フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

一条流がんこラーメン総本家 『帆立ヒモ5キロ大悪魔エジソンSP 100麺だけ大盛 ツケダマ変更 持ち込みライス』

 

悪魔に魂を売る

 

 

 

という行為が、人生にゆとりとハリを与える可能性について。あなたは考えたことがあるだろうか。

 

 

 

人生において重要なことというのは人それぞれあり、趣味、恋人、家族など。そういったものに対する想いが、脳の血流を促進させ、幸福感をもたらす分泌物によって人生を安定させるのである。

 

 

だが、人の幸福とはそんなに一辺倒なものではない。人が考え出した神、人が考え出した道理、人が生み出した狂乱を背もたれとして身体を預ければ、心に安堵の時を得られることになる。もしくは信仰が人を狂乱に陥らせることになるのである。

 

 

 

はっきりいってこれは「金儲け」にも同じことを言える。だが俺にはあまりそこまでそこに信仰は持てないのだ。

 

 

やっぱり俺が信じたいのはこの悪魔である。


たまんねえぜ。

 


北千住の尊師も小岩の大将も、先週くらいからずっと13日の金曜日13日の金曜日とブツブツ言ってたのだが、どうもそれは俺に呼応していたものだったのかもしれない。

 

 

 

先週の日曜日、血濡れた日曜日はこれを聞き出すためだけに四谷三丁目まで来たといっても過言ではなかった。そして、土曜の出勤を快く受け入れたのも、この午後休のためだけだったかもしれない。結果として仕事もいい流れになったとは思う。

 

 

13時半に到着し、死んだはずの尊師と合流して並びに接続すれば、家元が出て来て「君たちくらいからスープの量が怪しい」

 

とか言い始めて戦々恐々。

 

 

「てめーが午前休にしなかったからいけねーんだろ氏ね!」とか言われて涙を流した。

 

俺は震えながら氷結を飲む手が…震えが止まっていった。

 

 

 

入店すれば悪魔肉切れはまあ想定の範囲内。ライス案件必至!とかいってる尊師をまーまーと宥めた。サイズだけ伝えて大人しくおすわりしつつ、

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205013j:plain

 

先にライスをふりかけで食べる我々は、

早弁する高校生の如く我慢の効かない大人であった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205032j:plain

 

こ、

これは!?!?!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205045j:plain

 

 

やはり悪魔肉がないのは寂しい…と思うが、麺とスープが眼前に広がってる姿は悪くない。

 

レンゲで一口すすれば嗚呼、この煮詰まり感…これはもう、この時間しか味わえないもったり感だ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205117j:plain

 

ずるっとやれば硬めの麺が、ゴリっとした大悪魔スープを口の中に運ぶ。これは甘美にも感じるがやはり悪魔の味わい、契りを交わす生き血を啜る気分だ。

 

震えるぞハート 燃え尽きるほどヒート

 

 

とか言いつつ俺はハートビートの高まりと爪先のビンビン感を堪能。

 

完全に当たり日の引きの様相を呈した大量のカエシぶっかけて叫んだ。

 

 

おれは人間をやめるぞー!ジョジョーーッ!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205106j:plain

 

そうして楽しんでいるうちに家元からカス悪魔肉の提供AZMS!!限定コジキやっててよかった!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205130j:plain

 

 

ヒモまで入れてもらえて大感謝!!

ツケダマでTKGまで堪能してあっという間の時間だった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715205145j:plain

 

当然KKブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈ししっかりiPhoneを置きっぱなしにして退店即再入店して女将さんに叱られ退店!!

 

 

 

その後「予定がある」とか言って髭に別れを告げたが、彼は

 

「暇人のくせにwww予定とかwww」とか吐き捨てて寂しそうに

 

「3のつく日はバカになる」とか言いながら四谷三丁目の奥地に消えていった。

 

 

髭に隠れた鼻毛を風になびかせて、いた。

ラーメン二郎 荻窪店 『大豚 生玉子』

 

 

車中恋

 

 

それは、瞬きの間に揺れるエモーション。

 

 

 

おお神よ、神よ貴方は何故にこの出会いを与えるのだろう。こういう時ばかり神の存在を信じたくなる。なぜならこの神は残酷で、大抵は僕の方から別れを切り出すことになるからだ。

