フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店 『大ラーメン ウーロン茶』

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいライフハックを習得しました。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 


伝授します。

 

 

 

 

 

が、これを実行するにはプライドを失います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


余計なものを捨てたい方はどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜。水bro集会at東中野。我々悪ふざけ大好き同盟は呑んだ。5人用意してもらった席はキャンセルで3となり、我々は迷惑をかけんとその分食った。飲んだ。あんな終盤でホッピーを追加した俺はバカ過ぎたのである。

 

 

 

発信履歴を見れば「ジョン」と「はちグラム吉祥寺」。

 

 

ジョンからは

「お前はひとしきりナンバガのチケットを自慢して楽しげに電話切った。しね」

 

とメッセージが入っており、はちグラムの店長からは可なりの数の電話が入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、目覚めた私がいたのは「日野」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが私に余裕があったのだ。

 

何故ならこれは二度目の経験だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はすんなりと武蔵小金井まで戻ることを許された。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながらそこから帰宅するにはどう考えてもタクシーが必要だった。片道8キロも歩けんわ、この体調じゃ。私はタクシー乗り場に並ぶおっさんリーマンどもの姿を見た。。。みんな立場は一緒か。

 

 

 

 

 

私は酔った頭で閃いたのだ。

「◯◯方面に帰られる方いませんかー!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのおっさんリーマンが黙る中、嬉々として「はいはいはーい!!」と手を挙げたのは俺よりちょい年下くらいのリーマンだった。確実に酔っていた。

 

 

 

 

 

 


そう、今回披露したいライフハック

「見知らぬ人間との相乗り」である。

 

 

 

 

 

 

 

 


西荻まで帰るんすよー僕。と言った青年に私は財布の中身を全部渡し、井の頭通りで降りた。そして自宅リビングに帰って使用人達にひたすら謝り倒し、謝るくらいなら飯行こうぜ!!とか誘われたので仕方ないからすき家に行ったのである。

 

 

 

 

 

 


そんなことをした翌日だから私は精神的なエネルギーが完全に枯渇した。

 

 

 

 

残業を早めに切り上げて向かったヒバリーヒルズには

沖縄からの客人「ドブメタラー」と「おしゃべりクソ野郎」がいた。

 

 

 

国宝は絶好調だった。「バンドメンバー?」と聞かれたのでとりあえず沖縄からの客人ですと紹介すると完全に国宝タイム開幕。

 

 

 

 

「沖縄の人って海ぶどう食べないんでしょ?」

 

「沖縄の人ってやっぱおきなわワールドとか行かないんでしょ?」

 

 

 

 

などと畳み掛けた後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「沖縄の人ってさ…呑みのシメにステーキ食べるのってあれ本当??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々は笑いをこらえることができなかったのである。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225751j:image








こ、

ここ、こ、これは!?!?!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225805j:image

 

 

 

 

ヤサイの山は割と低めだが、これくらいが下品じゃないというものよ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225814j:image

 

 

なんとまぁ大量のニンニクだろうか!!

 

 

感謝の正拳突き一万回よろしく小刻みにヤサイの山を切り崩していけば…ヤサイの中にニンニクをちりばめられました。ショートケーキのイチゴの如きニンニク。

 

 

 

これが国宝の念能力の一つだ。

 

 

 

 

 

 

 

麺にたどり着く前にヤサイを湖畔にブチまけて汁を吸わせて食う。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225809j:image

 

 

 

うーん、デリシアス。グロリアス

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225755j:image

 

 

 

軽く底から天地返し気味にしてご対麺すればなんとまぁお醤油色の麺!!ズルッとやればブルっと震える魂…嗚呼…これが内定を勝ち取る味か…

 

 

 

 

 

 

若者達よ。ここのラーメンを食えば内定を取れるらしいぞ。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225802j:image

 

しっかり乳化しつつもお醤油先行()の久々ヒバリーヒルズマジ最高すぎないか…

感動の味だった。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225811j:image

 

 

終盤は胡椒ぶっかけて堪能した!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190616225759j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ深々とヤーマンして退店!!

