辛さを味わいつつ俺はそのステキな塩ラーメンを超越するブツを食える幸せを…噛み締めていた。

 

 

 

こんな幸せがあるのだろうか…その先にまた、俺は「愛した薔薇はひとつだけ」の言葉を裏切ることになったのである。

 

 

 

 

 

 

 

春を愛する男

 



 

 

 

あれは矢張り春の霞だったのだ。

 

 

 

 

そう思うことにしていた。煙に包まれた風景は遠い昔のように感じられた。

 

 

 

 

だが、私はどうやら夢を見ていたようである。気分を呼び覚ましてみれば、「同時でいいの?」と聞かれたあの瞬間に戻ることができた。口に残る塩ラーメンの香りを思い出しながらも、ツルッとしつつ小麦香るあのブツを、甘みの襲うあの汁丼を夢見ていた。

 

 

 

 

目が覚めた。

俺は塩ラーメンを食っていたのである。

 

 

 

正気に戻った俺はその美味さに酔いしれながら黒塗りの高級車に追突してしまう。

車の主 谷岡が言い渡した示談の条件とは…

店内連食であった。

 


こ、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222002j:image

 

 

こ、、、

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222049j:image

 

 

 

 

これは!?!?!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221959j:image

 

 

自分で頼んでおいてアレだが…

店内連食最高じゃん!!!!!!!!!!!!

 

 

 

し、しかもなんかラー油AZMS!!感無量だわ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221942j:image

 

矢張りつけ汁に漬けないで食うこの水でしめた麺は最高だ…最高だ!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221953j:image

 

 

そしてつけ汁にしっかり浸かったチャーシューとメンマ…こんなに美味いものはない!甘え…甘すぎるのに下品にならないこの汁マジで最高すぎる!!

 

 

 

ぶっちゃけこれ喰いながらほぼ喰い終えた塩の丼の汁吸うのマジで美味すぎるんだけど…塩をスープにつけ汁の甘味を味わえるの最高すぎね?こんなんあり??マジでやばいんすけど。これ許してもらえるの本当に俺夢だったんだ…

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222102j:image

 

とか言いながら麺にメンマとチャーシュー絡めて喰えば完璧だ!!どうしようもねえな。。。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222045j:image

 

 

 

麺喰い終えてつけ汁堪能しつつ塩汁に浸かったチャーシュー食ってマジでデンジャラス…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222023j:image

 

 

こんなアチアチな組み合わせねえわ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313222008j:image

 

 

トータル15分で両丼KKブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

 

我々のようなウィークデイワーカーの人間には矢張りこの選択肢しかない。

こんなに堪能できるとは思わなかった

 

 

 

そう言われた俺は耳元で「いつか二人で行きたいね 雪が積もる頃に」とか170cm120kgの男に歌われた瞬間、

 

 

 

 

 

私は中野の中華一番館であの「アルコールの味がしないチューハイ100円」でベロベロに酔った気分もぶち壊されていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカだなとか思いつつも最高の週末だ、と俺は右手を握った。

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店 『大ラーメン豚入り ウーロン茶』

 

 

 

ぱいぱいでか美のLINEに返信したい。

 

 

 


そう思うばかりであった。

 

 

 

 

私が奥手なことはすでに皆様おわかりの通りで、ちゃんとキャプションを読んでいていただいている方ならすぐにわかるだろう。私とサシで飲みに行った女性たちもわかるだろう。私は基本的に紳士であり、かつジェントルメンであり、大抵ニンニク臭い。そうではない日もある。そういう日は大抵魚介くさい。

しかしながら部屋の香りはチャンダンであり、洗濯用洗剤はハイジア、柔軟剤はレノアハピネスの黒であるので、世の中の女性は私のことを勘違いしないでほしい。

 

 

 

 

勘違いしないでほしいといえば貴様ら!!何度いえば気がすむんだ!!