 

 

 

声を交わすこともなく、ただその華を真正面から、横からチラリと、もしくは暗闇の悪戯、窓ガラスに跳ね返る殺傷能力の高いそのご尊顔を拝見し仕るだけの私はその瞬間、人生で最もときめくのである。思えばこの車中恋も、仕事の調子が良くなく帰りの機嫌が悪い日に限っては起こりえないものだ。この現象が起こると私は。わたしは。

 

 

 

ゆるふわショートパーマで160センチばかりの細身な女の子だった。

 

 

 

私は嘆いた。たぶんこの娘は国分寺あたりから都心まで通う女の子だ。ただ2駅!ただ2駅!私は吉祥寺まで乗っていればその女の子との時間も!そう多少は!何も共有することもなく!当然ながらケイサツのオセワになるようなことせず!ただただ私は横に立って目の前の窓ガラスに映る僕と君を見ていたいんだ!!

 

 

俺は関根勤の気持ちがわかる男なんだ!

 

 

とか思っていたら案の定私が先に降りた。

 

だってここ

荻窪だからね!

 

 

車中恋程度ですよ。二郎の目の前じゃ勝ち目なし。

気持ち悪いと思いながら読んでた貴方

私の勝ちです

 

 

 

とかブツブツ言いながら昨日は青梅街道側から歩いて到着。何と戦っているんだろう。

ファンキーな女性助手が今日もファンキーな接客をしていた。

 

 

推測でしかない話だが、荻窪の見込み茹ではどれくらいぶち込んでるか本当にわからないな、とか思いながら待っていたが

 

ファンキー助手さんが持ち上げた丼は、めっちゃ重そうな様相を呈していた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204657j:plain

 

こ、これ、、、

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204711j:plain

 

パンッパンじゃん…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204716j:plain

 

あーもう、毎回こんだけ食えれば最高だよな。もうこれ以上のものは必要ないわ。

 

当然まずは玉子皿ゆずポン酢で温野菜サラダとアブラを堪能すれば!

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204728j:plain

 

 

出てきた麺を見て愕然。

 

 

なんとまあ…これ昔の大丼でやられてたら殉職必至だったな。。。

エゲツないogkbが戻ってきた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204740j:plain

 

 

エスケープして麺ひっくり返してズビズバすすればアアッ!なんてうまいやつなんでしょうね!!

 

今日もど乳化しょっぱウマそして麺…ボキボキだった。。。後入れマジックか?これ俺嫌いじゃない!

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204751j:plain

 

 

豚も全て美しいやつで大満足。おまけにやっぱ多いしこの時点でなんか腹の調子が悪いことに気づいたけどまあブレの範疇。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180715204802j:plain

 

 

うーむ時間かかったな。ゆっくりじっくり堪能し完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!

 

 

 

帰りは中央線沿いノスタルジー街道を1時間かけて散歩。

 

車中恋を思い出しつつ、昔のことをさらに色々思い出していた。

犬を飼いたいと思うようになったのである。

一条流がんこラーメン総本家 『沖シジミ10キロSP100大盛り ツケダマ』

 

 

 

思いがけないことが連発で起こる。

人生においてはそれが常なわけである。

 

 

 

たぶん全イングランド国民があの日「ありえねえ」と口を揃えて事の顛末を見守っていたわけであり、俺なんかは浮かれて「イングランドのビールを飲みます!」とか書いて思いっきり日本産アメリカンスタイルのビールを飲むほど浮かれていたくらいである。

 

 

 

というのもだ。

「好き」「応援する」 

 

 

 

「優勝してほしい」

 

は、実は関連性がないわけで、親友とのW杯談義にてイングランドが優勝なんかできるわけねえじゃんwww」と言うのは、ある意味で愛だろう。

 

 

 

 

わかるかなぁ。わかんねえだろうなぁ。

 

 

 

 

がんこだってそうだ。毎日毎日100点のラーメンを食わせてもらうわけじゃない。

 

 

ダメな日は圧倒的にダメと感じることもある。

そんな出会いを求めているのだ。

 

 

3週間ぶりの日曜がんこ。

 

 

 

木村師範代に感謝しつつ入店すれば

 

 

「お!悪魔か!?」

 

 

とかいじられることすら快感だ。

 

 

直前まで上品にしようと思っても100と言ってしまうパブロフの犬はわたしだ。

しかしながらその勘は当たるんだ。そういうのが嬉しい。

もはや何も語る必要はなかった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231302j:image

 

 

 

 

 

 

こ、これは!?!?

