フロムムサシノ

悪魔に魂を売った腐れジロブロガー

一条流がんこラーメン総本家 『あん肝9kg味噌ラーメンSP大盛 バター 持ち込みライス』

 

 

 

 

「暇なんですか?」

 

 

 

 

うるせえよ

 

 

 

ダンディーね。三連休、バンドでスタジオに入るくらいしか用事なかったんだ。ポケモンやったりかっこいいアウター手に入れたりしたけど、女の子と遊んだりライブに行ってワーキャー暴れたりはなかった。

 

 

ライブ…には行ったな。渋さ知らズオーケストラ。毎年恒例新年会…今年も最高だったと手を叩いて褒め称えるしかない。ハラショー。俺やっぱ本田工務店のテーマが世界で一番好きな曲かもしれない。浅野忠信梅津和時をゲストにRCサクセション「ラプソディー」をやったのにはマジでブチ上がった。

 

 

 

そんな余韻を噛み締めているうちにあっという間に2日が過ぎた。私はがんこラーメンのブログを抱きしめて生活しているわけで、土曜夜の告知がワタリガニでのSPと分かった時点で今日の覚悟はしていた。アジアカップを家で見ている最中に告知が降りてきた。

 

 

私は思いつく限りの中毒者に連絡を取った。引っかかった唯一の相手が大泥酔していた。 のである。

「DEEJEYクラッシュでブッコロ」

「8時半ヨツサン了解ヨユーやで!ブラッ!!」

「並び中は旅サラダBGMにDEEJEYクラッシュで決定!」

 

 

とか言ってて私は完全に不安になっていた。

 

 

朝連絡すれば「味噌日和の天気やな」「全然腹減ってない…太゛郎!!」とか送ってきて逆に不安になった。その不安は的中して10分遅れで到着。

 

 

 

 

そして不安はさらに的中した。開店1時間15分前にして我々の前には60人弱いたのである。

 

 

 

 

 

その状況に酒の残っている御大は「こいつら暇人かよ」とかいうので

 

 

 

 

「僕らもじゃん」の一言で片付けてやったことは言うまでもない。

 

 

 

 

長い時間を店前で過ごした…過ごしていたら家元絶好調の証、丼を持ってラーメンを食いながら行列を見にきたりしているところを見るとこちらもブチアガらずにはいられない。

 

 

寒い寒いと言いながらもそれが最高の味噌スパイスとなり、味噌スタシーを感じさせる最高のシチュエーションになること間違いなしであった。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210810j:image


こ、

こ、、、

これは、、、!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210832j:image

 

見て分かるほどのあん肝アピール。加えてフライドオニオンまで散りばめてサ、、、こんなのブチ上がらないわけはない。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210815j:image

 

スープをすする前に手が止められず麺リフトしてその感じを確かめた。すすった。

味噌スタシーとはこうも簡単に起こるものか。あん肝感よりも味噌が先行した…なんだこれは、、、純すみに恋した私の気持ちは完全に折れた。油膜に包まれたアチアチ感では感じられない別のエクスタシーが完全に誘発されたわけである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210829j:image

 

そしてバター…バター…前一度持ち込んだ時に完全にブチアガったが今回ははっきり言って蛇足であった。甘みがある味噌スープにバターは合わない。

 

味噌バターコーンラーメンなんか北海道の代名詞で語られることはあるが、あんなん売りのない味噌ラーメンでこそ成り立つものであった。

 

はっきり言って夢破れた感もあったな…願わくば普段のカエシも置いといて欲しかったと思うもの。ご飯にバターとカエシぶっかけて食いたかった。

 

とはいえ悪魔肉は味噌風味のするもの。ご飯にのせて食えばもうタマランチ会長!!タマランチ会長過ぎて最早何も言うことはなくなった。こんなに長くラーメンレポ書いてると恥ずかしくなってきたな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210821j:image

 

 

最後は唐辛子をぶっかけて食った。やっぱ味噌にはこれが合うな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210805j:image

 

大満足で完食フィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

 

店に出てDEEJEYに会えばこの人もアレな表情で「生姜感強いのが食いたかったなー」とか完全に無い物ねだりをブチカマしていた。そんなことせずにも大満足であることは言わずもがな。

 

 

そのツラは完全にイキ顔であった。

 

 

チャーシューが載せ忘れられていたことなどなんの文句もないほどの満足な三連休のシメ。

堪能した!