 

私は平日に4、5日アルコールを摂取しないことなどざらにあるのにもかかわらず「えー!?酒飲んでないの!?!?えらいねー」とか何様だちくしょう!!勘違いしすぎだろお前ら!!俺は酒飲みではなくパリピなのかもしれない。いや、酒は美味いんだけどさ。

 

 

こういったくだらない想いをぱいぱいでか美のLINEにぶつけるべきだったのかもしれない。

 

 

私は納得がいかない。目の前に現れたら恋する可能性150パーセントのぱいぱいでか美よりも、どうにも納豆TikTok部のトークの方が落ち着くし、前川教授と愉快な仲間たちはゴシップの温床だし、やっと女の子を見つけたと思ったらうちのドラマーだし。俺やっぱ野郎でワイワイするの好きなんだなぁとか思いながら過ごしていたら

 

 

 

なぜか自転車に乗っていた。

 

 

完全にポルナレフ状態だった。昨日、武術家でラーメンを食った私はなぜその一杯を食ったのかを思い出した。

夜は雨が降っていてひばりヶ丘、もしくは仙川助手の新店チャンスはないと思っていたのである。

 

 

 

しかしながら…雨は止んでいた。道路は濡れたままであったが、頭上に降るものはなかった。代わりに「ひばり!ひばり!(╹◡╹)」みたいなLINEがめっちゃきていたのだけとりあえずムカついてみればそれ、行くしかないというものだった。

 

 

 

 

全く問題なく時間内に到着して接続割とスムーズに入店し国宝にご挨拶。色々と面白いアクシデントはあったものの我々の気持ちは温まるばかりで、あった。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20190313221434j:image









こ、

こ、、、

これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221454j:image

 

 

禁断である今週2度目の夜二郎…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221422j:image

 

 

私は罪深い思いなど忘れてなんか異常なほど散りばめられたニンニクとアブラを見てニヤニヤしていた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221459j:image

 

 

ヤサイを掘るたびにニンニクのかけらとアブラがコンニチワーしてんだもの。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221446j:image

 

 

ヤサイ食い終わらぬタイミングで天地返し気味にすればウウム、、、なんと美味そうなんだ…ズルッとやればウウム…

 

美味そうだとかいってたマヌケヅラの俺を殺してやりたいと思うほど美味い。なんでこんなに美味いんだ… !!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221439j:image

 

引っ張り出して揃えた豚は一つが超巨大、その他はいつも通りのブツ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221427j:image

 

トロットロだが若干硬めで俺はこれくらいの脂が残ったブタが、ここでは一番いいと思うんだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221418j:image

 

最後は一味とBP使いつつ堪能した!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190313221450j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ深々とヤーマンして退店!!

 

 

 

タイヤを変えてとてもよく転がるようになったロードバイクは、1kg増えても余裕でこげるから安心だ。

 

 

 

木曜は二郎を食おう そうしよう。

 

 

 

そしてジムでの運動を補完するのだ。

ターボ意味なし

 

武術家 秋葉原店 『いろいろ乗ってるモノ 中盛 ライス』

 

 

 

 

ぱいぱいでか美からLINEが来るようになった。

 

 

 


嘘では無い。

本当である。

 

 

 

LINEが来るようになった。私はこのクソ雨の続く日々、夜になると霞を吸っては世の中への怒りをメモ帳に認め、必死にツイートを、必死にツイートを抑えてはクリエイティビディとして消化せんと欲するもあとのフェス。

 

 

私はまた眠れぬ夜を過ごしつつ「中学時代の先生が教室(赤い影が差している)での授業中に、ロッカーから電動ドリルを持ってきてくれと俺に指示を出し、ティッシュでドリルの刃を磨くというシュールな夢を見た。」とか言って人を困らせたりするのである。

 

 

 

 

ぱいぱいでか美のLINEは思った以上にアレで、アイドルファンはあれだからいいものの、ただのちょいブス好み(俺が言ったのでは無い!他称である!)の俺からすれば「日常とは」と考えてしまう。女の子とずっとLINEをしてどうでもいいことばかり話してしまう癖は絶対にやめた方がいいなというのはこの瞬間に学んだ。

 

 

 

 

そして私は昼以降、ずっと口が臭かった。

職場を抜けて私のオアシスすき家アキバ田代通り店へとうちゃ

 

 

…なんだねチミは

 

 

 

「食券を先に買ってください」だ?ん?