 

 

 

 

と叫ぶ必要もない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231430j:image

 

 

 

 

魂が生き返る沖シジミスペシャル…あっさり系だが余韻が凄まじい味わいは、汁を一口ずつ堪能しても無くなっているものだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231353j:image

 

 

麺は硬めに限ります!スープは出汁の効いたしょっぱめに限ります!!スープは熱めに限ります!!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231519j:image

 

 

全てのアレをクリアした一杯…堪能した!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231536j:image

 

 

当然ながらKKブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈し色々情報を聞き出して退店!!

 

 

 

思いがけぬこととは、思いがけぬ人との出会いもまたそれだ。

感動した。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180712231600j:image

 

がんこ好きでよかった!

 

 

 

 

でも優勝はフランスです

 

 

 

ラーメン二郎 神田神保町店 『大ラーメン 生玉子』

 

 

「敗北を知りたい」

 

 

 

そうして俺は秋葉原に向かった。

 

 

 

文字通りの敗北…ではなかった。単に4時間仕事をするだけで終わった。余計なことは何一つしなかった。与えられたタスクと積まれた仕事を片付けた。俺の今日の最後15分の仕事は「オフィスの掃除機がけ」と「空気清浄機のフィルター掃除」であった。重要だぜ!?たった15畳の部屋の空気清浄機なんか死活問題だろう。これで社長の咳も治る。

 

 

そんなわけで。秋葉原で仕事を終えたのにその後あれこれ動いてたまにしか食えないラーメンを…とか考える頭は俺にはなかった。

 

 

「いつもそうだ。君達はいつも…つまらぬ勝利をもたらしてくれる」

 

そういう店に行くつもりはなかった。

 

 

 

「小生 敗北を知りたく 神保町に向かうところなり (脳髄)空師 ケイキリヲ」

 

 

会社に書き置きをして俺は一駅先まで電車で向かった。

 

 

 

俺を刃牙中毒に追いやった小柄な男まで神保町にやってきた。気が早かったのは圧倒的に俺の方であり、13時半集合…とか言いながら俺は15分前には到着し、その間に一気に20人ほど増えた行列を眺めて待っていた。

 

 

 

キリヲが危ないッッ!!そう叫びながら彼は時間通り行列に接続したが、俺は後ろにくっついた小柄な男の身を案じていた。はっきり言って危ないのはこいつだった。待ち時間1時間…小柄な男はタブレットでバキ第1話を見ながら笑っていた。

 

 

「ナーニヲボンヤリシテンダヨォッ!!」

 

 

 

そう言いながら店主は茹で釜にボンボンと後入れ麺をぶっ込んでいった。横にいた男は完全に硬直していったのである。

 

 

前回覚えたアブラカタマリコールをして厨房を見ていたら浴びせる!?ぶつける!?えッッッそこから出てくる…?

 

 

なんかカエシの容器から怪しいものが出てきた…

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044159j:plain

 

 

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044212j:plain

 

お、おう…

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044221j:plain

 

うーん、豚、めっちゃうまかったんだよなこれ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044233j:plain

 

そして浸かった豚とアブラAZMS!

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044252j:plain

「これはレアだぞ」と語ってもらえた。たまに常連さんでもらってる方がいたのが羨ましかったのだが、嬉しいやつだった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044303j:plain

 

 

他に大ラーメンのお客様もいたせいか、今日の盛りは至って平和なもの。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044318j:plain

 

麺をひっくり返してズルッとやればやはりこの香りは俺のラーメン観の原点だ。仕事終わりなら感動もひとしお。勢いよくバキュームし、ニンニクも混ぜて食うと本当に、これ以上美味いものはこの世の中には存在しないと思えるものだ。

 

 

しかしながら手は!止まることなく!!5分間の無呼吸運動の如く麺をすすればあっという間に消えてしまった…

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044332j:plain

 

カエシ浸かり最高の豚とアブラを堪能すればやはりここが俺の地下闘技場。

この日本…二郎に生きるなら誰でも神保町を知っている。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180711044352j:plain

 

サクッと完食フィニッシュムーブ「まだやるかい…」をいただき深々と会釈して退店!