 

さっぽろ羅偉伝 『とくのせみそ ライス』

 

 

怪しいバイヤーの男と出会った。

 


明らかに怪しかった。髭を蓄えて俺と同じタイミングで一年半かけてぶくぶく太ったバイヤーだった。

 

 

バイヤーは人懐っこいのかなんなのかわからないヤバイ男だ。LINEはひっきりなしに来るし、共通の友人にそのバイヤーからの連絡について伝えると「俺んとこにもきた」と言いがちである。寂しがりやなのである。私のような寂しがりやの友人にしておくにはぴったりの男である。

 

 

だいたい話題はがんこラーメンのことである。私は昨晩、某ミュージシャン界隈から届いた吉報にソワソワしながら明日はがんこはなしだ、だが明日のラーメンどうしようなんて考えていたところ、「ブツは指定の場所まで持って行きますよ」なんてバイヤーぶった男からの連絡に心躍った。

 

私はポケモンソルジャーとしての用事が高田馬場で控えており、私は迷わずママの味、サッポロ一番みそラーメンを超えるブツを食うことに決めた。「俺今味噌のバイブスなんですよ」なんて、都合の良さも兼ね備えた男の心意気にも感謝した。

 

 

2019年初めて会ったバイヤーは明らかに怪しかった。大きめのボストンバッグにブツを入れ、職質待った無しの姿でBIG BOX前に佇んでいた。

 

ニヤニヤしながら「グラム4,000ですけど」なんて言いながらも

 

「そんなに純すみ系が食いたいなんて、ママのおっぱいが恋しいんでちゅね〜!!」

 

とか心の中で呟いていたに違いない。

 

遠いとかなんとか文句ばかり言っているうちに店前についてああだこうだしながら待っていた。基本的に彼女と1日1杯条約を結んでしまった男の話題で盛り上がっていた。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210511j:image




こ、

こ、これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210519j:image

 

 

先週も食った気がするけどまあいいや…とくのせにするとチャーシューも多め、爆乳感のある味玉がコンニチワーしている。嬉しいやつだ。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210506j:image

 

 

スープすすってアチアチにビンビン、麺すすってウーム俺やっぱこれ好きィ!ゴリっと硬めに茹で上げられた麺、俺これがあればだいたいOK。食うものに困ったら馬場に来ようと思うくらいの安心感を得られている。味噌スタシーの境地、ここにあり。

 

 

横に座った髭は「アツすぎ」「加水高めの麺は伸びなくていいですね」とかラヲタっぷりを発揮していた。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210503j:image

 

 

そして先週やれなかったニンニク投入…海外出身っぽい店員に言うと無言で出してくれた。ニンニクブースト…マジで嬉しいやつだった。

ライス2杯食いたい案件だなマジで。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190114210530j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

ああだこうだ言いながらオオゼキでドーピング剤購入、BIGBOX前でボストンバッグから出されたブツに支払いを済ませてバイヤーに別れを告げた。最後の写真にあるブツに私はブチあがったのである。

 


その後は高円寺に行きああだこうだしながら歩いてたら、10年くらいぶりに犬の糞を踏んだ。

 

俺は道端に生えた草で念入りに拭き取り、高円寺の地を踏みしめてひとつ成長したような気分になった。

 

 

 

 

ならない。

 

一条流がんこラーメン総本家 『剥きカキ10kg塩SP特盛サイパン 』

 

 

 

変態と天才は紙一重

 

 

 


とか言うけど大抵天才は何か成し遂げてる変態です。

 

 


ダンディーね、昨日寝る前にラーメン(ホープ軒吉祥寺。記事は割愛。読みたい人はインスタグラムでどうぞ)なんか食べちゃって可なり後悔したわけなんだけど。

 