 

 

 

な、なんだこの行列はうっ、、、ラッ、、、な、なぜ俺は食券を…ウッ、、、

しかもなんか俺のオペ前にガラ入れとるやないか…

f:id:standaloneramenjiro:20190307223851j:image






こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223846j:image

 

ど、どう見ても武蔵家じゃないか、、、

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223856j:image

 

しかも思った以上にネギ多かった…俺このあとの予定とか完璧に無視してた…

一口ずるっとやればうーむ!!普通だ…

ライス少なめはむしろ救いだった。ご飯食べ放題はマジで危険。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223837j:image

 

しかしチャーシューは肉厚で美味いやつ。これがクンチャーならなー、とか思うがまあブレの範疇。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223901j:image

 

しかし酒井の麺…こんなに細かったか。太さって変えれるんだろうか。ラヲタじゃないからよくわからないな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223907j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

昼休みのお昼寝時間を10分も確保できず終わった俺

夜は雨だから大人しく吉祥寺だなとか思ってた俺がバカでした。

 

ラーメン二郎 荻窪店 『大豚 生玉子』

 

 

 

雨を見たかい

 

 

 

 


見飽きたわ。

 

 

雨が嫌いだ。雨はクソである。

 

 

 

 

私は死ぬほど雨が嫌いであり、傘をさすという行為が最高に面倒くさい。傘死ね。数年前、就職するときにフランフランでピンクの折りたたみ傘を買った。

 

買った。ウケ狙いで会社で出して同い年の(3年上の)先輩女史にドン引きされた。

 

深いトラウマをアレする事件であった。ダメかよピンクの傘。

 

 

 

 

 

そんなわけで傘は基本的にアイデンティファイされていない透明な傘。お前はどこの傘じゃ?とかいいながら石立キリヲにと化しながら、この週明けはここ最近の週末よりはだいぶマトモな体調で迎えることができた。

 

 

 

そうなってしまうと朝から元気なのはアレだ。週のスケジューリングも完璧にし、火水金はジムに行ってパンプアップ。トレーナーと日曜の定期カウンセリングまでにしっかり身体を作っておきたいのである。

 

 

 

だがしかし!!何故か21時すぎに高円寺くんだりに行かねばならないのは何故だ…とか言いながら楽しい飲み会の前に腹ごしらえをしてしまう悪い癖が発動しそうになっていた。

 

 

なんと電車を乗り過ごして仕舞いました!!

 

 

たどり着いた先には二駅も先であり、私は途方にくれる間も無く南口側から慣れた階段を登り、降りしきる雨の中私は傘を適当にさしながら東へ歩き始めた。高円寺の飲み会に行くつもりだったのに、気づけば私は黄色の看板の店で食券を買って「接続」(ラヲタ用語だと昨日指摘を受けた)した。

 

 

入店してみれば続々と席を立ち我々行列の民は着席してい…いや、1ロット7人って絶対少なめブレだろこれ。俺の予感は的中した。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223648j:image








こ、これ

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223632j:image

 

 

え!?こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223658j:image

 

 

麺量の少なさとヤサイの物足りなさは想像ができていたが、 ブタ…ブタの質量ヤバすぎだろ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223653j:image

 

 

まずはヤサイをいつも通りゆず&こんぶポン酢で食えば最高の温野菜!給水機前って最高だなー、とかなんとか言ってるうちにこれポン酢入れすぎだな。あとから麺をぶち込むことを想定した。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223643j:image

 

 

 

とかなんとか言いながらズルッとやれば美味すぎだろやっぱ今のogkb…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223629j:image

 

好みかどうかというとまたちょっとあれなんだけど、ここに極まれり、といった感覚。うまいんだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223639j:image

 

 

そしてブタ…食っても食っても減らない端ブタ、流石に質量すげえよマジで。

 

 

 