 

 

バスに乗って帰宅し、前日無駄にしたシーシャ代を払いつつ俺は

「ヒバリーヒルズ帰りの最高にうまいダブルアップル」を吸って死んだように倒れた。

 

 

 

 

寝る前から完全に胃腸がエキゾダス!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドブメタラーは今日もヒバリーヒルズに行っていたらしい。

 

 

 

 

 

Movement Of Jiro People…

 

味噌麺処楓 『醤油ラーメン ライス フライドガーリック 生玉子 野菜大盛り』

 

 

 

 

梅雨だ。来ちまった。

 


この手のキャプションも風物詩だ。

 

 

 

 

 


我々デブにとって外を歩くのが余計に億劫な時期である。

おまけにこの湿気だ。ただでさえ湿気の貯まりやすい部屋に住んでいる。

 

こういう時にこそ断捨離だ、と思うも我が部屋のCD、レコード、本、クソみたいに多いTシャツ(こないだ数えたら50枚超えてた)は明らかに湿気を貯める一因だ。

 

私が結婚するとすれば、人に言わせればあの大量のゴミを捨てる必要があるだろう。湿気ついでにホコリもたまるし、邪気すらたまっている感覚というのは気のせいではないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんなことよりもだ。

お客様の中にデブ専の女性はいませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年は春からあまりにも暑すぎたせいでこの梅雨は若干冷えると思っているが、結局のところ厚着をすれば若干アレだ。汗をかくせいで顔面が軋轢まくってる。雨の向こうに夏が見えるというのは誰の名言かよくわからんが、俺は辛いラーメンを食ってさらに顔面をアレしようとしていた。

 

 

 

だがしかし、よく考えりゃ今日は火曜だ。俺はお醤油の誘惑に完全敗北した。好きな調味料第1位、当然お醤油。その次に貴方の笑顔()

 

 

 

 

雨さえ降らなきゃ歩いて帰れる!!俺、帰りはがっつり歩いてカロリー消費や!!

そう意気込んでいた男の目論見は冷たい戒めに潰えることになる。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235755j:image







こ、こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235739j:image

 

 

 

 

やっぱこのビジュアル…半端ねえ油膜だ!マジでとんでもねえよ…

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235737j:image

 

 

見てるだけでまた食いたくなるこの感じは本当にヤバいものを見せられている感覚になる。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235747j:image

 

油膜は罪深い。ドス黒い暗黒スープの色が屈折で和らいでしまう。しかしながら差し込んだレンゲが持ち上げたそのスープはすべての光を吸い込む黒である。うめえ!!俺の食欲も吸い取ってくれ!!!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235751j:image

 

 

麺持ち上げてみりゃ完全に赤く染まった西山製麺がコンニチワー。ズルッとやればうむしょっぺええええええええ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235744j:image

 

美味すぎる。これを食えるのが火曜日に限定されていてよかった。毎日食えたら週一で来ちまうぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235926j:image

 

 

先日編み出したFG生玉子に麺ぶち込めばやっぱりさ…これはやめられないやつだ…自宅にもFG常備不可避だろ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235729j:image

 

 

大盛り野菜にスープ移植して野菜スープも堪能。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235733j:image

 

 

余ったFG生玉子をたまごかけごはんにしてしまえばもうこんなに罪深いラーメン屋は無いなと大袈裟に思うものだ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190614235726j:image

 

サクッと完食さすがに完飲は回避フィニッシュムーブ省略軽く会釈して退店!!

 

 

 

店出た途端に雨。

俺は罪深さを認めつつバスに乗った。

 

 

 

 

 

ゼロ…教えてくれ…

俺は平日に何杯までラーメンを食っていい…?

