読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From武蔵野ToThe二郎 〜孤高のラーメン二郎道〜

悪魔に魂を売りつつある腐れジロブロガー

ラーメン二郎 荻窪店『小豚+生玉子』

ラーメン二郎 荻窪店 小豚

2017年2月18日(土)

 

「あなたの食べてるラーメン、私も食べてみたい」
「えっ?」
「ダメ?」
「いや、ダメじゃないけど」
「わたし邪魔?」
「そういうわけじゃねえけど…きみ、少食だから大丈夫かどうか心配で」
「そう」
「え、な、なに」
「いや、いいよもう」
「わかった。連れて行く」
「てへへ」


かえす言葉がなかった。今日という日が来るのだと、わかっていたはず。なのに。なのに俺は…どうすればいいか、いまだに答えが出せずにいる。

 


「食券を出すときに「麺半分で」って言うんだよ」
「麺半分って言えばいいのね。半分って少なくない?あなたいつも大ラーメンを食べてるんでしょ?」
「うん」
「今日は?」


カウンターには小豚の食券が置かれている


「あ、麺少なめで」
「ちょちょちょ!!えー!?」
「なに、ダメなの?」
「麺少なめだと多いよ」
「半分よりは少ないでしょう?」
「いや、なんでみんな間違えるのか…少なめ>半分なんだよ」
「あなたが食べればそれで済むわ」
「あっ、いただいていいんですね」


懸念しているのだ。俺がいつもどれだけ多くの麺を食っているかを、本当のところは知られたくなかったからだ。


ビクビクしながらラーメンが来るのを待っていた…高台の内側の様子なんか見えたもんじゃない。


心底くたびれた


そんな俺を、神は見放さなかった


「えっ?こんなものなの?わたし全然食べられるよこれ」
「えっ、ああ、そうだな。それなら食えるな」


胸を撫で下ろしてホッとした俺の目の前に現れた丼は

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205144j:plain

 

いつものものとはかけ離れた少なめの麺量だった

店主はニヤリと笑って言った


「最近少食だからね…」

 

 


「これはさすがに…ある意味地獄だ…」

 


俺はそう呟き、彼女とともにゆったりとした時間を過ごしたのであった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205221j:plain

という妄想。

 

豚はボソっぷり炸裂

 

っていうか改めて見て、すげえ少なかったんだなって実感。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205422j:plain

 

いつもの半分くらい

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205438j:plain

 

でもアブラは相変わらず美しい

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205453j:plain

 

スープも麺もやたら美味しかったんだけど、さすがにノーコールでこれは…てか、これが通常なのか…そうか…

 

これなら大…いや、よっぽど余裕のある日以外は大はムリだ…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221205511j:plain

 

豚のボリュームだけで十分に食えてしまう一杯になるのが恐ろしい。やっぱりogkbは何かしら多くて嬉しいのだ

f:id:standaloneramenjiro:20170221205526j:plain


まぁなんかやたら少なかったのはブレの範疇。

 

次回訪問はこんな感じにはならねえだろうなと。確信している。


肉はまた硬ブレだが汁の美味さで完全にカバーできてるのはさすが。
久々に大少なめコールいこうか

麺屋さくら井『特製煮干しらぁ麺+味付き替え玉』

麺屋さくら井

2017年2月17日(金)

春一番吹き荒れる気温20℃。

 

元気ですかー!と、懐かしい声があの世から聞こえてきそうな陽気。

そんなのアリーナ!

