フロムムサシノ

エクストリームラーメン専門家

一龍(下北沢)『チャーシュー麺 ビール』

 

 

 

 

 

 

なんで最近そうして興味の尺度とかやれ美味しそうがどうだとか言ってるかというと

背筋が伸びるような思いをさせてくれる先輩がいるからである。

 

 

 

 

 

 

私には偉大なる先輩がたくさんいる。

沼田の鉄下駄番長と呼ばれた悩めるパンチョ周遊者

下北沢に住んでいるのに武蔵小杉を語る人

 

 

Instagram界に「アヒーン」「蟻の門渡り」などの名言を生み出した人

 

 

別れた元カノの犬を引き取って実家で健気に飼っている人などだが、こいつは先輩じゃない。

 

 

 

 

忘れてはいけないが今年メグジに通いまくったあのお二方もいるし、四谷三丁目に到着したことを自慢げにLINEしてくる紫色の先輩もいる。

 

 

 

 



個性の強い人に囲まれて自分も個性的だと勘違いしてしまうのは本当にバカバカしいことで、手を抜きつつ3行程度のキャプションになって仕舞えばもはやこんな投稿は誰も見ることがない。居酒屋投稿はキャプション短めだがあれ、やっぱ肉の映え力ってすごいものがあるよ。

 

 

 

 


だがそんなことにも拘らずただただ記録として、味の詳細を大袈裟に伝えることもなく必要最低限の感想を伝えてくれる先輩である。

 

 


私は彼とのランデブーポイントとして下北沢を希望に出した。おそらく、飲み屋もいくらでも知っているしラーメンも知っている。私はおそらく食いたいものに出会うことができる条件を整えていたが、とりわけ食いたいものはもう決まっていた。

 

 

 

 


金曜夜だってのに雑踏をスルーしてたどり着いた老舗は時が止まっていた。壁も綺麗で椅子だけは年季を漂わせた。

 

 

 


ビールを一口やって俺は思わず、唸ったのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225203j:image






こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225149j:image

 


キリヲくん当然チャーシューでしょう、などと煽られてみたものの最初からそんなつもり満々だったわけで、

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225213j:image

 

 

恥ずかしげに「いやあ」なんて言っちゃうところを見ると俺は大人になったなぁと思った。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225156j:image

 


チャーシューのところから麺引っ張り出してズルッとやれば嗚呼…ハイパーオールドスクールな味わいだ。なんつーかホープ軒にさらに肉付けした上でブラッシュアップしたような芳醇かつすっきりしたスープ。うめえ。

 

 


「これは福井の、関西の血」という呟きが聞こえたのは店外に出てからのことだったか。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225205j:image

 


大量のチャーシューは麺を束ねて食うためのものだし、紅生姜を鎮めて食えば嗚呼…なんで豚骨にはこのシメた生姜が合うんだろうな。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225200j:image

 


ビールちびちびやりながら飲むスープ美味すぎた。
深い吐息発生装置なラーメンとはこういうラーメンのことを言う

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225152j:image


サクッと完食当然#完飲制倶楽部 ブチカマしフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

その後はやきとん椿で焼酎3杯、よっちゃん入店不可で日高屋(11/30で閉店)で先輩のノスタルジーをサカナにぐいっとな。

 

 

 

 


最終地点で鎮さんのニュース見て驚くなどして週末に突入。
帰宅後もアフロに3時まで寝かせてもらえず

スタミナ満点ラーメンすず鬼 『スタ満ソバ 具マシ ライス 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の新店 噂の真相

そういった情報には極めて疎い性分であり、フットワークはとても重い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重の現れし個性である。最近の情報収集ツールはもっぱらInstagramTwitterで、ニュースなどはほぼ見ない。テレビなんかマジでサッカーのためにしか付けなくなった。

 

 

まあそういうことが言いたいのではなく、InstagramTwitterのスピード感はものすごいものがあり、「話題の新店に行ってきました」よりも先に「プレオープンに行ってきました」のほうが目に入ってしまう。ビビるくらい早いもので、パンピーも関係者も杓子もなくInstagramを使用しているおかげで私たちは「正味みんな見てへんやろ」と言いがちな情報までキャッチする。