そのラーメンを食った直後に「明日は塩かつカキ」とか書いてるブログ見て「アァーンイヤーンバカーン」とか悶えつつもしっかりと黒烏龍茶一気飲み、朝起きてしっかりデトックス、唐華がケツ穴に効きまくって悶絶しつつ新宿で用事を済ませて見ればなんか雪降ってんじゃん…何だこりゃ…とか思いながら俺は地面を蹴り上げながら刃牙ばりのダッシュをキメた。

東南口目の前で身体がガンガン重たくなる現象も経験した。

 

 

 

塩なんか混むの当たり前なんだよ。

諦めてメジマル行け。

 

 

 

俺の脳が訴えかける…

 

 

意を決して黄色い電車から降り、三色の街からヨツサンに歩いていけば途中で髭から様子伺いの連絡が。完全にダークサイドから電波であった。

 

 

して!杉大門通りに差し掛かったところで道の外に人は…いない!!完璧だ!!勝った!!並び40は完全に助かった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211537j:image

 

階段下にある西山の箱と上海蟹っぽい箱、ならびに発泡に入った袋の中身に俺は心がときめいた。俺の週末は家元に捧げることを誓ったのである。

 

 

入店して特盛コールブチカマせば「塩で特盛はあまり作らないから加減がわからない」とか言いつつ、

 

「塩まで美味しく作れてしまう私は天才だ!」

 

なんて言ってるこのおじいさん…参ったな…

女将さんには年始の飛行機がちゃんと飛んだのかとか心配までされてなんか恐縮。

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211555j:plain

 


こ、

こ、

これは!?!?!?

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211547j:plain

 

 

天才おじいさんの作る塩ラーメンマジで美味そうだ…眼前に広がるサイコーな見た目に思わず涙した。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211559j:plain

 

まずはスープをズズッと…カキ感は弱いが旨味完璧!!

なんだよこれ…俺初めて塩食ったけどこんなに美味かったなんて!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211550j:plain

 

 

 

サイパンの麺をズルッとやれば嗚呼!!完璧だ…完全にビンビンきた!!ビンビンだ!!もー、この特盛りの減らない麺マジでどこまでも食える!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211608j:plain

 

卓上胡椒と一味駆使して食えばマジで飽きずギリギリで食えた。

 

そして軽く炙ったベーコン…塩ラーメンにベーコンが合うはガチ!これ、沖縄でよく食べられるショルダーベーコンなんかがあったらマジで最高だろうな。。。

「9ヶ月ぶりの塩ラーメンです!!やっぱり私は天才だなー」

 

 

止まらない家元の自画自賛「そういや大悪魔で塩食ったな」とか思い出した。

塩、初めてじゃなかった。

 

 

とけたチャーシューまで完璧に堪能した!!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112211602j:plain

 

 

当然サクッと完食完飲をギリギリで抑えてフィニッシュムーブ大感謝伝えて深々と会釈し退店!!

 

 

腹の奥からこみ上げる芳醇な香り…

また塩食いてえ。



ラーメン二郎 仙川店 『大盛り豚入りラーメン』

 

 

「素敵なラーメンレビューですね!」

「いや、ただの日記です」

 

 

 

 

とか言いながらネタを探す日々である。

 

 

ラーメンレビュー…何をそんなに書く必要があるのかとか思いながら私は日々を過ごしており、「俺のは偉そうなレビューじゃなくただの珍日記」「だから俺のは無害」とか言うつもりもなく、当然私としては「承認欲求の満たされるもの」であり、あなたたちは基本的に私の自慰行為を読まされているわけです。

 

 

 

 

しかしながら、そんな私にも成長意欲、自己研鑽、文章以外に磨きをかけるところは2つありました。

一つは写真のクオリティです。これはもうただ単純にiPhoneXsサンキューと言うしかない。

 

 

もう一つは…同じ店に通うという習慣性です。

 

こればかりは鍛え上げられたものであり、それでいて「そこばっかりじゃない」という一覧画面を作り上げること…それは私の2018年の目標でもありました。

 