 

ちょっと外を歩いたらシリコンのiPhoneケースが花粉だらけになる2月17日の金曜日。
だいの大人がスマートフォン片手に街や公園を歩き回る日々がまた始まった。

ポケモンGO大幅アップデート。

 

こりゃあやばい…アイテム全然出ないしね。

かなりやりこむことになってしまうのが目に見えている。。。

 

10時半起床、目覚めて即アップデート…金銀のポケモンの存在を確認!麺屋さくら井の開店時間は11時半!こりゃあご都合よく歩いて行ってちょうどいい時間やわ!!テクテク歩いて店前に着いたのが11時15分。すでに10人以上待ってる。

 

えっ、、、こんな田舎の11時にもうこんなに人…??どうなっちゃってんのとうろたえながら接続し開店しても中には入れず外待ち。なんとまぁ…そんなに人気なのね。 

 

てなわけで写真で見た限り低温調理のお肉がとても美味そうなので特製煮干しをチョイス。味付き替え玉の食券を買って待機。同時作成は3杯までか…

 

 

そんなこんなで着丼!(ラヲタではない←ただの近所のおっさん)

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221204426j:plain

煮干の粉が浮いたスープ…

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221204446j:plain

 

よりも肉の赤さが目立つ。

f:id:standaloneramenjiro:20170221204505j:plain

 

すげえなこの低温調理感…パクッと一口やってみると、生々しさが口に伝わるっ!そんなに美味くないっ!!

そう思って肉は放置し麺をずるっと…感動するほどではないっ!!まあ美味いけどがんこの煮干しヒロポンのほうが3倍くらい美味いな。そう思いながら光の速さで麺を食い終わり、替え玉待ちでチビチビと肉を食おうと食らいついたら、スープの熱でいい感じになったチャーシューが劇的な進化を遂げた…これか!これがマジックか!!これは…これだ…なんて突発性失語症に襲われた。


しかし!!本番はここからだった。

f:id:standaloneramenjiro:20170221204522j:plain

 

「味がついてますんでまずはそのままお召し上がりください」と出された替え玉…汁につける必要一切なしの逸品。

f:id:standaloneramenjiro:20170221204537j:plain

 

ああ、これが!これが2杯食いたい!!ラーメンより圧倒的にこっちだ…煮干油とガーリックチップが効いた替え玉めっちゃ美味え!!大感動!!


当然ながら残ったスープはスープとして楽しみ、替え玉は替え玉ではなく油そばとして堪能し

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221204552j:plain


KKブチかましフィニッシュムーブ軽く会釈して退店!


普通のラーメンも食ってみたいけど、見てた感じあんまり期待はできねえ。替え玉だけ毎週食いに来ようかなと思うくらい。そのくらい美味かった。

 


おかげで帰りにポケモンを2時間もやる元気を取り戻すことができました!!
吉祥寺駅前で黒ずくめのでかいやつがスマホ片手に歩いていたら毒針で殺してしまってください!


一条流がんこラーメン総本家『悪魔大盛り+ツケダマ』

一条流がんこラーメン総本家 悪魔

2017年2月15日(水)

 

そういや俺スーツを着る仕事ってほとんどしたことないなと気づかされた。

1社目は途中から作業着だったし、2社目から全部私服。おかげでパリッとしたスーツなんか1着も持ってない。このまま駄目30代、冠婚葬祭は格好がつかないなどと非常にらしくないことを思い始めてしまった腐れブロガーの文章を読むあなたにエールを贈りたい。時間を無駄にしないで…
そもそも恰幅の良さ、顔の老け具合で完全に中堅リーマン感出しまくりの俺。どうしようもないくらいにくたびれ感の出る猫背ぶりも相まって、小生、もう絶対に安スーツなんか着ないと決めた。強く誓った。今日からけっして 歳をとらない あの好きだったレコードを 聴きながら


というわけでもう私服でもジャケットなんか羽織っちゃってシャレをこく季節も目の前まで来ている。今年こそブルータスを買って読んで高い服を指を咥えて眺めながら伊達男になる。伊太利亜のの映画でも見てるようだねなんて歌って踊って君に胸キュンする季節を感じながらお尻を出して一等賞になる。また明日〜なんて言われた日には来るしかないよねとかふざけて成人病一歩手前の病理を抱える人間になるのが夢なので、今日も四谷三丁目まで来てしまいました。

今日の投稿のほとんどはフィクションです。


というわけでシャブ中が向かう先は当然ながら家元んちに決まってるだろ!並び18に接続し50分程度待って着席!時計の役目は終わった!今日の家元はヨー喋る。当然ながら純度100パーのヒロポン!ご飯温めサービスを知らぬ隣の若者たちに「出したらいいよ」とも言ってやれなかった俺も人見知りだ。ちくしょう、、、生きるって難しいことなんですね。。。
そんなこんな言ってるうちに久々の赤丼到着

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221202953j:plain

 

やはりこのボリューム感はやばい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221203239j:plain

 

チャーシューは今日もやたらと厚切りなのが1枚…周りのお客さん見たら薄切り2枚が多い!なんだこの差は…裏山けしからんぞ!!薄切りをチビチビやりたい願望にかられつつも悪魔肉もほれ!