なんか時間かけて食ってたら麺も膨張してきてこれ俺の腹におあつらえ向きなアレだ。堪能したなー、とか思うのもつかの間、玉子使い忘れに気づきお椀にラー油ボウル作成してアレした。最高だったな。。。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223704j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

帰りには雨も落ち着き、水滴の代わりに降り始めた花粉を吸い込みながら高円寺まで歩いた。

 

 

 

最近、ヤクが切れる瞬間って一瞬でわかるようになった。

花粉症2年目の春である。

 

一条流がんこラーメン総本家 『賄い悪魔麺だけ大盛り』

 

 

 

TikTok飽きた

 


とか口が裂けても言えない。

 

 

が、なんかもう「曲をつける」みたいな行為がやたらと面倒臭いのにもかかわらず下北沢最強伝説さんは僕のツボをついた曲ばっかり付けて胸熱だし、リーダーのサカモトショーゴ氏はどっから探してきたのか全くわからない曲ばかりつけてるのでそこんとこでスキルの違いを見せつけられているのが悔しい。

 

 

 

 

だいたいにおいてだ。Instagramの私の検索欄はもう「武田玲奈」「吉岡里帆」「プロレス」に次いで

「チャウチャウ」「ブルドッグ」「マンチカンだらけになっている。

 

好みがバレるというのは怖いもので、InstagramにはしっかりストーキングされているのにもかかわらずあのTikTokの野郎といえばよくわからない可愛めの女の子が踊っているのばかり流してくる。面倒臭い。いらないそういうの。俺が見たいのは麺リフトだけである。

 

 

麺リフトが無いなら自分で上げればいいじゃない。最近すっかり太麺に恋していたのが私だが、細く縮れた麺は固まりとなってスープを引き上げてくれると信じていた。そんな中…私は中毒の完治をまた阻害しようとしていた。

 

 

 

私自身がである。

 

 

土曜。完全なる筋肉痛を引きずってたどり着いたヨツサンは大行列…ではなく並び20ジャストで最高の具合。チョチョイと並んでりゃサクッと入店のところではあったが、

 

 

「純正が食いたいはずなのに賄いしか選択肢が生まれない」

 

という心境ではもうひたすら、時間が流れるのが遅かった。気が気じゃ無いというのはこのことであり、入店して家元に「何にするんだ」と聞かれた時、恥ずかしげに賄い麺だけ大盛りと答えた瞬間に私は己の気持ちの弱さと中毒の恐ろしさを学んでしまった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223323j:image



こ、

こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

もはや見慣れたもの…とか言いがたい肉の森は一体…紅葉した悪魔肉には凶暴さしか感じない。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223348j:image

 

一口スープをやればひたすら肉々しいスープがヤバすぎる…うめえ…なに煮込んでんだ…って肉だろうな。酒を感じまくる味に俺は麺を吸うのが怖くなった。

 

 

 

麺持ち上げてズルっとやれば!!ボソッとした麺ががっつり持ち上げるしょっぱさは最早食品兵器だ。俺の心は完全にハチの巣にされたぞ!!なんてこったマジで…美味すぎやないか!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223340j:image

 

少なめスープから持ち上がった麺を見れば東方不敗暁に死す!キングオブハートを継承するのは俺だという気持ちになるのが怖い!!おっかねえ!!

 

なんて美味いんだ…と顔を上げたら家元がめっちゃニヤニヤして俺の顔を見ていた。こわい!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223331j:image

 

 

減らない真の悪魔肉はもはやオカズの域を超えたブツだ。しょっぺえ…醤油と酒の味しかしねえの恐ろしすぎるぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223405j:image

 

こうなってくるとチャーシューの存在は完全に霞むな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223320j:image

 

 

BPぶっかけても一味ふりかけてもブレないスープの強さ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223335j:image

 

 

堪能した!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223412j:image

女将さんいつも端肉AZMS!!ひさびさに「ハンカチあげる」とキッチンペーパーを差し出されて俺は夏を感じざるを得なかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223326j:image

 

 

 

サクッと完食大満足で当然KKブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈し「忘れ物しないでよまた取りに来なきゃならないわよ」とか言われて赤面しつつ退店!!