 

 


しかしながら。それ以上に早い情報の獲得は、現場への訪問とコミュニケーションによるものである。手間隙と好奇心のバランスが崩壊した際にそれは引き起こされる事故であり、そこには慮る心と、下心を包み隠せる理性が大切なのである。マジでこんなクソ長い文章、誰も読んでねえんだなってまあ仕方ねえよな。

 

 


一歩踏み出す勇気が欲しいならコメ欄で当たり障りのねえ質問してこねえで自分の興味、人生のなかでの重要度と相談しろってだけのことです。俺はただの日記書き。情報は付随物として見てください。「美味しそうですね」って思うなら食いに行ってきなさい。偉そうだと思うならその暇を作れるかどうかをまず自問自答してください。それだけの話。私は暇ですから。外国の方からの質問には丁寧な答えているつもりです。

 

 

というわけです。質問したかったり文句言われたりするのマジで面倒なのでコメ欄を閉じてます。

 

 


まあ何が言いたいかというと、パルコのビールボーイ誘ってくれよ!ってことであり、私はシティーボーイの渋谷系()ど真ん中の人間なのになんでだれも連れてってくれないんだ!畜生!とか言いながら一人で行ってしまうこれの性分があるわけだ。

店長に浣腸(指4本分)をブチカマすまでは俺、渋谷系()を名乗らないことにしておくつもりである。

 

 

 

 

 

 

そんな中で三鷹の新店、というか新業態の情報がはいってくればこれ、行かざるを得ないという気持ちになった。『やまの』も『すず喜』も行ったことがない自分が…などと言ってられないのである。
だってこれ
美味そうだったからね!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225052j:image









 

 

こ、こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225055j:image

 


常に閑散としている夜の三鷹駅前にして常に5人以上の並びが出来ているのはすげえな、

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225035j:image

 

 

 

などと思いながらも目の前に現れたブツを見れば「大して並んでねえなこれ」と思うレベル。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225043j:image

 

 


アブラ…こんなに美味そうなブツある??

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225025j:image

 


麺引っ張り出してズルッとやれば嗚呼…エクストリームお醤油ラーメンだ!甘ジョッパ系かと思いきや甘味は控えめ。もうちょいコク(という名の甘さ)があればいいなぁなんて思いつつもだ。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225048j:image

 

見て。このアブラ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225059j:image


矢張りご飯にアブラを載せることが許される空間というのは尊すぎるものだなぁ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225032j:image

 


こんなにも生玉子が合うブツはない。完璧だ!

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225028j:image

 

 

1日分の野菜摂取も簡単なブツで大変結構。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203225039j:image


サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

三鷹から玉川上水は降らず中央線の灯を見ながら歩く道は尊いものがある。
次は辛いので大盛りチャレンジだな。

ラーメン二郎 荻窪店 『大ラーメン 生玉子』

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前にある全てのものが化物に見える

 

 

 

 

 

 

 

 

わけではなく。
目の前に起きる全てのことをドラマとして見ている。

 

 

 

 

 

多義的な言葉であることを自覚しているが、
ドラマチックという言葉には「非現実性」という意味がマッチするだろう。我々は小説よりも奇となる事実に歓喜し、喜びを得る。

 

 

 


人の数だけドラマがある。
なんてのは意外に言えないとは思っているのが正直なところなんだけど。

 

坂口恭平の本を読んでいると、感受性とそれのアウトプット能力って結局のところは訓練で磨くことになるんじゃないかと。子どもの頃から素直にそれを吐き出していないとたぶん、俺言うところの「退屈な人生に陥る」という俺の主観的な見方がある。いや、子どもの頃っつうより「思春期以降の反抗を押さえつけられた経験」というか。この場合の抑圧ってのはおそらく誰にでもある些細なことだけど、その微細なものもきっかけも何もかも、積み重ねてきたのは些細なもので。その積み重ねによってじっくりと意識を逸らされてきた結果として、あまりにも人権や尊厳っていうものに意識がなさ過ぎる方が多い気がする。シンプルに述べるにやっぱりそれは洗脳的な教育の顛末。この世の中において心・頭の枷から完全に解放されている人間は多分いない。

