フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

ラーメン二郎 JR西口蒲田店 『大ダブル』

 

 

 

 

幾度となく裏切られて

たどり着いた頃には何もなくて

 

 

 

開ける扉も重たくて 持ったら持ったで音を立てて拒絶する 降りたシャッターにも気づかず 目の前にある建物にも入れない気持ちが今になってようやくわかった気がした。
選民主義のなすところ、という話はまあよしておこう。今回は。

 

 


いつぞやの北海道の帰り。空港から直行して行ってみたものの臨休。いつぞやの飲み会前。軽く食っとこうとして行ったら臨休。

 


情報社会においてその告知もなされず。ただただ「まずい」「すくない」「酸っぱい」などと言われ続けるタイプ。プロレスラーで言えば安田忠夫的な立ち位置の二郎という認識しかなかった。

 

 

 

 

でも道を辿れば神奈川名店の確かな血脈の大元であるわけで。それを考えるとなんというか。WAR的なFMW的な立ち位置なのかもしれないという感じもあり。

 


避けて通って来たというか縁がなかったというか。インディー団体からメジャーレスラーを輩出した鶴見・西口蒲田もとうとう終わりだ、と聞いたのは京急川崎店に行ったその日であった。

 

 

 

 


意識高いクラシック好きのラヲタに散々煽られてたどり着いたこの店…閉店4日前にしてまだ行列してねえなんて…逆に悔しい思いすら抱いた。

 

 

 


着丼してみれば唐辛子のってねえし。そういうとこだぞ!などと思ったりもしたのは間違いない。それは、言っておく。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224354j:image







 

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224505j:image

 

 

やっぱ見た目インスパっぽいんだよな。もやしオンリー、ヤサイマシなしでこれ。ある意味二郎っぽさもあるがなんとまあそんなことは言ってられず。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224411j:image

 

 


歴史は個性を証明するものだとすれば、これは確かに二郎だと俺は思うわけである。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224406j:image

 


ブタダブルの生き様がもう、確かなラーメン二郎だ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224402j:image

 


ズルっとやれば嗚呼…若干麺に札幌っぽさ、桜台っぽさを感じたのは笑った。フツーに美味えじゃん…酸味とか言われてたのはなんとなくわかった気がした。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224359j:image

 

ブタさんは食っても食っても減らないブツ。このブツがほぼ1000円で食えるの、今となっちゃすごいことだなと思った。ただしブタさんが大したことないのはまたクラシック二郎たる確かな証拠だ。

 

 


唐辛子二郎よ…永遠なれ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224416j:image

 


サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224350j:image

 

 

 

ラヲタに感想報告してミッション完了。
閉店コジキだろうがなんだろうが、いい経験だった。

 

 

 


無駄に税金あげてインフラに金がいかない世界だけど、飲食店には優しい世界にしてほしい。

 


俺はまだいいけど、1円の値上げでも辛い人は辛いからね。やる人も、食う側もまた。

一条流がんこラーメン総本家 『アルゼンチン赤海老12kgSP100二杯目仕様 ツケダマ』

 

 

 

 

 

出来上がってしまった気持ちをしまうのは大変で。

 

 

それがしかも大チャンスという状況に至ってしまったら本望で。

 

 

 

 

 

 

 

ウキウキそわそわしていたのももう1週間も前の話だ。あの頃の熱量がいまだに心の奥底に残っている。だからこそ今日のこの今の瞬間も無理に外出せず、10時の時点で並び60とかいう状況に足を運ばなくて済んだと思う。

 

 


冷静になった。でもこの時ばかりは冷静ではなかった。

ご覧いただきましょう。Please welcome,髭軍団!

 

 

 

ワー。というのは私だけで、どう考えても怪しいグラサン髭の大男に、モヒカン、肌艶の良い十代の青年が並んでくれば、怪しい""何か""の列はより一層ダークサイドな雰囲気を呈してくる。おまけに筆者とモヒカンが口汚く罵り合うのである。条件は揃ったようなものだ。

 

 

 

 


そうこう言いながらサクッと2回目の入店をキメ、100並盛りツケダマでと宣言すれば、解けることのない魔法がかかったような気分になった。

 

連食とか一年くらいぶりな気がするよ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224123j:image




 

こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224106j:image

 