 

 

 

その後のポケモンエネルギーチャージ完了じゃー!とか言いながら店を出たがやっぱ賄い悪魔…腹の具合がおかしくなるのは当然だわな。

賄いは来週いっぱいで終わるそうです。

 

理由は家元曰く

「賄い作ったら私が上品を食べられない。私はお客さんが食べている上品が美味そうで仕方がないんだ!」

 

 

だそうです。

ぶっ飛びすぎだわ。

 

ラーメン荘 夢を語れ 白山店 『豚ラーメン 辛ネギ 生玉子』

 

 

 

空前絶後TikTokブームがきた。

 


とは言っても身内の話だ。

TikTokなんか絶対にやらないと思ってた。なんだよあのリア充感。○ね。くらいに思ってた。

 

 

だいたいにおいてあれだ。もうSNSはいいや。

 

 

FBもすっかりおじさんおばさんの近況報告ツールになり、いざオッ!友だち更新してる!!とか言って見てみたら

「結婚しました〜」「子ども産まれました〜」

 

だろ?

 

 

俺は嫉妬などしないよ。嫉妬なんかしないけど「つまんねえんだよバカ」で済ませるのが常だ。

嫉妬じゃない!嫉妬じゃないってば!!mixi全盛期みたいなあのコミュニティで罵詈雑言浴びせ合う2000年代の闇を楽しみつつあの頃からクソ長い長文日記を毎日書いていた俺とすれば矢張りこのブログの広い広い空間こそ俺に真の自由を与え、飛べない豚を飛ばせてくれる荒野なのである。

 

 

そんな中…アホな先輩たちがTikTokにご飯の動画を上げ始めたのだ…

 

追随するしかないとキメ混んだのはいいものの、彼らのテクには脱帽するしかない。俺の動画テクなどなんてことなく、初めて2日目の私は彼らから学ぶことよりも愕然と、そう愕然とするしかないのである。

 

 

 


私は最初の麺リフト動画を撮るのはここ…と決めていたわけではない。ジムが休館日の昨日、俺は退勤後に食うものを…ひたすら迷っていた。

 

 

 

ひたすら迷っていたのだ。俺はラティアスを捕まえるために秋葉原をさまよい20時半近く。最近の俺の脳裏を征服している鬼瓦のデロ麺に会いに行くことは叶わない。

 

 

 

 

 

そうなって仕舞えばもう…東京史上最強のジェネリック富士丸に行くしかないと思ってしまったのだ。平日2回の夜二郎は体に悪い。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223139j:image

 

 

 

俺はそんなことにも構わず白い山を目指したどり着きドアを開けて辛ネギの食券まで買っていた。

 


f:id:standaloneramenjiro:20190307223052j:image







こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223122j:image

 

 

こないだ来た時は店主不在だったが今日はいた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223112j:image

 

高校生っぽい常連さんたちをイジるところを見るといい人なんだと思う。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223104j:image

 

しかし富士丸と決定的に違うのはこのブタとヤサイのシャキ感

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223129j:image

 

 

そしてアブラの細かさだ。アブラでヤサイを食ってハイパーTikTokタイム発動!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223134j:image

こ、これ…うーむ、普通だ。美味いっちゃ美味いがアブラ少なめだ。まあブレの範疇。

ブタは全部噛み締めて食うタイプで味染みのよいブツ。俺これ…好きだな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223117j:image

 

 

辛ネギ乗っけて食えば新感覚。ラーショともまた違うこの感じ…悪くねえ!

しかしヤサイ…かさばるやつだな。やっぱ野猿とかでヤサイマシマシとか言ってる人たちに俺は勝てない。むしろ尊敬してしまう。

満足感は十分だ。堪能した!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190307223056j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

野生のポケモンを捕獲しながら帰宅してシーシャ吸っていつもの木曜を過ごした。

 

 

 

TikTokスキルがアレすぎてバカにされる夜

TikTokバンド結成の日は近い