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221203324j:plain

 

まずスープって飲んでみたら最高にうめええええええええええええ!!

麺すすって塩分をビンビン感じ取り、今日もその他魚介とスルメっぽいスメルをギンギンに醸し出した悪魔スープを堪能。悪魔肉の塩っぱさがヤバさに拍車をかける。

たまらず水エスケープ。海苔と煮玉子で麺を楽しみつつ、

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221203413j:plain

丼底に沈めておいたチャーシューの覚醒を待ち、そして、味わう。

 

家元と目が合い「美味すぎるでしょ」と呟くと家元は嬉しそうに「そんなにか!」と喜んでくれた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221203506j:plain

 

この日の硬麺はつけダマがマジで合っていた。最高。

タレもちょろっと足してみるとやはり…たまらん味わいである。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170221203814j:plain

水エスケープしつつ当然ながらKKブチかましフィニッシュムーブ家元と女将さんに軽く会釈して退店!
さすがに今週は食い過ぎている。


ほんとはシナジー二郎したかったんだけどなぁー


久々に足の指先がビンビン来る感覚に恐怖しつつ、ゲップするたびに幸せになる道のりを行く。


皆さんも健康にはお気をつけて。

ラーメン富士丸 神谷本店『国産ブタメン+生玉子』

ラーメン富士丸 神谷本店 国産ブタメン

2017年2月14日(金)

 

もう堪忍!後生!!実家に帰ります!!!

 

という、結婚生活に向かなかった女の子もしくはあまりにも頭のおかしい旦那のもとに嫁いでしまった女性のような叫びが世の中を轟かせて数日が経ちましたが、この事件、何がショッキングなのかもよくわからずに過ごしている小生がいます。

世の中に溢れるブラック企業に対するパンクな反抗として褒められるべきでしょう。


実際は単なる転職です。

 

やはりあの可愛らしいお顔が大人たちの武器となり、仕事は増えるもギャランティを牛耳られて月5万円の生活を強いられていたのならそりゃ会社を変えるのは当然のことでしょう。

「若いうちは苦労しなきゃいけない」なんて言ってもそりゃ程度がありますよね。自分の人生は自分で守る。彼女の決断は正しいのです。勇気ある彼女の行動に幸あれ!ジークジオン!!そう、昔から懇意にしているところに助けてもらうというのは、弱っている人の精神にとってとても暖かい部屋と布団と人のぬくもりを与えられるようなものなのです。

 

…あれ?そういえば俺もそんな転職をしたばっかりだな…

 

しかしそのうち某党のポスターにデカデカと載る彼女をお目にかかれるでしょう。信仰には逆らえません。


嗚呼、俺もいっぱいお金のもらえてひたすら文を書き続ける仕事があったらそこに行きたいよ…在家のままで。え?なに?前回の投稿とあまりにテンションが違う?そりゃああんな真面目なポエム書いたらバランス取らな…


 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214809j:plain

 

というわけで出家といえばここもかしら。

 

なんと、年明けてからまだ一度も来てなかった…べ、別に信仰の問題とかではないですよ…ひさびさのあきさね氏と合&流の団&活でファスロ狙いで17時半到着で我々は2着。富士丸ガチ勢さすがやで…

 

結局並び少なめ、18時6分に開店し颯爽と入店。

おしぼりで顔面をきれいに拭い、アブラ化粧前(死に化粧的なやつ)の清掃を済ませ小上がりの感じを尻に染み込ませつつ談笑しながらヤサイとアブラコールをした国産ブタメンの到着を待った。