 

滝野川大勝軒 『チャーシューメン中盛』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は念能力者です。

 

 

 

 

 

 

 

 


変質者系です。覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


能力者であるからにして能力について公表するのは己の死と直結する自殺行為であり、よっぽどの余裕がある変化形能力者でも最後の切り札については口外していないほど、手の内晒しはご法度だ。ハンターの鉄則である。

 

私はハンターとして常に身を危険にさらしている。バカだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私は能力の一つをご披露します。

 

 

 

それは

「ラーメン屋の営業時間に間に合わずフラれた際、私はよりベターなラーメンにありつくことができる」

 

 

 

 

 

 

 

思い出せ…目黒店の早じまいにフラれ、わざわざ池袋まで移動してみたら滝野川大勝軒も早じまい。苦肉の策で食った翌日の武将家が良かったからいいものの、俺は制約の効果をまだ貯めていた。

 

 

 

 

当然ながらこの能力には副作用も存在する。

それはラーメンが食いたくて仕方がなくなるという症状だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜!バンド練習を早めに設定し今回も曲を作り込んだ。ライブするより先にレコーディングと映像をとるかも。ネット上でライブ誘ってくださーいとか言っても全く効果がないことは自明の理であるからして私はポートフォリオが大事」という神の教えを守らんとしている。のだ。

 

 

 

話が逸れた。私のもう一つの能力…話逸らしである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな妄想をしているうちについてしまった池袋。ちょっと前まで池袋、大嫌いだったんが…いや、今も嫌いだな。この店があるからこそ来れる街かもしれない。

 

 

 

 

 

閉店時間ギリギリで入店してみれば、客はまばらだが活気ある店内。俺はここのBGMが最高に好きだ。愛しかない。ふざけてもいないし不真面目でもない。俺はその話の内容にいつだって耳を傾けたい。某家元だってそう。

 

 

 

ラーメン屋。コミュニケーションがあったらやっぱり嬉しいよね。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231748j:image







 


こ、こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231753j:image

 

やっぱり丼でけえ…これで「中盛り」とかどうなってんだよな、マジで。

 

 

 

確かにこれ以上増えると若干味も薄くなりそうな気がしている。

粋とは一体なんなんだろう、と俺は思う。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231815j:image

 

 

麺持ち上げズルッとやれば嗚呼、、、頭を抱えるほど好きなバランスのブツだ…濃いんだが濃すぎねえ…若干酸っぱいの、いつも気になるけどまあブレの範疇。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231759j:image

 

 

麺がうめえよほんと。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231810j:image

 

とか言いながらチャーシューも美味いんだけどさ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231807j:image

 

胡椒かけて若干見た目アレだが鮮やかな色合いだぜ…

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231745j:image

 

 

 

ニンニクとコチュジャンブチ込み堪能した!昼ならこの麺量でもいいんだが、夜だと多い。注文に迷っちまうな。エンセリオ マジで。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231818j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

 

自宅で寝ながら新日本プロレスワールドで大阪大会の生中継を見つつなんか色々して楽しんだ。

週末飲みすぎないようにしたい。今週末こそは。

 

武将家 『チャーシューメン並 ライス×2』

 

 

 

 

生きて行く中で逃した大きな機会というか失敗というか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そういうものは無数にある。べきである。

 


いちいちそんなことにくよくよとするべきではない。細かいことを言えば世の中は一切皆苦であり、業と業は縁起し、人はしがらみの中を生きるのだ。いや、その様はすでに死んでいるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハムスターになりたい。

 

 

 

 

 

籠の中に住むハムスターがどれほど楽そうに見えるか。

 

 

 

と思えば実はそれはやつらの顔がそのように見えるブツだからであり、

やつらはハム視眈々の面持ちなのである。

 

 

 

 

 

おももち、ってひらがなで書くと…可愛いよね。

 

 

 

 

 

 

そんなわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は豚視眈々と平日昼のラーメンチャンスを狙っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 


木曜!その週に突如発表された目黒二郎の助手さん引退の報を受けて私はどうなっちゃってんだよ〜などと歌いながら山手通りまで歩いたところでツイッターを開いた。20時閉店…15分ほどの遅れであった。