 

 

片平恒夫巡査が出てくるほどの戦いではなかった。

 

 

 

帰路、歴代最多麺量に悶絶した小さき男は青梅特快で土下寝をカマしていた。

ヨーイドンでしか走れぬラーメン二郎の戦いを堪能した!

 

 

最高に美味かった。お茶AZMS!

 

らーめん他力也 『大ラーメン 油そば食券 辛味』

 

 

 

一度悪の道に手を染めんと決意したからには、待っているのはバッドエンドで決定であり、イデの発動はもはや避けられぬことだし、脳内に発生したアドレナリンが完全に自分をいたずらし始めたのは、俺が秋葉原駅の改札をくぐった瞬間だった。

 

 

イレギュラーな出勤の発生だ。「人と会う」アポがある。

 

この時点で俺は立場上、翌日に二郎が食えないこと、それが決定した。

 

フランス対ウルグアイを腹パンでシーシャを吸いながら見るという夢は潰えたのである。

 


世知辛い。世知辛すぎる。

 


不寛容に対して寛容でなければならないと思う。相手に余裕がないのであれば、俺は個性を守る。電車の中で泣きわめく子どもには慈悲深くあるべきだ。

逆に言うとジジイババアはそろそろ立場をわきまえるべきである。その昔、井の頭線に乗って渋谷へ通勤していた時に「いーのよいーのよ私たちはこれから遊びに行くんだから!あんた!座りなさい!」と言ってくれたオババを俺は心から感謝している。

あんたのことは、忘れないよ。

 


しかしこの赤ん坊を抱えたアホ外国人どもはなぜその手に持ったビニールに入った白菜漬け!それを密封してこなかった?

 

 

本気で消してやろうかと思うほどのジェノサイド精神でいたら、俺は吉祥寺を通過した。朝の電車でいちいちくしゃみをするおっさんの方をチラチラ見る、その挙動がうざったいババアのことを思い出しながら東小金井に着弾した。

 

 

さすがに武蔵小金井のアソコにいくのは無理な体調だった。

 

 

そういうわけで、いつのまにか営業時間が22時まで伸びていたここ。学生で賑わっているのはいい二郎系の証拠だ。

そんなわけでこのチンチンのお膝元からほど近いここで油そばなるメニューを食う。チンチンを食ってない俺のギルティーっぷりを寛容な気持ちで許してほしい。

 

 

というわけで

f:id:standaloneramenjiro:20180708235510j:plain

 


こ、これは!?!?!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235531j:plain

 

うーん、大でもそんなに多くない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235543j:plain

 

だが丼の中身は豪華絢爛。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235556j:plain

 

全部ぶっ込めばもはや味などアレなものだが、まあそれは気にせずにヤサイをほぐし豚で食えばうん、こういうのがやはりいいね。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235635j:plain

 

そして一周グルッとやってズルッとやればこれはいい!こないだ食ったアソコの汁なしより圧倒的にいい!

矢張りインスパ感は強いけど、麺も美味しいし文句なし。アブラも味が付いててたまらんやつだ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235609j:plain

 

辛味(別皿)(ではない)をぶっかけて食えば花椒っぽさ感じるのは悪くない。これは、、、ひさびさに来てこの満足感は少しばかり、足の遠のきを後悔するやつだったな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180708235650j:plain

 

 

サクッと完食フィニッシュムーブ店主さんに深々と会釈したらすげー笑顔で返してもらえてなんか写真パシャパシャしてごめんなさいの気持ちが高まりササッと退店!

 


帰りのスカスカの電車でニンニク臭さを撒き散らす心配もせず帰宅。

 

 

慈悲深さを忘れずに

 

 

前日ひばりヶ丘帰りでクソニンニク臭い口でシーシャを吸っていた某師範代の顔を思い出している。

 

 

うむ

コガジとヒバジ食いてえ

 

 

 

ラーメン二郎 新小金井街道店 『大ラーメン ほぐし豚 生玉子』

 

 


平日の喧騒を離れて生きるウィークエンド。

 

 

やることがないと嘆くことも特になく、趣味があるのはすばらしいことだというのも考えものだなと思うのは、休日にもルーティンがあり、其れを2週連続で逃してしまうと思考も停止してしまうのが常である。