坂口恭平もまた躁鬱の人だから。

 

 

 


冷笑的な立場でニヒル気取ってマルチ商法だの宗教だの馬鹿にしてる奴は、幻を見ている自分に気づいた時、どう思うのだろうか。たぶん開き直るに違いない。

 

 

 

外国の働き方はこう、外国人の意識はこう、みたいな言論も多々ある。けど現実的に日本の世の中に届く情報は限られたもので、俺もたぶんどこかにある足かせをはずせないでいる。サウスパーク見てりゃアメリカもバカばっかりだということはよくわかるし、だからこそトランプが当選した。それは間違いない。

 

 

 

端的に言って思考不足が目につくだけである。

 

 


たとえば電車で俺の目の前に座っているおっさん。スーツに黒のコートにいかにも仕事用の鞄。どこにでもいるサラリーマンがなぜか黒のニット帽を被りマスクをして電車に座っている。怪しいな、と、何が怪しいかというと「見た目のそれ」だけなんだけど、三鷹から乗って四ツ谷過ぎまでずっと咳をしながらiPhoneをいじっている。迷惑だな、と、何が迷惑なのかもぼんやりしながら刹那的にそう思ったが、このおっさんが新宿すぎで徐に、ニット帽で隠れた額から熱冷ましのシートを外した時、俺は「マジで帰って寝てろ」と思った。事情はあるだろうけど、俺の目には哀れ、としか映らなかった。
俺にとっちゃ「非生産的」どころか「非現実的」な働き方で、そもそもそれが人生にとって大事なことなのかというのすらも怪しいことを疑っているのだろうか。


「価値観は人それぞれ」っていうのは他者を尊重する言葉として最強の言い分だが、無思考の免罪符になってはならない。だからラーメン二郎に並んでいる人間は自問自答しセンシティブになっておくべきだし、わざと回転遅いビジネスとか言われる店は言い返してやるべきである。ぐうの音も出ないような店は3年半、悔い改めろ。

 

 


しかしながら。悲報ながら人気ツイッタラーの店にゃ食いに行く気しねえわな。

 

 

 

 

 

というわけでいつも通りの店になんの疑いもなく食いに行ったわけだけど、肩幅の広い人と入店し即着席、「ッセエエエイ」とかいう声聞こえたけど無視。我々の入店直後、外に6人くらい並んでたのを見ると俺、タイミングいいなってなんかニヤッとしちまった。

 


それがMORALさ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224933j:image




 

こ、こ、
こ、これは!?!?!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224915j:image

 


なんか野菜控えめだな、なんて思ってたがまあいつも多すぎるだけだろと。なんか色々AZMS!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224908j:image

 


まずは温野菜をごまだれで食べてだな…やっぱこれが最高だよな…とか。思いながら。周りの人は麺を食い始めていた。

 

 

 


天地返してズルっとやれば嗚呼…最近はいつ来ても完全にK点超えブチカマしてくれる。K点は平均点ではない。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224918j:image

 

 


美味すぎるわ。なんか豚も大きめの二つだがこれは大豚案件だったな…明らかに失敗だったと思えるブツ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224928j:image

 

 

 

なんかわからんけど変な粉か降ってきたことには喜びの舞で対応した。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224925j:image

 

 

生玉子とラー油のマッチ度ってやっぱ、すごいよね。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224921j:image

 


サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

ちょうどいいバスがあるからと青梅街道方面に向かった肩幅の広い人を見送り、俺は相も変わらず中央線沿いを歩いた。

 


冬の香りがした。俺のニンニク臭さを吹き飛ばしてくれるような、冬の香りが。
思考が深くなる季節だ。

ラーメン二郎 湘南藤沢店 『小ラーメン』

 

 

 

 

 

この週末は、久々の湘南方面であった。

夢のようなひと時であった。

 

 

 

 

 

 

横浜まで足を運ぶことはあっても、関内・桜木町以降まではなかなか踏み入れない。桜木町・関内を超えたあたりから急激に神奈川を感じ始める。いや、川崎辺りも神奈川感に満ち溢れているのだが、湘南方面となってくるとやはり若干の違いがある。