 


こ、これは!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214830j:plain

 

ううっ、、、

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214846j:plain

 

美しい…

 

久々に眼前に現れたヤツはたしかに国産ブタメンだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214903j:plain

 

アブラと別皿ニンニクが美しく添えられたこの丼はやはり巨大要塞ソロモン

 

ドズル大将の顔が浮かんだ

 

しかしだ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214919j:plain

 

なんだこの豚の数は…こんなに多かったか?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214935j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170214214951j:plain

 

なんか大きいの二つに小さいの2つくらいじゃなかった??アレ?数えたらなんで大きめのが5、6個もあるの??どういうこと?と狼狽えまくって気づいたそう今日はバレテンのお祭りだ…向かいに座ったあきさねさんは苦笑している。

俺は心を引き締めてアブラとヤサイを食った瞬間に全身の筋肉が弛緩し肛門括約筋が一番緩み俺のチョコレートがこんにちわしそうになるほどの、至福の瞬間を迎えた。俺の肛門期は終わっているはずなのに!(フロイトはわからん)

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215009j:plain

 

このボッキボキの麺を俺はずっと待っていたぜええええええええええええええええ!

 

しかしやはり今日も薄めだ。火曜の薄め説はマジかもしれない

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215025j:plain


肉を玉子用別皿に移して天地を返し、アブラぶっかけ地獄に突入。

そりゃあ、アブラをかければすべてが解決するからね。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215042j:plain

 

ブハっと噴き出る麺の香りと脂の甘みが俺のQOLの限界値を引き上げる。黒胡椒が富士丸の空気をさらにロックする。ロックマンXで言えばHPが8ステージ回った後くらいまで一気に増えた。これだよこれ…これはどこの店でも真似できねえ…もみじ屋?なにそれ?

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215058j:plain

 

 

アブラお代わりコールをするか迷ったがその前に肉を討伐せねばと食い始めたらこれ、全然減らねえ。肉多すぎ。こんなにきつかったっけ?ogkbの本気のときよりもすげえよ…さすが1,150円は伊達じゃねえぜ。。。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215115j:plain


ひさびさの麺の美味さとアブラを堪能しつつ、一個ずつ、小さめの豚を討伐していくと最後に現れた巨大戦艦…有線から流れていたブチ(長渕)の音楽にニヤニヤさせられつつもその後流れて来たのはなんとチー様(松山千春)。

 

神は俺に味方したと思ったね

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214215131j:plain

 


命からがら完食店主に軽く会釈して退店。


危うく殉職し頭を丸めねばならぬところだった。今日の久々の富士丸…なかなか強敵でしたとあきさねさんに伝えると「そりゃ昼に荻窪なんか行くからですよ…」


そうか…普通じゃねえのか…


みんな違ってみんないい。

 

だからこそ俺は山岳信仰をやめられないのだ!
ハッピーバレンタインムサコスさん!!

ラーメン二郎 荻窪店『小ラーメン+生玉子』

ラーメン二郎 荻窪店 小ラーメン

2017年2月14日(火)

 

もう4年も前のことだ。


大学院修士課程も修了を控え、考えていた夏頃に舞い込んで来た「マイブラ来日」というニュース。2008のフジロックに行けず、コンプレックスとして心に刻み込まれた傷跡が…ひどく疼いたことを覚えている。


修士論文の発表会と提出日の日程が出て、ああ、これなら来日公演に行けたのではないかと愕然としていたところに、追加日程発表。俺は迷わずチケットを確保し、当時付き合っていた彼女との卒業旅行を計画した。


その後、いろいろあって彼女とはお別れすることになった。


卒業のための諸作業を済ませ、俺は前日から単身大阪に向かい、箕面ビールの工場や神戸の後輩の家に泊まった。

翌日は京都に向かい、哲学の道などを歩いて九鬼周造先生のお墓まいりなどをした。当然ながら天下一品の本店にも行ったわけだが。

 