どこがブレてるとか何がどうとか、1ヶ月に複数回くらい通うとなんとなくわかるようになるから面白い。味の記憶は曖昧というが、それはどちらかというと再現性にあるわけで、受動的な記憶はあるものと思っているのである。だが久々に食う富士丸はうまい。

 

 

だからこそ私は新年一発目のせんが…いない…

 

 

我々の愛した助手、通称ルパン氏は噂通りいなくなっていた!若いアンちゃん噂通りの女性で構成された仙川…なんかやたら並んでるのは助手効果か、それもオペスピードが落ちているのか。

 

 

なんだかよくわからんがエラく寒い夜だった。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201521j:image

  

こ、これは!?!?!?

 

 

 

うーんなんか麺少ないな…ブレか。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201526j:plain

 

逆サイドから見て…やっぱ少ないな。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201531j:plain

 

相変わらずゴロゴロ転がるブタをおかずに麺を…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201509j:plain

 

麺明らかに変わったな。やわ目になった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201517j:plain

 

一時期の夜の本店のような雰囲気がある。何が変わったのかよくわからんが…

 

 

 

スープはアブラ少なめだが旨味はしっかり、だがやはり塩分薄めでだいぶブラウン気味だった。

うーむ、久々にブチ当たった感じもエンタメ中毒の俺にとっては無問題。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201513j:plain

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!!

 

 

私の残業によりクソ待たされていたジマはアブラ多めブレ喰らって悶絶していた。

 

 

調査活動は続くよ

 

 

だって俺

探偵だからね!!

 

 

らーめん飛粋 『チャーシューめん(モモ肉)中盛 ライス』

 

 

 

親戚関連のイベントが続き、どうにも帰省している感覚がいまだに抜けない。

 

 

部屋のクソ寒さのみが解消されたわけではあるか、これで雪など降って仕舞えば私の気持ちは完全に引っ張られて終わる。

首都圏に山岡家がなくて本当に良かったと思う。

 

 


ホームシックに効く薬というものがあり、それは「家」がつく食べ物であるとブラジルに住むおじさんから教わった。そのことがずっと頭にこびりついており、私は本日、用事を済ませた後に某美容師(自分の店でDJイベントとかやっちゃう素敵な人)を召喚し、あんたちょっとがんこばっか食ってんじゃないよ!とオケツを引っ叩いた。

 

と思ったら私より先に蒲田で待機しているおじさんと化していた。アルコールによりすでに目の周りを真っ赤にしていた。

 

 

 

気持ちの折れそうな会合を終えたのち、私はこの兄さんとの出会いに泣きそうになったのはここだけの話である。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201324j:image

 

して!私が食いたかったのは兼ねてから美味いと噂のハウス系に突入することは昨晩からの楽しみであった。

 

 

 

到着してみれば冬休み中に登校して勉強していると思われる高校生が並びまくっているという異常事態。いいもん食ってんなこいつら…とかそういう会話をしながら待っていればワンオペなのに10人弱も30分で流してしまうこの店の底力を見ることもできたと感じる。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201320j:image






こ、

こ、

これは!?

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201327j:image

 

 

いやー、噂に違わぬこの見た目の美しさ…直前までモモとバラで迷ったが、クンチャーならモモだろと勝手に決め込んだのは後々正解だったと思わされるブツだった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201339j:image

 

 

スープ一口…うむ…美味い。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201331j:image

 

 

カタメにした麺をズルっとな…間違いない。

期待度の高い店に来ればそのイメージに勝てないこともあるが、これは完全勝利だ…

 

チャーシュー下の麺を引っ張り出せば嗚呼!俺これが食いたかったんだ!!この燻製感の移ったプースーを俺、都内で食いたかったんだよね!!蒲田だけど。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201343j:image

 

 

 

当然オンザライスブチカマしつつその醤油感が高まったスープを堪能した…ゆっくりじっくり食ってたら横のおじさんが「早え…」とか言ってたがまあブレの範疇。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190112201352j:image

 

サクッと完食当然KKブチカマしフィニッシュムーブ深々と会釈して退店!!