 

 

 

 


しかし小田原、もとい南足柄…これもまた違った。

 


もともと、小田急線の雰囲気というものを私は感じ取っている。京王線もそうだ。調布で相模原方面の電車に乗り換えると、いわゆる八王子感は薄れる。京王線、とりわけ多摩川を超えたあたりから漂う八王子性は立川以降の中央線に近いバイブスを感じさせる。

 

 


秦野以降の小田急線の雰囲気とは何だろうか。あくまで私に言わせればだが、田舎ではありつつも山間部のそれではない。やはりどこか海が近い感じは否めなく、私は若干、沖縄に近いものを感じ取った。

 

 

 

 


そんな中で厳かさもなくピースフルに執り行われた某ビアヲタ女子の結婚パーティーにお招きいただいたので、盛り上げ要員、否、「盛り上がり要員」「ガヤ芸人」としての役割を全うしてきた。

素敵なブルーパブのテラスで飲むビールは格別であり、新郎新婦がプロデュースしたオリジナルビールもまた美味であった。行ってみれば私も知り合いだらけであり、びっくりすることに「フォロワーです」とお名乗りいただける方も多く、ここに大変感謝申し上げたいと思う所存です。

 

 

 


人脈、という言葉はとても嫌らしい言葉であるが、新郎新婦の人柄が脈打つパーティーの鼓動を忘れることはないだろう。

 

 

 


この度はお誘いいただきまして誠にありがとうございました。末長くお幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで
湘南方面まで行ってエクストリームラーメンも食わずに帰るなんてことを私がするわけもなく。

行く前から「うわ厚木と藤沢どっちにしよう」とか考えながら世界のカミウラに「藤沢二郎行くわよ」なんて連絡すれば「やらいでか!」などと奈良の魂を捨てた返答。

 

 


おまけにおおよそ二郎など食わなさそうな姫までついてきてああ愉快。
着いてみれば…外待ちなし!勝った

 

 


f:id:standaloneramenjiro:20191203224754j:image








 

こ、こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224739j:image

 

 


およそ3年半程度も来てなかったここ藤沢店だがなんつーかそういや藤沢バイブスのものって何倍も食ってたな…なんて思ったり。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224803j:image

 


天地返してズルっとやれば嗚呼…麺美味すぎだろ…なんだこのもっちり麺!?マジでうまい!!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224814j:image

 

 

ブタもエロいし厚い。3年半前に食ったあの味の薄いのはなんだったんだろうな。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224752j:image

 

 

 

失われた感覚を取り戻した気分だよ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224744j:image

 


一味ぶっかけつつニンニクとかして最後のブーストブチかまし堪能した!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224800j:image

 

 

こんだけ美味けりゃまた来たいワン。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224736j:image

 


サクッと完食隣の人からヤサイとアブラのパスをもらいつつペロッと食い切りフィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

長い1日の締めを二郎で済ませた。それはなんで素敵なことなのだろう。

 

 

 


小岩のラヲタが言ってた。二郎食ったら二日酔いしない。
ただ、食後の俺はすでに頭が痛かったのだが。

 

 

ラーメン珉珉 『塩ラーメン半チャーシュー半パーコー ライス中』

 

 

 

 

 

 

自由人ならではの機動力がある。

 

 

 

 

 

 

これを高めすぎると、一人で生きていく羽目になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳ではない。事実だ。

 


よく人は苦し紛れに「言い訳をするな」と人を責め立てるが、言い訳=反事実 であるということは全くもって言えない。だいたいが言い訳というのは立場逆転のために打ち込む最終兵器のようなものであって、シャ乱Qのシングルのことではない。

俺が寝ているのはシングルベッドでもない。セミダブルだ。

 

 

 

ご存知の通り私は自由人であり、乱暴で粗雑である。どう考えてもそれはよくわかることで、この広い広いインスタグラムの荒野においてもこんなラヲタは別にいないと思っている。だって貴方。今どうでもいい文章を読まされているんですよ?戯言戯言。これからもよろしくお願いしますとお伝えいたします。

 

 