 

 

 

泣いた私には想いがあったのだ。あんなに嫌いだった池袋に、平気で乗り込めるようになったのである。

 

 

 

 

食べログ見れば22時閉店ときた。こ、これは!?チャンスだ!!とか言いながら山手線ライドオンして池袋で降りて店前に着けばすでにブラインドが…よく見りゃしばらくの間20時50分ラストオーダー…私の到着は21時5分であった。

 

 

 

 

泣いた。泣きはらしたのだ。

 

 

 

 

私は帰路で

「どうせ吉丼行くんだろ…御愁傷様です」

 

 

などと好き放題言われて

キー!!

くやしーー!!!!とハンカチ(本当に)を噛みながらも

 

 

「かみごたえのあるものが食べたいなぁ」とか考えて仕舞えば行く先はそこしかなかった。食ったけどどんどん唐揚げ小さくなるな。マジで。写真上げる気にもならんわ。

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな翌日!

 

 

 

俺の目の前に飛び込んできたのは並び2のここ。秋葉原で唯一まともな家系」と言われてそろそろ3ヶ月ほど経ったがまあ調査するなら今だよなと。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231431j:image





こ、こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231443j:image

 

 

どうも以前より美味そうだ。っていうか前のアレ、全記憶にないんだよな…

しかしオペのスピードが致命的か。俺の昼飯は15分で終わりたいんだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231439j:image

 

 

スープの色は…あら、しっかり家系だ。いいじゃねえか。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231435j:image

 

 

麺ずるっとやれば硬めの麺が…細い気がするけどまあよくわかんねえな。

ご飯お代わりして禁断の昼ニンニクブチ込み堪能した!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190611231448j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

 

 

 

並びが無かったらわりとファーストチョイスラーメンだなたしかに。

 

 

 

イエローは遠いし結局ここか。

 

 

 

 

 

 

とは言え俺

すきパス買っちゃったからね!

 

 

中華そばJac 『ラーメン ライス 豚スラ』 

 

 

 

 

環七フィーバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギターウルフの名曲だ。覚えときな。

 

 

 

 


現代日本を巣喰う「横文字系」のハシリは、ギターウルフのセイジさんである。

 

 

「ミサイルミー」「ジェットジェネレーション」などの名曲もさることながら、先の「環七フィーバー」以外に「新幹線ハイテンション」やら「星空ジェット」「島根スリム」という、漢字付きでも全く笑いを狙うことなくただそれを「カッコいい」とすることができるセンスは抜群のものであり、最高である。

 

 

 

 

 

だから私は環七でフィーバーをする癖がある。ちなみに言うと環七沿い新代田にあるライブハウスもあれ、フィーバーという名前だ。バンドマンというのは救いようがない。

 

ナードだとかラードとかドープだとか言ってる私も一週間前の投稿にゃリキが入んねえなと。明らかに私の人生の失敗が見える。

 

 

 

この日は昼過ぎに花道で食ったのち、環七は東高円寺UFOクラブでDMBQを見た。昨年秋に4年ぶりとかで観たのにもかかわらずそのサウンドとテンションが衝撃的すぎたせいですっかり最近一番ライブを観に行ってるバンドになってしまった。

 

 

 

 

今回私、3日も耳鳴りが治らなかったのである。

 

 

 

 

 

音がでかけりゃいいもんじゃないが、音とテンションがなきゃ楽しめないのである。俺に言わせりゃもはや昔の四人体制のDMBQは完全に過去のものだ。ライブ中、あんなに口から血を吐く人ってジーンシモンズ以外いないぜ。

 

 

 

 

というわけで、高円寺まで歩いて帰った。

つもりだった。

 

 

 

 

私は環七沿いを歩いてしまった。思いっきり営業していた。

 

 

 

 

店内のBGMが全く聞こえぬまま、私は自分のすする音すらも聞こえないのではないかという恐怖を感じつつも

嗚呼、茶色い。目だけで十分だった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210939j:image








こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210936j:image

 

久々の一杯は大盛りにもせず非常にさっぱりな見た目のブツになった。

どこまでも茶色い。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210920j:image

 

細めの麺持ち上げて眺めれば止まらず口の中に放り込まれるもの。うーむ、やっぱ美味い。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210922j:image

 

ライスに豚スラぶち込んで生玉子落としアーン最高に美味い豚丼だな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210931j:image

 

甘辛い肉ってなんでこんなに美味いんだろう。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210916j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

 

マジで音の聞こえぬまま帰宅。日曜を充実したものにしようという俺の想いは、とても往生際の悪いものだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190609210912j:image

 

そう、一週間後の今もそんな気分

 

 

味噌麺処花道 『あえめん チャーシュー増し ライス フライドガーリック 野菜大盛り』

 

 

 

俺の応援するチームは優勝できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そう思っていた時期が 俺にもありました。

 


本格的にフットボールを見始めたのは9年南アW杯の本田がいなきゃフットボールの試合を見ることなどなかったろう。本田長友ザキオカ世代であることを俺、誇りに思っているぜ。今日の投稿に笑いどころは一切ありません。

 

 

 

 

某家飲みの終わり頃にテレビつけたきっかけでCLを見た。記憶にあるのはW杯明けの2011だ。そこから俺はフットボールを見るようになり、チャンピオンズリーグも追いかけることになる。2012-2013決勝のバイエルンドルトムント、香川がいたおかげで完全に推しとなっていたクロップ率いるドルトムントが惜敗した。いい試合をしてたが…ハインケスのサイドチェンジ術には完全にしてやられた記憶がある。

 

 

 

 

 

そっから俺が決勝で推したチームはマジで一回も優勝していな、かった。

 

 

 

その頃からリパプールだけが俺の心のチームとなり得た。ジェラードと、そして俺と同い年のスアレスがいたからだ。

 

2013-2014シーズンのプレミアリーグ、俺は本当に最悪な終わりを迎えていたと言っても過言ではない。ジェラード悪夢のスリップ事件。生で見ていた。あん時は本当に怒り狂ったな…あれ以来一番嫌いな監督はモウリーニョである。今年はそういった悲劇はなかったものの、リパプールはバカみたいなバカみたいな勝ち点を稼いだマンCに僅差で負けた。

 

 

 

だからこそ今シーズンのCL、準決勝1stレグで完全に諦めて何の感動も得られるわけがないと思っていた2ndレグの朝、俺は起き抜けに

「プリンス訃報の朝」よりもデカイ声を出して飛び起きてしまった。

 

 

どうせ奇跡は起きないんだからと俺は絶望していたが、俺のリパプールは諦めていなかった。

 

 

 

 

 

 

そうして迎えた決勝…初めて完全に俺の想い通りにリパプールは勝った。

 

 

 

感動もひとしおだ。泥酔帰宅し寝て起きてまた飲まされて。4時前から部屋でガンガンシーシャを焚いて迎えた90分後、俺は幸せそのものだった。友人二人を送り届けた後、俺は祝杯をあげて寝て起きたら13時を過ぎてた。

 

 

 

 

まあ、いいじゃないか。

 

 

 

限定が切れていたって。店主が既にご不在だっていいじゃ無い。俺は赤いラーメンが食いたかったんだ。その欲望に、忠実に生きた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003506j:image










こ、こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003509j:image

 

 

 

なんかとってもひさびさのあえめんは矢張り「優しさ」とは正反対の凝縮された宇宙と化していた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003458j:image

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003454j:image

どっから手つけりゃええんや…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003445j:image

 

ライスに豚エスケープカマして天地返せばアー、、、美味そ…

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003448j:image

 

などと言っている間に麺は私の口に飛び込んでおり、トニオの料理の如く私の疲れた身体を回復させていく。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003501j:image

 