 

 

こりゃバラも試しに行かなきゃダメだな…

しかし…遠い…

 

 

ちなみに店内BGMはルーツレゲエだった

 

さっぽろ羅偉伝 『味噌 少なめチャーハン』

 

 

 

生まれて32年…18年を北海道、9年半を沖縄、5年弱を東京で過ごし、今、ようやく、恥をしのんで皆様に御報告したい事がございます。

 

 


ホームシックです。

完全にホームシックです。

 


何を今更…と思われる事間違いなし、私の生い立ちや人生になんの興味もなく「お前は食レポでも書いてろ日記なんか興味ねえよ」と言わんばかりに「コメントください」なんて書いてみても完全にスルーしてくださる皆様のことですからフーンソウナンダーで済ませてくれそうな気は、しています。

 

 

 

しかしながら矢張り2018年は初めて親族との別れ、キリヲ家の禁忌であった山岡家への婿入りなどを経験した私は完全に心を北海道に売ってしまった。

今からもう今年のライジング行きてえとか思って仕舞う私の性。住むなら平岸だなとか妄想までして仕舞うこの感情はまあそうとはいえあと1週間もすれば抑えられるものと存じます。

 

 

とはいえ!今の私に必要なのはママのオッパイ!

なんかよりも油膜たっぷり玉ねぎたっぷりの味噌汁!豚汁!!

 

そして西山製麺…俺に必要なものはこれらだけであった。

 

 

 

しかし…私はハマへの想いも強めており、キリヲ家の親戚もハマにいることからあの醤油感強めのプースーにクンチャーが乗った黒い丼が!

黒い丼を求めて野方に行こうとしていたのに私の心は完全に折れ、某ケンラーメン部部長に連絡すれば「ステディーな女史とセメント活動してこようかな」とか言われてハンカチを噛みしめ、グンマーの「家」系ラヲタに連絡すれば「今から行こうかな」とか言ってるので…

 

まあでもなんかそういう気分じゃないなと断って仕舞ったのである。

 

 

そんなサト某より「馬場の純すみ系確かめてきて」と言われればまあ二つ返事でその気分になったのも私の単純さだ。がんこに行かないという気持ちになったのは単純に今の気分だと「行列で孤独死する」と思ったからである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205214j:image






こ、これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205152j:image

 

 

元純連の跡地だけあって完全に純すみ系の顔だ…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205201j:image

 

 

 

油膜たっぷり俺これ求めてた!!

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205148j:image

 

麺持ち上げてオオ、、、この湯気!!

ズズッとやれば嗚呼!アッツ!!アッッツ!!アチアチじゃねえか…

 

これだから俺味噌ラーメンやめらんねえんだ!!

 

 

 

つどーむお膝元栄町レペゼン森住製麺のどう見ても西山感のある麺マジでブチ上がるな…化調ガン効きちょい甘めの豚汁マジでアリだな。全然期待してなかったのに!!

 

 

生粋のサッポロキッズに言わせれば柔らかすぎると評されるはずのヤサイも俺にしてみりゃ全然OK!いかにも純すみな角形チャーシューもバッチリ。

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205206j:image

 

 

まあチャーハンはフツーなブツだったな。辛味噌みたいなものは使った記憶がもはやない。蛇足。

 

ニンニクぶち込んで食いてえ…とか言ってたら常連っぽいおじさんがニンニク頼んでた。羨ましい。。。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106205157j:image

 

サクッと完食フィニッシュムーブ軽く会釈して退店!

 

 

アチアチにやられた舌をオオゼキで150円ジャストで購入した黒烏龍茶で冷やしながら大久保まで歩いて総武線ライドン。

 

 

俺は部屋の機密性と遮熱性確保のために山下達郎のラジオを聴きながら部屋を魔改造

 

 

15年使い続けたデロンギヒーター…適度な室温は人間の生活力をあげるな。

 

 

東京の札幌ラーメン開拓しよ。今日から俺のこと…豚汁師匠と呼んでくんな。

 

 

豚汁師匠のジャンパー希望

 

ラーメン二郎 神田神保町店 『大ラーメン 生玉子』

 

 

 

冷凍都市に戻ってきて仕舞いました。

 

 


最近は帰省するたびに「なんかこっちの方があってるんじゃ」とか思わされる感じもあるが、だいたい1週間もすればそれがただの「仕事だるい」に過ぎないことを自覚させられるわけで。

北海道に帰ってもニセコで働くくらいしか仕事はなく、おそらく、二郎を食う機会などはほぼほぼ失われるものと存じます。

 

 

 

 

 


痩せるんじゃないかって?