俺にとってはすっかり優先度の下がってしまったアルゼンチン赤海老だが、こうも香ばしい香りを漂わせると、閉店間際も悪くないもんだな、などと思ったりもする。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224115j:image

 


ズルッとやれば嗚呼…ヤバすぎる。美味い云々よりもエビとアンモニア臭が最早下品すぎる。極まったブツここにありだ…これは持て余すブツだぞ…


完全にエビ汁だ。

 

 

 

カエシ足してようやく我に帰る。これはヤバいブツだぞ。
生玉子お椀にカエシ入れてズズッとやれば嗚呼…俺お醤油飲みに行っているんだなと自覚。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224120j:image

 


激しすぎるぜ…エビの破片も矢鱈と多かった。潰しの激しさを感じたぜ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014224109j:image

 


サクッと完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店。

 

 

 

 

肌艶の良い青年とジャイアンみたいな服を着たモヒカンは初がんこを楽しんでいた。

全部飲んじゃったとか言ってアレしてた。

 

 


いいことだな。若いって素晴らしい。

 

 

 

 

最高にがんこ臭い体を引きずりながら帰って寝た。
至高のお昼寝ブチカマした。

一条流がんこラーメン総本家 『上品アブラ多め大盛り』

 

 

 

 

 

ブランク

 

 

 

人前に立つ

 

 

 

 

 

 

そんなことの恐怖というのは計り知れないものだった。デビュー戦、というものの重さ。

 

 

人はなぜそれでも人とのつながりを生む行為を止めることができないのだろうか。
わかっているつもりだった。

 

 

 

ラーメン屋の開店には何度も行ったし、再開のプレッシャーも凄いものだ。なんせ、並んでる我々の方がおっかないのだ。みんな血気盛んで血走った目を伏せることがない。
あれは1ヶ月以上前のことか。もう3ヶ月近く休んでいたことを忘れるような感じだ。

 

 


私はその間に完全なる自由が丘中毒者と変貌を遂げてしまった。下品の味は確かに懐かしいものだが、昔ほどの衝撃がなかった。これは自分自身にどういうマジックがかかっているのかはわからないが、趣味趣向は変わるものだし、また原点に立ち返るものだ。

 

 

俺はラーメンの変化、前夜の夢と共に、俺は確かに俺自身も「上品」になったのかもしれない。ここからまた「下品」に進化するには時間がかかるかもしれん。

 

そういうギターを弾くバンドになりましたが、バンドはバンドです。我々はトータルで進化せねばなりません。
YouTubeに動画を上げたので、興味のある方は「煙景寺」とご検索ください。

 

 

 

 

久々にあの緊張感と、後から動画を見て情けなさを味わったわけだ。だがギターのサウンドだけは相変わらずよく褒められる。
俺は北海道の、あのキラキラを生み出し続けたいんだと強く願い続けている。

 

 

 

 

 

というわけで。
ライブ後の翌日のラーメンが旨いのは、観に行く側も演る側も一緒ということだ。

 

惰眠を貪っていたら「8人しか並んでいない」という情報を仕入れた私。ダッシュで服を着替え、酔って帰ってきたのもかかわらずちゃんと風呂に入って入念に歯を磨いていた俺に感謝したい。3分で歯を磨き、2分で着替えて外に出た私を救うようなこのビミョーな天気と自分自身の神に感謝した。

 

 

 


ついたその「現場」には…もう一人の「尊師」がいたのである。尊師はわざわざ俺のために並び直してくれた。音楽話に花を咲かせればその待ち時間は一瞬であった。

 

 

 

 


サクッと入店し当然上品…今回は5番なし!アブラ多めだけコールしてだな…

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20191014223740j:image





こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 


見ただけでわかる。。。優勝のサウンドが耳に届く。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014223737j:image

 

 

わかるか…ギルモアのギターなんだよ。

 


One these daysのスライドギターだ。

 

 

 

スープをズズッと一口やれば嗚呼…染みるロングトーンだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014223729j:image

 


麺をズルッとやれば嗚呼…Echoesのカッティングだ…適度…とはいえない攻撃力の塩分と油脂分…

 

 

 

家元が自慢げに「上品にはこれが1杯入ります…」と見せた鶏油の塊。

 

 


「あなたのはこれが2杯入ってます!本当です◎!」

 

 

 

 


参りました。原価上げてごめんなさい。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014223734j:image

 


美味すぎてそんな言葉すら出てこねえ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014223745j:image

 

 


端豚底から拾い上げて女将にエア会釈ブチかまして愛情受け取ったぜ。。。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191014223754j:image

 


大満足完食フィニッシュムーブ店の外を見てサヨナラを言わず退店。

 

 

 

 

私は脱出した。そして俺、矢張りアレを食わねばならぬと並び直したところでやってまいりました。

 

 


Mタケ軍団…!!