タダじゃおきませんっ!!俺はあえめんにさらに生玉子を上塗りする暴挙をブチカマし更にはフライドガーリックを生玉子皿にブチこんだら

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003451j:image

 

 

新たな世界が開けたよ。

美味過ぎたぜ…魚粉生玉子もやるべきだな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003512j:image

 

となりのアンちゃんがとんでもない量のニンニクぶち込んでたのをみて俺も決意がついたよ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003504j:image

 

サクッと完食当然完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

 

 

高円寺まで歩き当然チルアウトコース

 

 

 

俺の目的地、環七は高円寺陸橋。

夜は長かったから。腹ごしらえは必要だったんだと心に言い聞かせた。

 

 

滝野川大勝軒 『メンマラーメン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は世紀末

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


から約20年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


我々日本人は何の気なしに生活してただ人口を減らし、老人比率を高め、若者は結婚を諦めた。

挙げ句の果てには未だに「年金がもらえる」などということを信じている人間が多数おり、私は早急にこの、月うん万円払い続けてきた「税金」を取り戻す旅に出ることに決めた。デモでもなんでも行ってやれという気分である。2000万円貯金持ってるやつはまあいいんじゃないですか。

 

2000万じゃ足りなくなる世の中になると思うけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、世紀末なのである。

お気づきだろうか。

 

 

 

そして誰が気づいただろうか。平日夜からしっかり混んでるけやきひろばビール祭りになってしまっていたことを。

 

土曜。恐れていた私はあり獲なかったこも、そう北与野側の渡り廊下までがっつり人で埋まる光景を目の当たりにしたのだ。

 

 

 

 

ジーザスクライスト…混みすぎやろ…

 

 

 

そんな中でもビアヲタの皆様にはしっかりお会いした。横浜の西海岸姫や湘南フェスおじさん、セクシーゴリラ姉さんや草場くん、遠藤おじさんに会うことはできた。

 

 

 

ひとしきりご挨拶済ませてテキトーに練り歩きながら飲んでいた…だんだんキマった顔になっていくこの人のことを無視することもできず、なんか従兄弟と同じ会社であることが判明したりと面白いことづくしだったのである。

 

 

タダで帰されるわけがなかったのだ。

 

 

 

様々な選択肢がありつつもおりた駅は池袋!ゼッテー空いてると思ってきてみたらやっぱり。気の迷いでメンマラーメンを頼んだら「なんでもりそばじゃねえんだよだからお前はよ!!」と横から怒られたけどブレの範疇。あと中盛りにしなくてマジでよかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003315j:image

 


こ、

こ、これは、、、!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003318j:image

 

 

酔っていた頭でもよくわかった…どんぶりデカくねえけど多いぞこれ…てかメンマ多すぎだろ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003308j:image

 

メンマサクッとかじれば劣化とは違いそうな酸味を感じるブツだ!俺これそんなに得意じゃねえな…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003311j:image

 

 

スープを一口…こ、濃いよ…ショーコスギ…醤油感()割としっかりしててとてもよい。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003304j:image

 

 

麺ズルッとやればアアーン美味しんぼね〜!などと言いながらベッド・インの二人が出てきそうなくらい美味い。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003328j:image

 

 

 

アッ、てめ、あっ、この、お前今日の主役じゃねえかよ!!!!

 

 

 

メジマルとビールを経て間違いなくメインイベンターだったな。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003324j:image

 

ニンニクぶっ込みチャーシュー並べればこ、こんなにいただけるもんなんすか、、、(あんま覚えてないけど横からパス来てたっぽい)

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003258j:image

 

美味えよ何もかもが満足なブツ…堪能した!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190608003321j:image

 

 

サクッと完食当然完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブタカハソ店主劇場堪能して退店!!

 

 

 

 

帰宅しようと思ったら高円寺に呼ばれひとしきりミーティングしたのち帰宅して風呂に入って22時半には寝た。

 

 

 

 

1時には叩き起こされた。

 

俺は長い夢を見ていたような気分だった。