うるせえよ

 

 

 

 

もう、この世の全てに抗って生きていくことに決めました。

 

 

死ねと言われれば頑張って生きるし、死ぬぞと言われても根拠をどうぞと言うし、ただただ痩せろと言われても到底痩せる気なんか起きねえ。

 

だいたいにおいて貴様らが何も考えずにただただ痩せろとか言ったところでなんの意味もなく、ただイラっとくるだけの指摘であることは社会における生き方、会社の後輩に対してただ「何々しろ」と言ったところで何も伝わらないことだということくらいわかるはずだ。まあそれがわかっていない馬鹿は確かに多数存在する。

 

 

だとすれば「一緒に痩せる方法を考えましょう」とか「なんか悩みでもあるの」といったものでなければ【もはや飽きた】わけであり、耳がタコになるほど流れてくる焼き芋の曲を聞いたところでお前らは焼き芋など食いたくなるわけがないだろう恥を知れ!

 

 

とか言いながらあの曲にやられて目の前で焼き芋を買っている人間を私はみたことがあり、この世の全てを信じたくなくなったのはあの瞬間であった。

 

 

 

私と同様に無能な人間が多いことは否定しようのない事実であり、そんな人間のいうことなど何一つ聞く気が起きないので、私はジムに通うことにした。馬鹿どもを見返すためである。

 

 

そんな決意を胸に東京に戻ってきた!戻ってきたはいいものの、、、腹が減ってしまうのは生理学的にも如何ともしがたいわけで、私は腹ペコで羽田空港から京急に乗り、都営地下鉄を乗り継いで初詣をブチカマすことにした。

 

 

私は、私はヤセる決心をなどをしているつもりはないが、矢張り食べる量くらい適量にしておかなければならないのだ。

 

 

 

その旨を店主に伝えても全く聞き耳をもっていただけなかった。過去に小の食券を買ったところで大にされてしまったこともあるくらいだ。かといって「沢山食べたいっすねぇ」とか言ったところで生意気だと麺を減らされることもないのが恐ろしいのである。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204911j:image









こ、

こ、

これは!?!?!?

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204907j:image

 

新年早々2時間も待ってみれば目の前に鏡餅が現れるのは当たり前の話であった。

 

 

多いよ…多い。いい感じに乳化した汁が、俺が新千歳から飛び立った後に襲ったとされる吹雪を表しているようだった。

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204904j:image

 

 

鏡餅のてっぺんには当然、みかん色をした何かが乗っていた。

 

 

いつもありがとうございます!!

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204916j:image

 

アブラ・ブタエスケープから天地返…

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204901j:image

 

 

できねえ…なんだこの、「麺の塊」は…

 

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204848j:image

 

上の方だけ天地返してズルッとやればウム!今日は硬めコールありの影響かバッチリ柔目な仕上がりがまた新鮮で嬉しい。

 

 

スープも香り十分でこりゃ完璧だが、若干塩分が…と言ってるところに上から恵みの雨が降ってきた。

 

「麺量多くてうまく調整できないんだよ」

 

な、なんかすみません…

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204844j:image

 

ブタも脂身多くて完璧!アブラカタマリコールもバッチリね!

 

 

f:id:standaloneramenjiro:20190106204856j:image

 

ぴったり腹パン完食フィニッシュムーブ今年もよろしくお願いします会釈して退店!!

 

 

 

急いで駆けつけたジマは死にそうな顔しながらバッド確定の表情で

「足りた!?」を喰らい参っていた。

 

 

 

いやー、幸先いい一杯だったな。

ラーメン食うのやめないよ。俺。

 

 

とか言ってたら自ずと減ると思う。