俺は歓迎した。拍手で手が痛むほどに、だ。


三鷹大勝軒 『中華麺大盛り 生玉子』

 

 

 

久々に土曜朝をゆっくり過ごした。

安心できる時間だった。

 

 

 

 

 

家で一人で朝を過ごすというのはこんなに清々しいものなのだろうか。などと自問自答することなく、私、ただただ「疲れた」というため息しか出てこなかった。

 

 

 

私の部屋は散らかり放題で。モノが多すぎることが人生の悩みの種というか、なんかもう「なんでこんなに服と本あるの」などと言われてもそれ、着てるのは一部だし読んだ本は2回と読まないしなんだかもう嗚呼これが結婚できねえ理由か?違うな。フラれる理由としてはあるかもしれないけど出会いが成就すらしてないのだからアレなものだ。
など、と、自問自答はした。

 

 

この日は私のバンド『煙景寺』のライブだったのである。

 

 

 

というわけで朝から弦を張り替えたり接点を金属磨きでゴリゴリにピカピカに磨いたり、オケの最終ミックスをしたりなんだりしたらゆっくり昼飯食いにがんこ、なんて言ってられない時間になってしまったのであった。

 

 

 

 

俺に与えられた選択肢は…だが俺は油脂分でお腹を痛くするのだけは怖かったのだ。
そんな状態でも食券機の前に立って仕舞えばパブロフの犬の如き反射で大盛りの食券を押す。俺、こんな人生もうやめたいんだけど。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011232033j:image




こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011232040j:image

 


思えばここの店で大盛りを頼んだのは初めてだっただろうか。銀のお盆と洗面器をお目にかかったのは初めてだった。大盛りだとこれになるのね。

 

 

 

 


スープひと口やって嗚呼、、、そうだよこれが永福の味さ。ちょい薄いけど。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011232044j:image

 

 

ズルっとやれば嗚呼…染み渡る。なんというか、リラクゼーション効果のある、おばあちゃんちの畳のような感覚ってまさしくこれ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011232047j:image

 

 

 

生玉子つけたら完全に薄かった。ラー油ぶっかけてアレしたら整った。
こういうスープがいいのだな。ライブ前の願掛けが決まったようなもんだ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011232036j:image

 


サクッと完食軽く会釈して退店。

 

 

 

初ライブに向けて池袋へ歩いてるともう、ガチガチに緊張してもうアレだった。何年ぶりのバンドでのライブか…

 

 


というわけで続く。

ラーメン二郎 目黒店 『大ラーメンダブル豚入り』

 

 

 

 

 

 

数年に一度、誰かのカバー曲がCMでウケる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも大元のバンドはウケない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切ねえ話極まりないのである。カバーは原曲に勝てない、なんていう説もあるけど実際はそんなとこもなく、勝っちまうように感じられることも多々あるから面白い。

 

正直な話「またおま」のカバーネタである"Funny Bunny"については俺、良さが全然わからない。そしてそのカバーもよくわからない。ピロウズといえばハイブリッドレインボウのような哀愁と叫びが良いわけであって、とか言い始める私は矢張り北海道の人なんだろう。

 

 

 

カバーは原曲に勝てない、は、ラーメンに置き換えると「インスパイア系は本物に勝てない」となる。

 

 

 

これ、二郎になると顕著のように感じられる。

 

長く語る前にもう一つ話しておくと、「某家元」においては「だいたい本家ってのは大したことありません!発明して終わり!だから後続の店の方が研究してて美味しいのです(だが私の場合は違います◎!と言いたげな顔)」と言う。

 

 

 

これに関してもとてもよくわかる話で、ぶっちゃけた話、ラーメン二郎三田本店は本物の発明である。だが、過去の文献から「一人で作り上げたものでは無い」と読み取れることから、その「本家性」というところが可なり薄いように感じる。エゴイスティックでアーティスティックな創造物というよりは、集合体としてのアートと設定できるのだ。賛否両論湧くところがまた「アート」なのでは無いかと思う。言ってることわかる?