そんなこんなで私。金夜はジムに行って運動しながら身体を鍛えていれば、会社の飲み会で大泥酔した某ラヲタから「宇ち多゛行きてえ」などとゴネられ、いいよなあんたはバスで15分で行けて。

 

などと思いながら二つ返事で承諾して寝た。

 

 

 


翌朝当然ヤツは起きるわけもなく。私はまあ起きるかもしんねえし、などと思いながら向かってりゃまあ一人確定。一人宇ち入り。なんと初めてのことであった。

 

 

どうしてこれは初めてなのかというと、同じ時間にいつも行くあのおじさんがいるわけであり、そして私は友人知人から慕われているおかげで毎回一人にならないから。恐ろしいことにその友人知人はほぼ幻、もしくは俺のことを家畜のように可愛がってくれているだけなのかもしれない。たぶんどちらも正解だ。

 

 

 

 


なんと暖かさに包まれた一人での宇ち入りだったろうか。何事もなく楽しいひと時を済ませた。このあとどこ行くんだと聞かれたりしつつも俺の答えは

「ハイパーケミカルパーコー麺」しかなかったのである。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224612j:image






 


こ、こ、、、これは、、、

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224619j:image

 


何が「半」パーコー「半」チャーシューなのだろう。俺いつも通りの枚数食って出てきたんやぞと。
イーストサイドハイパーエクストリームラーメンじゃないか。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224609j:image

 


パーコー退かしつつ麺持ち上げてズルッとやれば嗚呼…突き刺す塩ラーメン最高だ!

最近まろやかな塩ラーメンばかり食っていたが、こんなブツを食わされた日にゃ即刻干からびまうぜ!

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224616j:image

 

 

多めコールブチカマした薬味も堪能しつつまあまてまずはお肉だ…パーコー別皿にすりゃよかったなとか思いながらもお汁吸ったパーコーうますぎィ!

 

ライスのお供だなぁうめえなぁ最高だなぁなんて思ってたがこれ、パーコーの油分がスープに逃げてんだなぁ。なんて素敵なんだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224627j:image

 


チャーシューもおおよそ半分とは思えない量ブチ込まれてて笑った。もはや全く余裕なし。

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224630j:image

 

 


最後はニンニクぶっかけつつ固茹での煮玉子でむせまくった。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191203224625j:image

 


命辛々完食フィニッシュムーブお会計して退店。

 

 

 

 

こんなにきつい宇ち多゛後はなかったなと思うほど食った。


家帰って寝てライブの打ち合わせ、スタジオ練習など。

味噌っ子ふっく 『辛味噌ラーメン ちゃーしゅー飯 ねぎ』

 

 

 

 

 

 

 

村上春樹が苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に嘘だろ、と思った貴方。貴方は間違っていないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思うのも仕方ありません。私もくどい人なのですから。

 

 

 


マジで小説は5分続けて読めない。飽きる。くどい。脂っこいと言うよりはもう、しつこい。俺がこんなこと言われまくったらマジで凹むと思うけど、本当に受け付けない。海辺のカフカ、買って20分読んで限界がきてそれ以来1ミリも読めないまま大学のサークル棟に置いてきた気がする。

「この小説おすすめですよ」みたいなのは一切不要なのでそこんとこよろしくお願いします。

 

 

 

 

一言付け加えると、村上春樹においては小説が苦手なだけで。エッセー的なものになると全く問題なく読めるのだ。

 

それもそのはず昔懇意にしていた女の子から「走ることについて語るとき僕の語ること」を押し付けられて読んでみれば、たちまち私の語り口は村上的なものが追加された。

 

ロックンロールとは模倣とパクリの消化の歴史であり、それに倣えば私のやり方は極めてロックンロールだと言える。カート・コバーンの前にピクシーズがいなければ、あのカート・コバーンの叫びは搾り出されなかったのだ。偉大な先人がありてこその世の中であり、歴史とは俯瞰するための学問であってはならない場合が多々ある。

 

 

 


アイディアの出所というのは大抵、大釜で煮られたスープのようなもので、我々は火を絶やしてはいけない。時に強火で、走るように脳を燃やしていく必要がある。

 

 