夕方、なんばHatchへ。開場が1時間近く押したうえに、難聴防止の耳栓が配られた。これにより、一気にマイブラ気分が高まったことは言うまでもない。


元彼女になった女性と、2人並んで轟音の嵐

f:id:standaloneramenjiro:20170214214137j:plain

 


"LOVELESS"という言葉が意味深に渦巻く2時半

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214154j:plain


"I Only Said"から"When You Sleep"へ流れた瞬間に滴った汗と涙を

f:id:standaloneramenjiro:20170214214210j:plain


ライブ後。大阪のネオンサインが溢れる街並みを歩いて別れた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214227j:plain

 

君のベッドの上でタバコを咥えることもなく

寝てる君に耳打ちすることもなく

口づけによって与えられる愛を受け取ることも、なく

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214303j:plain

君は僕に気づかせてくれた

f:id:standaloneramenjiro:20170214214324j:plain

 

オーサカの街

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214344j:plain

 

ひとり Lost In Translation

f:id:standaloneramenjiro:20170214214404j:plain

 

あんな夜をまたいつかと夢見ている。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214214423j:plain


そんなことを思い出す、とても美味い一杯だった。


ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店『大ラーメン』

ヒバジ ラーメン二郎 大ラーメン

2017年2月13日(月)

 

グラミー賞の季節。


予想通りアデルが軒並みかっさらっていったし、予想通りチャンスザラッパーが新人賞をとったし。

これといったサプライズもなくハイライト動画などを見て過ごしている昼下がりでありました。

しかしながらやっぱファイフドーグの追悼パフォーマンスが最高すぎて泣けた。ていうか俺の中では完全にアンダーソンパークがマイグラミーだったわけで。あのパフォーマンスの中でもアンダーソンの声がひたすら抜けていたしドラムも最高だった。


だからこそ今日、俺は個人的にここ数ヶ月で最も褒め称えたい二郎に訪れたくなった。

 

当然ながらそれはベストレゲエ二郎賞のヒバリーヒルズである。


先月頭ぶりの訪問…開店10分前にして20人以上待っている列に接続した。月曜だっつうのに流石すぎる。それでも開店後25分程度で着席。粉雪舞い散る厨房内で店主は雪かき用のスコップ(当然ながらただのスプーン)を巧みに操り、今日はマジでビビるパフォーマンスを披露していた…アレはすごかった。手首の返しで丼に雪を降らせたのち、ノールックで跳ね上げたスプーンは、入るべき場所にスッと落ち着いていったのだ。

 

着席してからあんなに楽しめる二郎は他にはない。

 

授賞式でのブルーノ・マーズのパスォーマンスに匹敵する。

 

そんなこんなでヤサイアブラカラメ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213408j:plain

 

おお

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213425j:plain

 

へっへっへ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170215102120j:image

 

今日もなかなかのクタの斜塔っぷり。

やっぱクタな感じがヒバジっぽさを担ってるところはある。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213439j:plain

 

フワフワなアブラは至高の味わい。

ほんと、いったいどうなっちゃってるんだろう。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213524j:plain

 

天地返してヤーマンする、ド乳化スープを纏った麺。甘辛さと味覚を痺れさせる攻撃性を極めていた。美味いとか美味くないとか、語ることすら馬鹿馬鹿しい。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170215101936j:image


何よりも、硬めに仕上がった麺が今日は最高に美味かったのだ…パッツパツの麺がクッタクタのヤサイとともにド乳化のオーラを纏えば…もはや敵うものはない。
グルミー賞受賞である。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213541j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20170214213557j:plain

 

 どうやって切ってるのかが謎なフワトロの豚は健在だ。これも言わずもがな。

初めからこうであったわけでなく、進化によってこうも深みのある豚になったのなら、人間というものの本質は進化であると断言できる。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170214213634j:plain

やはりじっくり堪能した


完飲ギリギリで回避し完食しフィニッシュムーブガンフィンガー構えて軽くヤーマンし退店!!