 

 


そしてもう一つの視点として重要なのは、本家血筋の存在だ。大袈裟な想像であるが、三田の総帥が弟子を取らず一人で続け、インスパイア店と対抗していたら勝てていない気がする。思うに、弟子をとり、弟子が店を出し、本家に近づこうと、または自分のカラーを出そうと研究開発を行う。孫弟子が三田に来て、ある程度仕込みや作りを任せることによって弟子の店のカラーが本店にフィードバックされた結果、三田は現在の地位も保ち続けているように感じられる。

 

 

 


これは一つの説であり、真理として提言しているのでは無いということをご理解いただきたい。

 

 

 

 

ということでピロウズと同じくミスチルにカバーされてプチパズを起こしそうだったのに結局世間からスルーされつつ、オルタナ版黒服バンドとしての地位を確立してなおリーダーが「ひきこもり」を続けるSyrup16g

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231750j:image

 

 


そのライブを観に行ったのは先週金曜の話だった。

 


天才だった頃の俺に連れて行ってと頼んだ。チケットを取れたのは神のカルマだったのだ。

 

 

 


私はロックンロールを翌日に持ち越すことをしなかった。明日を落としても俺はメグジを食い、池袋東口のライブハウスにて最も三田の血の濃い音を鳴らそうと思ったのである。

 

 

 


なんか柔らかくなった雰囲気のある若様…
声が聞こえたら神の声さ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231707j:image





 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231710j:image

 

 

馬鹿みたいに並ぶ花金の山手通りは確かに億劫なものだが、それにしたって1時間で帰れるのであればまあ良いかなと思えるもの。

 

 

 

だが少ない…前来た時はラストロットの大盤振る舞いのときか。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231713j:image

 

 

しかしながら矢張りコラコラで食うヤサイは天下一品。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231726j:image

 

 

麺をズルッとやれば嗚呼…やっぱあの頃の小麦くさい麺ではなくなったが、これはこれでありだよな。ゴリっと感もあってなんともいえないやつだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231722j:image

 


サクッと消えゆく麺を惜しみつつ俺、ブタそしてアブラにコショウ振ってゆっくりと堪能したのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191011231717j:image


光の速さで完食フィニッシュムーブ軽くウィンクして退店。

いろいろとエネルギーをもらった気がした。早寝するつもりが思いっきりリビングルームで2時過ぎまでいたわけだが。
翌日のことで眠れなかったのは内緒だよ。

味噌っ子ふっく 『坦々麺大盛り ビール』

 

 

 

 

 

 

学生さん コブラをな コブラを首に巻けるくらいの男になりなよ

 

 

 

 

 

 

 


そう言った男は酔っ払っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人が汗水垂らして仕事していた時間帯にだ。汗も水も幻覚としか思えないほど仕事に力が入らないことはさておきだ。私はトンカツでお腹がいっぱいである。学生さん、トンカツをな、トンカツを奢ってもらえるくらい厚顔無恥になりなよ。

 

 

 

しかし腹が立った。夕方15時の話である。

 

 

 

私が人を殺したいと思う瞬間をランキング形式にしてみたい。

 

 

あくまで冗談なわけだが、

第3位は「人の金で風俗に行った自慢」であり、

第2位は「電車のドア前にいるくせに駅で外に降りることを頑なにしない奴がいた瞬間」であり、

 

 

第1位は「昼間、宇ち多゛にいることをわざわざ自慢げに直接LINEしてくる」ことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりやがったのだ…コロ助が。

 

 

 

仕事中にブチギレモードに入る俺。コロ助、文章まで呂律が回らずまあ愉快。おまけに吉祥寺でクラフトビールを飲んでる写真まで回ってきて殺意。

 

 

 

 

 

俺は誕生日に、人への殺意を抱いたのである。

 

退勤し荻窪に集合してコロ助に蹴り入れていざ青梅街道北上すれば人数ちょうど入店!