そう思うと私はやはり歩く必要性を感じたのだ。心に燃料を投下してなお、静かに、極めて静かに燃えるのが我々なんだと思う。
そういうことを語りに行ったのだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223428j:image






 

こ、こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223431j:image

 


「エクストリーム辛味噌ラーメンです」ってノリノリにラー油のご説明…さらに奥行きのあるラー油の仕上がりになった模様。

 

 


初っ端お味噌オンリーのゾーンから麺引っ張り出してみれば嗚呼…何で美しいのだろう。ズルっとやれば甘美なお汁が口の中にアッ、、、

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223449j:image

 

 


辛いとこからも引っ張り出してズルッとやればマジうめえ…辛さマジジャストサイズ。

辛味の奥底に確かな風味香る何かがいる…美味すぎるわけだ。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223443j:image

 


おネギ鎮めてちゃーしゅー飯に乗っけて食おうとすれば嗚呼…完璧じゃないか!

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223447j:image

 

 

写真ないけどまあみなさんの想像力にお任せします。ネギマジうまいよネギ。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223434j:image

 


最後は辛いのパラっとやって堪能した。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223439j:image

 


サクッと完食当然完飲制倶楽部ブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈等をして退店。

 

 

 

駅と逆方向に向かおうとする僕に「マジすか」と言った店主のリアクションを無駄にしないためにも、吉祥寺までしっかり歩いて帰った。

 

 

 

 


「歩くことについて語る時だいたい俺はラーメンを食ったあとである」

 

 

 

 

 

 

 


誰かこのブログの傑作選、まとめて出版してくれないですか。

らーめん福龍 『醤油ラーメン大盛り』

 

 

 

 

 

 

 

一回モードに入ると抜け出せない

こともなく。

 

 

 

どう考えても飽き性である。ペラッペラだからすぐに飽きる。飽きないことといえばこの創作活動そのものだけか。

 


つくづくいやらしい男だと実感する。

 

 

 

 

 

本当に継続性というものを持たない。私はここである重大な事実について言及申し上げたい。

 

 

 

 

 

ジム飽きた。

マジである。飽きた。

 

 

 

 


これは行くのが面倒くさいとかではなく、行ったら行ったで楽しいという感情がいつも沸き起こるのでなんとなくああなんとなくこれはやはり性に合っている、というよりも機器に無理やり運動させられることの楽さよ。

 

 

家で筋トレとかできねえよ。狭いし。俺身体でかいし。部屋ん中は楽器、本、服、飲み終わりのペットボトルだらけであるわけで、最後のは片付けりゃあいいものの、beercanと違ってこれ臭いがしないのが良い。どうしても片付けが滞ってしまう。そう言えばここ数日のクソ雨のせいで私は昨日まで部屋干しを余儀なくされていたのだが、「アリエールスポーツ」とその柔軟剤、マジで無敵だ。ニンニクくさいラヲタ諸君には是非お勧めしたい。

 

 

 

 

 

そういうわけだ。すっかりジムなんかめんどうくさ、はは、やってられんわこの杓子、巻尺くらいの柔軟性を得よ。

なんつってーの一言申し上げーのして私は秋葉原から歩いていける店を考えた。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223248j:image





 

こ、
こ、これは!?!?!?

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223252j:image

 

 


相変わらずお化粧が薄い丼フェイス…にしたってキャラ濃すぎじゃない!?こんなに色濃くていいの!?

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223258j:image

 


どう考えてもインスタントラーメンのお醤油色並みに濃かった。俺はこれこそありだと思ってずるっとやったことは信頼と言っても良いと思う。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223244j:image

 


嗚呼…お醤油だ…

 


しかも麺美味すぎるだろ。いや、なんかいごっそうっぽい感じもするけどこの硬さじゃ完全に唯一無二の食感と満足度よ!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223255j:image

 


どこまでもこの醤油の濃さとスープのボディそしてアッツゥイ!!な麺堪能した。

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20191126223241j:image

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店。

 

 

 

 

 

完全にジムに飽きたと言えども徒歩欲は収まらず。
ちゃんと歩いて一万歩超えはマストにした。

 

 

 

 

 

 


つもりだった。