やはり胃腸にエキゾダス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ラーメン二郎に出家したい

 

横浜ラーメン田上家 『チャーシューメン 中+海苔+味付玉子+かいわれ+ライス+ライス』

田上家 家系

2017年2月9日(木)

 

なんのきっかけがあって性の目覚めを感じ取ったか

 

覚えていらっしゃいますか。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231618j:plain

 

 

だいたいみなさんもなんらかのきっかけを持っていると思います。たとえば、なんかの拍子に擦れたりとか、親のエロ本を見たりとかで覚醒する己のエロティシズムをその後はさぞかし大事に生きてきたことでしょう。


かくいう小生の覚醒機は小学生の頃、マレーシアにあるリゾートホテルのプールで見たトップレスの美人お姉さん

パイオツカイデーではないにしろ、その官能的なお乳の形に小学生ながら額がピキーン!見える、見えるぞ…乳輪の大きさが!!

 

などとふざけるようになり、そこからの人生を棒に振るうことになりました。

 


それに匹敵する覚醒を!今日!!なんでか知らないけど小生は感じ取ることになったのであります!!!いや、知らないなんて言わないから、、、そうです小生は家系ラーメンというものがただいたずらに脂っこくただいたずらにしょっぱいものだとずっと勘違いしていた。沖縄にあった某店があんまりだったためである。吉祥寺に同系列店があるとか口が裂けても言えない

だが、最近は洞くつ家によって少しずつ、この己の偏見が覆されていた。


それがだ

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231622j:plain

 


宝を探してこんなところまでよく来たもんだ。

 

今まで通りの家系なんだろうなと、贅沢にぶち込んだトッピングの横、チャーシューの真上からレンゲを入れてスープを啜った瞬間にまばゆい光がパアアアアア(マ神)と音を立てて眼前に広がったオクレ兄さん!)


俺は…世界を知らなかった。


ふくよかな胸の膨らみをガシッと鷲掴みするような、いや、されるような感覚で嗅覚と味覚が奪われた。

ま、まて、、、なんなのこの味…そう思いつつも俺の中の別の俺が瞬時にチャーシューを2枚と海苔3枚、そして味玉をライスの上に盛り、横でツレがニヤニヤするなか俺は井上陽水のような笑みを浮かべてくぱぁした。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170213024004p:plain

 

もう美味さ自体もたまらねえ出来…ひたすら興奮し続けていた俺が居た。

 

 

丼に戻る。さっきの味の謎だ。まさかチャーシューか?そう思い、この時点でやっと麺を啜って見た。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231643j:plain


ああ、明らかにうまい。醤油が強くて鶏油もうっすら。全部普通で頼んだのにこのバランスか!と唸りたくなる出来。だがチャーシューを汁に漬け込んで麺と食うと、東京やそこらで食えるものとは完全に別物。

美味すぎるじゃんね…


一度ライスに避難させていたチャーシューをスープに戻し、別のチャーシューをご飯にのせて食った瞬間、たった一枚のチャーシューのせいで米が1/3になってしまった。

あ?2/3どこ?思わず自分で探してしまう始末。コメ、、、もう一枚、小さめのチャーシューと海苔1枚で米が完全になくなり、俺は泣いた。

 


底からすくい出す麺がどんどん醤油色に染まっていった。

ニンニクをぶっかけ刻みの生姜も合わせて食うとマジで美味い…こんなに美味いもの、食ってよかったのか…

 

 

喉が渇いたなと席を立ち、水を汲みにいったらなぜか手に食券が。

 

 

「ライス」と書いてある。

 

 

 

 

 

 

仕方ねえな、神よ。感謝してやる。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231703j:plain

 

俺の財布から50円がなくなっていたことなんか気にもとめず、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231719j:plain

 

俺は2杯目のライスを左手に、端にはチャーシューと麺を挟んで食らった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231736j:plain

 


当然ながらKKブチかましフィニッシュムーブワンオペの店員さんに軽く会釈して退店。

 

知らない世界、ことに、過激な世界。

 

これについては知らない方が良かったのだ。

俺は無知のまま死んでいきたかった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20170209231753j:plain

 

性の喜びを知りやがって!!!!!
ああああああもう食いてええええええ!