持ってるぜ俺ら…

 

 

 

ひとしきり御祝いムードしていればなぜか助手さんから俺まで酒を貰う始末。なんてことを…誕生日、生きてて良かったと思える唯一の日だ。まあもう、いつ死んでもいいんだけどさ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222506j:image

 

 

 

 

なんでビール飲みながら考えてた。来年の2周年も祝えたらと思う。

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20191009222514j:image








こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222510j:image

 

 

ちゃーしゅー飯切れだけがこの日の憂いであることは間違いなかった。

 

タオルを手にした俺は無敵だ!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222504j:image

 

 

天地返してズルッとやって嗚呼…破裂しそうなくらい美味い…濃いめの山椒きいた濃厚お味噌汁、33歳の身体に染み渡ったぜ…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222523j:image

 

 

たっぷりもやしにぶっかかった花椒

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222526j:image

 

 

 

肉と合わせて食えばマジで完璧だな…惜しむらくは米がなかったことか。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222518j:image

 

 

まあ仕方ないわな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222501j:image

 

 

最後はお酢プレイしてサクッと完食#当然完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ深々とお祝いして退店。

 

 

 


全員大満足全会一致で駅まで練り歩いた。

僕の後輩にまでビール追加していただきましてありがとうございました。

 

 

 

 

というわけで今の個人的推し暫定一位は揺るがず。

 

 

 

 

だって俺たち

味噌っ子だからね

 

とんかつ檍 浅草橋店 『かたロースカツ』

 

 

 

 

 

 

「キリヲさん、よく誕生日を迎えますよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金言であった。

 


かましい自覚はあるのだ。ある。なんてったって私は厚かましさそのものが足生やして歩いているような人間であり、なんてったってアイドルである。

お嬢様じゃない私ただのミーハー!などと言いたくなることも多々あるわけで、友だちが森高千里のコンサート()に行ったと聞くだけで嫉妬してしまった私はミーハーである。

 

 

 

 

 

 

 

みーちゃんはーちゃんとか言いつつ俺、行く店は固定する自称硬派。言わせる人間によれば「能がない」らしいが、はっきり言って「れっきとしたホーム」を持たない二郎好きの方が浮気性臭くてキモくね?とか思ってしまう。全店舗制覇って大事?蒲田?行かね!などと今のうちにフラグを立てておくが、そんな私を!いつも否定してからかってくれる社長がなんと誕生日なんですか?飯でも食いに行きませんか?などと言うようじゃ断りようがないってやつ。

 

 

ところで。私のホームは今いずこへ。

 

 

 

しかしその時間も昼であった。我々二人はUDX横からタイムアタック敢行。偶然ですが火曜はお休みです!のトンカツ屋ではなく、およそ2年の間我々が根城にしていた浅草橋へ向かった。

 

 

社長は当然私に「探し物はなんですか 見つけにくいものですか」なども言いながら紙幣にライターを押し当て、外からの日が差し込む店内にて林SPF最後のアブラに火をつけたのであった。

台風の影響は計り知れないようだ。我々の生活もいつ脅かされるかわからん。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222303j:image





こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222308j:image

 

 

 

檍になってから導入された肩ロースをオーダー。当然ご馳走様ですと!向かいに座った髭面はお子ちゃまなのでカツカレーを頼んでいた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222254j:image

 

初めて頼んだ茎わさび…いい感じじゃねえか。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222301j:image

 

 

真ん中のブツを1枚とればいい赤さだ。そして肩ロースらしいゴツゴツした姿がなんと唆ることだろうか。私は肉を食いにきたのだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222311j:image

 

 

当然初手は茎わさびと醤油の合体攻撃でジ・エンドってやつだ!ウマスギィ!!ハッピーバースデー俺!ディナーを前にしてこんな贅沢していいのかね!?脂身うめえ…今度あっちでも肩ロースだな。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222249j:image

 

 

お次は辛子のっけてソース。ぶっちゃけ肩ロース、ソースが一番うまい。そしてすこし、すこしだけだがソースがゆるい。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222315j:image

最後は髭のカレールーにトンカツドボンブチカマし堪能した!

うーむ脂身たっぷりのカツカレー、久々にフルサイズで食いたいもんだわ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191009222257j:image

 

 

サクッと完食軽く会釈して退店。

 


ダッシュ秋葉原とんぼ返りキメて働くも、気力湧かずとはこのことか。

必要最低限のことしかできなかったのは言うまでもない。

そして俺は腹が減らない状態で秋葉原を出たのであった。