とりあえず今は家元の無事を祈りたい。

 


そうして俺はやることを失った。朝5時までW杯を見て、最後10分は完全に睡魔と戦いながら俺はロナウドの最後を見守っていた。ロナウドと言えば本家ロナウドの横でマラドーナが舌出しキスしてたのは本当に笑った。

 


それを思い出しながら俺は自転車にまたがって何処か遠くまで向かおうとしたら、だ。

室内でパンクしてるってどういうことだよ。

 


俺は手際よくささっとチューブ交換を…って、タイヤこんなにすり減っていたらアレだなとか思いながら、そりゃ俺の体重で乗ってりゃ2年経たずにこれくらい減るわな。仕方ないわな。井ノ頭通り、舗装悪いし。チャリ屋でパンパンに空気を入れて騙し騙し乗った。

こうなれば行き先は、チャリ屋が近くにある場所しかない。

仕方なかったんだ。

なんせ近場にこんなどストライクな店が出来れば仕方ないよな。

 

 

と思いながら玉川上水沿い、小金井公園半ばくらいを漕いでいたら本日2度目のパンク。

 


この

クソデブが。

 


そう吐き捨ててその場でチューブ交換。外側に小さな穴を発見し、なんでここなんや…とか思いながらも新しいチューブに替える手際の良さを発揮…したと思ったらやっぱ家と違うのな。手こずった。

 

汗だくだくで騙し騙し漕ぎながら到着してみれば、店内空席ありときた。なんとまあ、こんなことあっていいものか。まだ混まないでほしーな、どうせ俺には影響力とかないからバンバンアップしたろと思った。

 


サクッと着席して軽く会釈し、こいつ3日連続だろ…とかいう冷たい目線を感じる被害妄想などをしつつ、あれ?大の人でも割と少ない人いるな、俺今日安心だな?とか思って待っていたが

 

 

 

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222509j:plain

 


こ、

こ、これは…!?!?!?!?

 

 

 

これ…体重増えるやつじゃん…ちょっと、ちょっとだけ増えてんじゃん…まあブレの範疇だな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222524j:plain

 

 

 

カラメコールしてないのにカラメかけてもらえる粋な計らいを見逃さないのが俺のような浅ましい人間である。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222538j:plain

 

ほぐし豚、今日は柔らかく煮込まれた筋っぽいところもあり、やはり出し殻なのだろうなと推測しつつ、ヤサイをこのほぐし豚で食う楽しみは何にも代え難いものだ。

 

 

俺は本当にいいものに出会えたと思う。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222554j:plain

 

ヤサイを食い終えてみればこの液アブラ浮きつつしっかり乳化した汁…めっちゃ美味そうだわ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222607j:plain

 

やめらんねえよなぁこんなブツ、毎回出されたら。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222622j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20180701222635j:plain

 

 

麺持ち上げてズルッとやればもうたまんねえ味わい。それに加えてスペックのごとき容赦ない麺量のご挨拶を繰り出してくるこの感じ、マジで大感謝。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222653j:plain

 

 

豚はパサ気味だが相変わらず脂身の感じが最高。

 

俺やっぱねー、ここの豚に神保町的なストロングスタイルを感じるんすよねぇ。まあ始めたてだからバラじゃないだけなのかもしれないけど。願いとしてはこのままのウデ肉ストロングスタイルをブチカマし続けて欲しい。

 

 

 

 

うーん、しかしやはり多い。流石に3日連続にもなると飽きも感じるのは仕方のないこと。BPWP一味全部使って堪能しきった!

14分かかってなんとか完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店。

 

 


その後は長文刑事としての職務を全うしようとするも任務失敗!

 

 

あんな大人になりたい!!

とは一ミリも思わなかった。

 

帰りは空気圧弱めで帰宅。

 

 

 

寝てとりあえずスペイン対ロシアに備えたわけだ。

 

 

やりすぎ家庭教師な3日間だった。

 

やべっちポーカーフェイス!

また行こ。

 

ラーメン二郎 新小金井街道店 『大ラーメン ほぐし豚 生玉子』

 

 

 

なぜこうなったか、というのもだいたい想像がつく。

 

 

 

というのも、あえてああいう書き方をしたような。無意識下での造作というのはかくも恐ろしいもので、表現というものは何かが表に現れると書くとおり、インプットをアウトするという意味である。

 


感じ取ったものを表に出す、そしてその方法として「何かに例える」という、比喩という表現方法が一つ挙げられるものである。その時インプットしたものをアウトする時に、過去にインプットした事例を引き合いに出して語る様のことをいうわけだ。

 


私はこの一杯を前日、「F丸っぽい」と表現した。

思った通り食らいつきはよく、

「ヤンヤヤンヤ」

 

「おはほん くらぁ」

 

「宇宙が砕けますよ」といったメッセージで

 

 

 

俺のポケットの中のありがとうがいっぱいになった。

 


そんな中で一番厚かましいのは鬼ヒゲ教官であった。あれだけ「あんま興味ねえなぁ」とか言ってたのに、「F丸っぽい」と書いただけでヨダレを垂らしてこんな小金井のど田舎まで来ようとしてるんだから救えない。え?俺?俺は近所だし。昼から映画なんか見て夜は軽く飲みに行っちゃおうかしらんとか思ってたのに「行こうぜ」とか言われて仕舞えば部屋の自転車のチェックをするふりをして「うん、めんどい!」と吐き捨てたのである。

 


そんなわけで武蔵小金井で鬼ヒゲを迎えてバスに乗れば、開店前の店前には10人もいない。これはビールチャンスとローソンまで走り戻って並べば背後霊10弱で接続。鬼ヒゲ…教祖様みたいじゃないですか…とか言われてんぞお前…

 

 

あれだけ「俺やっぱ少なめにしようかな…」とか言ってたのに、普段俺を煽ってばかりのこいつは本当に煽ればちょろいものであり、小豚もそのまま着席してコール確定をぶちかました。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701221942j:plain

 

こ、これは!?!?!?

 

 

昨日ほどではないが…十分な麺量!やはり助手さんのさじ加減で決まるのもラーメン二郎の面白さだ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222005j:plain

 

 

ほぐし豚でヤサイを食ってみればやはりFっぽい感じは否めない。前言撤回はできねえな。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222029j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20180701222041j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20180701222054j:plain

 

ブタもパサッておらず最高の具合のブツが揃ってくれた!
 

とか思いながらヤサイを食い終えて観察。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222108j:plain

 

 

この、深い位置で乳化しつつも芳醇な液アブラでマスクされたスープ…麺も最高な具合にテカってるやないか!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222122j:plain

 

 

 

天地返してズルッとやれば!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222135j:plain

 

やはりこのモチモチ系の麺ウンメェ〜!醤油濃いねぇ〜こういうのほんと、近場で食いたかったわ。またogkbの感じとは違うんだよな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222149j:plain

 

 

今日はカラメしなかったが、結局かなりのカラメな中毒者向けのブツに仕上がっていた。

 

ニンニク効かせちゃあもう、何も語ることはないわな。

 

 

 

ア゛〜これは昨日よりうめえわ…とか言いながら半分以上食い進めたタイミングで横から

 

「ちょっといいすか…お椀出してもらっても…」という空耳が横から聞こえてきた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222203j:plain

 

 

なんかパサッたブタが増えたな…とか思いながら食ってたら

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222217j:plain

f:id:standaloneramenjiro:20180701222231j:plain

 

「ちょっといいすか…」とか横からはっきり言われた途端に麺まで増えた。

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222243j:plain

 

 

あー、この一枚がきつかった。俺の方の豚が当たりだったと心から感謝している。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20180701222257j:plain

 

 

何が起こったのか全くわからないポルナレフ状態になりながらもいい具合で完食フィニッシュムーブ新店主さんへ深々と会釈して退店!!

 

 

 悶絶しながらなんかイキリ散らしている今年度26歳の若者とギャーギャー言いながら武蔵小金井まで徒歩で戻り、立川で暇を潰して2時間半、全くもって人生に必要のない映画を見てはしっかりニンマリして帰宅。

 

 

その後はビール飲んでいた。

 

 

さあこれから決勝トーナメント!全部観てやっからな!!

 

 

頑張れポルトガル

 

 

 

とか応援してたら俺のスアレスが頑張ってカバーニにチャンスを与えて最高な結果になっていた。